Category:実業家の家系

実業家家系のカテゴリ。

下位カテゴリ

このカテゴリには下位カテゴリ 18 件が含まれており、そのうち以下の18 件を表示しています。

*

カテゴリ「実業家の家系」にあるページ

このカテゴリには 11 ページが含まれており、そのうち以下の 11 ページを表示しています。

カテゴリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Category:ロスチャイルド家

ロスチャイルド家のカテゴリ。

ウィキメディア・コモンズには、ロスチャイルド家に関連するカテゴリがあります。

下位カテゴリ

このカテゴリには以下の下位カテゴリのみが含まれています。

*

カテゴリ「ロスチャイルド家」にあるページ

このカテゴリには 44 ページが含まれており、そのうち以下の 44 ページを表示しています。

*

カテゴリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

 

 

 

 

 

 

 

 

Category:財閥

実在する世界の財閥・コンツェルンに関するカテゴリ。

尚、現在は実質解体されているものについても列挙する。

関連項目

下位カテゴリ

このカテゴリには下位カテゴリ 13 件が含まれており、そのうち以下の13 件を表示しています。

  • ► デュポン‎ (1サブカテゴリ、9ページ)

カテゴリ「財閥」にあるページ

このカテゴリには 15 ページが含まれており、そのうち以下の 15 ページを表示しています。

*

カテゴリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

 

 

 

 

 

 

 

記憶違いはパラレルワールドの影響だった!? 超常現象研究家…

 

■モハメド・アリは1990年代に亡くなっていた!?

mandelaeffect2.JPG
モハメド・アリ氏 画像は「Wikipedia」より

 ネルソン・マンデラ氏のケースだけではない。元WBA&WBC統一世界ヘビー級チャンピオンであるモハメド・アリ氏の昨年の訃報の時にも、一部の人々はひどく驚かされたという。もちろん熱心なファンにはショックだったが、そういう話とはまた別で、驚いた多くの人々にとってアリは1990年代からせいぜい数年前の間にすでに亡くなった人物であったというのだ。とすればこれもまた、別の平行世界でアリが90年代に亡くなった“事実”が、ある一群の人々の体験と記憶に滑り込んできたということなのだろうか。

 またこの2人のケースほど人数は多くないものの、映画『ゴースト/ニューヨークの幻』(1990年)で一躍有名になった俳優、パトリック・スウェイジの2009年の逝去が信じられない(もっと前に亡くなっていた)という人々がおり、さらに興味深いのは2005年にアメリカ南東部を襲ったハリケーン・カトリーナによる大災害が2005年の8月ではなく、不思議なことに同年4月だったと記憶している人が無視できない数、存在しているという。

 こうして具体的に例を挙げられるとますます気になる“マンデラ効果”だが、精神科学の世界からはそれらの現象は誤情報効果(misinformation effect)に該当するのではないかという指摘もあるようだ。

 誤情報効果というのは、いきなりもたらされた情報によって、当人の昔の記憶が変る可能性をはらむ現象で、たとえその情報がウソであっても過去の記憶の信頼性が揺らいでくるという心のメカニズムである。例えば昨年急にもたらされたモハメド・アリ逝去のニュースにショックを受けた人々の一部には、その訃報の影響で自身が持つアリに関する記憶があいまいになり「……? もうとっくの前に亡くなっていたのではないのか?」と過去の記憶がなんとなく改変されてしまったということになる。とすれば誤情報効果説でも説明は可能になるのかもしれない。

mandelaeffect3.JPG
ハリケーン・カトリーナの被害 画像は「Wikipedia」より

 昨年、オックスフォード英語辞書は2016年の世界をあらわす言葉にポスト真実(post-truth)を挙げたが、そこへもしパラレルワールドの干渉も加わるとすれば何がこの世の真実であるのか、ますます混乱が増してくるのかもしれない。パラレルワールドの影響があるのならなおのこと、世の中の真実の動向をよく見定めて混迷の時代に備えたいものである。


(文=仲田しんじ)

 

参考:「Express」ほか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナポレオン戦争で世界(TOP)大富豪に

 

 

ネイサン・メイアー・ロスチャイルド

ネイサン・メイアー・ロスチャイルド

ネイサン・メイアー・ロスチャイルドNathan Mayer Rothschild1777年9月16日 - 1836年7月28日)は、ドイツ出身のイギリスの銀行家。ドイツ語読みではナータン・マイアー・ロートシルトと読む[1]

マイアー・アムシェル・ロートシルトの三男であり、ロンドン・ロスチャイルド家の祖にあたる。

 

目次

1経歴
2家族・親族
3出典
4参考文献

経歴

マイアー・アムシェル・ロートシルトの三男として神聖ローマ帝国(現ドイツ)帝国自由都市フランクフルト・アム・マインに生まれる。

1798年、21歳のとき繊維業の中心地であるイギリスマンチェスターへ移住した[1]フランス革命以来、ドイツでは流通が混乱して綿製品が高騰していたので、産業革命により綿製品の大量生産がおこなわれているマンチェスターで安く仕入れ、ドイツへ送って莫大な利益をあげることができた。さらに中間マージンを節約するため、買い入れだけではなく、綿糸や染色業にも手を伸ばしていき、綿糸業全体を扱うようになった[2]

やがてこの事業で得た利益を使って金融業も手掛けるようになった[2]1804年にはロンドンへ移住し、1811年にはN・M・ロスチャイルド&サンズを起こして為替手形貿易の銀行家に転じた[3]

大陸を席巻したナポレオン・ボナパルトは1806年に大陸封鎖令を出して敵国イギリスとの貿易を禁じた。これによりコーヒー、砂糖、煙草、綿製品など大陸諸国がイギリスやその植民地からの輸入に頼っている商品の価格が高騰した。一方イギリスでもそれらの商品の価格が市場の喪失で暴落した。ネイサンをこれを利用し、イギリスで安く買って大陸へ密輸し、父や兄弟たちが大陸内で確立しているロスチャイルド家の通商ルートや情報網を使って各地で売りさばいた。これによってロスチャイルド家は莫大な利益を上げられた上、物資不足にあえいでいた現地民からも大変に感謝された[4]

現金や金の密輸も手掛け、イギリス政府が反フランス同盟国に送った軍資金の輸送も請け負った。パリの末弟ジェームスと協力して、イギリスからフランスを経由してピレネー山脈の向こうのイベリア半島で戦うイギリス軍司令官ウェリントン公爵のもとに金塊を届けたこともある[5]

5兄弟のなかで最も先導的であった彼は、他の兄弟からナポレオンになぞらえ「総司令官」と呼ばれていた(他の兄弟たちは「師団長」)[6]

1815年のワーテルローの戦いは、ナポレオンが勝てばイギリスのコンソル公債は暴落し、イギリスが勝てば逆に高騰するだろうと言われていた。ネイサンはロスチャイルド家の素早い情報伝達体制を駆使して、いち早くイギリス勝利の情報を掴んだ。ロスチャイルド家の優れた情報収集体制は金融界に知れ渡っていたから、みなネイサンの同行を注視していた。そこでネイサンはまず公債を売った。それを見た他の投資家たちはイギリスの敗戦を確信し、一斉に売りに入った。公債が暴落したところでネイサンは急遽莫大な量の買いに入った。イギリスの勝利の報告が入ると公債は急騰し、ネイサンは莫大な利益を上げることに成功した。これは「ネイサンの逆売り」として伝説化した[7][8](ただしこの伝説は後世の創作とする説もある)。

1817年にはロスチャイルド五兄弟全員にオーストリア帝国ハプスブルク家より「フォン(von)」の称号を送られ、さらに1822年には5兄弟に男爵位と紋章が授与された[9]。だがネイサンは称号や紋章のような名誉には関心がなく、男爵の称号も全く使用しなかった。勲章も贈られていたが、身につけなかった。自由主義国イギリスではハプスブルク帝国のような専制王朝国家から授与された爵位などほとんど価値を認められていないことをネイサンが感じとっていたためとも言われる[10]。名前にドイツ語の貴族称号「フォン」を入れることも忌避し、繊細な印象があるフランス語の貴族称号「ド(de)」に変更している[11]

1824年、モンテフィオーレ家とアライアンス保険を立ち上げた。これは1710年創業の太陽保険と1959年に合併した。また、1845年創業のロイヤル保険と1996年に合併した。2008年に現在の社名RSA Insurance Group となった。

1836年6月に長男ライオネルと弟カール(ナポリ家の祖)の娘シャーロット英語版)が結婚した。それを見届けた後の7月28日に炎症を悪化させて60歳足らずで死去した。イーストエンドの墓地に葬られた[12]

タイムズ』紙は彼の死について「英国金融界にとって、恐らくはヨーロッパ金融界にとっても、最も重大な事件であろう。彼と比肩できる金融操作はかつて存在したことがなかった。残された彼の兄弟と同じく、彼は男爵の爵位と貴族の特権を有していたが、彼は貴族のようにふるまうことはなく、ロスチャイルドの名前の方を誇りにし、その名のもとに称号ではもたらすことのできぬ名誉を得たのである」と評した[12]

家族・親族

1806年に英国ユダヤ人レヴィ・ベアレント・コーエン英語版)の娘であるハナ・ベアレント・コーエン(1783年 - 1850年)と結婚した[13]。ハナとの間に以下の7子を儲けた。

ちなみにハナの伯父ザロモン・ダヴィド・ベアレント・コーエン(Salomon David Barent Cohen)は、カール・マルクスの母方の曾祖父にあたる[14]

出典

  1. a b 池内(2008) p.44
  2. a b 横山(1995) p.62
  3. ^ モートン(1975) p.45
  4. ^ 横山(1995) p.65-66
  5. ^ 横山(1995) p.67-68
  6. ^ クルツ(2007) p.46
  7. ^ 横山(1995) p.69-70
  8. ^ モートン(1975) p.51-52
  9. ^ モートン(1975) p.54/62
  10. ^ モートン(1975) p.63-64
  11. ^ モートン(1975) p.140-141
  12. a b モートン(1975) p.110
  13. ^ モートン(1975) p.59
  14. ^ Karl Marx. The Communist Manifesto. eBookEden.com.

参考文献

爵位オーストリア帝国
先代:
創設
Great coat of arms of Rothschild family.svg ロートシルト男爵
1822年-1836年
次代:
ライオネル・ド・ロスチャイルド
アンソニー・ド・ロスチャイルド
ナサニエル・ド・ロスチャイルド
メイヤー・ド・ロスチャイルド

カテゴリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Category:企業グループ

企業グループに関するカテゴリ。

関連カテゴリ

下位カテゴリ

このカテゴリには下位カテゴリ 10 件が含まれており、そのうち以下の10 件を表示しています。

*

カテゴリ「企業グループ」にあるページ

このカテゴリには 14 ページが含まれており、そのうち以下の 14 ページを表示しています。

カテゴリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Category:日本の書籍

ウィキメディア・コモンズには、日本の書籍に関連するカテゴリがあります。

日本の書籍・書物に関するカテゴリ。

  • 適切なサブカテゴリがある場合はそちらに入れること。

関連カテゴリ

下位カテゴリ

このカテゴリには下位カテゴリ 17 件が含まれており、そのうち以下の17 件を表示しています。

*

カテゴリ「日本の書籍」にあるページ

このカテゴリには 76 ページが含まれており、そのうち以下の 76 ページを表示しています。

カテゴリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年04月24日 15:05

自衛官失踪、各地で相次ぐ

自衛官失踪、各地で相次ぐ 

引用元:【社会】自衛官失踪、各地で相次ぐ「辞めにくさ背景」指摘も [無断転載禁止]©2ch.net
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493000807/

1: ばーど ★ 2017/04/24(月) 11:26:47.53 ID:CAP_USER9

航空自衛隊第2航空団(北海道千歳市)の男性1等空士が3月、89日間の無断欠勤で懲戒免職となった。 

http://www.sankei.com/politics/news/170424/plt1704240010-n1.html

 

2: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 11:27:54.16 ID:vCP0dWJB0

脱柵

 

6: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 11:28:59.83 ID:qkV0E4SU0

戦争が近いのか?

 

15: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 11:33:11.29 ID:glx9XBEP0

米軍も不名誉除隊で、半犯罪者扱いされたりするしな 
軍ってのは他の仕事みたいに簡単に辞められるようにはなってない 
まぁ戦闘直前にヤーメタっていいだすやつでかねないから当たり前なんだけど

 

26: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 11:34:36.45 ID:4gz9XArV0 BE:158879285-PLT(16151)

手順踏めば1~2月で辞められるのに逃げるから退職金もなくなって再就職ベリーハードモードになる

 

27: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 11:34:47.78 ID:n+ld2pDw0

知り合いは普通に辞めてたけどなぁ 
まぁ辞める前の年の写真見せてもらったけど 
自殺してもおかしくない顔色しとったけど

 

38: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 11:39:04.31 ID:oFJGEq0Q0

5年目に初めて有給取ろうとしたら 
「テメー働かないで金貰うとか舐めてんのか?」 
って言われた(´・ω・`)

 

46: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 11:41:45.39 ID:TNTKWHOd0

>>38 いまも現役?つか知り合いの息子が 
航空自衛隊に入って「整備」関係に配属されたと聞いた。 
普通高校なのに機会いじれるのかと思ったけど、 
「整備」配属なんてあるの?w

 

51: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 11:44:52.65 ID:zn+1KRN60

>>46 
高卒で空自に入ったら、むしろ整備以外の何の仕事があるのかと

 

130: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:02:34.00 ID:u8gixQUY0

>>51 
無知なの?いくらでもあるわ。むしろ整備に行きたくて行けない奴もいるわ

 

59: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 11:46:12.05 ID:oFJGEq0Q0

>>46 
自衛隊は入れてから教育して育てるから 
普通に整備にも通信にも配属される 
でも頭良かったり技術に長けてるやつから 
辞めていく

 

61: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 11:47:21.73 ID:us20aNSc0

>>46 
飛行場なら夏は草刈りと冬は雪かきに人が必要だから

 

70: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 11:51:04.64 ID:DOEpEvHbO

知り合いの官僚候補が部下が失踪して自分の監督不足の責任感じて辞職したわ

 

77: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 11:52:45.03 ID:F+7bpUeX0

失踪っていうやめかたを認めればいいんじゃね?

 

91: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 11:55:57.57 ID:4gz9XArV0

>>77 
失踪は日数で自動的に懲戒免職 
履歴書に書かないといけなくなるしな

 

83: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 11:54:00.18 ID:rjoaGsbi0

でも戦闘中に行方不明になった仲間も「ああ、そうですか」で済ませてたら、それはそれで大問題だろう。

 

84: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 11:54:01.01 ID:PTIajztm0

逃げ出したい気持ちは解るが

 

105: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 11:57:38.26 ID:CFceMi7p0

42歳無職でも雇ってくれるなら行くが。

 

142: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:04:07.37 ID:u8gixQUY0

>>105 
27までなんだよ

 

116: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:00:51.95 ID:x8LmNxvZ0

つか1士だろ?だらしねぇなw 
正社員の曹クラスではなく契約社員の士なんざ規定年数頑張れば良いだけじゃねーかw 
空自なら3年だろ?w 
3年真面目に頑張れば満期金ゲットしつつ再雇用制度で次の職も安泰なのにw 

ほんとバカだわーw

 

117: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:00:53.25 ID:qQhwZVzl0

威勢のいいこと言ってる奴は 
落ちるか、きつ過ぎて即効逃げ出すだろ。 
人を画一的なもの扱いするなよ。 

デメリット負うの分かってて、それだけ相次いで 
何十日も潜伏して逃げるとか、構造的な原因を改善すべきだろ。

 

118: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:00:55.51 ID:u8gixQUY0

まあ陸さんは人数多いからな!

 

135: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:03:05.87 ID:MJoOfxoS0

どんな職場でも飛ぶやつはごろごろいるだろ 
自衛隊だからと煽りすぎ

 

160: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:09:01.49 ID:86rIqB0Z0

民間企業は割と楽に辞められる

 

173: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:10:35.37 ID:s0Oy5M4U0

>>160 
ホワイトはマジで簡単にやめられる 
ブラックほど簡単にはやめさせてくれない

 

162: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:09:07.84 ID:C2FlKxVV0

一人暮らしで会社に通ってるならバックれるの簡単でも、営内で暮らしてたら外出してそのまま消える以外にすぐ辞める方法ないからなー

 

181: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:12:01.45 ID:QySKilyp0

多分昔の方が多かったと思う。

 

190: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:13:15.79 ID:gnooc7700

バイトや派遣の現場なら同僚が飛ぶことなんて腐るほどある 
自衛隊だけは勇者の集まりなんてわけもない

 

193: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:15:02.41 ID:dg6dpiml0

自衛隊にいた事無いから解らんわ 
つうか軍隊が辞めやすい職場じゃ困るだろ 
機密がザルすぎて

 

202: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:16:49.22 ID:x8LmNxvZ0

>>193 
最初の教育隊の頃からバンバン辞めていくから問題ないw

 

223: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:20:12.57 ID:dg6dpiml0

>>202 
そこでふるいにかけるのは民間も変わらんけど 
ふるいの目が粗い方がお互いの為だろ?軍なんかは

 

220: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:19:21.01 ID:kXlm+HMU0

これ、昔の軍隊で言えば脱柵だろ 
「空士」ってのは士卒だから昔の軍隊で言えば徴兵された兵士 
簡単に辞められても困るんだよ 
有事発生して「俺辞~~めた」なんてなったら軍隊(自衛隊)が崩壊するだろ

 

252: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:26:00.61 ID:TsijtqVa0

7年前に友達が自衛官辞めたけど普通に上司に相談して辞めたって言ってたぞ 
もちろん引き止められたそうだが強引なことがあったなんて言ってなかったけどな 
引き止められるなんて普通の企業でもあるしな

 

280: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:28:49.20 ID:UPvqX8CJ0

>>252 
俺は止められた。 
っつーか言われて作ったシステムの引き継ぎ要員がいなかったせいたが。 
んなもんペーペーの俺にやらせていた時点で相当な人材不足だけどな。 

しかしまあ、きちんと辞めたわ。

 

255: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:26:11.09 ID:pZ5OIpzF0

>>1 
吉村昭「帰艦セズ」を思い出した。 
軍艦が出航するまでに帰艦できなければ自動的に脱走兵となる。 
旧軍では敵前逃亡と同じ扱いなので、死刑だ。 

そういう意味では、同じ吉村昭の「逃亡」の方に近い話だが、 
いずれにしても軍隊で勝手な離隊を許していれば、軍隊秩序は 
維持できない。厳罰に処する以外の方法はない。

 

258: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:26:23.07 ID:Dr+eQCiH0

なんで辞めたがるかね、実に勿体ないよ 
各種免許はタダ、資格もとり放題、公務員特有の年金システム、超高利の定期などなど 
辞めてから気付くだろうけど民間はこんなことしてくれないからね

 

301: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:31:29.84 ID:UPvqX8CJ0

>>258 
つってもなぁ、あの生活は合わない奴にはとことん合わないぞ。 
仕事自体は、アウトドアが好きならむしろ楽しいくらいだが。

 

278: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:28:27.25 ID:8akxoBsI0

昔から借金取りから逃れるために自衛隊に入ったという理由もあって 
借金の有無を調べられるくらい、一定数のアウトローがいるんだよ。 
脱柵なんてよくある。 
それは自衛隊に染まりきらず逃げるやつもいれば、もともとの気質、 
あるいは精神的な弱さとかいろいろあるよ。 
正規に手続きすれば、辞められるんだから。 

ただ脱柵はめっちゃ探す。本当に探す。 
山陰で逃げた奴を数ヶ月後大阪湾でみつける、とかあった

 

292: 名無しさん@1周年 2017/04/24(月) 12:30:05.04 ID:mSNxcXDL0

だめな奴はだめだけど合う奴には自衛隊ほど居心地のいいところはあるまいて 
待遇はいいし上官になればほとんど遊んでて金くれるし命の危険もないしw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Category:企業 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Category:企業

ウィキメディア・コモンズには、企業に関連するカテゴリがあります。

企業に関するカテゴリ。

 

下位カテゴリ

このカテゴリには下位カテゴリ 39 件が含まれており、そのうち以下の39 件を表示しています。

*

+

  • ► 企業支援‎ (2サブカテゴリ、38ページ)

  • ► 企業の種類‎ (13サブカテゴリ、15ページ)

  • ► 人事‎ (4サブカテゴリ、22ページ)

  • ► 企業犯罪‎ (3サブカテゴリ、77ページ)

  • ► 企業史‎ (4サブカテゴリ、2ページ)

カテゴリ「企業」にあるページ

このカテゴリには 151 ページが含まれており、そのうち以下の 151 ページを表示しています。

*

1

T

カテゴリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 >  > パラレルワールドが記憶に影響!?

2017.02.10

 

関連キーワード:

ネルソン・マンデラ

パラレルワールド

マンデラ効果

モハメド・アリ

記憶

誤情報効果

 

 日本選手団の活躍が目立ち数々のドラマを生んだリオ五輪も早いもので昨年の話になった。過去の五輪の話になると、事情通や関係者ではない限り、有名選手がどの大会でどの色のメダルを取ったのかなかなか思い出せなかったり、記憶が間違っていたりすることもあるだろう。データベースなどに照らし合わせ自分の記憶が誤りであることがわかったケースでも、何だか釈然としなかったことはないだろうか……。


■「パラレルワールドが我々の世界に滑り込んでいる」

mandelaeffect1.JPG
ネルソン・マンデラ氏 画像は「Wikimedia Commons」より

 それまで疑問の余地もないと思っていた記憶が、実はまったくの誤りであることが判明してショックを受けた経験はないだろうか。もしあるとすれば、それは別の世界を垣間見た時の記憶なのかもしれないと指摘しているのが超常現象研究家のフィオナ・ブルーム氏だ。英タブロイド紙「Express」が紹介している。

 過去の記憶がいつの間にか事実と反するものになってしまっている現象を、ブルーム氏は「マンデラ効果」と名づけている。アパルトヘイト撤廃に尽力した世界的指導者であるネルソン・マンデラ氏であるが、3年前の2013年に氏の訃報のニュースが流れた時は、決して少なくない人が虚をつかれる感じを覚えたという。てっきりマンデラ氏は1980年代に獄中で亡くなっていたものと思い込んでいた人がけっこういたというのだ(実際は1999年に大統領を辞職して政界から引退)。

 そしてブルーム氏は、マンデラ氏が80年代に亡くなっていたはずであるというこれらの人々の記憶は、間違いではない可能性があると主張している。いったいどういうことなのか。

「これは陰謀論ではありません。虚偽記憶(false memories)の話ではないのです。我々の多くはパラレルワールドの存在を想定しています。そして気づかないうちに、パラレルワールドは我々の世界に滑り込んできているのです」(フィオナ・ブルーム氏)

 つまり、パラレルに存在する別の世界ではマンデラ氏は80年代に亡くなっており、それはそれで1つの事実であるという。そして一部の人々はその“事実”を実際に体験しているというのだ。

 これまでにも、ヒュー・エヴェレットの多世界解釈(many-worlds interpretation)などによってパラレルワールドの存在は指摘されているが、あくまでもパラレルワールドはお互いに完全に絶縁状態にあると考えられてきた。つまりもしパラレルワールドが存在するにせよ、この現実とはまったく関係ないので考える意味がない=存在しないも同然ということだ。

 ということはブルーム氏は、これまでの定説に反してパラレルワールド同士の相互干渉が起り得ると主張していることになる。パラレルワールドの“事実”が、時にはこの現実の世界に“滑り込んで”くることがあるというのだ。