2008-04-21 21:50:59

巻き込まれたのではなく使用禁止兵器で狙い撃ち

テーマ:パレスチナの情報・援助

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080417-00000664-reu-int  (Yahoo ニュース)


毎回のごとく、シオニストの情報操作で「戦闘に巻き込まれた」と(否応なく、と認識させるため)世界に知られて(されて)いますね。知られただけでもすごく幸運だと思うけど・・。

本当に、パレスチナの人々の命が軽んじられている、この差別に悼まれない思いがする。

(「犠牲になった」という言葉がパレスチナ人に対してニュースで出てくるだけで少し良かったと安堵している自分に、本当にこのおかしな状況に対して、そう思った。)

ユダヤ資本でトップがシオニストの大手メディアの一つ、ロイターと言えども、自社のカメラマンということで流すことを抑えられなかったんでしょうねー。下の方で働いてる人達はそんな操作必要ないから・・。



こちらに、詳細より一見にしかず、といえる写真が載っています。

パレスチナ自治区に日常的に勝手に侵攻し、住民も子ども殺すのを欲しいままにして、戦闘で滅多にないイスラエル兵の死者が出たら、難民キャンプで子ども、住民を無差別に殺し、欧米からの非難が成されないことを尻目にカメラマンに砲撃・・・。本当に虐殺そのものです。

イスラエル兵が戦闘で滅多になく3人死亡したら、以下のサイトの写真のようにパレスチナ人の子ども達、カメラマンを虐殺・・・。本当に、このイスラエルの世界最強と言える復讐心には呆れてしまいます・・・。

http://desertpeace.wordpress.com/2008/04/17/photo-journal-of-israels-latest-attack-in-gaza/


P-navi infoさんの情報ですhttp://0000000000.net/p-navi/info/news/200804172356.htm


水曜(16日)、ガザで18人もの人がイスラエル軍によって殺された。その全体像がわかる詳細が入ってきていないが、だいたいのところ、こんなことがわかっている。

  • 侵攻してきたイスラエル軍を待ち伏せして、武装勢力がイスラエル兵士を3人殺害。
  • ブレイジュ難民キャンプ東部に砲撃や空爆が行われる。
  • 12~15歳の子ども5人を含む18人(APでは20人)のパレスチナ人が殺された。そのほとんどが民間人。
  • 殺されたなかには、取材中だったロイターのカメラマンが含まれている。カメラマンとともに、通行人2人も戦車からの砲撃を受けて殺された。

日本語での報道は、「戦闘によって」とか「衝突中に」殺されたことになっているが、パレスチナ保健省救急部のハサネン博士は、子ども2人を含む8人の遺体がバラバラになっていたことを明かしているので、いわゆる銃撃戦が行われていたのとは異なることは確かだ。

もっとも詳細がわかっているのは、ロイターのカメラマン、ファデル・シャナさん(23)が殺されたときのことだ。


シャナさんと共に行動していたロイターの録音技士、ワファ・アブ・メゼットさんによると、2人は16日の午後5時ごろ、イスラエル軍の攻撃を取材し終えて、「TV」と書かれたSUVに乗り、幹線道路に向かっていた。前方にイスラエル軍の車両が見え、戦車が壕を掘っていたので、車を止め、シャナさんが外に出て、撮影を始めたという。メゼットさんは回りにいた子どもたちをそこから遠ざけていた。


そのとき、戦車から砲弾が発射され、車の傍にいたシャナさんのあたりに着弾し、シャナさんが倒れた。メゼットさんも破片で負傷した。その直後にさらに車の後ろを別な砲弾が直撃した。

マアンニュース通信社の記者もその場にいて、シャナさんのほうに駆け寄ろうとしたが、砲弾(またはミサイル)が発射されて、後方に飛ばされたことを語っている。


病院に着いたときにはシャナさんは死亡していた。ほかに通行人2人も殺されている。病院に駆けつけたジャーナリストたちは、手にカメラを持ったまま、泣き、互いにもたれかかり、体を支え合っていたという。パレスチナ人権センターは、これをジャーナリストを故意に狙ったものだとして非難し、ロイター通信もイスラエルにこの殺害についての調査を求めている。


シャナさんはロイターによると、若いが優秀なカメラマンで、アルジャジーラによるインタビューで

「どんな状況にあっても僕がジャーナリストとして仕事をすることは止められないだろう。死んだり、足を失わなければならないこともありうる」

と語っていた。


追加:ロイターがシャナさんの死因は、フレシェット弾によるものだという医師たちの見解を報じた。フレシェット弾とは、砲弾の中に2.5~5cm位の鋼鉄製釘(形状はダーツ、矢などに酷似)が約5000本仕込まれ、砲弾が空中で炸裂する際に飛び散り、無差別に人体をずたずたにする対人殺傷兵器。


シャナさんの遺体を検査し、レントゲンを撮ったところ、フレシェット弾が入っていることがわかったとガザのシーファ病院は発表した。また、シャナさんの来ていた防弾チョッキにも、フレシェット弾の3センチの長さの矢(ダーツ)がみつかっている。


イスラエル軍報道官は「使用した兵器については語らない」としながらも、「フレシェット弾は国際法に違反していない。イスラエル最高裁は、フレシェット弾使用禁止の請願を拒否した」と語ったという。しかし、ジュネーブ条約などに反していると通常は考えられている。(フレシェット弾については 「ガザ地区への激しい攻撃」 http://www.onweb.to/palestine/siryo/ess07mar03.html の下にやや詳しい説明とリンクがある)

「X-rays displayed by physicians who examined the body of Fadel Shana in Gaza's Shifa hospital showed several of the controversial weapons, known as flechettes, embedded in the 23-year-old Palestinian's chest and legs.

Several of the 3 cm (1 inch)-long darts were also found in Shana's flak jacket, emblazoned with a fluorescent "Press" sign, and in his vehicle, an unarmored sport utility vehicle bearing "TV" and "Press" markings.」

Israeli shell killed Reuters cameraman: Gaza doctors より) http://electronicintifada.net/v2/article9470.shtml http://news.yahoo.com/s/nm/20080417/ts_nm/palestinians_israel_gaza_reuters_dc_11

ロイターが公開しているシャナさんが最後に撮影していた映像(戦車から何かが発射され、黄色いようなものが広がった後に映像が真っ黒になります。それがシャナさんを殺した一撃でした。ほかにむごい遺体のシーンもけっこうあります。田舎道の上に倒された自転車とそこで動かなくなっている少年の姿など。衝突や戦闘で殺されたものではないとわかります。「戦争犯罪」という言葉が浮かぶものです。数週間でなくなる可能性が大):【Last images of a Gaza report

シャナさん殺害のレポート(パレスチナ人権センターによる): Israeli forces in Gaza "willfully kill" journalist http://electronicintifada.net/v2/article9470.shtml

(上の記事全体は Gaza fighting kills 20 Palestinians, including 5 children http://news.yahoo.com/s/ap/20080416/ap_on_re_mi_ea/israel_palestinians_912 Palestinians killed in latest airstrike in Gaza, including 6 children and a journalist http://www.imemc.org/article/54252 などによる)


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。