聖霊のもとにーメシヤの涙

心の中に神様が入ってこられ、いらっしゃれば心が分かります。
神様が心の中に入ってこられれば、壁も突き通して見ることができ、
じっと座りながら何千年前に死んだ聖人たちを運行させることもできます。


テーマ:
 「昼の神は女である。女が神の弟の腹の上にまたがり、彼を堕落させたのだ。その過程において、彼女は下になり、神の弟を自分の上に乗せ、そして彼女は種を受けた。」

このみ言は恐ろしく深い。解説を試みるのは明日にする。今日は心情を整える。そこで去年の11月21日、黄昏時の空に出現したルーシェルの横顔の雲の形象の画像を掲載して、ルーシェルの思いを私に引き寄せる。

最初は女性の横顔が現れたが、すぐに崩れてしまいドクロの形になってしまった。仕方なく女性の横顔を載せずに、ドクロとルーシェルの横顔の画像だけ載せてみたが、意味が成り立たないので、崩れた女性の横顔を改めて載せて書いた記事が次のものであった。

  *****

2015年11月21日午後4時39分
最初は女性の顔が現れていました。道の真上、道を見下ろすように、横になって現れています。携帯のカメラを構えた段階で、女性の横顔が崩れ始めてしまい、ドクロに変わりはじめたので、口が出っ張ったおばさんのようになってしまいました。そこで、女性の顔を載せないで、記事を書いてしまいました。

それでは、神様が作った雲の形象のストーリーが成り立ちませんね。女性の横顔が、口元から崩れてドクロになっていきます。その数分後、ルーシェルの横顔が黒い雲の下に現れ始めました。

女性 
2015年11月21日午後4時40分
黄昏時でボケてしまっている。この時間帯が風がないのか、よく雲の形象が現れる。
髑髏2 
髑髏4 
2015年11月21日午後4時46分
間もなく、次の記事で、彼と霊的に対峙する。ルーシェル・・・。神様も高揚しているのかもしれない。
ルーシェル1  
ルーシェル2 
ルーシェル3 
 ルーシェル4  ルーシェル5
 
 
 
ルーシェルの横顔を立ててみました。真ん中ほどに目があり、額から鼻までの横顔が描かれています。口は雲に隠れています。なかなか見つけられない方も多いと思います。明日、ルーシェルと向き合います。

 「昼の神は女である。女が神の弟の腹の上にまたがり、彼を堕落させたのだ。その過程において、彼女は下になり、神の弟を自分の上に乗せ、そして彼女は種を受けた。」

本来なら人類始祖が真の家庭を完成した暁には、ルーシェルもアダムから心情圏を相続するようになるはずでした。その上で、137億年の歳月を忠実に仕えてきた創造過程の功績を条件とし、祝福を与え神様の弟としての位置を与えるはずでした。

神様は溢れんばかりの愛のお方です。人間と全く同じ霊体の機能を備えた天使たちを、僕のままにしておくはずがありません。

ところが未完成期間に堕落したエバが、ルーシェルを胎内に孕み、サタンへと産み変えてしまったのです。

根本に迫りたい方は、クリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

諸星くるとさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。