アンソニーロビンズ「直伝」トレーナー池田貴将ブログ

世界No.1コーチと評価されて20年以上が経過するアンソニーロビンズ。彼のトレーニングを終え、経営者・リーダーの方々に現場に活かせるアンソニーロビンズのメソッドを伝えている http://www.ikedatakamasa.com/

◆◇◆ INFORMATION ◆◇◆


【 池田貴将会員制度 Change the World College 】

池田貴将の最新の学びをお届けする、唯一の会員制度。
Change the World College 会員募集中!
http://cwc.ikedatakamasa.jp

「1年後は必ずやってくる。
 わたしは、1年後に、どうなっていたいのだろうか?」

タイムマネジメント、ゴール達成、お金の心理学、リーダーシップのステップなど、
人生の重要なコンセプトを池田が革新的な方法論で毎月お届けします!
 

cwc



テーマ:
ひとは、出来事をあるがままに見るのではなく、

自分の知っていることと結びつけながら見る。


たとえば、本を読んでいても、

自分の経験や、これまで読んだ話などと結びつけながら読んでいく。


なにかにチャレンジするときも、

過去のチャレンジや、過去の体験に結びつけながら、

どうするべきかをつかみ取っていく。


ひとつ何かに打ち込み、深い体験をしておくと、

なにかに取り組むときも、そのときの「深い見方」を応用することができる。


過去にそういうものがなくても、

これから積み上げていけばいい。


料理でも、子育てでも、
営業でも、経営でも、
なんでもいい。


ただ、大事なのは、
なにかいやなことから逃げた場所で得られるものは、
そうした深さに決して繋がらない。


目の前のことに取り組みながら、

ひとつひとつを考えていく。

すると深い理解に至る。

そして、その深い理解をつくった「深い洞察力」は、

他のものへ応用できるのだ。


結果や、やり方は、応用しずらいが、

真剣に取り組む過程で獲得した洞察力は、

一生ものの財産に変わる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
インプットする熱量が、
アウトプットの質と影響力を決めていく。

物事には常に「質」と「量」があります。

同じ千円のランチでも、
質は大きく違うものです。

同じ千文字の文章でも、
質は大きく違うものです。

「量」は目に見えてわかりますが、
「質」を客観的に見ることはどんな業種でもとてもむずかしいものです。

質の評価を求めるひとは多くいます。

・今回のプレゼンはどうだっただろう?

・今回の資料はどうだっただろう?

・今日の働き具合はどうだっただろう?

自分では分からないから、
一流のアスリートでもコーチをつけて、外からの視点をもつよう努力しています。


しかし、外からの視点を考える前に、
問うべきことがあります。


それは

「 熱量は十分に注ぎ込んだだろうか? 」

ということです。


熱量が低いと、質は必然的に下がり始めます。

質が低くなると、そのこと自体への熱量がさらに落ちていきます。

こうした悪循環の歯止めをかけないと、

昔は情熱的だったことに、いつしか情熱を失ってしまいます。


熱量を注ぎ込むためには、

やる気を上げるのではなく、

その対象への興味に立ち返ることです。


なにが好きなのか、

なにに興味があるのか、

どんなことをもっと知りたいのか、

どんな経験をもっとしたいのか、


興味は熱量となり、熱量が質に転化されて、インパクトと影響力に変わります。


さまざまなことに意識がとらわれていると、
興味というエネルギーの源を見失ってしまいがちです。

共に気をつけながら、 熱量を高めて参りましょう。


池田貴将


{0B9F0E05-4D80-485F-834F-3028DFD1F469}

昨日はモデル・作家でテレビ、ラジオにひっぱりだこの豊川月乃さんと梅田の蔦屋書店でトークショーでした。

惹きつける力ということについて、
さまざまな角度からお届けして大好評でした。
次回開催のリクエストもお客さまからも蔦屋書店さんの方からも頂きました。

月乃さんの鋭い視点がとても勉強になりました。
ぼくは影響力のメカニズムについてお伝えしました。

月乃さんありがとうございました!




ps
(この写真は好きな食べものはカレーだということについて話しているところっぽいです)















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
いよいよ明日は、
モデルでありコーチでもある豊川月乃さんとのコラボイベント。

梅田の蔦屋書店さんにて開催させていただきます。

テーマは「惹きつける力」について。

東京での開催はないのかと問い合わせを多数頂いているのですが、
大阪だけでの開催となります。

コラボや対談はなかなか行わないので、
関西の方はこの機会にぜひ。


{1511F294-3AE4-41E4-A927-89154D785190}

"人の可能性を引き出す"二人のプロが、 2時間で、あなたが夢を叶えるために 欲しいものを手に入れる力を目覚めさせてくれます!

夢を叶えるには、さまざまなものが要ります。
運やタイミングから、 人脈や情報まで。 

こつこつと行動することもとても大事なことですが、 
もっと大事なのは、「欲しいものを引き寄せる力」です。 


活躍しているひとは、「惹きつける力」をもっています。 
だから、夢を叶えるために足りないものがあっても、自然と集まってくるのです。 
また、そういう方は、一度失っても、また返り咲くことができるし、 周囲からの応援や助けを受けることができます。 

新しい未来にチャレンジするときも、 夢を叶え続けているひとがワクワクしていられるのは、 「今足りなかったとしても、 必要なものはあとで必ず揃う」 という自信があるからです。 

そうした「惹きつける力」は誰にでもあります。


今回、池田貴将氏と豊川月乃氏という、人の中に眠る 「惹きつける力」を引き出す2人のプロが、 初めてのコラボレーションでトークショーをお届けします。

おふたりは、それぞれの分野で、 「オーラ」「影響力」「魅力」「リーダーシップ」などを 引き出してきました。

モデルの方、経営をされている方、 会社員の方、 学生の方、主婦の方など、職業を問わず、 魅力を高め、 影響力を高めていきたいと考える方にお勧めです。


8/21作家池田貴将×モデル豊川月乃トークショー『惹きつける力~なぜあの人は自然にしているのに、ひとが集まるのか?~』

■タイムスケジュール
13:30      開場 
14:00~14:10  池田貴将 × 豊川月乃 トーク
14:10~14:50  豊川月乃 トーク
14:50~15:30  池田貴将 トーク
15:30~16:00  池田貴将 × 豊川月乃 トーク
16:00~     サイン会

プロフィール
●池田貴将(いけだ・たかまさ)
リーダーシップ・行動心理学の研究者。
早稲田大学在学中よりベンチャービジネスの新規事業立ち上げなどに関わり、ビジネスをする上での心理学の重要性を感じ、世界的に有名なアンソニー・ロビンズのトレーニングを受けるために渡米。
卒業後、株式会社オープンプラットフォームを設立し、起業家・経営者・ビジネスリーダー向けのスクールを主宰。
「感情と行動をつくる心理学」に注目した新しいメソッドは全国の実践者の注目を浴び、書籍や雑誌などに取り上げられる。
セミナー受講者の数はのべ4万人にのぼり、ビジネス作家やコンサルタントなどの「専門家」も多く参加するセミナーとして広く知られている。
著書に『未来記憶』(サンマーク出版)『覚悟の磨き方』(サンクチュアリ出版)などがある


● 豊川月乃 
美容作家・モデル・ライフコーチ
Model&Beauty School『sen-se』代表。

有名女優・トップモデルから、小学生や70代の女性まで、のべ1万人以上の女性を指導した実績を持つ。
さまざまな職業を経て専業主婦になるも、30歳でモデルにカムバックし、その後36歳で「東京コレクション」にも出演。現在もモデルとして活躍中。

自身が代表をつとめるスクールは『キレイになるだけでなく人生が変わる学校』と評判で、外見を磨くだけでなく、「夢かなセミナー」などを通してメンタル的にアプローチする方法で多くの人の夢実現や目標達成を可能にしている。

最近ではライフコーチの養成にも力を入れている。

様々な視点から語ることのできる「美の伝道師」として各種メディアにひっぱりだこ。
著書に「美人養成専門学校48の教え」(サンマーク)、「ますますキレイになる人 どんどんブサイクになる人」(大和書房)などがある。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


大事なのは、私たちが意識的に決断できることのほとんどは、
「なにかしらの葛藤」がそこに起こったときだ。

無意識のなかで葛藤が生じると、
それが意識にのぼって「悩み」や「問題」や「考えなきゃ」ということになる。

だから、変化を起こすには、意識的に「葛藤」を起こすことだ。

そのために、「すべては自分が決めたことだとしたら、あなたは何を決めたのか」という問いがある。

それが真実なのかどうかは問題ではない。
ぼくらは実践者だ。

だから、大事なのは、真実かどうかより、使えるかどうか。

そういう意味で、この「すべては自分が決めたことだとしたら」という前提はとても使える。

もしすべては自分が決めたことだとしたら、あなたはどう思うだろう?

そこにモヤモヤが生じはじめたら、変化の一歩目が起きたのだと祝おう。


池田貴将
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

じっくり考えてみてほしい。

もし、今の人生が、これまでのあなたの決断によって作られているとしたら、

あなたはなにを決めたのだろう?

もしかしたら、すばらしい友達に囲まれると決めたのかもしれないし、
もしかしたら、たくさんの学びによって成長すると決めたのかもしれない。

もしかしたら、不健康になると決めたのかもしれないし、
もしかしたら、経済的に苦労すると決めたのかもしれない。


あなたはなにを決めたのだろう?



わたしたちが「自分が決断した」と思っていることのほぼ全ては、

「意識的な決断」だけだ。

だから、無意識的に行われた決断を「自分が決めたわけではない」と思い込んでしまう。

本当は無意識で決めているのに、「自分が選んだわけではない」とおもっていたら、

永遠になにも変えられない。だって自分で選んでいるのだから。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)