ジ ュ ジ ュ Ⅱ

 ジュジュ♀MIX黒色犬。 
 CATNAP(現:ARCh)に救われて、2008年3月に我が家にやってきました。

生まれてまもなく姉妹同時に放棄された、ジュジュCATNAP
千葉支部(現:ARCh) に救われたラッキーワンコ。




推定生後5~6ヶ月頃の2008年3月、我が家にやってきました。














■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□








「まる太」素敵な家族ができました♪
「つとむ」素敵な家族ができました♪
「はあちゃん」素敵な家族ができました♪
「ノア」素敵な家族ができました♪
「こも」素敵な家族ができました♪







■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□





●2014年7月、6歳のジュジュは肥満細胞腫を発症し切除手術を受ける。



●2015年1月、7歳のジュジュ、肥満細胞腫を再発しまたも切除手術。











・記事等と関係のないコメントは削除させていただくことがあります。







テーマ:

 

 

 

 

DogShelterでは正式譲渡の書類手続きと説明を行うために、元保護犬の家庭へスタッフが訪問します。

 

 

いままでは全てを代表のスタッフKちゃんにお任せしていましたが、今回は後学のために私も同伴させていただきました。

 

正直言うとね、今までは自分自身が色々な意味で動揺しちゃってて、冷静に譲渡書類の説明等を行う自信がなかったのです。

 

 

 

 

 

 

Kちゃんと共に2ヶ月ぶりにその玄関を開けると・・・・・聞き覚えのある、「ウッ・・ウッオっ!ウオッ・・」という警戒吠えが。

 

荷物を置いてしゃがみこむ私に、しっぽを完全にINしながらのへっぴり腰で近寄り、熱心に匂いかぎするこもちゃん。

 

「ん??あれれ?なんだったっけなあ?このにおい・・・」

 

そんな雰囲気をかもし出しながら~安全地帯になってるパパママさんのお膝に飛び付いては気持ちを落ち着かせ、へっぴり腰で私のにおいを嗅ぎに・・

 

(こうして飛び付いて、嬉しいとか楽しいとか助けてとか気持ちを体中で表現してくれるこもちゃんが本当にかわいいと言って下さるママさんです)

 

(パパさんの少し曲げたお膝が、こもちゃんへの細やかな愛情を示していると感じます)

 

 

 

 

・・っというのを数回繰り返して「あ!おばちゃんじゃない??あー!おばちゃんだあ!」っとお尻までクネクネさせて、こもちゃんは私にも飛び付いてくれました。

 

 

 

ブレブレで・・写真はこんな。

うちに居た頃、可愛い写真を撮ろうと思ってもこんなんばっかだったな。

 

 

 

 

 

 

 

「おばちゃん!どうぞ!わたしのおうち、入って!」

 

 

この堂々としたシッポ!

 

 

 

 

 

こもちゃんは家中、自由に闊歩してました。

 

昨晩からは就寝時も一緒のベッドで過ごしているそうです!!

 

Kちゃんと私、同時に「え!ベッドで??お粗相は??」とガーン

パパママさん、口をそろえて「ないです!」ってウインク

 

 

何度も何度も「えええ??だって!だって!排泄問題は本当に大変だったんですよー!」と言うKちゃん。

Kちゃんは引き出し直後の一番、大変な10日間をこもちゃんと過ごしたんだもんね。

 

言葉も出無い私。

ポーンベッドで?滝汗お布団で??

 

これこそが嬉しい誤算と言うべきか口笛!?

 

 

 

 

 

 

 

 

パパさんの隣でまったりしてるこもちゃん。

オメメの輝きが全く違いますねラブラブ

キラキラウルウルしていながらも、興奮している様子は全くない瞳です。

 

随分とお上品なワンコさんですねぇキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お上品なワンコさん、こんなコトもしてるそうですわアセアセ

 

 

子犬時代をゆっくりゆっくり経験中のこもちゃん。

命の危険の無い程度のいたずらは、笑って見守っていただいてます。

 

お留守番の時は、おもちゃを部屋中にばら撒いて、パパママさんのお帰りを待っているそうですチョキ

 

 

 

 

 

 

手続き中の私の足元で眠るこもちゃん。

こんな姿を見ることができるなんてね・・・・ラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族の記念撮影カメラ

 

 

パパさんに抱き上げられると、ふにゃふにゃになるこもちゃん。

ちょっとしたぬいぐるみみたいでした。

 

パパのお膝の上でヘソ天イエローハート

毎日、どれほど愛されて守られて甘えさせてもらっているのか、この一枚でわかっていただけると思います。

 

 

感無量でした。

 

 

犬の飼育経験は私よりもずっと豊富で多頭飼育の経験も、保護犬飼育経験も私よりずっと長いパパママさん。

それでも「こもちゃんは本当に難しいですね。」っと。
難しいんです。

聞いていた以上に、思っていた以上に、覚悟していた以上に、難しかったと思います。

今までの飼育経験がまるで役に立たないワンコだったと思います。

 

そんなこもちゃんに時間と手間と工夫と愛情と辛抱と喜びと楽しみと・・・私や夫がこもちゃんに与えたいと思ってきた全て以上のものをこもちゃんは得ていました。

 

 

たくさん考えて色々悩んで「ここのお宅にこもちゃんを託そう」って判断した自分へ、金メダルを授与したいくらいに誇らしい気持ちで、こもちゃんとさよならしてきました。

 

 

あ・・さよならって言ってもね音符

パパさんもママさんも「はい。またおいでね。いつでもいらっしゃいね~。」って、ニコニコで仰っていただけたので、また行きますよルンルン

 

また行けるように、トライアル時に我が家からこもちゃんへ貸出した犬グッズは、今回は回収してませんの。

ふふふ口笛

 

 

 

まるちゃんちと割合ご近所なので、「涼しくなったら、こもちゃんちの帰りにまるちゃんちに寄ります!」ってまるちゃんママさんにも宣言してあるしねグッ

(まるちゃん:https://ameblo.jp/ii-chan339/theme-10060955861.html

 

 

まるちゃんママさんもね、頻繁にまるちゃんの様子を報告くださって、後輩犬たちの応援もかかさずにしてくれます。

 

嬉しいなあ。

 

嬉しいご縁が増えて嬉しいなあ。

 

 

 

 

以上、こもちゃんの近況をここに報告いたしますお祝いお祝いお祝い

 

 

 

 

 

 

 

AD
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。