国民新党の下地幹郎国対委員長は16日の民放討論番組で、米軍普天間飛行場移設問題について「米国と合意することが大事だ。(5月末までに)日米合意ができなかったら鳩山由紀夫氏は首相として責任を取らなければいけない」と述べ、月内に日米が移設案の基本合意に達しない場合、首相は辞任すべきだとの考えを示した。

 また、下地氏はキャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行案や政府が検討する浅瀬案を「知事が印鑑を押さないからできない」と述べ、シュワブ陸上部に滑走路を建設するか嘉手納統合案を推した。

【関連記事】
細野氏「代表の言葉は党の公約、おわびしなければ」
亀井氏「急いで決着の必要ない」 普天間問題で
橋本元首相が草葉の陰で泣いている…鳩山首相の普天間対応のひどさ
谷亮子、スポーツ担当相で入閣か…鳩山“起死回生”衝撃策
大島氏「言い訳行脚だ」 平野氏の徳之島面会で

<白鵬米>モンゴルでプロジェクト開始 北海道滝川市と協力(毎日新聞)
大学生の基礎学力低下、提携の高校で補習へ(読売新聞)
19万台依然不明 パロマ湯沸かし器 回収続く(産経新聞)
太地町民の水銀影響、知事「適正量なら問題なし」(読売新聞)
<鈴木元都知事死去>地方自治思い強く 高齢批判のけ4選(毎日新聞)
AD