限られた人にしか販売しないため「幻のチョコレート」といわれる米国の「イヴァン・ヴァレンティン」が日本に初上陸し、5日、新宿区新宿の新宿マルイ本館で販売が始まった。

 販売会社によると、このチョコレートはロサンゼルスにアトリエを構えるパティシエのイヴァン・ヴァレンティン氏が材料や製法にこだわり手作りしているもの。顧客は故マイケル・ジャクソンやジョディ・フォスターら有名人や、5つ星ホテルなどで、一般人は紹介がないと購入できないという。

 ヴァレンティン氏が世界有数のグルメ都市である東京での販売を希望したことから初上陸となった。

 この日は開店前から十数人の女性客が列を作った。女性会社員(31)は「ネットで話題で、自分へのごほうびに楽しみにしていました。じっくり味わいます」と話していた。

 味は「ダーク」「プラリーヌ」など4種類で、口溶けがよく、ほどよい甘みが特徴。販売は7000個限定。価格は2個1480円、6個3600円、12個6500円、24個1万2400円。

【関連記事】
女子アナのバレンタインデーは?
どっちのチョコが欲しい?Wで食べたい北川景子&益若つばさ
女同士の友チョコが人気 「告白」より気軽さ求め
バレンタインに…チョコ原料の焼酎「ロックがお薦め」
的場浩司プロデュースの新作スイーツ発表

「のめり込むように信じた」数千万円投資の女性 サンラ・ワールド(産経新聞)
【風】写真入り警告表示、どう思う?(産経新聞)
倒れた妻、12歳の息子と介護…保険制度の歪み訴え 松本方哉さん(産経新聞)
<内閣府世論調査>殺人の時効 25年は「短い」が過半数に(毎日新聞)
3パターンで検討 温室効果ガス削減で環境相(産経新聞)
AD