証券取引等監視委員会は2日、ジャスダック上場のフリーペーパー発行会社「タウンニュース」(横浜市)の50代の男性元社員が自社株を不正につり上げたとして、金融商品取引法違反(相場操縦)の疑いで課徴金25万円を元社員に科すよう金融庁に勧告した。

 監視委によると、元社員は08年11月6~14日、買い注文と売り注文を同時に出して売買を成立させる手口などで、自社株を172円から260円まで高騰させたとしている。妻や子供名義の3口座を使い勤務中などに取引し、約40万円の利益を得たという。

 同社によると、元社員は普段から「同業社に比べタウンニュース株は安すぎる」と不満を漏らし、社内調査にも「株価をつり上げたかった。違反とは知らなかった」と話したという。【堀智行】

【関連ニュース】
無登録営業:東京の投資会社を家宅捜索
未公開株:不正販売で3容疑者を逮捕 愛知県警
虚偽記載:IT関連会社に課徴金勧告--証取委
高崎の投資詐欺:損賠訴訟 5被告争う姿勢 地裁で初弁論 /群馬
ユニオン社株相場操縦:大株主、容疑で再逮捕へ--大阪府警

市町村国保の保険料収納率が過去最低に―厚労省(医療介護CBニュース)
収賄容疑で福岡県元副知事を逮捕、県町村会から100万円(産経新聞)
高齢ドライバーの9割以上「自分の運転大丈夫」(読売新聞)
収賄容疑で福岡県元副知事を逮捕、県町村会から100万円(産経新聞)
鳥取県議事務所など捜索 社会福祉法人で15億円使途不明 (産経新聞)
AD