日本人宇宙飛行士山崎直子さんの搭乗が国内の注目を集める中、年内に退役する予定のスペースシャトル。一方、北九州市内のテーマパーク「スペースワールド」には1990年4月のオープン時から、本物と同じ大きさのシャトルのレプリカが設置されている。
 高さ約60メートルで、園内にそびえ立つシャトルは20年間、宇宙への興味津々でやってくる家族連れを見守り、時には目の前で結婚式を挙げたのカップルを祝福してきた。スペースワールドでは、「本物の引退は残年だが、宇宙開発やパークの記念碑として末永く愛してもらいたい」と、テーマパークの象徴として引き続き「現役」を続けてもらう方針だ。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕古き良き時代伝える「おっちゃんの宝物」刊行=和歌山
〔地域の情報〕「徳川家康検定」を実施=愛知県岡崎市
〔地域の情報〕「武田兵糧丸」を銘菓に=山梨県
〔地域の情報〕三大桜の「淡墨桜」が見ごろ=岐阜県本巣市
〔地域の情報〕キーホルダーで阿波あいをPR=徳島県

高速新料金制度法案、与党委員長が異例の反対(読売新聞)
遊具広場、囲って安心?孤立?…都立公園(読売新聞)
<OBサミット>広島で開幕「核兵器なき世界」議題に(毎日新聞)
【from Editor】ブロガーからのエール(産経新聞)
菅家さん、選挙権10年ぶり復活(産経新聞)
AD