イケイケ!イケマの日記帳なぅ!!

作曲家、シンガーソングライター、ベーシストの池間史規です。日々の活動を通して感じた事、想いを、皆さんのお役にたてるよう願いを込めて、語ります!

■■■Profile■■■■■■■■■■■■■■

作曲家、シンガーソングライター、ベーシスト池間史規です。


「イケイケイケマの日記帳なぅ」無理せず、なるべく頻繁に。書いております!

末永く、よろしくお願いします!!!!


=====================

2016年秋にNEW ALUBUM 発表予定です!

ホームページは
http://home.a07.itscom.net/ikema

です。URLの登録をお願いしますっ!!

テーマ:
北海道を旅すると運気が上がるよ。土地のパワーが凄いからね。と古くからの友人から聞いた事がある。
事実、15年前に訪れていた頃は、北海道いる時に仕事の電話が何本もかかった。
たまたまかも知れないが、仕事運は上がったのだよ(その時は)

今回はどうだったのか?っていうと、それが同行者に現れた。
千歳空港に降りてから、というもの電話がよく鳴る。メールもらしい。

詳しくは聞かないけど、数種類の仕事の話が短時間の間に来たらしい。
たまたまかも知れないけどね。

北海道に来て、ちょうど一週間、今夜の最終便で帰る。
その前に、時間の許すかぎり観光をしよう。

自称、観光大使の僕としては、見せたいところは数あれど、この広い北海道。

移動にかなりの距離があり、時間もかかる。
見せたいあそこから、見せたいあそこに移動するのには、相当な時間が必要になる。

という事で、今回は摩周湖、しかも裏側の摩周湖を見てもらう事にした。

水面がブルーに見える神の子池、神秘的で雄大な、裏摩周展望台。360度草原の多和平。

それよりも、心を奪われたのが、釧路湿原、細岡展望台。(この写真)

実は僕も初めて言った場所。写真や映像で見た事はあったけど、この景色には見とれてしまった。

この景色に触れるだけで、気持ちが穏やかになる。日頃の小さい事は、どうでもいいように思えて来る。

本来人間は、必要最低限のものさえあれば生きていけるはずなのに、知らない間に、不必要な鎧やカブトを身にまとってしまっている、
という事を垣間見せられた。


シンプルに生きていこう。


最後に嬉しいサプライズがあった。
弟子屈でお世話になった、写真家の大坪さんが予告なく、空港に見送りに来てくれた。
そして、僕たちが飛行機に乗り込む直前まで、手を振ってくれていた。

初めて道東に訪れた時と同じだ。なんという暖かい人なのだろう。

この1週間、楽ではない事もあったけど、楽しかった。様々な人のおかげで素晴らしい旅になった。

関わってくださった皆さん、本当にありがとう。また会いましょう!
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:


北海道6日目、弟子屈町(てしかがちょう)川湯にある、川湯の森病院のロビーでのコンサート。
このツアーの最後のステージだ。

15年前に、この町のホールや駅前広場でライブをさせてもらって以来になる。
この町で再びライブができるなんて、夢のようだ。

発案、企画してくれた更科さん、実現させてくれた川湯の森病院の関係者の皆さんに、深く感謝したい。

病院のロビーというと、どこか冷たいイメージが湧くのだけど、ここは木づくり。
しかも窓が大きくて、明るい。庭の白樺林が見えて、病院とは思えない。おしゃれなペンションみたいだ。

サウンドチェックがはじまると、普段はしない音の大きさに職員さんたちが戸惑い気味だ。
PAから出る音は、そりゃ日常の音よりは大きい。このくらいの音量は出したいものだが。

でもライブが始まったとたん、その心配はいらなかった。
1曲目から、涙腺が弱くなってハンカチを持ってる方もいる。二胡の音が心にしみたのだろうか。

大きな拍手が湧く。続いて僕が歌う。またもや大きな拍手。
長年ステージに立っていると、その拍手が本物なのか、そうでないのか?よく分かる。

今日の拍手は、どうみてもグッドジョブの拍手だ。
みなさんが歌えるような、誰でも知ってる歌も用意してきた。「見上げてごらん夜の星を」「蘇州夜曲」「ふるさと」

みなさん、大きな声で歌っている。会場は一体感に溢れている。
若い頃はこういうの苦手だったけど、今はこの一体感がたまらなく好きだ。

お客さんは、入院している方や通院してる方、はるばる北見から来てくれた小林さん、川湯温泉の駅舎で喫茶店を営む武山さん、
なつかしい顔もみえる。 ありがたいなぁ。

終了予定時間を10分オーバーして、ライブは終了。車いすのおばあちゃんが手をふっている。
思わず駆け寄ってみると、「良かったよかった!」と言っている。思わず手をにぎる。
やってよかったなぁ。と思える瞬間。

病院の職員のみなさんも、喜んでくれた。うるさいと思ったのは最初だけだったみたい。

打ち上げでは、北海道の名産品ばかりを、堪能させてもらいました。うまかった!ごちそうさまでした。

これで、公演日程はすべて終了!おつかれさまでした!
ありがとう弟子屈!

そういえば、こちらに来てテレビも見てないし、SNS(facebook)もしてないけど、舛添さんってどうなったんだろ?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


北海道に入ってから5日目、今日は札幌から350キロ離れた弟子屈(てしかが)の川湯温泉まで移動する。

僕が足しげく通っていた15年前は、高速がなく移動するのに7時間はかかったのだが、今は釧路の手前まで高速がのびている。
便利になったものだ。

高速に乗る前に、故、松谷孝子さんのお墓参り。
彼女がいなければ、僕は詞を書いて歌を歌うことはなかっただろう。そして、北海道とこんな縁で結ばれる事はなかっただろう。

あいにくの土砂降り、以前墓参した時もそうだった。そして同じように墓参後10分で雨がやむ。
いたずら好きの彼女の仕業なのだろうか?

苦笑いするしかない。

なごやか亭というお寿司屋さんで食事した後、道東道に乗り弟子屈を目指す。
途中休憩を挟みながらも、予定より1時間も早く着いてしまった。すごいな高速道路、って。

待ち合わせ場所に指定された喫茶「あい」さん。心優しいご夫婦が切り盛りする喫茶店で、美味しいコーヒーをいただいた。

そして更科さん、大坪さんと再会を喜び、PAをやってくれる池田さんと合流し、打ち合わせの後、宿泊先にチェックインした。

明日はどんなライブになるんだろう。わくわくする。なにせ15年ぶりで弟子屈でやるんだ。
もう、ここで歌うのは無理かもしれない。って半ばあきらめていた事だったからね。

感慨深いものがある。

温泉にゆっくり入って、気持ちを和らげて、寝られるかな?寝なきゃね。。

なんて思いながら、布団に入ったとたんに、落ちていたようでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


札幌に入った日の夜あたりから、なんだか左の靴が変だ。中敷きがづれてきていて、指先が中敷きに触れていない状態で、なんだか歩きにくい。

もう、この靴はあきらめて(お気に入りだったのだけど)イオンでのライブの空き時間に、ABCマートに行った。
店員さんに、こうこう、こういう訳なんです。って言ったら、まだ履ける靴だから、買い替えるのもったいないですよ。
良い中敷きがあります!ってトライした中敷きがピッタリ!というか、今までのものより数段良い!

さすがに2700円は高い!と思ったけど、こんな履きやすい靴に変身したのだから安いものだ。

普通の店員さんだったら、靴を買わせた方がお金が動くのに親切な人だなぁ。北海道の人、ってそうだよね。

4日目は岩見沢へレンタカーで移動、今日は小沢という老舗の割烹でのライブだ。
着くと、そこはタイムスリップしたような風情の宴会場。

ここで、いくつもの宴会や出しものがあったのだろう。舞台の後ろの幕には、大きな松が描かれている。
まるで、浪曲や浪花節を披露するような舞台。まさに映画のワンシーンに出てきそうな場所。

さすがに二胡に松、じゃあねぇ、、、って事で反対側の普通の畳の場所でやる事になり。

今回からは僕はアコギ担当、兼ボーカリスト。
昨日ベースだった曲もギターに変わったら、当然やることも違う。

時間があったので練習ができて良かった。本番もしっかり演奏できた。

お客さんは30人程だったけど、なんか家屋の持ってる暖かいエネルギーも手伝って、暖かいステージになったよ。
僕のオリジナルも初めて聞く人ばかりだけど、ちゃんと聞いてくれて、CD買ってくれて、感想も言ってくれて嬉しかった。

旅で一番嬉しいのは、音楽が媒体となって、見知らぬ人とつながれる事。
ステージが始まる前は、怪訝な顔のお客さんも、終了時には優しい顔になってくれる。
音楽の魔法。

また来てね。って言われて、ホントに来たいと思うよ。

眠くてたまらないけど、寝ないようにシリトリしながら札幌に戻ったよ。いい大人が(笑)

流石に疲れはピーク、でも優しい気持ちに溢れてた。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

実はこの日が一番キツかった。何故って2カ所、計3公演だったんですよ。

実質上の野沢香苗のワンマンコンサートである、札幌時計台ホール。その前にプロモーションの為に企画した、発寒イオンモールでのロビーライブ。(2ステージ)

終了後は時計台まで移動して、開演まで時間の無い中、サウンドチェックしてすぐに開演。

なかなかスリリングな経験です。

自分たちで楽器を運び、セッティングし、PAも自分たちで決め本番、オペレータはなし。


ライブハウスでは、度々そんな状況でのライブもあるけど、ここは曲がりなりにも「ホール」。


長い間、イベンターがいてスタッフさんがいて、お膳立てができていて、ミュージシャンはその舞台に上がるまでは何もしなくて良い。というツアーを長い間経験させてもらった僕にとっては、ちょっと驚きだったんだけど、僕より若い世代の香苗ちゃんや札幌組のミュージシャンは、それが半ば当たり前のこと。

いかに僕たちの世代が恵まれていたのか分かる。そしてスタッフさんがいる、という事がどれだけ有り難い事だったのかが、よく分かる。

そんな事も理解できず、前だけ見て進んでいた当時の僕を思うと、少し恥ずかしい気持ちになる。

その昔、僕と関わってくれた人に、「ありがとう」と伝えたい気持ちだ。

時計台ホールのコンサートは最初、予約のお客さんが少なくて困っていたのだけど、開場したらお客さんが来る、くる。
満員御礼、という訳にはいかなかったけど、60名の方が来てくれた。本当にありがたい。


札幌組のミュージシャンと一緒に演奏するのは、この舞台で終わり。あっと言う間だったけど、グルーブ感やバランス感は、2日前にリハしただけとは思えない程良かったと思う。チックコリアのSPAINみたいな難解な曲も演奏したけど、バッチリだったし。

これで、ツアーの前半が終了。明日からは3人の演奏形態に変わる。僕はベースからアコギ弾きに変わる。
頭の切り替えが大変だ。今は何も考えられない。

明日は明日の風が吹くよ。とりあえず、お疲れさま!

うちあげ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
6月10日、北海道ツアー2日目。
今日は、札幌のSurr(シュール)というお店でのライブ。

16時半入りだから、時間がある。
札幌に行くといつも顔を出す、ミュージックショップ音処の
石川千鶴子さんと、昔アコースティックというライブハウスでお世話になった荒井さんに会いに行こう!

オンドコまでは、徒歩18分(Google Map)と出る。寺嶋も香苗ちゃんも、一緒に行く。と言ってくれたので
じゃあ散歩がてら3人で歩こう。とにかく右に曲がって左にいけばOK。札幌は碁盤の目だからわかりやすいよね。

って軽く考えてたのが仇になった。

いけども行けども、着かない。。。おかしいなぁとGoogle Mapを見直したら、徒歩40分だって!!!

え、???どんどん遠くなってる、、、。。(絶句)

つまり、逆方向に歩いてた、ってコトね。気がつくのが遅すぎた。朝ご飯も食べてないし、時間がなくなっちゃうかも?

いや~~、やってしまった!!2人に迷惑かけた。急いでタクシーひろって。
そんな事で怒るようなお二方ではないけど、随分長い時間、歩かせてしまった。。

まぁ、とにかくご飯たべて(スープカレー、うんめえかったよ!)石川さんのお店へ。

何年ぶりかなぁ。石川さん!相変わらず優しいまなざしの人。何回も会ってる訳じゃないけど、なんだか会うと嬉しい。っていうか
落ち着く人。また札幌に来たら会いたいなぁと思う人。

ご挨拶した時点でタイムアウトになってしまった。荒井さんに会いに行く時間がない。ゴメン荒井さん。
ポスター貼ってくれてありがとね。今度はちゃんと挨拶に行くからね。

そしてSurrに入り、札幌での1ステージ目が始まったのでした。

お客さんの入りも良好で、先日、岩﨑宏美さんの楽屋でお会いした境長生さん(札幌在住)やその昔一緒に仕事をしていた、相吉さんも白老から、札幌在住のサキナさんも来てくれた。

僕は自分の歌以外はベースを担当し、歌の時はギターで歌うという二刀流。頭がこんがらがってしまう。
各公演ごとに、弾く楽器が違うんだよ。同じ曲でも公演ごとによって楽器を使いわけなきゃいけない。

でも、一生懸命やったらお客さんは喜んでくれる。きっと。

そう思いながら演奏したら、ほんとにそうなった。いいライブになったと思う。
札幌チームとの演奏も、昨日リハしただけの感じじゃなかった。いいサウンド感だったと思う。

2日目の夜は、すこしホッとした感じで過ぎていくのでした。
終演後、メンバーでパチリ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月9日、朝6時半に目が覚めた。
いつもはまだ夢の中の時間なのだけど、今日は10時羽田空港集合。
8時半のリムジンバスに乗るのだよ。

軽く朝食をとって出発。予定通り9時半には羽田についた!
続いて野沢香苗ちゃん、寺嶋くんもちゃんと定刻に到着。

滞りなく搭乗、千歳空港に降りるとすぐ、レンタカー借りて、札幌の北区を目指す。
寺嶋くんが弾く予定のキーボードをお借りしに行くのだ。

そして宿泊先にチェックイン、休む間もなくリハーサルスタジオを目指す。
ご飯食べてない事に気がついて、薦められたレストランに行ったら、そこは偶然にも2009年に僕が、札幌在住のデュオ、ロケット姉妹さんと
ジョイントでライブをした「のや」というお店でした。
美味しかった!

食事をとるとすぐに移動、マグナムという名のスタジオで、札幌のミュージシャンと合流。
和気あいあいと、リハーサル。

とは言え、のべ23曲もあるんだよ。

でも、大山くん(per)酒井さん(piano)古館くん(guitar)三人とも凄い集中力。
素晴らしいミュージシャンだな。
リハが終わったのが22時。。ふう、...
覚悟してたとはいえ、タイトだなぁ。

終わってご飯を食べにススキノまで出る元気もない。
宿泊先の1階にある居酒屋に入ってとにかく、お疲れさんの乾杯。

慣れない場所で、分刻みのスケジュール。とにかく気持ちに余裕が無くて疲れたなぁ。
1週間の長旅、こんなんで大丈夫なんだろか?なんて、ちょっと不安なまま、1日目が終了したのでした。

続く、(のかな?)

写真は、「のや」の窓からの風景。いい感じの店です。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
明日から、二胡奏者の野沢香苗さんと、作曲家の寺嶋民哉さんと北海道ツアーに行ってきます。

今月に入ってからその準備をしておりました。

ライブごとに演奏曲が違ったり、担当楽器が違ったりするので、頭が整理できていません。

でもね、がんばるよ!

僕のNEW ALBUMも北海道限定で先行販売しますので、よろしくお願いします。
札幌、岩見沢、弟子屈のみなさん。お会いできるのを楽しみにしています。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
北海道ツアーの続編です。今回、札幌3カ所、岩見沢と野沢香苗さんのライブに同行するのですが、せっかく行くのなら、僕のゆかりの地でもある、道東にも足をのばしてライブがしたいと思ったのです。
僕が歌をはじめる時に、背中を強く押して応援してくれた方々。

その中の中心人物である、Saraさんに連絡をとってみました。

あまりに急な話だったので、たいそう困らせてしまったのですが、
親身になって考えてくださって、病院のロビーでのコンサート。という形でやらせてもらう事ができました。

東京から行く、野沢香苗さんと寺嶋民哉さんと3人で、14年ぶりの弟子屈でのライブが実現します。

以前から、再び弟子屈で演奏したいと思っていましたが、決まってとても嬉しいです。がんばります!

6/14(火)13時半より 川湯の森病院 1Fロビー。
入場は無料です。

川上郡弟子屈町川湯温泉4-8-13 015-483-3121

道東地方のみなさま、久しぶりに会いにきてください。
お待ちしております。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1年ぶりの歌ライブを終え、ダンディファイブの抱腹絶倒ライブを終え、その足で実家に戻り、とんぼ帰りで帰ってまりました。

そして、今月9日から北海道にツアーで参ります!

二胡の野沢香苗さん、プロデューサの寺嶋民哉さんとともに、北海道入りし、札幌のミュージシャンとコラボしたり、3人だけでライブを企画しています。

6/10(金)札幌シュール

6/11(土)札幌時計台ホール

6/12(日)岩見沢 三日月


くわしくはこちらのフライヤーをご覧になってください。

この他にも、2カ所ライブが予定されています。
そのお知らせは、明日します。

そのライブで販売する、北海道限定のNEW CDを制作中です。
そちらもあわせて、よろしくお願いします。

北海道の皆さん、お会いできるのを楽しみにしてます。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。