政府は27日、6月をめどに実施する高速道路無料化実験の対象路線を、来月2日に発表する方針を固めた。一方、前原誠司国土交通相が1月末までに内容を発表すると明言していた「上限料金制度」については、与党などとの調整がつかず、発表を先送りする。

 上限料金について政府は、「休日上限1000円」など現行の割引制度を廃止し、普通車2000円などとする方針。しかし、民主党の小沢一郎幹事長が割引財源を新規建設に転用することを求め、調整が難航している。【大場伸也】

【関連ニュース】
高速道路無料化:社会実験 曜日限定せず…前原国交相
高速道路:割引財源を建設にも使用 会社支援へ法改正検討
高速道実験:「ETC以外も無料」前原国交相
どうなる? 高速道路/1 全国にのびる約1万キロ
解説:高速道建設、国が支援 公団に「先祖返り」 小沢氏の要望を拒めず

看護師殺人未遂が時効=私的懸賞金も、有力情報なく-大阪府警(時事通信)
寒立馬 地吹雪に耐え 青森・下北半島(毎日新聞)
署の朝礼で告発され、セクハラ警官停職処分(読売新聞)
外国人参政権問題 官房長官「地方の意見は関係ない」(産経新聞)
龍馬ゆかりの地を行く 水陸に利点ある京の拠点 酢屋(産経新聞)
AD