出張ホテル 中四国・九州丸かじり

中四国、そして九州への出張に行かれる皆様へ、1カ月の半分近くをこの地域への宿泊出張に出向いています私が、皆様の出張先のホテル選びのお手伝いをすべく、体を張ってホテルのレポートを書いていきます(笑)。おススメ、知りたいホテルがありましたら紹介して下さい!!


テーマ:
みなさん、おはようございます。

今回は奈良・南紀への旅のその2です。その1はこちらを参考にしてください。

2日目は、熊野三社の2つ目、熊野速玉大社参りからスタート。


この日はあいにくの雨に見舞われましたが、朝から結構な観光客がいました。
本殿の作りは熊野本宮大社に似ていて、境内には4つの神様がお祀りされており、順番にお参りする形式になっていました。
 
この後、3つ目の熊野那智大社に向かいましたが、降りだした雨はピークに・・・
那智大社の写真は、あまりの雨のひどさと濃霧のために写真を撮る事が出来ませんでした。とはいえ、今回の旅、天気はいま一つだったものの、熊野那智大社を無事お参り出来たことで、2つ目の目的である「熊野三社参り」を達成できました!!

そして、次は「那智といえば」ということで・・・
そうです、ベタですが、那智の滝に行きました(笑)


那智の滝に来た時も依然として雨はひどかったのですが、ここは標高が熊野那智大社より低いのと、杉林がうっそうと茂っていることもあり、雨が弱くなってくれました。ということで、せっかくなので、滝の写真をパチリ。滝から出るしぶきが間近に感じ取ることが出来、雨の中の幻想間もあってか、とても心落ち着く気持ちにさせて貰いました。ちなみに那智の滝を間近で見る(拝観)する場合、別途入場料が必要となりますのであしからず。


那智の滝を後にして、この日泊まる白浜温泉に向かう途中にある景勝地「橋杭岩」に立ち寄りました。ここまできたら、雨は上がり曇り空に。そして、ちょうど干潮時ということもあり、駐車場から下の海岸に下りて、岩の近くまで行くことが出来ました。

この日、自分は海沿いのルート(国道42号線)から白浜に向かいましたが、那智の滝から白浜に急ぎたい場合、山沿いのルート(国道311号、熊野古道の中辺路ルートになります)を利用すると、約20分~30分の短縮となります。ただし、一部の携帯(AUやソフトバンクなどで、電波の対応帯域が2.1GHz帯など高いもの、iPhone5など)は圏外になるエリアが広いので注意して下さい。


橋杭岩を後にし約2時間車を走らせて、この日の宿泊地、白浜温泉に到着。白浜温泉は今回「ホテルラフォーレ南紀白浜」に宿泊しました。天気は相変わらず悪かったのですが、部屋から撮った写真はこんな感じでした。

翌日は白浜観光して帰りましたが、続きは次回に。

(今回訪問した場所)
熊野速玉大社:http://kumanohayatama.jp/?page_id=26
熊野那智大社:http://www.kumanonachitaisha.or.jp/
那智の滝:http://www.nachikan.jp/kumano/nachinotaki/
橋杭岩:http://www.kankou-kushimoto.jp/event/hashikui_r_up.html


それでは。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさんこんにちは。

今回、連休を利用して奈良県と和歌山県を旅行してきました。今回、3回に分けて紹介していきます。皆さんの旅の参考にしてもらえたら嬉しいです。

まず1日目は奈良県の十津川村と和歌山県の田辺市(旧本宮町)を訪問。十津川村といえば・・・ということで、「谷瀬のつり橋」に立ち寄り。

実は以前にもここを訪問しましたが、反対側まで渡れたのは初めてです(笑)。なにせ、かなりの高さプラス昔ながらのつり橋なので、渡る時の揺れは尋常ではありません・・・。


途中、何とか立ち止まって写真を撮りました。写真では高さが伝わらないので、皆さんぜひ来て体験して下さい。

※「谷瀬のつり橋」のご案内はこちらからどうぞ。

そして谷瀬のつり橋を後にして、初日にして一番行きたかった場所に移動。その場所が・・・

「玉置神社」です。ネットでは「神様に呼ばれた人しか行けない」とか、「一般人が参拝できる究極の聖域」とか書かれている所です。自分も車で行きましたが、この日の十津川村役場周辺の天気は曇りだったのに、玉置神社付近は雨模様。しかも写真の通り、かなりの霧が立ち込めて、道中も霧の中の山道をなんとか走ることが出来た、という感じでした。でも、写真の通り、霧の中にあるこの神社はとてもとても心落ち着く場所であることは間違いありません。

皆さんも一度は・・・と軽々しく言えないのがこの玉置神社のポイント。ここは車が無いと訪れるのが困難です。村営バスもありますが、村営バスは土日1往復のみで要予約です。(ただし、1名から運行してくれます)

また車で来られる場合も、神社下の駐車場から山道を約15分歩く必要があります。お体の不自由な方でこの神社に行かれたいと思われている方は、神社へ確認が必要ですが、基本的には介助者の同伴が必要になるかと思われますのでご注意下さい。

※玉置神社へのアクセスはここからどうぞ。

その後十津川村を抜け、お昼過ぎに熊野川のとあるほとりに到着。それがこちら↓

この船、「瀞峡巡り」の船です。出張の時にこの船乗り場の近くを通ることはありましたが、ようやく乗ることが出来ました。この「瀞峡巡り」船着場で昼食を食べて、13時半の船に乗船。


瀞峡は熊野川の支流の北山川の上流に広がる渓谷です。この渓谷巡りですが、往復で約2時間かかりますが、その景色には圧巻されます。


こんな感じの場所や

こんな奇岩が随所にあります。
写真をいっぱい撮りましたが、やっぱり現地でその素晴らしさを体感して欲しいです。
春夏秋冬、いつ来ても素晴らしい場所ではありますが、やはり夏か秋の紅葉時期が一番良いですね。行く際は、この後に紹介します熊野本宮大社とセットで行くのがおススメですね。
※瀞峡巡りの詳細はこちらからどうぞ。

そしてこの後、「熊野詣」始めに熊野本宮大社にお参りへ。

熊野本宮大社は以前は川の中州にあったそうですが、度重なる洪水のために今の場所に移動したそうです。ここは2度目の訪問となりますが、連休中とあって、本殿にお参りするのに列に並ぶという、「意外」な体験をしました。(ちなみに前回はすんなりとお参り出来ました)



そして、かつて本殿のあった場所にはその名残を示す「大鳥居」が鎮座しています。(本宮大社から大鳥居までは徒歩約5分です)

※熊野本宮大社へのアクセスはこちらからどうぞ。

そして、この日の予定は終了。宿泊は熊の本宮大社から車で約10分の「川湯温泉 みどりや」さんにお世話になりました。
(「川湯温泉 山水館みどりや」さんのご案内はこちらからどうそ)

そして「その2」に続きます。

それではまた。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。ビジネスホテルミシュランまるちゃんです。

今日は久しぶりに愛車を洗車しました。洗車機でかけてばかりですが、今日は洗車場で手洗いで洗いました。天気が良いと、手間に感じることも楽しく感じますね。

それではホテルの紹介です。今日ご紹介するホテルはこちらです↓

・ホテル名:中村第一ホテル
・住所:高知県四万十市駅前町5-15
(土佐くろしお鉄道「中村駅」から徒歩1分)

ひさしぶりの高知県のホテル紹介です。高知市内から車で約2時間と、高速道路が延伸して近くなりました、四万十川が流れる街、四万十市のホテルです。

今回はシングルルームに宿泊しました。写真とともに紹介します。

入口付近です。ボケてしまい申し訳ありませんが、入口は十分な広さがあり、キャスター付きバッグでの出入りも問題無しでした。

ベッド周りです。幅は約110cmとややいつも宿泊するホテルよりも狭かったです。ただベッドはサータ社のものを採用していますので、寝心地は良かったです。部屋の広さは約11平米でした。


デスク周りです。少し机の上に置いてあるものが目立ちますが、片付けたらそれなりに使える広さになりました。写真に見えていますが、プラズマクラスターの空気清浄機が備え付けてありました。






コンセントは全部で5箇所ありましたが、1つはプラズマクラスターで使うと使えなくなるのでご了承下さい。ベッドのところにコンセントがあるのはポイントが大きかったですね(笑)


ユニットバスです。こちらも、いつも自分が宿泊するホテルと比較しても遜色無い広さでした。

こちらのホテルの目の前の写真ですが・・・文字通り、駅です。駅徒歩すぐなのは、鉄道で来る方にとっては便利です。ホテルの周辺ですが、飲食店が少ないのが気になりました。コンビニですが、徒歩約5分歩いた場所のサークルKが一番近かったです。実は、飲食店などが多いのは、駅から車で2・3分の、市役所などがある場所に集中していました。繁華街からは離れてしまいますが、翌朝足摺岬方面へ観光に行く方は目の前の中村駅からバスが出ていますので、宿泊先にはオススメですね。

高知県四万十市「中村第一ホテル」、中村駅至近で足摺岬観光移動に便利なホテルでした。

それでは良い出張を。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。ビジネスホテルミシュランまるちゃんです。

もうすぐゴールデンウィークですね。今年のゴールデンウィークは2日からの5連休がメインになるみたいですが、皆さんは予定を立てられているのでしょうか?予定が未だの方、この時期はキャンセル料の関係もあり宿泊先が意外に空いてきたりすることが多いので、行きたい先の宿泊先を検索して、直接宿泊先に問い合わせしてみるのもありです。ぜひチャレンジしてみて下さい。
(念のためですが、必ずしも取れるわけではありませんのでその点はご了承下さい)

それではホテルの紹介です。今日ご紹介するホテルはこちらです↓

・ホテル名:レガロホテル宮崎
・住所:宮崎県宮崎市橘通東2-9-18
(JR宮崎駅からタクシーで約5分)


先日の宮崎出張で宿泊しました。今回はデラックスダブルルームに宿泊しました。それでは写真とともに紹介していきます。

入口付近です。通路幅は約1メートルあり、キャスターバッグを持っての出入りも楽でした。
ベッドです。ダブルサイズ(幅約160cm)なので、シングル利用の場合はまず問題ない横幅でした。部屋の広さは焼く15平米でした。


デスク周りです。机の上には案内などのパンフレットが無い分スッキリしていました。ノートPCなどを使っての仕事も問題なく出来ました。



コンセントです。デスクはテレビの裏側に三つ又コンセントが、ベッド近くに「清掃用」と書いたコンセントが2口ありました。デスクについてはちょっと使いにくいかな、という印象でした。

ユニットバスルームは標準的な広さで、最近は定番になりつつあるウォッシュレットも完備でした。

部屋が広いので、この部屋にはソファーを兼ねたエキストラベッドがありました。いざという時は3人までは宿泊可能ですね。

ホテルの住所名に宮崎市内一の繁華街の名称である「橘通」と入っていますが、立地場所はその反対側にあり、夜はとても静かでした。また、すぐ近くは宮崎県庁などの官公庁街となっているため、そちら方面での仕事がある方には好立地のホテルです。そんなこともあってか、「静かすぎる」くらいの場所にあるホテルでした。

ただ周辺ですが・・・一番気になったのはコンビニすぐ近くに無い点。スタッフに確認したところ、一番近いところで、ホテルから徒歩約5分のファミリーマートかセブンイレブンとのこと。ホテルにチェックインしてから「コンビニに行こう!!」と考えている方はこの点は注意したほうが良いです。

飲食店ですが、前述の通り、ホテルから国道を挟んで反対側にメインの「橘通り」があります。宮崎名物の地鶏焼きなどを堪能して夜を楽しんで下さい(笑)。


宮崎市「レガロホテル宮崎」 静かすぎる場所に立地するホテルでした。

それでは良い出張を。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。ビジネスホテルミシュラン丸山です。
ここ数日、やたらと寒い日が続いていて、風邪を引きかけました。皆さんはいかがでしょうか?
気候の変化が激しいこの時期、体調に気をつけてお過ごし下さい。

それではホテルの紹介です。今日ご紹介するホテルはこちらです↓

・ホテル名:福山ターミナルホテル
・住所:
広島県福山市宝町2-3
(JR福山駅南口より徒歩約3分)

久しぶりの福山泊りとなり、このホテルを選びました。今回はシングルルームに宿泊しました。

入口付近です。通路は広く、キャスター付きのカバンを持っての出入りも楽チンでした。


ベッドです。幅が標準的なビジネスホテルと比較するとやや狭く、大柄の方には厳しい印象でした。部屋の広さは約13平米でした。


デスク周りです。少し写真にも写っていますが、残念なことに椅子がベッドと干渉してしまうのです。引くときには、やや斜めにして椅子は引かないと出てきてくれません。電磁式の湯沸し用ホットプレートがありますが、そのすぐ近くにあるポットでお湯を沸かすようになっていました。


コンセントですが、デスクのところにあるのは三つ又タイプで差込口を多くしています。あと、冷蔵庫の上と、写真を撮り忘れましたが、ベッド部分の合計3箇所ありました。


ユニットバス部分です。こちらは標準的な広さでした。定番になりつつあるウォシュレットもついていました。

ホテルそのものは年数が経っているのですが、壁紙を新調するなどのプチリニューアルは済んでいました。ただ、備え付けのものや空調が古い印象があり、ここは頑張って欲しいところです。とはいえ、周辺のホテルの中では比較的安価で宿泊出来るの点は魅力的でした。

あと今回車で行きましたが、先着20台まではホテル駐車場を無料で使えるので、早めにチェックインできる方はオススメですね。

コンビニですが、徒歩2分ほどの所にあるセブンイレブンが一番近いです。飲食店舗は周辺にいくつかありますし、福山駅構内にもあるので、困らないですね。

広島県福山市「福山ターミナルホテル」頑張って欲しい部分もありますが、駅近くのお値打ちホテルでした。

それでは良い出張を。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。