売れる本より「売れちゃう本」を!

出版とは夢のある仕事だ!ある朝目が覚めたら売れている可能性がある。
そんなことを思いながら、「売れる本より売れちゃう本」をつくりたい、と日々思いを募らせている札幌の出版社HSの編集人、センム斉藤和則の一言。


テーマ:

日産の社長? CEO? カルロス・ゴーンさんの役員報酬が10億円なんて書かれてました。


吃驚しますね。10億円ですよ。税金持って行かれるでしょうが、10億円!

62歳のようです。家族構成はどうなってるんでしょ。


出光佐三さんは著書「マルクスが日本に生まれていたら 」の中で、

「給料というものはなにか、ということになるが、これは生活の保障である、ということであって、労働の対価とはみていない。ぜいたくは人を殺す、とまで言って、ぜいたくは戒めているが、生活は保障しなければならない」と書いてます。


労働の対価ではなく、生活の保障だと。


今の世の中で、この考えは、かなりしっくりこないのでしょうが、

私はその通りじゃないかと思ってます。

経営者側にいて、この年齢になり、本を読んだりしていると、

そう思うようになったりしています。


それからいくと、10億円ってどうなんですか。

いらないでしょ。

BIGのキャリーオーバーですよ。月に8000万円ですよ。

63歳らしいですよ。いらないでしょ。


いらないでしょは、言いすぎですか。

400万の人250人分です。


それだけの責任、それだけの激務、それだけの成果を挙げているんでしょう。

素晴らしいです。でもいらないでしょ。


僻み、妬み、ではないですからね、たぶん……(笑)


でもなってみなきゃわからないでしょうかね。

もしかしたらCEOになんてなっちゃうと、

10億円くらいなきゃやってられないかもしれませんね。


まぁ、大会社のCEOとかよくわからない方はいいとして、

我々は、給料は労働の対価ではない、ってことを、

ちょっと考えて、自分のものさしにしてはどうかと考えるのです。


■■■■


尻すぼみと言われている? 逆のものさし講 北海道。

来週ですよ!


第20回 逆のものさし講 北海道 勉強会


なんと20回目を迎えた、逆のものさし講北海道の勉強会です。

ものごとを逆から見てみよう、考えてみましょう。
見える世界が変わります。それは、世の中に流されないことになり、
自分で考えることにつながります。

本を通して頭の中を変え、生き方を変えてみましょう。
あっ、無理に変える必要はないんですけど。
でも、いったん常識を疑ってみることは必要かもしれません。

「大疑下に大悟有」
ほんとにいいのか!


■日時/6月28日(火)19時~21時


■場所/エルプラザ札幌 3階 大研修室A
      〔札幌市北区北8条西3丁目〕


■参加費/【一般】1,500円 【講成員】500円


■参加資格/本が好きな方


■定員/20名


■申込/エイチエス斉藤和則 ksaito@hs-prj.jp




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

「正義」ってのは、私たちの‘生き死に‘のそばで、じっとしていやがるものだと思うぜ。

「正義」って旗を見たことはないし、ましてや振りかざすもんじゃないだろう。

===============<となりの芝生/伊集院静>


責任とれ! 謝れ! 辞めろ!


そんなことを声高に叫んでおりますが、大丈夫なんでしょうか。


今は、間違いが許されない嫌な感じですね。

綺麗なことだけでやれることなんて大したことないんじゃないでしょうか。

じゃあ、どこまでいいんだよ。

と言われそうですが、そんなことわかりません。

でも仕事をちゃんとやってるかどうかが大事だと思うんですけどね。


一般人が「正義」を振りかざし、声を上げているのはまぁいいですけど、

テレビや雑誌が一緒になってやってるのは、気分が悪いですね。

私は著名人じゃなくてよかったって思います。

なる予定も、なるわけもありませんが(笑)


法に触れた野球選手は別にしますが、

せこい知事も、ファンキーな歌手も、やっちゃった落語家も、

好奇心旺盛なバドミントン選手も、みんながんばってもらいたいですね。


「正論が人を幸せにするとは限らない」


私の好きな、伊坂幸太郎の小説に何度か出るセリフです。

こんなことみんなわかっていたはずなのになぁ、と強く感じます。


だからこそテレビや週刊誌じゃなく、本から学びましょう。

そして対話しましょう。それが「逆のものさし講」です。


■■■■

第20回 逆のものさし講 北海道 勉強会


なんと20回目を迎えた、逆のものさし講北海道の勉強会です。

ものごとを逆から見てみよう、考えてみましょう。
見える世界が変わります。それは、世の中に流されないことになり、
自分で考えることにつながります。

本を通して頭の中を変え、生き方を変えてみましょう。
あっ、無理に変える必要はないんですけど。
でも、いったん常識を疑ってみることは必要かもしれません。

「大疑下に大悟有」
ほんとにいいのか!


■日時/6月28日(火)19時~21時


■場所/エルプラザ札幌 3階 大研修室A
      〔札幌市北区北8条西3丁目〕


■参加費/【一般】1,500円 【講成員】500円


■参加資格/本が好きな方


■定員/20名


■申込/エイチエス斉藤和則 ksaito@hs-prj.jp




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

人生の目的は燃え尽きることにあり、死をめざして力強く生きるその過程で人は正しく老いることができるのです。そういうことをわかった人が、運良く死なないで年を取っていったならば、結果論として周囲の尊敬を集めたわけです。

============<「耆に学ぶ」 ・毒を食らえ/執行草舟>


結果論として…

ここが大事なところでしょう。


よく言う成功も、めざしている過程が成功だといいます。

成功したって言っている時点で成功ではないのでしょう。


死んでもかまわない、と思ってやった結果、生きている。

売れなくてもかまわない、と思って作った結果、売れちゃう。


私の言ってる「売れる本より売れちゃう本」っていうのも

まさにそういうことです。


作りたいものを作り、それが長く世の中に残っていくこと。

それが世の中に少しでも石を投げるものであること。


そのために、売れるとか、流行りから離れて、

燃え尽きる精神でモノづくりに励みます。


まだお読みではない方、この本は読んでください!





====


第20回 逆のものさし講 北海道 勉強会


なんと20回目を迎えた、逆のものさし講北海道の勉強会です。

ものごとを逆から見てみよう、考えてみましょう。
見える世界が変わります。それは、世の中に流されないことになり、
自分で考えることにつながります。

本を通して頭の中を変え、生き方を変えてみましょう。
あっ、無理に変える必要はないんですけど。
でも、いったん常識を疑ってみることは必要かもしれません。

「大疑下に大悟有」
ほんとにいいのか!


■日時/6月28日(火)19時~21時


■場所/エルプラザ札幌 3階 大研修室A
      〔札幌市北区北8条西3丁目〕


■参加費/【一般】1,500円 【講成員】500円


■参加資格/本が好きな方


■定員/20名


■申込/エイチエス斉藤和則 ksaito@hs-prj.jp






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。