↑のフォームから完全無料で楽曲がもらえます。ぜひメルアド登録をば。


ikeuchiyuusuke@s.frekul.comに空メールでもOK!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018-01-09 07:34:34

朝からすごい泣かされたんだけど。

テーマ:今日のぼく

「DM失礼します。多分ファンレターです!すみません凄く長いです!


この間人生は感情が作るというnoteを購入した者です。


感想なのか何なのか何だか分からないけど送りたくなってしまったので、よかったら読んで下さい。


私は昔ずっと引きこもってました。


外に出るのも、人に会うのも怖かった。

直そうと思って頑張って、昔と比べて今の自分は凄く変わることが出来ました。

普通に外に出れて、人と話せて、彼氏もいて。


それでもまだ生きにくい。


昔よりかなり楽になったはずなのに、心が苦しいと思ってしまう。

死にたくなんかないのに死にたいと思ってしまう。


自分なりに頑張って外に出てバイトして人に関わっていつの間にかもう10年ぐらいたってて27歳になってました。


この歳になって、こんなに時間がたって、でもまだ楽になれないのかと思い、苦しくなったり不安になったりします。

もう全部あきらめて人とできるだけ関わらずに生きていこうかなとか考えたりもしてました。


もう昔の事なのでよく思い出せないのですが、ハセさんのnoteを読んで私のこの気持ちの原点が分かりました。


ずっと人が怖かった。自分の存在が相手に影響を及ぼすのが怖かった。自分が何もしてなくても相手の負の反応が恐ろしかった。


自分の存在が恥ずかしくて、何か行動するのが不安で、失敗するのが恐怖で、子供の頃からずっと。


noteを読んで私の今まで頑張って来たことの最後の一歩が見つかった気がします。


気楽に自分自身のカウンセリングをやっていこうと思います。


このnoteを作って販売してくれてありがとうございます!


このメッセージもきっと前なら送れなかったです。


前にハセさんに、youtubeの再生リストにハセさんの販売動画が💦というDMを送ったのですがその時、これ知らせた方がいいよね、でも勘違いかも、私が言わなくても他の人が言うかもとか、再生リスト公開してあるなら普通に見ていい場所のはずなのにこんな場所を見てるなんてストーカーと思われるのではとか、色々1週間ぐらいもやもやしててやっと送りました。


でも今はそんなに頭の中はごちゃごちゃしてないです。

何だか前よりもずっと楽に、気楽に生きれそうな気がしています。


ハセさん、池内優介さん、すごくファンです好きです!


動画いつも気持ちよく見てます。

動画のハセさんの責めと女の子の反応がどストライクで好きです!

言葉責め音声も聴いててとても気持ちがいいです。


歌も好きで臆病者の応援歌が好きです。

桜も好きです。楽しそうな曲だなーとyoutubeで聴きながら思って試聴してみたら雰囲気が違ってキレイでこっちもいいなーと思いながら聴いてました。

今度アルバム買いますね!


あなたのファンなので動画みたり歌を聴いたりツイート見たりしてて何だか明るい気分になったり気持ちよかったり楽しかったりして何だか最近幸せです。ありがとうございます♥」


ってDMが朝からきててすごいすごい号泣してる。てか目が覚めて読んでガツーンと泣かされた。


このnote、1万円で販売してるんだけど、アンチの人に10円でも読む価値無いとか散々disられて、ほんとは少し怖くなってた。


買ったはいいけどこんなのに1万円も出させるなんてってクレームつけられたりしないだろうかとか、やっぱり買わなきゃ良かったって言われないだろうかとか。加筆修正も結構してる。


ぼくとしては、1万円でも安いくらいの内容を書いたつもり。ほんとのほんとに必要な人には、それこそこの人が言ってくれてるみたいに最後のピースになるような、誰もちゃんと教えてくれない心のメカニズムを書いたつもり。


だけど、どこにでもある自己啓発本の切り貼りだとか、この人がカウンセリングだなんてちゃんちゃらおかしいだとか、高い金取る詐欺師だとか言われ続けてるうちに、心のどこかに、これはやっちゃいけないことなんだって気持ちとか、これをするのはすごく叩かれることなんだとか、許されないんだとかって気持ちが出てきて、でも、そんなわけないだろって気持ちもあって、このnoteを売り出したの。


案の定出したら叩かれたし。


だけど、ぼくはこの人に一つ許された。


久しぶりにめちゃくちゃ泣いた。


こんなに幸せな涙が流せるなら、境界線や枠、感情の抑圧(メンタルブロック)があるってことも悪くはないなって思った。


嬉しいよぅ。めちゃくちゃ嬉しいよ。


きみとぼくが違っていてよかった。


ぼくときみが一つなら、こんな感動は味わえなかった。


こちらこそありがとう。


勇気を出して、

このnoteを販売して良かった。


「人生は感情が作る」

 https://note.mu/hasesann/n/n9083b2fa062d?magazine_key=mca4d81e32ff8


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-12-30 11:10:24

愛と恋はどちらも自由

テーマ:今日のぼく
愛か恋かは、
つまり自由か不自由かは、

楽で可動範囲が広いかどうか

には関わりがあるけど、
幸せであるかにはほんとは関わりがない。

ただ、ぼくは自由で在れると幸せ。
より自由になれるのは幸せ。

それは、単にぼくの、ぼくだけの、
個人的な幸せ。

愛とは、
自由への自由

恋とは、
不自由への自由

どちらも自由で、
どちらも、愛。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-12-23 17:24:25

生きたいように、生きたいね。

テーマ:今日のぼく

楽とか自由ってのを究極に突き詰めると、それは死ってことになる。


死にたいってのは、楽になりたいってことで、それは古来より人類が求めてきたもので、それは良いことだ。


死にたいはとても素晴らしい言葉。


楽になることの何が悪いことなの?って話。


だってみんな楽になるために貯めこむし働くわけで、ならば楽になれるなら貯めこむ必要も働く必要もない。


こう言うと誤解されやすいが、だからと言って貯めこむことや働くことのアンチではない。必ず要ることではないと言っているだけで、やりたかったらやればいい。


話を戻す。


死ぬのは良いことだ。

究極の楽になることだ。


なら、生きるのは悪いことなの?


と言うと、生きるのも言うまでもなく良いことだ。


生きるとは、在ることだ。


在るということは、それそのものが苦しみであり楽しみだ。


息をしないといけない。

ご飯を食べないといけない。

寝ないといけない。

寒いのも熱いのもダメだ。


在るということは、楽の反対のものだ。


楽しないということは、生きることだ。


生を実感するために、

山に登ったり、

パズルを組み立てたり、

遊園地に行ったり、

仕事したり、

恋愛したり、

死のうとしたり、

まぁなんやらかんやらする。


それらは、奏でることだ。


死も、生も、良い。


となると、さてさてそこからが「どう生きる?」という問いの出番だ。


どう生きてもいいし、

どう死んでもいいなら、

どーする?


というときに、

じゃあせっかくだから良い気持ちで生きとこうか、と。


わざわざ死ぬのも大変だしなと。


死は楽だけど、

死ぬのも楽じゃねぇしな、と。


となると、

楽しく生きるか嬉しく生きるかって選択になる。


楽しく生きるってのは、じつは一人で出来る。


しかし嬉しく生きるってのは、相対的。つまり他者、自分以外の何者かがないと感じられない感情。


しかも、嬉しいを感じるには、嬉しくないことを知るのが不可欠になる。


悲しい。残念。


という気持ちがあるからこそ、嬉しさがわかる。


じつは悲しいも嬉しいも、自分が作り出した幻想。


勝ったり負けたり、得たり失ったり。


それは、相対的。


例えばボクシングの世界チャンピオンになっても熊に負けるかもしれない。


たくさんのお金を得ても、他の人全員が同じ金額を保有していたらそれはお金持ちとは言えない。


上にも下にもほんとは際限がない。

し、そもそも上も下も人間が勝手に作り出した幻想。


のに、微差で大喜びしたり悲しんだりしてるのが人間だ。


だけど、上にも下にも際限がないと知りながら、それでもあえて上だの下だのする。


そうやって「自覚的に生きる」ということが、「どう生きたら幸せか」ということの答えだと思っている。


悲しいと嬉しいに素直になる。


悲しいのは嫌だ。

嬉しいのは嬉しい。


そこにひたすら我儘になる。

開き直る。

言いたいことを言う。


嫌だから嫌

嬉しいから嬉しい


ただただそこに素直であれたら。


そんな生き方が出来たら、

際限の無い人生の遊びの中で、

精一杯移動可能な範囲を広げ続けられたら、


そこには生きる喜びがあるし、まぁ悲しみもあるけど、結構幸せなんじゃないかなと。


死であることも、またいいけど、

どうせなら、

生きたいように、生きたいね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

優介がゆく

Facebookページも宣伝

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。