あら、まぁ

いちご先日、イチゴのつるが、あちこちに伸びまわっていましたので、

ちょっきんはさみしようと思いましたら

小さな実が生っておりまして。

どうせむりだろーと思っておりましたら

 

 

あかくなりましたびっくり

 

 

しかも、そこそこの大きさに・・・

 

今年は、なんか収穫が多い。

 

どうしたんだろー

 

うれしいけど音譜

 

たいへんおいしゅうございましたパンダ

AD

おりえんたる

梅雨空に、華やかに咲きました

 

 

いや、われながら、お見事に咲き誇っております。

オリエンタル百合というそうです。

私の目線ぐらいの高さまで、伸びました。

 

先日の暴風の夜は心配しましたが

無事に乗り越え、

一輪、また一輪咲いててく姿は感動的でもありました。

 

 

通りがかりの方からも、

「いいにおいねぇ」

といっていただけるぐらい、強烈に匂っております。

 

一昨年、YUKAから球根をもらって

昨年はようやく一輪の花が咲きました。

 

 

毎年、一輪づつ増えていくよと言われていたので、ちょっとびっくり。

YUKAにほめてもらって、とってもうれしい~

 

先日の風で、花びらが一枚おちていました。

 

 

ひろって、お部屋に置いていたら

へやじゅうにゆりのいい香りがしていますパンダ

 

 

AD

どういきるのか

電車昨日は、午後に仕事を終えてから、電車に乗って

 

県立芸術文化センターまで。

 

開場前に、次男と待ち合わせて、早めの夕食を済ませてから~

 

演劇朗読劇 「冷蔵庫の上の人生」を観てまいりました。

 

 

ヒマワリ出演は、元宝塚歌劇団の大空祐飛さんと、

お舞台出演は2度目という、大野いとさんのお二人。

そして、全編に流れるピアノの演奏は、レ・フレールの兄弟デュオ

 

原作はアリス・スカイパークの処女作だそうです。

 

シングルマザーとして一人娘を育てながら

産婦人科医として、第一線で働く「お母さん」と

15歳の多感な時期の娘「クレア」の物語です。

 

多忙な母と青春を謳歌しているクレアは、

すれ違いの毎日でほとんど顔を合わせることがない。

そんな二人の連絡手段は。冷蔵庫のドアに貼られるメモ。

 

そして、ある日突然、大きな病が「お母さん」を襲います。

季節の移ろいの中で、

時に傷つけあいながらも互いを支え、

生と死を見つめる母と娘の物語。

 

「朗読劇」となっていましたが、

まるで普通に演劇を観ているみたいでした。

 

物語の後半を過ぎると、

場内のあちこちから、すすりあげる音が聞こえてきました。

 

「おかあさん」は、家族のため毎日忙しく、仕事優先でがんばり、自分の健康は後回しになりがちですもの。

そんな「おかあさん」が倒れたら、まして、治ることのない状況になったら。

 

私も、ちょいと早めに母を亡くしているので

いろんな思いがめぐりましたが。

 

隣の席でじっとお舞台を見ていた次男は

何か感じてくれたのかしら。

 

生まれて今日まで、反抗期が20年続いておりますが。

 

終演後は大空さん、大野さんと

ピアノのレ・フレールさん、

ピアノのダブルキャストの林正樹さんによるアフタートークがあり

最後にサプライズで、レ・フレールさん、林さんのセッションで

「ハッピーバースデイ」が流れ

大空さんの上に

どばーっ!

ってキラキラのフレークが、コントのように降ってきたラブラブ!

もう、会場中が笑いの中であったかい気持ちに包まれましたバースデーケーキ

6月22日が大空祐飛さんのお誕生日だったそうです。

 

レ・フレールさんの演奏は、とっても素晴らしくて

心を穏やかにしてくださる曲ばかりでした。

せっかくなので、今日来られなかった長男にお土産もかねて

ホワイエにて、CDを購入。

劇中に使われた曲は4枚のCDから使われていたそうで。

スタッフお勧めの最新CDにいたしました。

 

寮に直接帰る次男とは、ホワイエで別れて、帰宅いたしましたが、

母と二人で行動することを嫌う次男と同じ空間を共有する

めったにない機会をもてて、ま、よかったですわー。

 

反抗的な態度をとりつつも、

ご注文のお品「靴下」は、しっかり持って帰られましたがえー

寮の洗濯機を使うと靴下が片方だけなくなっていくんですってさペンギン

 

 

 

AD

雨明け方までの雨降りが、ウソみたいな午後

 

もう6時だというのにまだこの明るさですよ。

 

昨日も、蒸し暑い一日でした。

 

須磨海水浴場は、

 

来月の海開きに向けて

海の家が組み立てられていました。

 

 

須磨~垂水~明石

海岸沿いの景色は四季折々、いろんな表情を見せてくれます。

 

大好きだなぁ~。

 

にぎやかなのもよし

しずかなのもまたよし

 

ま、今年も「海水浴」の予定はありませんがねパンダ