おむつなし育児アドバイザーとして
地域で活動もさせていただいている伊江まゆこです。


品川区で月1回講座を開催しています。



4/20におむつなし育児 2回連続講座の2回目を開催しました。


{2A1D393E-18A4-47BB-AFB4-F58C238CD792}



この1ヶ月間、
皆さん自分なりにおむつなし育児を実践してみて
できたことや難しかったこと、
さまざまな気付きがあったようです。



月齢によって赤ちゃんの発達段階が違うので
出てくる悩みも色々なのです…。



この時はうまくいっていたのに
最近はすんなりキャッチできない、
おまる自体を嫌がる、など



その時その時のママの心境は
??? 
となって「どうしてー?」
と悩んでしまったりするけど



じゃあどうしたら楽しくできるか♪



どうしたらおまるやトイレに座ることを
楽しいことに変えてあげられるか



そんな発想も時には必要ですし



また
お子さんが嫌なときは無理強いする必要もないので、一回やめてみてママの心のゆとりを作るのでもいい。



その悩んだ期間って  

実はあとから振り返るとほんの一時だけ



おむつ外しやトイレでできることだけを目的にするのではなくて、
まずは親子で楽しんで実践することを一番に考えてほしいなと思います。



おむつなし育児は排泄コミュニケーションなのです。


いただいたご感想では

「2回目でフォローがあったことが良かったです。
折れかけていた心が戻りました!」


というお声や



「他の方の状況が聞けて共感できたりモチベーションがあがりました。」



というお声もいただきました!




今回は排泄の心理にもフォーカスしてお伝えしたのですが、



このお話はたとえねんね期の0歳の赤ちゃんでも 
知っておくと毎日の声かけが変わる
とても重要なお話ですウインク



5ヶ月の赤ちゃんのママも知ることができて良かったと仰っていましたよ。



おむつなし育児とは直接関係はないけれど
イヤイヤ期の対応を知りたいとか
そんなご要望もあったので
時間さえ許せばその辺のお話もしたいな!
と思いました。



今ある育児のお悩み、
講座後でもよいので私でよければ気軽に相談してくださいねニコニコ




2回にわたりご参加くださった皆様、
ありがとうございました!

{E670575B-49C1-45E4-8EB1-E9A6BB8E79B7}



時間は①5/18・②6/19で開催します!

今年の桜はいつもより 
長く楽しませてくれる気がしますね。
 


久しぶりのブログとなってしまいました。



お散歩コースの
目黒川もピンク一色になり
毎年感動するほど。



散りつもった花びらで
こんなふうに遊べるのも今だけですね。


{D218A929-A3C4-4719-9B52-DB0ACB3B8398}

{6031435B-1E3C-45A6-BD7F-519DC4E6F877}



息子は幼稚園から帰ると
毎日のように公園で虫探し。



だんご虫がどんな所にいるか
もうわかっていて
同じ葉っぱの下でも日陰のじめっとした
濡れた土にいると心得ている 笑


ムカデやミミズとかも出てくるので
わぁーっと言いながら枝でずっといじってたり。

{EF2B62FD-1016-4548-A79A-DE518A4AEEA2}


たんぽぽもとても綺麗です。

幼稚園では「たんぽぽ」組さんなので
余計に好きになったみたい。

{4EE9BDE4-1896-42A0-9E32-72F012D708E0}


さて、幼稚園初登園から1週間。
息子にとっては緊張の1週間でした。


初日から泣かずに登園でき
この5日間も
「行きたくない」という言葉はでませんでしたが、


3日目の夜、感情が大爆発に。



お風呂で遊んでいて
私が身体を洗うからと一度湯船から上がったときに、まだ出ないで欲しかったようで、


それをきっかけに
ものすごーーく泣いて泣いて、


おや、これはいつもと違う感じだぞ
と思いながらも
私が洗い終わって湯船に入っても
まだ怒るように泣いていて。



抱っこしてもいいかな?

と聞いても「いや!やめて」と怒る。



甘えたいけど、甘えたくない、
ぼくは幼稚園のお兄さんになって
頑張ってるんだ、、
なんでもできるんだ、、、



そんな気持ちが見え隠れ。



さらにその日は
幼稚園が終わってから公園で遊んだあと
午後から月1の「母の会」があり
私だけ幼稚園へ戻らなければならなくて
数時間一時保育で待っていてもらいました。
(子連れでの参加はできない為)


そんな盛りだくさんな一日だったので
お昼寝なしの夕方6時。
きっとすご〜く疲れていて、
眠くて仕方がないのもわかった。



慣れない環境で、
バスに乗って、着いたら自分のお支度や
園でのルールに沿って生活することなど


本当に小さなことから初めてづくしで
それは心身ともに疲れるに決まってる。



泣きたいよね。
泣きたい時はいっぱい泣いていいんだよ。


あまり共感の声かけもしすぎず、
静かに隣で見守って
落ち着くまでたくさん感情を出させてあげました。



ひとしきり泣いて泣いて、
落ち着いたらケロッと
「ごはんたべよっか」
なんて言ってた息子。



泣く事は全然悪い事じゃないので
こうやって感情のデトックスも必要ですよね。



それでもこの日、おかえりの時に担任のベテラン先生から

「◯◯くんは遊びを見つけるのがとっても上手ですね。
今日は遊園地にお弁当を持っていく設定で、私におにぎりを作ってくれたり、ピクニックのシートを敷いてくれたりしたんですよ。
遊びを広げるのが上手でびっくりしました。

きっとこれまでお母さんとお父さんと良い時間を過ごされて来たんだなぁ〜というのがよく分かりましたよ。◯◯くんの担任になれて嬉しいです。」

というような事を仰ってくださったり、



朝の体操の時間は
年少さんはまだ年中、年長組を縁側で見てるだけだけど、
音楽に合わせて自己流のおもしろい踊りを踊っていたようで、それもとっても上手だと言ってくださったり。



本人なりに前向きに楽しんでいる姿も
知ることができて、
なんだか涙しそうになる事多々な1週間でした。



子供も新しい生活、環境に
馴染もうと頑張っているんだと思うと、


自分も頑張らなきゃな!
と励まされる気持ちです真顔

こんにちは。伊江まゆ子です。


先週土曜日は
息子の幼稚園入園式でした。


{5673C89D-ACF0-4B7D-BC64-20A01182881C}

{5BA7951F-7B42-4D8A-B499-8D660B58A3E4}



午前中は雨が降っていたのですが

午後の式の時には雨はあがって
桜の木の下でお写真も撮ることができて
良かったです。




ただ、息子は4日前にテーブルの角に目をぶつけて打撲してしまい
大事な入園式に目の周りが青く腫れてお岩さん状態…

私のコンシーラーで隠しても隠しきれない 笑

勲章のようですが
これもまぁいい思い出ですね。



今日は初登園。


{9890531A-C7C2-4378-B4C5-D9F02E613206}


バスの時間が1便だと わりと早くて
7時台、主人が会社に行く時間と同じ時間に 
家を出なくてはいけないので、



春休み中から
4月からのタイムスケジュールの見直し(特に朝)と
シュミレーションをしてきました。



幼稚園から帰ってきてからの過ごし方も
まだ改善の余地ありです。



息子は去年、家から歩いて10分の別の幼稚園のプレに週2 x 2hで行っていたのですが

 
去年の今頃は
初日からギャンギャン泣いて泣いて、
しばらくは慣れなくて泣いていたことを思い出しました。



でも一年後の今日は。

バス停まで慣れない革靴ローファーを履いて
一生懸命歩いて、

バスが来たら先生にご挨拶して
「行ってくるね〜」
と笑顔でバイバイしてくれました。



バスに乗って幼稚園に行くことを
とても楽しみにしていたので
嬉しかったみたいですウインク



それでもその姿に大きな成長を感じました!



息子と一日一緒に過ごす日はもうおしまい。



幼稚園入園を
待ちわびていたはずなのに



もう離れていくんだ…ということに
不思議と実感がなくて
今になって親は少し寂しい。




息子は第一子ですごく慎重派。
うお座はウェットと言われるだけあって
0歳から後追いも凄く
いつも、お母さんと一緒がいい。
一人遊びより、なんでもお母さんとしたい。



正直それが
本当に大変だと思う時もあったけど、

それよりも
すごく楽しくて充実していて
貴重で幸せな3年間だったことはたしか。



息子と日々色んなことをして
色んな場所に行った。



今しかないこの時代を
思う存分味わい尽くせたことに
本当にありがとうと感謝の気持ちでいっぱい。



これからの3〜6歳も
大事な人間形成の期間!



手をかけすぎず
息子を成長を見守り、
よきサポート役でいたいなと思います。



そしてこれからは
私も仕事に本腰を入れて!



やること盛りだくさんなので
目の前のことを一生懸命やろうと思います。



そして、自分と向き合う時間もたくさん作りたいと思います(^ ^)



{97F7A39A-FF6C-4A75-AFDE-3AB588093725}