ガルバリウム鋼板の屋根

テーマ:


11月 19日 (月) ご覧いただきありがとうございます。
 (*゜▽゜ノノ゛☆

私たちは尼崎、西宮、伊丹を中心に活動してる工務店

株式会社アイディール・デザインです。

http://www.idealdesign.biz/

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

昨日、心斎橋へショピングへ行ってきたのですが、
クリスマスのイルミネーションがとってもキレイでした

御堂筋線沿いの、いちょう並木の葉っぱが
黄色に色づいているかな~
と楽しみにしていたのですが、
まだ、緑色の葉っぱもチラホラ残っていて
本当の見ごろは、もう少し先かな という感じでした

街は、年末に向っていっているなぁ
と感じた1日でした


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日は、阪神大震災直後に建てられた家の、屋根についてのお話です屋根

震災前の主流の屋根といえば、いわゆる昔ながらの『瓦』の屋根でした。
『瓦』の屋根は重くて建物に負担をかけてしまう。

そこで・・・

震災直後に建てられた、多くの家の屋根には、
軽くて、丈夫で安価。と言った理由から
『カラーベスト』や『コロニアル』という商品名の
平型化粧スレート屋根(スレート瓦)が使用されていました。
コレです↓ (因みに、このカラーベストは、綺麗に塗装された直後のものです)

 阪神大震災から早17年。。。

ちょうどその頃にお家を建てられた方は、
そろそろ、屋根(外壁)の状態が
気になってくる頃ではないかと思います屋根

「そろそろ塗装をした方が良いのかな
「塗装と言っても、種類が色々あるし、いったいどれが良いのかな

そこで、当社、アイディールデザインからのご提案ですポイント

古くなったカラーベストを塗装するのでは無く、
現在ある古くなったカラーベスト屋根の上から、
ガルバリウム銅版の屋根を載せる!
という施工のお勧めをしたいと思います

下記の写真は、
先程説明しました、ガルバリウムの屋根を
先日、当社が施工した時の写真です

右が古くなったカラーベスト(約30年前ぐらいのもの)
左がそのカラーベストの屋根の上に、施工しているガルバリウムの屋根。
(写真をクリックすると拡大して分かりやすいと思います)



次の写真は、少し手前に見えているところが古いカラーベスト
奥に広がっているのが、新しく載せたガルバリウム鋼板の屋根。


ガルバリウム鋼板の屋根は、
いままで使用されていた、カラーベストの屋根に比べると
更に、軽量化、耐久性、にすぐれています。

なので、これまでの屋根に比べると、
メンテナンスの回数をグンと減らすことができ、長持ちし
長い目でみると、経済的です。

また、現在の古いカラーベストの屋根を撤去せずに、
その上から施工できるという所も良い所です
(昔ながらの瓦は、撤去しないとできません)


そろそろ、屋根の塗装や点検をお考えのお客さまには、
自信をもってお勧めしたい、屋根です。

ガルバリウム鋼板の屋根について、
施工を希望のお客様。
もっと詳しく説明して欲しい。
屋根の相談をなさりたいお客様。
などなど・・・お気軽にアイディールデザインまでご連絡下さいね

お待ちしております

AD

コメント(4)