もう逃げらない。

もしかしたら前に書いたことがあるかもしれないのですが…。

 

私は注射が大嫌い。採血、点滴大嫌い。

 

と、いうことは???

献血未体験なのでR

 

「●型の血液が不足しています。

ご協力お願いします」

なんて声がきこえてこようものなら

 

心の中で

「ごめんなさ~いさけび」って叫びながら

さっきまでボケ~ッと歩いてたのに

あ゛ 遅刻しちゃう!」って急ぎ足ダッシュダッシュ

どこ行くんだよ って話…

 

「自分の身にも何が起きるかわからないんだし

大切な事なのは重々承知していますはい。

 

献血カーを洗車することで

1回献血したことにはしてもらえないだろうか

 

と、献血カーを見かけるたびに思っていたわけです。

アホにも程がある。えぇ。私もそう思いますチーン

 

が、しかしびっくり そんな私の心に動きがびっくり

 

実は学校に行く途中 毎朝献血センターの前を

通るのですが ある朝 こんな言葉が

頭に思い浮かんだのですびっくり 

 

そうだ 献血センターにいこう。

 

修了式の帰りにココに寄ろう。

通学も終わりお!!!! その上

大嫌いな献血でほんの少しでも

ひとさまのお役に立てるお!!!!

 

ものすごい爽快感の中 

お疲れ自分びっくり てスキップして帰ろうルンルン♪ 

 

心に決めてからというもの

そんな日を想像をし、夢見て(?)いるわけですよ。

 

そしたらね 人間ドックの結果をみて愕然・・・げっそり

貧血で引っかかってやんの

 

こうなったら意地でも献血したるびっくり

小松菜、ほうれん草をマメに食すびっくり

鉄分のサプリも買ってきたびっくり

 

炎ここに宣言します炎

6月末までには

「献血初体験物語」というタイトルの

ブログをアップしますびっくり

 

あ~~ もう逃げられないぞ。アタシ。

それぐらいしないと注射、耐えられん…棒人間・寒い

 

鉄分とって勉強がんばりますびっくり

終了先送りで献血のみも恥ずかしすぎるもんね汗

AD

人参

大事な事思い出しました。

 

そうだ~ッ 忘れてた~ハート

私、ひと前で話すの苦手だったんだ~うふふ

 

コレって日本語教師目指してるひとにとって

致命傷なのでは?…さけび

 

でもま、教え方はいろいろで

プライベートレッスンだってあるし。

 

でもね、授業ではそうはいかないんだよね不調

 

後半に入り、今後の教壇実習では

実際に外国人に教えるのですが

その前段階の模擬授業では 

クラスメイトを相手に授業をしたりするわけですよ

 

これがイヤでイヤでたまらん!

 

相手は日本人

日本語のネイティブスピーカーですよ

人これは何ですか?そうですねにっこり」とか

女優になりきれないアタシガーン

 

中にはなりきり型で”は?演劇部出身”?

みたいなひともいますが

そういう方を若干引いた目で見ている

惡の私もいたりなんかして…にやり

 

教壇に立つことが「負担」

その前段階の教案作りも「苦手」

並行して座学授業があるのですが

それは楽しめて(?)いるのでそこは「救い」

※中には眠気で白目むいてる授業も有り

 

どぉぉぉすんのよアタシ!

 

教壇実習はグループワークなので

教案作りも皆で相談し合って。そうなると

個性が露呈されるわけで ←自分を含め

中にはいるんですよね

「面倒くさいひと」イライラ

やる気の温度差(?)みたいなのもあって

熱量低め設定の私 (Θ_Θ)しんど~

 

駅から学校までの5分間

ションボリ 気づくとため息でてるしトボトボ

 

なんて日々が続き、学校とは関係ない

心友たちに弱音吐きまくりいちごミルク 嘔吐

 

養成講座は「基礎・基本」を学ぶところなので

そこから出された課題と自分の理想との

ギャップが生じるのは仕方がない。

「終了するため・資格のため」とある意味

開き直るのもありん?! なんてことに加え

 

「自分のいけないところ 今後の課題などなど

わかっちゃいるのさ 」を前提に

弱音をはきたいときってありませんか?

 

私はいつも前向き、ニコニコ元気

皆を励ます姉御肌(?)のイメージを

もたれることが多いのですが

その通りお!!!! な一面もあり、

へこたれて弱音吐きまくりな面もあるのです。

 

負けん気が強く、プライドが邪魔をするのか

そういう面を見せない、見せたくない人もいますよね

そこはいろいろだと思うので置いときますが…

 

私は話すことで自分の心の整理ができて

だんだんと冷静にそして前向きになって

「やるっきゃねーぜーびっくり うおぉぉぉ炎

となるのが 私の立ち直りパターン 

アレ?私こそ面倒くさいひとなんじゃ…

 

そんな中

「あれ?アタシってば

大事な事忘れてね?」

ってなったんですよ

 

日本語教師を目指そうびっくり

 

ジャカルタでそう心に誓ったあの頃のこと

忘れちゃいないかい?オマエさん と。

 

グルグルとジャカルタの風景や実体験を思い出し

改めて気合いを入れなおした次第です腕。

 

(追記)

「頑張るぞ!」というやる気につながる

ジャカルタでの思い出の数々に加え、

実はある日本人女性の一言が

「ちくしょー今にみてろよぉ!」となり

私の原動力になっていたりもします。

そんなグレー(いや、黒い?)な部分だって

どう作用するかわかりませんよね。

日本語教師を志す理由はひとそれぞれ。

なんとなくそんなことも付け加えたくなっての追記です。

 

そして 幸いなこと(?)に 私、外国人の前だと

さほど緊張しないんですね~顔

ある意味私も女優?ハリウッド女優的な?←

 

なので 教壇実習で外国人向けに

授業をすること自体には ドキドキしすぎて

口からホルモンの心配なしうふふ

 

外国人の中に「存在」することに

慣れたのはやはりジャカルタ生活のおかげ。

旅行先では「私たち以外日本人いない」

の状況が何度もありましたしね。

外国に出たら「こちら側が外国人」ですしにやり

 

日本で出会う外国人には

「ようこそジャパンへ」的に

気が大きくなったりするのかなにやり

または「教える」という立場の

勘違いを大いに含む優位な感じ?←何様。

 

模擬授業では 自信のなさゆえに

「声にはりがない」←鋭い

と指摘をうけた私チーン

 

「見てろよ~びっくり 外国人を前に

キラキラとした笑顔で余裕みせたるびっくり←腹黒ッ

 

そして 毒吐き、腹黒に加え 単純な私は

「人参ぶら下げてくんなきゃ

走りたくないし、走らないも~んうま

なので  いまの目の前の人参(?)は

GWの福島旅行スキップ

 

養成講座修了は6月なので

GWは良い気分転換になりそうハート

(しっかり宿題はありますけどね…)

 

このブログを書いているいまも

完全なる現実逃避顔

 

提出課題がんばりま…す…うんガーン

AD

ロックなアタシ。

皆さまこんにちは。
 
日本語教師養成学校に通い始めて約3ヶ月。
 
毎朝電車の中で
「目が覚めたら修了式(6/26)になってたりしないかなー」
なんて ボケーッと考えている大バカ野郎ことmakuです。
 
おーい叫びお元気ですかぁぁぁ? 私は元気でぇぇす叫び叫び
 
後期に差し掛かり 教壇実習が続くというのに
この余裕。我ながら大した肝っ玉だと感心中さけびあ゛~
 
なぜ久々にブログを書こうと思ったかというと…
 
ここ数日ジャカルタ在住の友人からの連絡が重なり
私の事想い出してくれたんだ~ってめちゃくちゃ嬉しくてハート
 
たまにいませんか?
ご無沙汰してるから連絡しづらくて、
そのまま時が流れてしまって…って方。
 
私にはそういう心配無用です。
本帰国してから5ヶ月が経ち、落ち着いたということもあり
私も「思い出したらすぐ連絡しようキャンペーン中」なのです。
思い出したら即LINE またはこちらにコメントやメッセージを
くださることも大歓迎びっくり
 
というのもね…
 
本帰国報告なら「お~~びっくり待ってるよ~ハートハート」となるのですが
そうでない場合 お返事をして近況報告の後 
「そちらは?」と聞いてみると
「実はモヤモヤしている…」という方もいるのです。
 
わかるよ~~~びっくり
ものすご~~~く
よくわかるよ~~~~びっくり
 
5年もいましたからね。アタシ。
3月って本帰国の方多いのよね~~~トボトボ
 
同じ時期に来たジャカ友が先に帰って行くと
なんだか「取り残された感」みたいなものも…
 
インドネシア最高びっくりびっくりジャカルタ最高びっくり
永住したいくらいハートとか
期限が決まっているので いまを楽しむびっくり
充実感に満ち溢れているのなら別ですが
「波波」がある方が多いのではないかと思うのです。
私もしょっちゅうその波でサーフィンしてました←
 
せっかくだから楽しもうはーとと面倒が多くて、もうやだガーン
の「波波」とうまく付き合っていかねばなりませんもんね
 
実は長々と私の経験談をここに書いてみたんです
だけどね 一気に消しましたにやり
 
このブログの過去記事を読んでいただいて
「ジャカルタでも探せば(または生み出せば?)
いろいろやれることもあるのね~」とか
「同じように悩んできたんだな~」なんて
少しでも元気になってもらえるのならそのほうがいいなと。
 
なかには「真似しちゃダメよ~」な記事もありますけど←
 
ジャカルタで見つけた
「日本語教師になるびっくりという夢を抱き
本帰国後2ヶ月半で意気揚々と通学開始びっくり
 
でもね…
 
同じクラスの仲間は日本語教師という山道を
口笛吹いて余裕かまして←言い方汗
登ってるか、何ならロープウェイロープウェイに乗ってない?って
感じに見えるわけですよ。 しかーしびっくり 私ってば 
完全にロッククライミング。よじ登ってますよチーン
ひとりだけ登山道を間違えて
切り立った岩肌からのチャレンジ1年生。←初々しさゼロ

 

踏み出そうおんぷよじ登ろうおんぷ
高い山ほど絶景が待ってるからおんぷ
 
とにかくモヤモヤしているそこのアナタ
これ↓を聴いてみてッ
 
お互いがんばろーぜーかお ってことが言いたくて
久々のブログ。 書いてると楽しいはーと
気分転換にもってこいはーと もっとマメに書こーはーと
 
気が向いたときにでも読んでもらえたら嬉しいですハート
 
 

 
AD