1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
Wed, February 24, 2010 08:23:04

あらためてグランズウェル

テーマ:読書ネタ
昨年ネット業界にセンセーションを起こし、年末の宣伝会議の
課題図書?にも推薦のあった本書を読みました。

グランズウェルという顧客同士の相互補助が行われる世界
では起業からの一方的な発信はだんだん意味をなさなくなるという
何年も前から言われていることをまとめあげた書籍といえます。
Wikiやフォーラム、ブログ、ひいてはTwitterなど顧客との接点を
もってそこの運営の仕方、導入にあたっての注意事項などが
いろんな事例をもとに書かれていました。

「顧客からのフィードバックを公開したりすることは危険なんじゃ
 なかろうか」
「導入にあたって上司を説得するのは難しい」
ということに悩む人にとっては良薬になるかも。
あと、これが一瞬で何か革新を生むという幻想はなくて
導入に時間はかかりますよという示唆もあって、紋切り型の
学術書ではないところもちょっと好感が持てます。

グランズウェル ソーシャルテクノロジーによる企業戦略 (Harvard Business Sc.../シャーリーン・リー

¥2,100
Amazon.co.jp

最近の画像つき記事
 もっと見る >>
Tue, February 23, 2010 02:05:46

SF回想録~JAIC北村さんとSF NewTech

テーマ:ブログ
SF4日目にCA Americaの事務所という名のJAIC(日本のVC)のオフィスに
行って来ました。
ここでJAIC Americaの北村さんという方と面会。CA Americaで働いている
Johnさんとも話をしてきました。
いろいろ話を聞いたけど、まずアメリカの結婚の風習について。
・こっちの結婚のプロセスは
 インビテーションの人を決めて、場所、ウィッシュリストの
 順でやるんだそう
・場所はインターネットで探したり、友人の紹介や自分たちの思い入れのある
 場所で決めることが多いとか
・米国内リゾートならナパバレーとかラスベガスとかマリブ、ハリウッド
 サンタバーバラというのが相場
・ベストマンとブライズメイトという新郎新婦の友人グループで挙式前に
 なにかやったりとか(バチェラーパーティとか)アフターパーティ(二次会)
 みたいな形で合コンしたりするらしい
あとは位置情報を交換するようなサービス(Foursquare)とか流行っている
ってことで、友人同士なら自分の現在地や住所なんかがトレースされてしまっても
気にならないからって感覚みたいです。

そのあとJohnさんとStanford大学見学。やたら広い敷地でただただ圧倒されます。
学費は年間で400万円くらいするようです。入るのも大変なのに入ってからも
高額の学費とは凄すぎ。社会に出てから確実にペイできるよう(社長とかになる人
多いから)なんだろうけど次元の違いは感じました。

夜はSF NewTechに参加してきました。

http://sfnewtech.com/category/sf-new-tech-events/

クラウドソーシングで実際に仕事をしてもらってコストを下げるという
CloudCrowd(http://www.cloudcrowd.com)とかTwitterアカウントをマネージする
というRefollow(http://refollow.com)というサービスが面白かったです。
いろんな人と懇親もしてLillianというデザイナーさんとも知り合いに。

今日もとっても充実。疲れたけど、帰ってからカーリングの録画やってたので
見ちゃって夜更かしという悪循環。

Ustreamにあげたので見たい方はどうぞ。
http://www.ustream.tv/recorded/4809991
http://www.ustream.tv/recorded/4809558
Mon, February 22, 2010 01:16:21

SF回想録~FacebookソーシャルビデオVpype

テーマ:ブログ
SF3日目にシリコンバレーにほど近いRedWoodCityという町で
ソーシャルビデオのデモを見てきました。

http://www.vpype.com/

Facebookアカウントとヴィデオカム+ヘッドセットがあれば
ヴィデオ会議が簡単にできまっせというもの。
録画した挨拶状もFacebookの友人に送ることができるらしい。

まだいろいろ準備中らしくいろんな質問に対して「もうちょっと待って」
というGaryさん。デモしながらしゃべるのは本当に大変です。

写真は道中で発見した日本ではもう見れないファーストフードとデモの様子です。


$HardReggaeCafe@Ameblo.jp

$HardReggaeCafe@Ameblo.jp
Sun, February 21, 2010 12:39:46

帰国&海外版iTunesでアプリや音楽購入する方法

テーマ:ブログ
土曜日夕方に帰国。面白かったけどめちゃくちゃ疲れて9時に寝ました。

ところで今回の土産の中にiTunesのギフトカード$25分あります。

$HardReggaeCafe@Ameblo.jp

何に使うかといいますと向こうのiTMSでしか買えないものって
たくさんあるのですが、それをこれで買ってみたいと思います。
てかそんなことできるのか?と思ったけど思い切ってカードかいました。

1)iTunes立ち上げます
2)iTunesStoreからミュージックを選択します
3)iTMSが立ち上がるので、右下の日の丸をクリックします
4)ここでUSを選択
5)米国版のiTMSが立ち上がるので何か購入します
6)そうするとアカウントについて聞かれるので新規に作成します
7)下記のような画面が出るので日本で使っているのとは別のメールアドレスを入力します

$HardReggaeCafe@Ameblo.jp

ちなみに「Enter a question and answer that can easily to remember to help...」
というのはパスワード忘れたときの質問と答えですのでmy mother's nameとか
入れておけばよろしいかと思います

8)その他の情報ではカード情報は入れず(noneを選択)住所情報も海外の適当なサイトから
  実在する住所を何かしら入れます

$HardReggaeCafe@Ameblo.jp

ここでカードに関しては自分のカード番号入れてしまうと、カードの情報からアメリカの
銀行のアカウント情報が出ませんというエラーが出るのでそれから進めないという問題に
行きあたるのと、住所もある程度実在する住所を入れないとエラーになるのがわかったので
そのために私は某ホテルの住所を入れておきました。
noneが最初は出ませんが、適当なカード情報を入れておくと次の画面で出てきます。

9)「iTunes Gift Cards and Certificates」に先ほどのカードの裏側にあるスクラッチ部分
  を削って出たコードを入れます
10)これでアカウント登録は完了したので、再度iTMSで購入→OK!

この調子でUSでしか買えないアプリも買ってみようと思います。いやーすばらしい。

ちなみに今回の旅行の細かい情報は今後ボチボチ載せていきます。
Wed, February 17, 2010 03:38:26

Chinatownに来ました

テーマ:ブログ
昨日はJapantownとChinatownを訪問しました。

まずJapantown。紀伊国屋書店があり、当然のことながら日本の書籍が
たくさん売られていました。

書店の人に聞いたところ、やはりよく売れるのは
「NARUTO」なんだそうでTVやネットの影響か
情報がほぼリアルなんだそうです。

$HardReggaeCafe@Ameblo.jp

他にも何件かお店を回っていろいろ情報収集。
何となく日本に対するイメージはこうなんだなというのが
わかってきました。
繊細だったり細かいものにかけては得意分野としていて
しかもものが安いところがウケているという印象です。
アニメや漫画もウケてますが、タッチが細かくてアメリカの
それにはない部分だったりします。

逆に自分はスポンジボブのようなラフで独特な動きを
持ったものに興味を惹かれますけど。

続いてChinatown。行ったのは7:30くらいと遅かったせいか
ほとんどの店が完全にしまってました。

仕方なく無線LANスポットを探して、ネットでZagattSurveyを
チェック。うまいものでも食って帰るかということでいくつか
店を調べたところOrientalPearlRestrantという店を発見しました。
http://www.zagat.com/Verticals/PropertyDetails.aspx?VID=8&R=114244
Zagattのレビューは辛口で有名ですが、他の店は「店が汚くハエが多い」
とか「うまいけどちょっと高め」というのが多い中「うまくて
リーズナブル」というレビューの出ていた店です。
ビールにウーロン茶、牛肉のモンゴル風にチャーハンつきで
$25でした。高くないと思ったのは私だけ?
しかも食べきれないので包んでもらったくらいのボリューム。
$HardReggaeCafe@Ameblo.jp

最後にはフォーチュンクッキー。

$HardReggaeCafe@Ameblo.jp

ここの人にも聞いたけどここのチャイナタウンはUSで最も古くて最大規模
(Chinatownのサイトによる)というだけあってのんびりした感じ。
でも外人にはフォーチュンクッキーが人気だとか。店まで紹介してもらいました。
クッキー自体はカリフォルニア産とかいってたような・・・。

実はJapantownからChinatownまではバスで行きました。そのくらい距離あります。
最初のバスであった運転手がウーピーゴルドバーグにそっくりのおばさん。
Chinatownへの行き方と乗り換えについて詳しく教えてもらいました。
Chinatownからの帰りにもバスを使いましたが、その運転手もなんとウーピー。
運命の出会い?に向こうも苦笑い。

この日はPresident's Dayの休日。全体的にアメリカはお休みだったのですね。
そんな一日でした。
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /