ダニエル・クレイグは、ヌードシーンに同意してしまうため、映画監督と酒を飲まないと決めているようだ。
2000年の「Some Voices」で彼がヌードになると同意したのは、サイモン・セラン・ジョーンズと飲んだ夜だったという。
元々裸になるシーンではなかったが、酔っ払った彼は「僕は、裸でやるよ!」と言ってしまったらしい。
「監督の前では酔っ払ってはダメという教訓さ。」と彼は英サン紙に語っている。


彼は、夫になる意味の重要性を理解した今、また結婚したいとも語っていました。彼は1992年に女優フィオナ・ロウドンと結婚し、現在12歳になる娘がいます。その後は、ケイト・モス、ハイケ・マカッシュ、映画プロデューサーのサツキ・ミッチェル、シエナ・ミラーらと噂になっています。

AD