生活相談サポートセンターが、行っている事業の一つに、アフリカンドラムサークル「ハートビート」がある。私達の活動の中心は、社会的に弱い立場にある方々のサポート活動、障がい者支援事業(よくブログに書く、ホープ再生自転車等)だが、音楽活動も行っている。

昨日、地元の北海道新聞に活動内容が掲載されたので、紹介します。

 

パーカッションのプロの音楽家であるチャールズ・ブラウンさんが、ある知的障がい者の音楽祭に飛び入り参加したところ、多くの障がい者が、彼のところに集まりだした。

その他に、多くの演奏者がいたにも関わらず、彼に特別の親近感を持つようである。

彼が、彼らにとても愛されるキャラクターであることを知り、障がい者向けの音楽を一緒にやらないかと声をかけたのが、きっかけである。

 

最初は、障がい者向けをメインに考えてきた。

その後、私は、相談活動を重ねているうちに、現代社会で悩んでいるのは、みんなであることを知る。お子さんもお年寄りも、主婦も、働いている社会人も、とんでもないストレス社会で、大変なのである。

そのように実感した私は、障がいがある無しの垣根なく、同じ場で、ドラムを輪になってたたく場が、いいなと感じ、現在のかたちになってきた。

確かに、音楽に健常者、障がい者の垣根は、全くなく、ともに輪になってたたく。

それがよかった。

以下、報道内容です。

 

もし良かったら、クリックしていただくと励みになり感謝です。


にほんブログ村

 

 

 

AD