あべこべ体操

「あべこべ体操」とは、身体の一部分をあべこべに
動かすと言うフェルデンクライス・メソッド(※)
の特徴的な動きに、その他の体操や健康法を加えて
アレンジした体操です。
気軽に楽しみながら身体の歪みを取り、柔軟性を増
し、肩コリや腰痛を緩和します。

「あべこべ体操」が生まれるきっかけとなった元祖ニューストレッチプログラム#6です!


テーマ:
10日日曜日は名古屋栄中日文化センターのあべこべクラス。

「肩を柔らかくする」というテーマでレッスン。

シンプルな「肩の動き」で、肩関節と肩甲骨の存在を身体で感じてもらう。

そのあと、肩と首を連動して動かしたりあべこべに動かしたりして、首と肩の関係性を感じてもらう。

同じことを、肩と胸の動きを使って行い、肩と胸の関係性を感じてもらう。

最後に、寝っ転がって腕全体で大きな円を描くのだが、皆さん、肩関節を動かしているが、胸が動いていない。
それまでのレッスンで、首・肩・胸を緩め、バラバラにしたが、それらの繋がりが、身体でわからない。日常生活で使っていないからでもある。

ちょっと手を添えて手伝ってあげると、腕の動きが大きくなる。「え?こんなに腕、大きく回るの?」とビックリ!

ビックリしながらも、赤ちゃんが初めて習得した動きのように、気持ちよさそうに動いてくれました。

終わってみたら、痛かった首が楽になり、肩が軽くなり、姿勢が良くなり、、、etc


「自分の身体ってこんなに動けるんだ!?」という気づきの連続。


身体は年取れば、それなりの硬化・劣化はあるでしょう!
でも、それよりも強いのは、「自分の身体は硬い、動けない」という「決めつけと思い込み」です。

その殻を破るのが、あべこべ体操


豚もおだてりゃ空を飛ぶ?


✨7〜9月は、椎名町クラスは第1・3木曜日10:00〜12:00です。

✨8月から「久米川クラス」オープンします。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>