自民党の中山恭子元少子化・拉致問題担当相(参院議員)は7日午前、平沼赳夫元経済産業相、与謝野馨元財務相らが結成する新党への参加について「考えたことがない」と否定した。参加の意向を表明している夫の中山成彬元国土交通相については「活動の場はぜひ欲しいと思っている」と語った。

 鴻池祥肇元防災担当相も同日、「当初は平沼氏と一緒に進んでいこうと思っていたが、理念や国家観の違う方と一緒にできない」と、平沼氏に参加を見送る以降を伝えたことを明らかにした。いずれも国会内で記者団の質問に答えた。

 平沼氏は7日午前、都内で記者団に対し、中山氏に新党への参加を打診したことを認めた。その上で「彼女は比例代表で出たので、自民党にも義理があるのではないか」と述べ、参加は難しいとの見通しを示した。中川義雄参院議員の参加については「僕らの動きには賛同してくれていると思う」と、期待を示した。

【関連記事】
平沼氏新党「段階的に同調者増やす」
亀井氏 平沼・与謝野新党に「政策逆の2人が組んでキョトン」
中山恭子氏の秘書らに罰金 夫の成彬氏の選挙運動めぐり
自民党新体制 「舛添氏待望論」に応えよ
自民・影の内閣 河野太郎氏ら若手起用
「中国内陸部の資源事情とは…?」

衆院に会派結成を届け出=たちあがれ日本(時事通信)
甘い香り漂う…桃の花が見ごろ 山梨県(産経新聞)
<社民党>北マリアナ下院議長、テニアン移設歓迎 照屋氏(毎日新聞)
首長新党にエール=原口総務相(時事通信)
子ども手当 参院選へ“巨大選挙買収”(産経新聞)
AD