1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2009年08月26日

二番煎じ。

テーマ:【怒り度】★★★☆☆

よいケース、というのは


共有されやすく、真似されやすいが


他人がつくった(よいとされる)提案書を


そのまま別の人が使ったとしても


決まるわけがない。


なぜ決まらないのか?


つくった本人の意図が、


正確に理解されていないということもあるだろう、


実は、提案書が決め手だったのではなくて


プレゼンした人だった、ということもある。


だが、


いずれにしろ


よいケースの二番煎じに


一生懸命、時間をかけすぎるのは


要注意である。


むしろ、


よいケースを作る側に回ることを


考えるべきである。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009年05月18日

正しいか正しくないか。

テーマ:【怒り度】★★★☆☆

正しいか、正しくないか


ということは子供でも分かる、


ということを小林秀雄が言っている。


一方で


正しいことを


正しい、と主張したい大人は多い。


逆もしかり。


結構、能力が高いと思われる人であっても


ムキになって


相手が屈服するまで主張し続ける。


なぜ、


「正しい、以上」


で済まされないのか。


この世から


戦争がなかなか無くならないのも


このあたりに理由がある気がする。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年05月05日

精神のぜいたく病。

テーマ:【怒り度】★★★☆☆

モチベーションが上がらない、


評価されていない、


と色々な悩みがあるが


突き詰めていくと


目的意識の問題に行きつくケースが多い。


要は、自分自身が


こういう人間になりたい、とか


こういうことがやりたい、という


目的意識が薄かったり、


定まっていなかったり。


最初は


解決策を外に求めるのだが


最後は、自分の問題として


ブーメランのように戻ってくる。


だが、ここが解決されないと


一時的にすっきりしても


また同じ悩みで苦しめられる。


物質的には満たされた


現代ならではの


精神のぜいたく病かもしれない


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2009年05月01日

数字の魔力。

テーマ:【怒り度】★★★☆☆

出てきた数字をみて


それ以上、追及せず


すんなりと受け入れてしまう、、、


だが、はたから見ていて


常識的に考えて


そんな数字はありえないだろう、


と思うことがある。


数字の裏のプロセスを


みようとしない。


数字=絶対的な存在、正しいもの


とみてしまい


思考停止に陥る。


その魔力に騙されている人が


どれほど多いことか。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年04月26日

チャンスを捨てる行為。

テーマ:【怒り度】★★★☆☆

結果が出ないからといって


すぐにやめてしまう、


他のものに切り替えてしまう。


最近の気になる傾向。


悪いなら、悪いなりの


原因があるはず。


それを追及せずに


あきらめてしまっている。


もったいないと思う。


悪い理由が分かるということは


改善の余地があるわけで


よいものを発見したに等しい。


物事のよい面だけ


見よう見ようとするのでは


チャンスを2分の1にしてしまっている。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009年03月24日

意味ありげな意味なし。

テーマ:【怒り度】★★★☆☆

2人以上子供がいる家庭向けに


子育て給付金というものがあるらしい。


そういえば


我が家も子供が2人いるが。。。


対象世帯は下記の通り(①または②)

①平成2年4月2日~17年4月1日生まれのお子さんが2人以上いる

②2人目以降が平成14年4月2日~17年4月1日生まれのお子さん


なんじゃこりゃ、、、はてなマーク


対象世帯かどうか確認するのに


数分。


対象ではないと分かって


怒りがこみ上げてくるまで


3秒。


平成2年とか14年とか17年に


何か意味があるのだろうか?


出産コントロールできるものでもあるまいし。。。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年02月27日

2月振り返り。

テーマ:【怒り度】★★★☆☆

2月の最終日。


結果としては


あと一歩届かず。。。あし


本当に悔しい。


だが、この最後の一歩が


遠い。


人間というのは、


成果が見えているところに


どうしても力を注ぎがち。


だが、見えているものを


より見えるようにしても


目標を達成できるわけではない。


足りない部分をどうするのか?


見えない部分を、どう見えるようにするのか?


そこを追求しなければ


いつも


あと一歩で終わってしまう。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009年02月16日

挨拶とか。

テーマ:【怒り度】★★★☆☆

挨拶というか


常識的なことが


できていないと感じることが多い。


たとえば、


遅刻してきたら


上司のところに来て


「ただいま、出社しました」


と報告する。


理由が何であれ、


休んだ翌日には


周りのメンバーに


「ご迷惑おかけしました」


とお詫びをいう。


自分は


遅刻したり、休んだりする権利がある


と思い込んでいるのか


正当な理由があれば


問題ないと考えているのか


どういう心境なのか一度のぞいてみたい。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009年02月03日

叱る上司。

テーマ:【怒り度】★★★☆☆
怒りブログ。-エレベーター

叱る上司がいない、


というのは最近の傾向なのかもしれない。


私が新人のときは


一つ上の先輩がついて


手取り足取り教えてくれたが


間違ったことをしたら


厳しく叱られた。


一度、エレベーターに一緒に乗ったとき


先に下りようとしたら、


最後までボタンを押せっ!


と叱られた。


たかがエレベーターで、、、


一瞬むかっ、としたが


今思うと、


ビジネスマナーの基本を教えてくれたんだと


感謝している。


叱る、というのは


なかなか難しい。


上司部下が


友達感覚になってしまうと


なかなか厳しいことも言いづらくなる。


普段のコミュニケーションが薄いと


叱るのにも気を使う。


もう少し「叱る」を流通させたいと思う。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009年01月23日

同行する人数。

テーマ:【怒り度】★★★☆☆

アポイントに


同行して感じること。


同行する人数が多すぎる!


いろんな可能性を考えると


スタッフも含め、人数が増えてしまうのは


ある程度仕方がないが


何も話さない人を同行しても仕方がない。


印象の残らない、、、


うすーいアポになってしまう。


多少がんばっても


少人数で話ができたほうが


濃い議論ができる。


パーソナルな空間をつくることで


会話が弾むはず。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログパーツ track link 怒りブログ。へのリンク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。