包装資材の経費削減成功率80%以上!包装資材総合商社 森崎商店が御社のお役に立ってみせます。

お問い合わせを頂いたお客様の経費削減率は80%以上。WIN-WINの商売ができる提案・サービスを致します。また、個人事業主や起業されて間もない方への、少額対応の協力も惜しみません。


テーマ:
今日の記事は、(特に若手の)現場の方に知って欲しいことです。

最初は「やってやるぞー!」と思っていた。
けれど、毎日同じことの繰り返し。いつの間にか、なんか気持ちが入らなくなったなー。

そういう気の緩みが出てきた時は要注意。
ミスが起こる前兆です。

そんな時に、耳にするであろう【石切職人】の話というのがあります。

働く目的を考えさせられることで有名です。


この話をカンタンに言えば、こういうもの。


ある旅人が、3人の石切職人に「あなたは何をしているのですか?」と質問をしました。

Aさん:「お金を稼ぐためだ」とつまらなそうに答えました。
Bさん:「一番の石切職人になるためだ」と無表情で答えました。
Cさん:「人々の安らぎとなる教会を作っているんだ」と目を輝かせながら答えました。

で、あなたはどれにあたる?



1度や2度は聞いたことあるかもしれません。
特に、勉強会やセミナーに一生懸命参加している経営者のもとで働いている従業員の方は。

でも、正直うんざりしてたりして。

だって、そんな社長さんに限って、懇親会での画像をSNSで投稿して「勉強になったなー」とか言うだけで、全然仕事を取ってこないんですから。

全然、説得力・・・無いですよね。


だから、ボクはちょっと違うところから、気の緩みとミスを減らす方法をお伝えしたいんです。

それは、「このまましていれば、最悪どんなことが起きるのかを考える」というもの。
たった、それだけで気の緩みはなくなり、ミスも減ります。

例えば、気の緩みから寸法ミスやチョットした傷があったのにもかかわらず、そのまま出荷した場合。


この場合、最悪どんなことが起きるでしょうか。


後日、お客様が怒って電話をかけてくる。
営業マンが予定を変更して飛んでいく。
すぐに商品を作り直す手配をするも、お客様の出荷に間に合わない。

その結果・・・最悪は契約破棄です。

仮に、こちらのお客様が毎月10万円の購入があったとします。
年間120万円。この先、5年間で600万円の損失です。


あなたは、その責任を負えますか?



ちょっとした気の緩みから始まったことが、契約破棄になることだってある。
現場の方には、そのことを知っておいて欲しいんです。

そうすれば働く目的を考えなくても、気は緩まないし、ミスだって減ります。

「でも、そこまで考えていたら、ミスが怖くて何もできなくなるよー」

そう思われるかも。
でも、そこは大丈夫です。

だって、どれだけ気をしっかり持っていても、ミスはするものです。人間だもの。
それに、そこをフォローするために、経営者や営業マンや協力会社がいるんですから(^^♪

今日の記事は、協力会社さんの現場の方に、実際にボクがお伝えしたことです。
チョット前、本当にヤバかったんですよね(;´∀`)


最近、気が緩んでいる。ミスが多くなった。
社長から働く目的を考えるように言われたけれど、なかなか響かない。

そんな方には、「このまましていれば、最悪どんなことが起きるかを考える」をやってみて下さい。

もしかしたら、気が引き締まって、ミスが減るかもしれませんよ。
AD
いいね!(32)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。