Horary 西洋占星術

その昔、西洋占星術には誕生時間が要らなかった!


テーマ:
恒星スピカ[α(アルファ) Virginis(おとめ座)]は、2020年位置で♎24.06となります。
1970年には、♎23.24にありました。

この恒星は金星と水星の性質を併せ持ち、おとめ座の中にあることから、この星座にも強く関係しています。北半球の1等星です。


星座の中では、乙女が左手に4本ほどの麦の穂(初穂)を下にして持っています。その麦の穂のバラけた体側にある星です。

レトリウスは、次のように書きます。
この恒星がASCかMCにあるなら、この生まれの人達は、名声を得るのみならず、教養も高く、学術的で、身体的能力も高く、真面目に自習もするとあります。性格が良く、楽しく健康的な生活を送るとも書かれています。魅力的で、高潔です。生まれた時には落ちぶれていても、育ちの良い家柄に生まれたことを示します。

このように良い星なのですが、時に浮気性になると言われます。
どのような星の配置だと、そうなるのかというと:

 ASCにスピカがあります。同時に火星が1,4,7,10ハウスのアングルにあって、アセンダントとアスペクトしている場合です。火星は情熱を示す星で、それが、優しく庇護を与えるこの星と共鳴してしまうのでしょう。

同位置にあるスピカは、宗教上の高位聖職者、何らかの神秘世界の主催者ともなります。女性のチャートの場合は、巫女、女性の霊能者、宗教的な生活者、菜食主義者等になったりします。

マシャ・ア・ラーも、レトリウスと同じように、時に、異性との接触を愉しみ喜びを持つ、私通することを恐れないとします。

レトリウスと同じ理由、つまり、火星を理由としています。しかし、スピカへの、火星のアングルからのコンジャンクションやアスペクトではなく、他の場所で、火星が金星をレシーブしていて、火星と金星がアスペクトやコンジャンクションをしている場合だとします。

これは、これで、妥当性があります。

マシャ・ア・ラーは、火星が同時にアングルでアスペクトしていたなら、せっかくのスピカをも少し堕落させると言います。連鎖-共同体という言葉で説明しています。

その他、金星だったら、木星だったら、と、惑星を列挙して、意味を挙げています。

△ プトレマイオスは、スピカを金星と火星の性質と書いていますが、おとめ座は火星のような戦いを彷彿とさせるような星座ではありません。これでは、アルデバランと同じような性質になってしまいます。マシャ・ア・ラーやレトリウスの見解の方が正しいと思います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
下記のチャートは、ボイドです。

Void_05


月をサインの端まで動かすと、金星とオポジションになるように見えます。でも、ボイドなのです。

その理由は2つあります。1つ目は、
惑星のオーブを足してみます。月のオーブは12度、金星のオーブは7度です。足すと19度。月と金星が両手(オーブ)をいっぱいに拡げても、互いの指先に相手の指先が届きません。3度の隙間ができてしまいます。これが、ボイドになる理由です。

2つ目は、
月はサインを超えてから、金星とアスペクトをするからです?
それは、金星も動いているからです。アスペクトを完成するのは、月が水瓶のサインに、金星も獅子のサインに入ってからです。
土星もサインを超えた所で逆行していますから、月がアスペクトするのは、土星かもしれません。

確かめて見ると、1分だけ早く、月は金星とアスペクトをします。その後に、金星が土星とアスペクトをします。

しかし、どちらにしても、上記のチャートの月は、現在、金星とアスペクトを取れないのでボイドです。
ですから、月の光を押し付けられた金星が、月の光を土星に届けることもありません。

上記のチャートは、珍しくも、月が山羊のサインを駆け抜ける間、ずっとボイドです。
月は、木星からセパレートしてから、金星にアスペクトをするまで、ずっと前方に惑星の無い状態が長く続きます。
wildness(荒廃・無謀)と呼ばれる状態です。


 




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日は、『伝統』とは何かを考えさせられるお話を聞いてきました。

同じ会に所属する(有)引綱香月堂[ひきあみこうげつどう]さんhttp://www.hikiami.co.jp/という和菓子屋さんのお話です。
伝統的な菓匠であるお店のご主人なのですが、お話は、和菓子と洋菓子の境界線とは何かから、始まりました。

カステラは和菓子、バームクーヘンは洋菓子。
材料はほぼ、同じ。
その原型は、両方ともとどめてはいますが、味とか触感は、全く日本人向きにアレンジされたものだそうです。バームクーヘンの原型は、もっと歯ごたえがあって、ふわふわではないそうです。原料は同じ。日本へ入ってきた時期が違うだけです。
どうも、江戸時代以前に入ってきたものは、和菓子、それ以降に日本に持ち込まれたものは、洋菓子と区別しているらしいということです。

そういう意味では、和菓子と洋菓子の区別は曖昧です。

『伝統』というのは、大事にしなくてはいけない面と、どんどん改革していくべき面と2つが相まっているように思います。和菓子作りの職人さんとして、そう考えているそうです。


翻って、西洋占星術の『伝統』というものを捉え直してみると。

基礎は押さえておかなくてはいけません。そこには、クックブック的な誰にでも簡単にできる技術以外のものが確かにあります。例えば、ディスポジターを大事にするようなことです。恒星を大事にするようなことです。

クックブック的なものは、惑星がどこどこのサインに入っているなら、かくかくしかじかの意味を持つというようなものです。

クックブック的なものがあってもいいのですが、それは、ちゃんと、『クックブック』ですよとうたうべきなのです。確かな技術は、まだ、蘇っていません。それなのに、「クックブックでは無い」と、誰が断言できるのでしょうか?

ともすると、『伝統』に根差していないものが、業界を破壊していきます。どのような業界でも、いずれはそうなります。
これは、外部要因です。当たらないと気づいた時に、人々の心は離れます。
『伝統』に安住すると、そのものは、廃れていきます。
これは、内部要因です。俺こそが、『伝統』に根差しているのだと安住していて改革を忘れると、これも人々から乖離していく原因となります。

怖いのは、内部と外部にあります。
クックブックということを知らず、それこそが最善・最良であると思わせぶりなことが、なんと多い事でしょうか。
私は伝統に根ざしているといっても、まだまだ、入口にしか過ぎません。
占星術の、なんと奥深いことか


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
疑うことは、とても大事です。

ボイドの概念は、とても難しいと思います。

http://www.9kado.com/yogo/voido-1/

私は、ボイドがコンバストされるのではないかと疑っています。太陽からセパレートしつつある月がボイドだったら… ボイドにならないのではないか?

コンバストで、ボイド、というのは、めちゃ数が少ないのです。

1人だけでは心もとないので、ぜひ、多くのデータを探してください。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
恒星の表の訂正です

サウス・スケール(α星、2.90等星)[2020年15.21♏]と、
ノース・スケール(β星、2.74等星)[2020年19.38♏]を、取り違えていました。

HPの方は直っていませんが、ダウンロードファイルの方は直っています。比べてみると、よく分かると思います。
PDFファイルがホーム・ページに繁栄されるまでに、少し時間がかかるようです。5月6日になれば大丈夫かと思います。
http://www.horary.jp/astro/fixed2020.html

てんびん座のα星の方が、等級が低く、β星の方が等級が高いので、間違えました。

ノース・スケールは、
レトリウス、そして、マシャ・ア・ラーの記述の両方が、木星と水星の性質、「陽気で機知に富む」性質となります。「陽気で機知に富む」と訳していますが、本来は、「木星的なものと、水星的なもの」が混ぜ合わされた… です。ASCやMCに来た時に、その性質がネイタルに表れることになります。

マシャ・ア・ラーの記述では、この星と同等の性質のものは、アルフェッカ(北のかんむり座の中心)と、カストール(ふたご座の1人)です。
これらを木星と水星にしていますが、アルフェッカと、ノース・スケールとカストールには、差があるとしています。

レトリウスの方は、アルフェッカ[2020年12.33♏]を金星と水星であるとし、カストール[2020年20.31♋]とノース・スケールを木星と水星としています。
マシャ・ア・ラーも違う影響があると書いているので、アルフェッカは金星と水星のミックスでよいのかなと、思います。

サウス・スケールの方は、
レトリウス、マシャ・ア・ラー2人の記述を、まだ見つけていません。この両者の参照している古代のテキストは、たぶん、同じものです。ですから、その元源となるテキストに書かれていなかった可能性があります。

プトレマイオスは、サウス・スケールを土星と火星の性質だとしています。したがって、性質はよくありません。悪意を持つ恒星です。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)