あべこべ体操

「あべこべ体操」とは、身体の一部分をあべこべに
動かすと言うフェルデンクライス・メソッド(※)
の特徴的な動きに、その他の体操や健康法を加えて
アレンジした体操です。
気軽に楽しみながら身体の歪みを取り、柔軟性を増
し、肩コリや腰痛を緩和します。

「あべこべ体操」が生まれるきっかけとなった元祖ニューストレッチプログラム#6です!


テーマ:

福岡・博多「七星スパルタ鍼灸院」院長平井幸祐先生(イメージカラーのショッキングピンクの施術衣)の施術

まな板の上の鯉のユキナちゃん4歳・・・半泣き

おウリャ〜、スパルタ整体・・・先生ニコニコニコニコ

 

口内施術。歯茎、舌の分離・・・癒着しているところは結構痛いガーン

 

え〜んえーん この後、ユキナちゃんはスッキリ爽やかコカコーラ爆笑

 

舌の研究をしている歯医者軍団。お灸作りに夢中ラブラブ

 

平井先生の30歳と36歳時の歯型の変化の証拠。

 

左がビフォー(反対咬合)、右がアフター(正常咬合)

 

左がアフターで右がビフォー

上顎(上側):上顎のドームが深く広くなっている(左側)

下顎(下側):歯並びが大きく変化。わかりやすい。

 

自分でできるお灸。こんなの作った。

 

12月4日日曜日は、和光市で「育児とお灸作り講座」

 

平井先生の「舌の講座」と治療、大阪の鍼灸師秋保良子さんのお灸作り講座。

 

平井先生は反対咬合(歯の噛み合わせがあべこべ=実は私ほら来た!もそう)を30歳から6年かけて、舌のエクササイズと口内の手技で治してしまった叫び

 

「脊椎動物は「舌」で進化した」

 

というのが、平井先生の説。

 

馬は後脚の推進力を舌でリードする。

 

直立二足歩行のヒトは四つ足から二足に立ち上がる時、その舌を前ではなく上顎に引っ張り上げた。だから、それを忘れると、当然重力に引っ張られて、姿勢が崩れる。

 

肩こり腰痛をはじめと下トラブルは、舌の使い方の間違いから来ている。

 

よし、自分の反対咬合とO脚を治すぞ!チョキ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。