ichitaso's back of flyer

ネット上や普段の生活で疑問に思ったこと、便利だと感じたサービス・コンテンツを丸めて包んでご紹介


テーマ:
TOP

2011/07/20
Macのメジャーアップデートとなる新OS、Mac OS X 10.7 Lionがリリースされました。

OS X Lion - 「Lion USB」の検索結果 - Yahoo!オークション

Windowsでも動作させることができないかと試した結果、VMwareを利用してWindows上にインストールすることに成功しました。その方法を紹介致します。

Mac OS X Lionをインストールするのに必要なもの



ファイルをSugarSyncに置いてありますが、容量が足りなくなっております。
もしまだ参加していらっしゃらない場合、こちらから参加して頂けると
双方ともに500MBのボーナスが追加されるので、ご協力お願いします。

VMware用Mac OS X Lionのイメージファイル作成


0.こちらを参考にMac OS X 10.6 Snow Leopardをインストールする

1.Snow Leopardの仮想マシンの設定を開き、ハードディスク(VMDK)ファイルを追加

ハードウェアタブ>追加>ハードディスク>仮想ディスクの新規作成>SCSI
ディスク最大サイズを5GBにする



名前を分かりやすく「Lion_installer.vmdk」とする>完了



2.Snow Leopardを起動し初期化を行います。



パーティションタブを選択
ボリュームの方式:1 パーティション
オプション:Apple パーティションマップ
名前:LionInstaller
フォーマット:Mac OS 拡張(ジャーナリング)





「適用」→「パーティション」で完了させる。

3.ユーティリティからターミナルを起動する

「defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE」と入力しEnter
(全ての隠しファイルとフォルダを表示)

「killall Finder」と入力しファインダーをリセット



4.OS X Lion install用「BaseSystem.dmg」をマウント

Snow Leopard上のMac App StoreからOS X Lionをダウンロード購入

OS X Lionをインストールすると削除される(起動しない)ためInstallしないように。

アプリケーションフォルダの「Mac OS X Lion インストール.app」を右クリック「パッケージ内容の表示」を選択、Contents/SharedSupport/ と開き、InstallESD.dmgをダブルクリックでマウント

$OS X Lion installESD.dmg

「Mac OS X Install ESD」としてマウントされます。

中にある「BaseSystem.dmg」をダブルクリックでマウント

5.アプリケーション>ディスクユーティリティを開く

「Lioninstaller」を選択し復元タブを開く

復元先:「Lioninstaller」ソース:「Mac OS X Base System」
ドラッグして操作、「復元先を消去」のチェックを外し「復元」



6.「Mac OS X Install ESD」「Lioninstaller」を開く

「Mac OS X Install ESD」内の「kernelcache」ファイルを「Lioninstaller」内にコピー



LionInstaller/Library/Preferences/SystemConfiguration/com.apple.Boot.plist
ファイルをテキストエディットで開く

<string></string>の後に
<key>Kernel Cache</key>
<string>\kernelcache</string>

と追記してデスクトップに保存>SystemConfigurationへコピーする
(拡張子が.txtとなった場合.plistに変更しておく)



LionInstaller/System/Installation/へ移動し「Packages」を削除
「Mac OS X Install ESD」内の「Packages」フォルダをドラッグし
LionInstaller/System/Installation/ディレクトリにコピーします。



7.ターミナルを起動して以下のコマンドを入力します。
cd /Volumes/LionInstaller/System/Library/CoreServices
と入力しEnter
sudo touch ServerVersion.plist
Enterを押しパスワードを入力して終了です。



追記:10.7.2以降でVMwareによる起動ができなくなっています。

8.DesktopにOS X 10.7.4 Update fix kextの中にあるkextファイルをコピー


9.ターミナルにて下記コマンドを実行する

sudo -s
mv -f ~/Desktop/AppleACPIPlatform.kext /Volumes/LionInstaller/System/Library/Extensions/AppleACPIPlatform.kext
mv -f ~/Desktop/AppleHDA.kext /Volumes/LionInstaller/System/Library/Extensions/AppleHDA.kext
mv -f ~/Desktop/AppleLSIFusionMPT.kext /Volumes/LionInstaller/System/Library/Extensions/AppleLSIFusionMPT.kext
mv -f ~/Desktop/AppleSMC.kext /Volumes/LionInstaller/System/Library/Extensions/AppleSMC.kext
mv -f ~/Desktop/AppleLSIFusionMPT.kext /Volumes/LionInstaller/System/Library/Extensions/AppleLSIFusionMPT.kext
mv -f ~/Desktop/IOHIDFamily.kext /Volumes/LionInstaller/System/Library/Extensions/IOHIDFamily.kext


(ターミナル内にドラッグしてあげると楽です)

Mac OS X Lion Setup開始方法


0.UACが有効になっている場合、コントロールパネルから無効にする
(再起動はしなくてもOK)

1.VMwareをMac OS X Lionに対応させる

「Mac OS X Lion VMware Files\VMware Unlocker - Mac OS X Guest」ディレクトリを開き
「VMware Player Unlocker」フォルダ上で
(Workstationの場合「VMware Workstation Unlocker」)
Shiftキーを押しながら右クリック



コマンド ウインドウをここで開くをクリック
(XPの場合こちらを参照)
コマンドプロンプトが立ち上がるので「windows.bat」と入力しEnter



処理が終わったらコマンドプロンプトを閉じる
(UACを元に戻す)



追記:VMware Player 4.x Workstation 8.x にVer.upされUnlockerも新しくなっています。

同様の手順で「VMware 8.x Series」→「unlock-all-v110」→「windows」フォルダ上でShiftキーを押しながら右クリック→コマンド ウインドウをここで開くをクリック→「install.cmd」と入力しEnter

(WorkstationをInstallしていない場合エラー表示が出るがOK)

2.VMwareの仮想マシンを作成する

VMware Playeを立ち上げて、「仮想マシンを開く」をクリック

「Mac OS X Lion VMware Files\Mac OS X Lion\Mac OS X Lion.vmx」を選択する

CPUがCore i シリーズの場合
Mac OS X Lion.vmxをメモ帳で開き
最後の行に「cpuid.1.eax = "0000:0000:0000:0001:0000:0110:1010:0101"」
と追記して上書き保存する

3.「仮想マシンの編集」をクリックして設定画面を開く



メモリを「2048MB」(Lionの必要なスペック)

ハードウェアタブ>追加>ハードディスク>既存の仮想ディスクを使用>Lion_installer.vmdk
(参照から作成したLion_installer.vmdkを選択)

同様に追加>サウンドカード>デフォルトのサウンドカードを使用>完了

プロセッサのコア数、ハードディスク容量は任意


これでSetupを起動する準備が完了です。

Mac OS X 10.7 Lionをインストールする


1.Vmwareで仮想マシンの再生をクリックします。

ダイアログが表示されるので「コピーしました」で[OK]
インストーラーを進めていきます。

2.Mac OS X をインストールする場所を設定します



この画面になったら
ユーティリティ>ディスクユーティリティ>VMware,VMware S Mediaを選択



パーティションタブをクリック>1 パーティション
名前:Macintosh HDと入力して適用

Macintosh HDとしてフォーマットされます。

3.Disk Utilityを閉じMacintosh HDを選択>インストール



インストーラーに従って、Installします。

必要なドライバ等のインストール


1.Safariを起動して以下のファイルをDownload



3つのファイルをダウンロードする

2.ダウンロードからdarwin_snow.isoをクリック

VMware Toolsをインストールする。

再起動せずに同じようにダウンロードから
EnsoniqAudioPCI_v1.0.3_Lion.pkg
VMsvga2_v1.2.4_OS_10.6-7.pkgをクリック

DisplayドライバーとSoundドライバーをインストールする。

3.すべてインストールし終わったら再起動をクリック



以上でVMware PlayerへMac OS X Lionがインストールされます。

OS X Lion - 「Lion USB」の検索結果 - Yahoo!オークション


WindowsのVMwareにインストールしたMac OS X Lionを10.7.2以降の対応


AD
いいね!した人  |  コメント(67)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。