A香港型のインフルエンザウイルスが、2月22日から3月7日にかけて熊本県で4件検出された。A香港型の検出は、昨年10月26日-11月1日の週以来、約4か月ぶりという。厚生労働省が3月5日の記者会見で明らかにした。

 一方、Aソ連型のウイルスは昨年8月31日-9月6日の週以降、検出されていない。

■B型「今年はまだ少ない」
 増加傾向にあるB型インフルエンザウイルスは、1月18日から2月21日までの5週間で10件検出された。この間に検出された新型のウイルスは972件で、健康局結核感染症課の中嶋建介・感染症情報管理室長は会見で、現在のインフルエンザ患者の「ほとんどすべてが新型」との認識を示した。
 中嶋室長はB型の検出状況について、週に100件単位で検出される年もあると指摘。「年によって違うが、おおむね今よりも多く採れている。少しずつ採れているとはいえ、今年はまだ少ない」と述べた。


【関連記事】
依然ほとんどが新型も、B型が微増―インフルエンザで感染研
インフル患者5週連続減、注意報地域は増加
インフルでの入院、6週連続で減少
インフル対策、当面は実施継続―厚労省
新型ウイルスでA香港型とAソ連型は消滅か

岡田外相が北海道訪問 政権発足半年、北方領土進展なし(産経新聞)
北教組幹部逮捕 日教組書記長「法令遵守呼び掛けたが残念」(産経新聞)
<官房機密費>「使途解明は困難」答弁書を閣議決定(毎日新聞)
内閣改造「考えず」=鳩山首相(時事通信)
<中2自殺>「遺書に名」生徒ら提訴 岐阜・瑞浪(毎日新聞)
AD