日本医師会(日医)の政治団体「日本医師連盟」(日医連)が昨夏の政権交代以降、パーティー券の購入を除き自民党への政治献金を凍結していることが15日、分かった。今後の対応は、4月1日の日医会長選後に検討するとしている。

 日医連は昨年の政権交代を受け、従来の自民党単独支持の撤回を決めたため、政治献金についても同様の取り扱いにすることにした。自民党だけでなく民主党など他の政党への献金も凍結している。

 日医会長選では、民主党支持をめぐり現職と新人2人が三つどもえの戦いを繰り広げており、今後の献金方針は新会長の政治スタンスに沿って決められる見通しだ。

 日医連によると、近年の政治献金額は年約5億円。ほとんどが自民党や各派閥、厚生労働族議員に渡っており、民主党にも年約500万円を献金している。

小中学生に企業トップが講義 私塾「寺子屋」6期生募集(産経新聞)
民主・藤田国際局長米紙に反論 「同時テロ陰謀論言っていない」(J-CASTニュース)
<東京大空襲>65年、遺族「最後の節目の日になるかも…」(毎日新聞)
子ども手当法案が参院で審議入り 月内成立へ(産経新聞)
愛子さまクラス替え特別配慮 「問題児童と同じにしない」(J-CASTニュース)
AD