id120のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
見つめる。
 彼は荒っぽいかもしれないが、嘘をつくような性格ではなさそうだった。その事だけは信じていいともアルフィリースは思うのだ。

「で、どうするんだ? 俺と協力するか、それとも別々に行くのか?」casio grand
「対等な立場のつもりかもしれないけど、残念ながら有利なのはこっちよ」
「どういうことだ?」

 男は目の前の女が開き直ったかと思ったが、どうやら彼女は何やら勝算があるらしい。

「私には仲間がいる。今夜中にでも助けに来るでしょう。でもあなたにはいないわ。ここを出ても、果たしてどうするのかしら?」
「なるほどな。で、俺にどうしろと?」
「私の仲間にならない?」
「ほう?」

 アルフィリースは目の前の巨人の男に何やら感じるものがあったようだ。唐突な誘いに、男はさらにアルフィリースに興味を持ったのだった。



加護無き土地、その4~あるいは初めての~

「仲間ねぇ。具体的には?」

 巨人の男は少しアルフィリースを試すような顔つきで質問する。自分を見れば大抵の人間は恐れると彼はそう思っていたのだが、目の前の女は驚くどころか自分の仲間になれと言っている。
 巨人という種族は元来あまり他に興味を示さず、見た目の怖さや怪力に比べて、むしろ大人しい種族である。この男もまた巨人の習性に例外なく、彼が他人に興味を示すのは久しぶりの事だった。

「(似てるな。いや、この娘の方がもっと感情豊かだな)」 casio 公式

 男は自分が巨人の里を飛び出し、こちら側の世界へ来ることになった契機を思い出す。そんな感慨に耽る男の感情の機微など、アルフィリースには分かろうはずもない。アルフィリースは今初めて「勧誘」なるものをしているのだ。これは彼女にとって初めての経験であり、これからも多数行うであろう事柄だった。
 今までは相手から同行を申し出ることが多かったのだが、通常は街頭演説なども行い、仲間を募るのが傭兵団にとって重要となる。アルフィリースも旅の中で何度か目にしたことはあったが、その時はまさか自分が将来同じ事をするようになるとは、夢にも思っていなかった。
 ともかく、アルフィリースは内心の自分の興奮を悟られないようにする事で精一杯だったのだ。とても男の感情の機微にまで気が利くはずもない。

「私は傭兵団をこれから作るわ。そのためには人手が必要なの。あなたさえよければ、私の団に所属しないかしら?」
「ふむ、条件は?」
「まずは私の命令には基本従ってもらうわ。ただし、これは絶対じゃない。理不尽だと自分が考えればもちろん私に反論してもいいし、ある程度選択の自由も残すわ」
「ってことはだ。たとえばお前さんが招集を団の連中にかけたとして、俺が『嫌だ』と言ったら、それは認めてもらえるのかい?」
「状況によってはね」

 澱みなく答えられるその言葉に、男が興味をなおもそそられるのが、アルフィリースには手に取るようにわかった。ここまでは成功である。

「ほほう他には?」
「また、私が招集をかけていない時は基本的に自由よ。依頼も自分でこなして生活費を稼いでもいいし、何かを探したり、余暇を使って旅をするのも自由よ。場合によっては手を貸してもいいわ。ただし、居場所はつねに私に知らせ、私が招集をかけた時には何をおいても集合する事。その事を了承できる依頼のみ、受けるようにしてほしいの」
「それだけか?」
「いえ、次が

http://www.shpmotivate.com
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード