Never Give Up

テーマ:

上海から昨日の朝帰ってきたばかりで、正直上海行った感想は歩き疲れた~(ーー;)って感じ。


上海行った収穫はなくはなかったけど、どこの大学も夏休みに入ってるとこや体育館を改装してるとこばっかりで結局どこの大学のバスケ部ともコンタクトをとることはできひんかった。


んで帰って来たその日の昼に、北京の学校には行ったことはあるけどバスケ部の練習は見たことなかった北京体育大に行ってきた。


北京体大のバスケ部も案の定夏休みに入ってて、バスケ部の練習は見ることができひんかった。

けど留学生を扱ってるオフィスに行きそこの先生には話を聞くことができた。

もちろんこの大学にもバスケ部はあるけど、大学内だけでも5つ位のチームに分かれてるとの事やった。

学校代表のチームが1つと後の4つ位は大学でバスケットを専攻してる生徒のチーム。


前にも書いたように中国のバスケ部ってゆうのは、ほぼ推薦入学で入ってくる奴ばかりで、この大学も同じでそれが学校代表のチームのメンバーやと思う。

それ以外の一般で入って来る生徒が他の4つの位のチームに入ってるってことやと思う。


どっちにしろその先生曰く学校の代表チームはまた、その4つのチームとは全然違った組織にあるみたいな話やった。


でもこの大学はバスケの面では、まだチャンスはあるんやけど問題はそれ以外のことやった。

この大学には中国語を学ぶカリキュラムは初中級コースしかなく、自分は約1年間すでに勉強しておりこのレベルは終わってて、これ以上のレベルはないとの事やった。


中国に来た目的ってゆうのは、まず中国の大学に入り、そしてきちんと卒業することってゆうのが最低条件でバスケのために来たわけではない。


もしバスケを本気で挑戦したかったらアメリカに行ってたやろうし中国に来るってことはまずなかったと思う。

だからもちろん学業中心で考えて行かなアカンねやろうけど、自分はホンマにバスケが好きでついついバスケする環境にも欲が出てしまうってゆうのが今の正直な自分。


バスケを始めた時からそうやけど、ホンマに良い環境でバスケをしてきたからここまで好きになったんやと思う。

中学、高校とホンマにバスケ尽くしの生活で、ホンマに勝ちにこだわったバスケを教えてもらい、そのバスケへの思いがまだずっと体の奥まで染み込んでるんやろなってつくづく思う。


進路はどんな方向に行くか分からんけど、自分が決めた進路やったら、その進路に間違いはないしおもっきりやっていったら、どんな事でも成功できるはずやから自分信じてしっかりやって行こうと思う今日この頃です。



AD

上海遠征

テーマ:

kikilala

明日から中国でバスケができる環境を見つけるために、バッシュかついで上海遠征に行ってきます!!

上海に行って見つかるか見つからんかは分からんけど、行かんと見つかるはずもないし自分の足で自分の目で上海の大学を見てきます!!


最近は進路が見つからんくて気持ち的にも肉体的にも、うずうずしてるんでちょうど良い機会やと思う。

北京には多くの友達、彼女、清華のチームメート、色んな人達と出会えた思い出の場所やから正直北京にいたい気もするけど、やっぱり今の自分にとってバスケは凄い大事なもんやから、まずはバスケできる環境を一に考えて行きたいと思ってます。


小学5年生からバスケを始めたけど、まさかここまでバスケが好きになるとは思ってなかったな。

もうバスケは自分にとって切っても切られへんもんやから、自分がおっさんになってもずっと何らかの形でバスケできていけたらええな~ってゆうか一生現役で続けてやる!!


今日は田臥さんのNBA開幕戦をビデオで初めて見たからバスケ熱がもっと高くなった1日でした(~_~)




AD

きびしい!!

テーマ:

c

大分久しぶりの更新です。

この更新してなかった間に色んな事をしてたわけやけど1番の衝撃はバスケができる環境がホンマに見つからんってこと!!


正直ここまで見つからんとは思ってなかったってゆうか、行こうと思った大学がことごとくダメになって行くって感じやった。

前のチームメートの親父さんが監督をしてる大学があり、その親父さんの教え子でハルピンってゆう場所で大学の監督をしてる人がいるから、その大学やったらレベルもそこそこやし、何よりバスケをできる環境やったんやけどその大学のチームも解散したってゆうことやった。


なんで中国はこんなにバスケ部が解散したりなくなったりするねん!!ってゆう思いで一杯ってゆう気持ちと、これからどうやってまた1から探したらええねんってゆう気持ちになった。


それにもう1つ分かった事は、今の現時点ではCUBA(中国大学バスケ)では外国人は試合には参加できひんってゆうこと。

でもこの制度はもしかしたら次のシーズン、来年、いつになるかは分からへんけど変更する方針で行くみたいな事が発表されてるから、まだ希望はある。


なにわともあれまず、試合に出れる出られへん関係なしにまずバスケができる環境の大学を見つけへんとどうにもならん。


あ~ホンマに中国のバスケ環境は厳しい!!



AD