京都府民ホール アルティにて

 

太鼓のパフォーマンスを見ました。

 

大太鼓を巨大バットで叩く演奏は

 

ホール全体を揺るがす様な衝撃波でした。

 

 

 

 

先週の土曜日は「ヴァイオリン」の美音を聴き

 

今日は20人のパフォーマーによる和太鼓演奏、

 

明日は8/5に公開されるオペラ・ミカドの講習会

 

「西洋音楽の中のジャポニズム コミック・オペラ

 

『ミカド』とその周辺」を受講します。

 

今月は音楽月間です(^^♪

 

びわ湖ホールにて前列3列目センター左寄りの好位置で聴いた。

 

真っ赤なドレス姿の諏訪内晶子さんがステージに登場。

 

(写真はイメージです)

本人についての説明は不要かと思われますが

 

簡単に・・・

 

史上最年少でチャイコフスキー国際コンクールで優勝後

世界の名だたる管を渡り歩く

 

彼女の愛器、ストラディバリ ドルフィンは日本音楽財団から長期貸与されている。

<プログラム> 
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第5番 ヘ長調 「春」 op.24 

ヤナーチェク:ヴァイオリン・ソナタ 

プロコフィエフ:5つのメロディ op.35 bis 

R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 op.18

 

1曲目のベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第5番 ヘ長調 「春」 op.24 は世界のMIDORIの演奏を聴きこんでいて

五嶋みどりさんの鬼気迫る演奏に対して真逆の印象を受けました。

 

全編にわたり「諏訪内晶子」さんの演奏はあまりにも繊細で

 

凄く綺麗な音色をホールに響かせていて

 

超絶技法の演奏は神業かと思えるほどの指&弓使いでした。

『家族はつらいよ2』

テーマ:

 

 

MOVIX京都で観た。

 

平日の昼前という事もあり後期高齢者比率が非常に高かった。

 

今回の大きなテーマは「高齢者の運転免許問題」

 

主人公の平田周造(橋爪功)の車の運転が怪しくなってきた。

 

家族は大きな事故を起こさない内に「免許証の返還」を願うのだが・・・

 

本人は車が無いと「ゴルフにも釣りにも行けない、楽しみを奪うのか!」と訴える。

 

山田洋次監督(85)は高齢者の「免許証の返還」は簡単な問題ではないという事を言いたいのかな?

 

先日ゴルフでご一緒した満80歳は帰り道、ワインディングロ―ドを私には追いつけない猛スピードで走り去っていった,。

 

 

 

 

28日から30日まで開催されていた最終日に劇場ボランティアとして参加しました。 

3時過ぎまで会場案内などを担当し、まだ演奏会が各箇所で開催されていて 
メインロビーで「声楽アンサンブル」を鑑賞しました。 

PAを通さない生声に「迫力」と「荘厳さ」を感じました。 
写真は「椿姫」より”乾杯の歌”の場面です。 

その後、大ホールで「ウラル・フィルハーモニー管」の 
デュカス:魔法使いの弟子 
ラヴェル:ラ・ヴァルス 
ラヴェル:ボレル 
を鑑賞しました。 

特に「ボレロ」を生で聴くのは初めてなので期待していました。 
「ウラル・フィルハーモニー管」のレベルは平均的なオケのレベルかと思いますが 
「ファゴット」が主旋律の音階を何度も外しこの曲の難解さを知る貴重な体験ができました。 


びわ湖ホールに行くときは徒歩でひと山(音羽山593m)超えて行きます(帰りはJR)が心地よい疲れが残りました。