1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-06-14 22:26:59

Deysi ちゃんからまたまた写真付きの手紙

テーマ:アンデスのDeysiちゃん
忙しくて全然手紙を書けない中、久々にDeysiちゃんからお手紙が届いていて、さらにまたまた写真付きのもので大喜びでした。


私が秋頃にプラン・ジャパンのサイトから送信した、年賀状のカレンダーと今回送ってくれた手紙を手にもって、喜んでくれている写真、お母さんが手紙を書いているところの写真です。

手紙にはDeysiちゃんの手形も描いてくれています。





今回も、こういう最高に嬉しい構図で写真を撮って送ってくれて、本当に交流しているって感じられます。

ペルーの遠いアンデスの村を背景に、五重塔、富士山、桜の写真のカレンダーを手に持ってくれているのがなんとも異文化交流って感じがします。





これは3月に書かれていて、洪水被害が拡大する前に送ってくれたものだそうです。
この地域は幸い大きな被害はなかったとのことで、交流も再開されました。

でも、この写真の時でも既に雨で地面が緩そうです。

お母さんが書いた手紙では、Deysiちゃんはとても楽しい子で、おしゃべり好きで、絵を描くのが好きで、パズルで遊ぶのが好きなのだそうです。

前からの写真のポーズやダンスが好き、といった情報からも楽しい子だというのが分かる気がします。

娘のDeysiのhugとkissと共にさようなら、お元気でいますように、と結んでくれています。

なんだかなつっこそうな感じが目に浮かんでくるようで愛らしいですね。

本当に、見ないうちに大きくなったという感じです。

でも、手形を見るとまだ本当にちっちゃい。まだ4歳ですからね。もうすぐ5歳になりますね。

ここのところ、人生の転機といえるような忙しさが続いて本当に手紙を書けずにいるのですが、早く早く、お返事を書かないと…❣


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-05-20 21:23:52

洪水や寒波で亡くなるインディオの子ども達

テーマ:アンデスのDeysiちゃん
プラン・ジャパンから、3月からペルーで豪雨が降り続け、洪水被害が深刻であるため、お手紙のやり取りが大幅な遅延となることになったとの連絡が来ました。

チャイルドへの被害は報告されていないとのことでした。

今はどうなのでしょうか。

豪雨が続き、怖い不安な思いをしていることでしょう。不自由なく過ごせているか手紙で確認して応援しようと思います。

ネットで見た水没被害地域の一つはエルインディオとその名の通りインディオの居住地帯のようです。

去年の寒波では以下のサイトで報告された時点でアルパカ4万何千頭、リャマは4千頭、他にも多くの動物が亡くなったそうです。

一昨年はもっと酷く100万頭の動物が亡くなったのだそうです。

http://earthreview.net/cold-kills-47-people-and-61000-cattle-in-peru/

南半球の冬でそんなことがあった時、北半球ではロシアで40度超えの熱波があったというのだから地球の異常気象に驚きです。

チチカカ湖で伝統的な暮らしをする人々がいることで有名なプーノでも、12人の子ども達が寒さで亡くなったそうです。

今の時代でもそんなことになるなんてとても悔しいことです。

25年程前に書かれた「インカの末裔」という本では、大勢のインディオの子ども達が、アンデスで寒波で亡くなっているとの話が書かれていました。

貧しく学校にも行けないアンデスのインディオの子どもが、寒さの中一日中家畜を誘導している時、足を滑らせて冷たい川に落ちて動けず亡くなってしまった日に居合わせとてもつらかったそうです。

そんなことが絶えないと書かれています。

その時、父親に「せめてスペイン人ではなくて日本人が統治してくれていたなら、私達の子供がこんなめにあわなくて済んでいただろう。」と泣きながら言われたというのです。

葬儀の晩、アンデスの谷に母親の泣き声が響き渡りました。

この話が忘れられなく、なんとか支援をしたいと思いました。

今では国全体の経済はもっと豊かになり、先住民との格差がましになっているとは思いますが、現状はどの程度なのでしょうか。
今でも寒さで亡くなってしまう子供達が毎年いるのが当たり前のようなら大変です。
早くペルーでの格差がなくなることを願います。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-11 20:39:14

Deysiちゃんから写真付きの手紙が届きました!

テーマ:アンデスのDeysiちゃん

Deysiちゃんから1年以上ぶりに手紙が届いた、と思ったら、写真付きで本当に嬉しい手紙でした。

なんと、1年の間に私の送った手紙やギフトが一度に届いたようで、受け取った時の写真と、私が最初に送ったクレヨンを手に取り、絵を描いている写真まで送ってくれました。

その写真で描いた絵が付いているというものです。






こういうのは初めてで、自分が送った物がちゃんと写真で見れて本当に、最高に嬉しい報告でした
現地の様子が分かる写真が届くと本当に嬉しいです。

よく見ると、私の送ったキキララのビニールカバンがお母さんの手元にあるんです。

手紙には、送ったものすべての報告と、可愛いプレゼントをありがとうございます。とても嬉しいです。ぜひ会いに来てください。といった内容が書かれています。

私がいくつもの手紙で質問した答えも書かれていました。

好きな色はピンクで、Cubiaというコロンビアで盛んなダンスらしいものが好きで、マスの揚げた食べ物が好きだそうです。

最近すごく激動のような忙しさの中なのですが、出来るだけ早く返信したいものです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-11 19:44:37

Sbreenちゃんの一年の歩みが届きました!

テーマ:パキスタンのSabreenちゃん
Sabreenちゃんの一年の歩みが届きました!








少しお姉さんになった感じかな。相変わらず美人ですやはり以前は着ていなかったスカーフをするようになったばかりみたいです。
プランのスクールカバンを持っています。
女の子がなかなか学校に行けない地域の中でちゃんと通えているんだなと、ちょっと安心。

好きな科目は理科だそうです。理系だなんて素晴らしい☆

ぜひぜひ、将来は首都カラチの大学まで行って、理系を活かした仕事に就いてほしいなぁー。と夢がふくらみます。

去年病気を患いましたが、治療を受けて現在は元気にしているそうです。

病気の時期があったんですね。治療を受けられて回復して本当に良かったです。

全員、きれいなドレッシーな服を着て写真を撮ってくれてます。妹ちゃんも手足がのびましたね。

後ろの壁に描かれている絵がすごく気になります…。なぜ微妙に目つきの悪いキリンと連れて歩いている(?)男の人なんだろう?
自宅の前で撮影とあるので家の壁のはずだけど、家族で描いたのかな?

アルファベットはAREAと書いてあるようです。

これは、会いに行って確かめるしかないですね☆






報告書には、スクールバックを支給された女子生徒達の写真がありました。

学校に通えない12〜19歳の女の子600人を支援し9〜10年生を修了したことや、2011年に洪水の被害に遭った学校の再建や生後病気にかかり障害を持った女の子を支援し文字を覚えられるようになった話などが書かれていました。

パキスタンのチャイルドにしようと思った最大の理由は、極端に低い女の子の就学率の支援の応援をしたかったからです。マララさんの本にも影響されました。

パキスタンは男女平均でも識字率が55%しかなく、ずっとこの割合は10年以上変わってません。女の子の識字率はずっと低くなります。

それなのに、なぜか義務教育制度がないのです。経済的に余裕がない国でも、せめて義務教育にすることが国民に一番必要なことで、優秀な人材の可能性を伸ばすことが国の発展につながるのに。

パキスタンはすごく腐敗した政治体制だそうです。
この地域の地主も識字率が低いので人々が学校に行き教育を受けるのを嫌がると以前の報告書に書かれていました。

報告書では若者グループを作り、演劇などを通じて、政府に義務教育を受ける権利、無償化の条例案の署名を集め、粘り強い活動の結果、政府が草案を作成することになったと書かれています。

これが通れば公立学校は無料になるのだそうです。2013年の条例案とあるのですが、草案になり、もうすぐ通るのでしょうか。

パキスタンの国の政府のトップが早く義務教育制度を作り、全土で無償化すれば良いのになと思います。

パキスタンでは歴史も独立以前のものは教えていないそうで、北部地域の仏教遺跡が中国との開発による道路工事で破壊されても気づかなかったり、治安の問題も関係してモヘンジョダロ遺跡の保存が出来ずに崩壊しつつあったり、教育関連が一番重要課題なのではと思います。

パキスタンの中でも識字率や教育、医療設備が極端に低いこの活動地域で、先進的と言える様々なケアがなされているのが分かり、今後もどんどん規模も大きく広まってほしいと思います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-06 23:38:59

Deysi ちゃんへスペイン語で手紙

テーマ:アンデスのDeysiちゃん
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。