【ニューヨーク=松尾理也】米映画賞の最高峰、第82回アカデミー賞の各部門候補が2日朝(日本時間同日深夜)、主催者の映画芸術科学アカデミー(ロサンゼルス)から発表された。作品賞候補にはジェームズ・キャメロン監督の3D大作「アバター」、イラク戦争を舞台に米軍危険物処理班の活躍を描いた「ハート・ロッカー」(キャスリン・ビグロー監督)など10本がノミネートされた。

 長編アニメ部門の審査対象に残っていた宮崎駿監督のアニメ「崖の上のポニョ」は惜しくも最終候補作品から漏れ、第75回に同賞を獲得した「千と千尋の神隠し」以来7年ぶりのオスカー獲得はならなかった。

 また、長編ドキュメンタリー部門の候補作品に、和歌山県太地町のイルカ漁を批判した「入り江(The Cove)」が入った。

 今年のアカデミー賞授賞式は、バンクーバー冬季五輪との重複を避けるため例年より時期を遅らせ、3月7日に行われる。

【関連記事】
アバター、タイタニック超え!歴代興収1位
映画「アバター」興収、驚異のスピードで増加
シネカノン落日…映画業界は悲鳴「入るのはアニメとテレビドラマ」
ローナン「ラブリーボーン」 自分に何が起こったか考える映画
“エロ面白い”女子にウケる「昭和のエロス」

和辻哲郎文化賞に今橋、互の2氏(時事通信)
外装会社に脅迫文 恨み?事業所周辺で不審火(産経新聞)
白血病薬への抵抗たんぱく質発見=再発防止へ期待-金沢大(時事通信)
2次補正予算 与党と公明党など賛成多数で成立(毎日新聞)
<掘り出しニュース>「ガタガタ」--木製“地獄橋”が音立てる 茨城・常陸太田(毎日新聞)
AD