自民党の谷垣総裁は14日、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、現行計画の移設先である米軍キャンプ・シュワブ沿岸部がある名護市辺野古を初めて訪ね、地元住民らとの意見交換会を行った。

 谷垣氏は会合終了後、記者団に「5月末までに結論が出なければ、首相は退陣すべきだ」と述べ、鳩山首相が表明している期限内に結論が出ない場合、内閣不信任決議案提出も含め、首相に辞任を迫る考えを改めて強調した。

 意見交換会には地元住民代表や市議らが参加。出席者からは政府内で有力なシュワブ陸上部への移設案への反対意見が相次いだ。

芭蕉の句は「氷の僧」か「こもりの僧」か (産経新聞)
あのカーネル人形、甲子園近くのケンタで展示へ(読売新聞)
<訃報>小沢惇さん71歳=小沢音楽事務所会長(毎日新聞)
<枝野行政刷新担当相>独法保有の国債「全額返させる」(毎日新聞)
<政治とカネ>首相、改革強調 自民「責任取ってない」(毎日新聞)
AD