東京・秋葉原で2008年6月、17人が死傷した無差別殺傷事件で、殺人や殺人未遂罪などに問われた元派遣社員・加藤智大(ともひろ)被告(27)の初公判が28日、東京地裁(村山浩昭裁判長)で始まった。

 加藤被告は罪状認否で、被害者らに「大変申し訳ない」と謝罪した後、「記憶がない部分もあるが事件を起こしたことは間違いない」と述べ、起訴事実をほぼ認めた。

 加藤被告の責任能力の有無や程度が最大の争点。8月4日までに22回の公判期日が指定されており、被害者や目撃者、加藤被告の家族ら計42人の証人尋問が行われる予定。

 起訴状によると、加藤被告は08年6月8日午後0時30分頃、秋葉原の交差点にトラックで突っ込み、歩行者5人をはねた後、通行人ら12人をダガーナイフで刺し、7人を殺害、10人にけがを負わせるなどした。

「説明したのは良かった」=福島氏(時事通信)
【風】“二律背反”のはざまで…(産経新聞)
<低額宿泊所FIS>新たに無届け2施設 行政監視及ばず(毎日新聞)
「ふるさと牧場」社長に懲役12年=和牛商法詐欺-東京地裁(時事通信)
キムタクTVや安定志向…検察事務官が人気就職先、大卒が殺到(産経新聞)
AD