無事帰国しました カメラが無いし、時間も無いのですが、まずは帰国のご挨拶 本格再開はもうちょっと待って下さい なんて言ってる内に2009年8月10日で千回になりました アラビアンナイトを超えた、かな

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-12-11 06:00:00

佐賀、Papa'sのパスタ、オムライス

テーマ:日本でおいしい

2017.12.11(月)

これは(江東区の)佐賀の目立たない場所にある地味な店、Papa's、ところがなかなかの人気店。
ぱぱす
家族経営と思われるこの店ではキッチンの六十代? パパが腕をふるって月曜から土曜まで曜日替わりでトマト系、クリーム系、その他と3種のパスタを出す。

ボロニェーゼ、普通はボロネーゼと表記するけどこの方が原語に近いんだろうか。
ボロニェーゼ800
これは昔風のミートソースとは違ってちょっとゆるく、そしてたっぷりのソース、テーブルにパルメザンチーズとタバスコを常備するあたりは昭和風。昭和風と書いたが、正確に言うと、昭和40年代に入ってから、先端を行く店が常備し始めた、かな。ケチャップと勘違いして大量にかけようと苦労する人がいたりした位でせいぜい50年の歴史。当時はスパゲティと言えばミートソースかナポリタン、店によってイタリアン(今となってはかなり不思議なネーミング)とかインディアン(もちろんカレー味)、ミートボールなんてのがあったが、それでほぼ全て、タイムスリップした人がアーリオ・オーリオとかカルボナーラとか言っても通じません。

その他部門のこれはフンギのスープ仕立て
フンギ800
シイタケ、ブナシメジ、エノキのペペロンチーノにスープを足して醤油少々、ってとこ。ボロニェーゼもそうだが、特別美味くはない、でも悪くない。それでグリーンサラダ、珈琲付800円、職場に近ければ週に一回のレギュラー店になってもおかしくない、現にランチタイムはいつもほぼ満席だ。(こちらは時間がたっぷりあるので縄張りが広く、簡単には準レギュラーにもなれない。)

 

月曜から土曜まで3種のパスタと書いたが、明太子のパスタとこのオムライスは毎日ある。
オムライス800
このオムライスは10食限定なのが難だけど、同じ800円でパスタより上出来だ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-12-10 06:00:00

山県庭園のついでの昼飯は少星星

テーマ:日本でおいしい

2017.12.10(日)

山県庭園、三番町共用会議所に行く前に腹ごしらえ、靖国通りで入ったのは台湾料理の少星星
少星星
お得なランチセットのAの五目野菜イカ炒め
イカ野菜炒め840
Bのキクラゲ、卵、豚肉炒を連れ合いとシェアした。
豚玉子キクラゲ炒め840
個人的にはちょっと味付けが濃いなあと思ったけど、もれなくスープにザーサイ、杏仁豆腐、箸休め(?)の麻婆豆腐まで、これで840円なら文句は言えません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-12-09 06:00:00

山県有朋の庭園が特別公開

テーマ:日本で見た 聞いた

2017.12.9(土)

これはお散歩日和だった日曜のこと、山県の旧邸の庭園が特別公開されているというので九段下から九段坂を上がって三番町まで行ってみた。
庭園1
六義園、後楽園といった大名庭園に比べたらずっと小規模ながら回遊式の庭園で、
庭園2
さすが維新の元老、こんな皇居と目と鼻の場所にたいしたものだ。
庭園3
その邸宅は空襲で焼けてしまい、現在は農林省が管理する三番町共用会議所、農林省だけでなく他の省庁も使えるから共用とつくらしい。迎賓館とか乾通りなどの一般向け公開の流れで、去年から限定的に公開を始めたとか。
会議所
なんで農林省? 元々は山県の私邸だったものを、山県が農商務相になった時に政府が買い上げて公邸とした経緯によるもののようだ。そうすると価格が適正だったのか、ちょっと気になる昨今。

 

それはともかく、好天のこの日、九段坂の銀杏も、
九段坂
靖国神社の銀杏も、
靖国神社

見事なものだった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-12-08 13:00:00

<号外> 門仲でびっくり大事件

テーマ:門仲ライフ

2017. 12.8(金)-2

 

昨夜は夜だというのにヘリがばばばばと飛び交う大騒ぎ、なんと富岡八幡の女性宮司さんがその弟に日本刀で殺害されたという。詳細が分かる前は娘なんかあわてて出先のムコ殿に連絡して戸締りに気をつけたりしてた。

 

今朝はまず現状を視察に、野次馬とも言うかな。

 

拝殿前の人気がこれほど少ないのは初めて見た。宮司不在では願いことをする気にもなれないってか。
拝殿前
実際、拝殿の右手には非常線が張られて立入禁止。
拝殿右手

それではと大きく右手に迂回すると結婚式場にも七渡弁天にも行けない。結婚式を挙げる予定の人なんかどうするんだろう。

結婚式場、七渡弁天
さらにその右、八幡堀を埋めた遊歩道も同様だ。問題はこの八幡堀に架かる、テレビでも映ってた、八幡橋。
八幡堀
なのでさらにぐるりと回ると、やはり八幡橋付近にパトカーと報道陣。赤煉瓦風の豪邸玄関前の血だまりはテレビで見ている。
八幡橋
コメントを求められても面倒なので、ここまででやめておいた。

 


宮司さんと言えば、大祭やらお祓いで何度もお見かけしており、この楽しい倫敦でもちょっと紹介しているが、先代の宮司がその弟で、色々問題があって解任されてたとは知らなかった。

 

宗教者が誰も聖人だとはゆめゆめ思わない。現に早世した中学同級のMiなんか血筋で大きな神社の権禰宜になったけど、まあ破戒神主だった。でも日本刀を振り回すとなるとそれはとんでもない話。大きな寺社って、お祓い、お経でもお札でも原価は激安のぼろい商売、それで無税だからちょっとおかしくなるんだろうか。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-12-08 06:00:00

呑舟之魚の980円豪華ランチ

テーマ:日本でおいしい

2017.12.8(金)

人形町二丁目の一角にあるどうも気になる建物、石造りの小さな三階建ては元々小さいが堅実な会社のものだったような。

呑舟之魚
これが今は呑舟之魚という海鮮居酒屋で、店頭のランチメニューを見るとなかなか凝っている。魚は五島、根室、沼津から直送とか。
入口
二階に上がって、
二階
4種のメインの中から選んだのはキンキの煮付け、それにもれなく刺身と小松菜の小鉢、ご飯の上には明太子。
キンキ煮つけ980
小ぶりながらキンキはお頭付き、刺身はなんだか分からん切り落としながらこれもたっぷり、これで980円ならいいんじゃないでしょうか。他の客が頼んでた牡蠣フライも美味そうに見えた。

古い店ではないのに坂上忍とか松本伊代、栃煌山など色紙も色々、マスコミも注目の店だったか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-12-07 06:00:00

辰巳新道横に煮込みバルが開店

テーマ:日本でおいしい

2018.12.7(木)

門仲を歩いてたら、以前紹介しているあやしげな飲み屋横丁、辰巳新道のすぐ横に
辰巳新道1
煮込みバルなんてのが開店していた。
煮込みバル
ランチもやってるので明るい店内に突入、
店内
モツ煮込みは味噌味で大根やニンジンと煮込んでる、牛スジは醤油味でこんにゃくと煮込んでいるってことで迷わず牛スジ、どちらも680円だが決め手は大根の有無。
牛スジ680
牛スジたっぷりでこれは合格、コラーゲン系の食べ物って食感が好きなんです。

因みに連れ合いは畑違いのイクラ丼、880円。
イクラ丼880
小粒のイクラを気前良く乗せたこれもちょっと食べたら悪くなかった。

 

その斜め前には時々マスコミにも紹介されるこんな店が。
辰巳新道2
辰巳新道はどれもごく小さいディープな店なので、さすがに遠慮してと言うか、料理自体は期待しちゃいけない感じで、夜飲みに行ったことはいまだに無い。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-12-06 06:00:00

大田区で美味しい 三洋食堂とニーハオ

テーマ:日本でおいしい

大田区と言えば江東区との領土争いの相手方、その大田区も江東区ほどじゃないにせよ、埋め立てで大分領土を拡大してたことがよく分かった。でも領土を拡大しても住む人がいないと税収にはならないんじゃないかなあ。

2017.12.6(水)

昨日触れた通り、今回の昼食休憩は大田市場の場内、トラックやフォークリフト、ターレットに遠慮しながら歩いて、
大田市場
青果棟と水産棟の間の関連棟に雑貨の店とかに混じって飲食店が色々。
関連棟
熟慮の末に三洋食堂を選定、
三洋食堂
これがなかなか実力派で、千円ぽっきりの得セットはたっぷりのねぎとろ丼にでかい海老フライ付き。
お得セット1000
さらに欲張って1200円のB定食を発注、これは看板通りのはみ出し穴子フライにマグロの刺身付き、さすがに本マグロとはいかずメバチかなんかだが、一番上の一切れは腹身だった。もちろんビールで第一回の乾杯。
B定食1200
蒲田で目指したのは羽根付き餃子の元祖とされる店の一つであるニーハオ本店
ニーハオ本店
変な時間なのに混んでて暫く待たされたが、今度は紹興酒で乾杯。
乾杯
元祖羽根付き餃子は一人前が10個で500円と安い。
羽根つき餃子500
小龍包だって3個で300円。
小龍包300
でももう一つの元祖、歓迎で食べた時の方が美味かったような? 思うにこちらは餡がたっぷりあるのが逆効果、皮と羽根の美味さを味合うには餡は控えめの方が良いような気がした。

ともあれ美味しく頂いて散会、皆さんとはすぐまた忘年会でお会いすることになる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-12-05 06:00:00

月例ウォーキングは品川から蒲田へ

テーマ:日本で見た 聞いた

2017.12.5(火)

土曜の月例ウォーキングは品川駅港南口に常連8名中、AbさんとTaさんを除く6名が集まった。今回は品川から蒲田まで、JRなら大井町、大森を挟んで3駅、東海道をまっすぐ行けば10km足らずのとこだが、大きく海に張り出した埋立地を巡るから、最終的にはその2倍以上、3万歩に近いロングウォークとなった。

まずは東に進んで次女のマンションの近くから高浜運河を南下、
高浜運河
天王洲アイルでまた東へ、
天王洲アイル
京浜運河も渡ってからまたずんずん南下、湾岸道路に沿って2kmほども続く大井緑道公園に入る。

これがちょっとびっくり、地図で見ると幅が50mもない直線的な公園で面白くもなんともないのだが、埋立地にも拘わらずアップダウンもある変化に富んだ道でまるでハイキング、
大井緑道公園
緑は濃いし、流れには鴨が群れてたりも。
大井緑道公園
それなのに出合ったのはなぜかチャリを押すおじさん一人だけ。近くにはマンションもあるのだが、あまりに直線的で散歩には不向きかもしれない。

 

さらに球技場だらけの大井ふ頭中央海浜公園の横を抜けて南下、環七を左折して東京港野鳥公園へ。埋立地をほったらかしにしてたら野鳥が集まったのが始まりというここには、二、三年前に来てそれほど野鳥がいない印象だった。でもそれは老人週間で無料の9月だったせいかも、冬の渡り鳥、鴨の類など色々を観察小屋に備え付けの双眼鏡でウォッチング。
鴨?

そう言えば、途中の京浜運河ではも観察した。
鵜
できてまだ1年、以前は工事中だったネイチャーセンターは快適で、その地下に下りると木道から干潟を観察できる新趣向もあった。
干潟観察
普通の靴で簡単なのだが、これじゃあ蟹の穴しか観察できない。人数を制限する必要はあるだろうけど、長靴を用意して干潟に踏み入り、シャベルでひっくり返してみて観察、ついでに干潟の重要性を学ぶ、なんて企画が待たれます。
干潟
この後は、すぐ裏手(但し、柵を乗り越えるのをはばかってなかなか行きつけなかった)の大田市場の場内で昼食休憩、蒲田に向かったのだがこれは遠かった。

まず長大な京浜大橋で京浜島に渡り、京和橋で昭和島に渡り、ここでモノレールの駅に阻まれて無駄足しつつ、なんとか大森東避難橋(これが正式名称だが、あまりにさびしい名前? 見晴らし橋というプレートもあった)でやっと本土へ。
見晴らし橋
本土と言っても蒲田駅は海岸線からかなり引っ込んでいる。今度は旧呑川緑地を延々とたどる。
旧呑川緑地
約20km、ってハーフマラソン? ゆっくりでもとても走れません。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-12-04 06:00:00

昭和5年創業の老舗中華、三勝菜館

テーマ:日本でおいしい

2017.12.4(月)

深川不動のお向かいで永代通りにこんな狭い路地があって、
あやしい路地
一本奥の道に抜ける手前に妙な店構えの店、三勝菜館がある。
三勝菜館
全然流行ってなさそうでもあり、なかなか入ってみなかったのだが、こんな手書きの貼り紙があるのに気がついた。
貼り紙
昭和5年から三代ってすごいじゃないか、門仲で今も続く店としては最古クラスだろう。

そこで食べログ情報を検索すると評価が大きく分かれる。やさしい味を評価する人がいる一方で、ラーメンの味が薄いから醤油を足したとか、混んでもいないのにオーダーしてから散々待たされたとか。でもそのマイナス評価は今どきのスピーディで本場風、こってり系の味の店しか頭にない人によるものと見た。

 

この建物はもちろん戦後のもので、洒落た坪庭まで備えている。
店内
そしてメニューを見ると、すごいね、本当にいつでも出せるかどうかは未確認だが、アワビにナマコにフカヒレ、今が季節の上海蟹もあるから上海料理? 近年の流行りである麻婆豆腐や小龍包も取り入れている。元々大衆中華ではなく、かつてはこの辺りの料亭で毎夜遊んだ、木場の旦那衆が散財する高級店だったか。

だけどオーダーはついつい平日ランチ限定のラーメンセット、649円。ワカメにナルト、小ぶりで薄っぺらいが縁がピンクのチャーシューが細麺の上に浮かぶ東京ラーメンに小炒飯。
ラーメンセット649
他に客がいない11:40のオーダーのせいもあろうがちゃんと10分で出来上がり、確かに薄味だが貼り紙の通り、昔懐かしいやさしい味、昭和は昭和でいいんじゃないの。因みに税込649円という不思議な値段は間違いではない。600円に8%なら648円なのだが、この店のメニューは消費税5%の時から改刷をさぼってて、別途3%を上乗せする仕組みだからなんだと思われる。このゆるさもまたこの店らしいと言うべきか。

 

三代目というのはキッチンに見えるおじいちゃんのことだろうか。それに五十代くらいのその息子夫婦かな、キッチンとホール、そのおばちゃんの愛想も良い。

黄ばんでいるものが目立つけど有名人の色紙だって多数、稀勢の里、木久扇、近所の店をやってる石倉三郎、地元の山本一力等々、夜にちゃんとした料理を試してみるべきかもしれない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-12-03 06:00:00

日野では増田屋で二本ずつ

テーマ:日本でおいしい

2017.12.3(日)

高幡不動の駅あたりで昼飯と言えばこの四八天丼が名物らしい。四八、480円の天丼が名前の由来とのことだが、実際には500円前後で各種の天丼を出している。
四八天丼
食べてみたい気はするが、覗き込むと自販機でチケットを買ってカウンター席とかで食べるスタイルでこれじゃねえ。

それで落ち着いたのは参道からちょっと外れた増田屋さん。

A倉くんとのお散歩は、ちょっと一杯を付けることがほぼ前提条件、キュウリと板わさの縁の赤さが気になるけどまあいいや。
板わさ
かつ煮が安い、これが600円でカツ丼が900円?
かつ煮
一人一本ではやはり足りないから、味噌田楽を頼んで菊正をもう一本ずつ。
味噌田楽350
それでやっともりそばへ、もりそばは七味で食べるのが東京風。
もりに七味600
1時過ぎに入店した時は満席だったのが、すっからかんに誰もいなくなっていた。
店内

ここは高幡不動の参拝客でもつ店、足が早い。5時からならめちゃめちゃお得なセットがあったけど、そりゃあ客が少ない時間だからでしょうな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。