銀輪雑記

自転車で通勤とか山へ行ったりとか、事故して怪我したりとか。
かと思えば急に自転車に飽きて辞めちゃったりとか。
あと物欲に苦しんだりするブログ。


テーマ:
まー、今年の夏も、ダレまくりでした。


走行距離なんかまだ確認してませんが、恐らく先月は300kmも走ってないんじゃなかろうか。
8月が終わってもあまり調子が出なくて、今回エントリーしていた、BRM908青葉 甲斐300もどーしようかなぁ……と直前まで迷ってました。
天気予報も微妙だったし。また雨に降られるのも嫌だし。

しかし、同じチーム月光のお知り合いである、まけんたさんやそねっちさんも出走するということで、えいやっ、とやる気を出してみました。

あと、今回から導入した新兵器も試してみたかったことですし。
photo:01


このオルトリーブのでっかいサドルバッグと……。
photo:02


このキューシートを見るためのクリアファイルです。
さて、効果のほどは、いかに?

集合は、等々力緑地に午前3時30分。
うちから一時間半はかかることを考えると、丑三つ時には家を出ないと間に合いません。
とりあえず、あんまり眠れなかったけど、数時間は眠れたので集合場所へ。

当たり前ですが、周囲は真っ暗で、受け付け場所がどこかもわからない始末。
これではまけんたさんやそねっちさんがいたとしてもわかりません。
とりあえず、単独でスタート。

PC1はまた例によってセブンイレブン奥多摩古里店。
過去参加した4回のブルべのうち、3回はここがPC1ですな。
photo:03


ここで、唯ちゃんジャージできめたまけんたさんと、デリチャリジャージのそねっちさんと、ようやくお会いできました。

意外なことに、お二人とも奥多摩方面は初めてと言うことで、とりあえずそれぞれのペースで柳沢峠を目指すことに。ていうか、あっしも柳沢峠は初めてでがす。

今日の私のテーマは、脚を攣らさないこと。
とりあえず、ちょっとでもしんどいと思ったら即フロントをインナーに落とし、それでも辛いなら止まって休むということで。

でかいサドルバッグのおかげで、今回はリュックを背負う必要がないので、背中が蒸れなくて快適至極。ああ、もっと早く導入しとけば良かった……。

しかし、このバッグをサドルレールに取り付けるためには、いつも限界まで前に出しているサドルを、ちょっと後ろに下げねばならず。
そうすっとちょっと後ろに座りやすくせねばということで、ハンドルをちょっと上げたりしてました。
それならそれで、試走ぐらいしとけばいいものを、怠惰によってそれはなし(´Д` )

うーん……今のところ何ともないけど、ちょっとおケツが痛いかも?
photo:04


そんなこんなで、柳沢峠制覇。
こっから塩山に降りて、さらにその向こうまで行って、河口湖から山中湖、道志みちと帰ってくるのが今回のコースであります。

柳沢峠から塩山へのダウンヒルは、快適極まりなし。この下りは多分、これまでで最も好きかもしれない(´∀`*)

しかし塩山に降りてからは、暑いのなんの。
やはり甲府盆地というのは、暑いんですねぇ。

昼も近くなって、お腹も減ってくるし、そうなってくると気になるのは、キューシートに書いてある、PC2の手前の道の駅にある、冷やしかけそばうまし、の文字。
あー、こりゃもう、絶対大盛りで食おう。などと井の頭五郎ちゃんのようなことを思いつつ、灼熱の山梨を走る、走る。

そしてようやく、件の道の駅、とよとみに到着。
しかしメニューにそのものの冷やしかけそばってのはなく、しかもかなり腹が減っていたのでがっつり食べたいと思って、与一汁650円なりを注文。ご飯大盛り無料。
photo:05


与一汁とは、すいとんの入った豚汁みたいなもので、さぞ歴史のある郷土料理なのだろう、と思ったら、発祥は1980年代であるらしい。あらら。

PC2をつつがなく通り抜け、ここからは折り返し。
当然、初めて走るところだらけでしたが、キューシートとほぼ首っ引きで走ってたため、あまり不安はありませぬ。
っていうか、やっぱりブルべにはキューシートがずっと見られた方が便利ですな。
次のポイントまで、あと何キロとかいう情報も書いてあるし。

次なる登りは、河口湖へ向かう若彦トンネル。
コースを作った人が、今回は激坂は入れてません、と言ってるだけあって、あまり太ももびきびき言わせるような坂道はありません。
今回脚が攣らなかったのは、そのおかげもあるのかも。

河口湖へ降り、山中湖を経て、我が心の道志みちへ。もうここまで来れば、庭も同然。楽勝楽勝……(´∀`*)

と、思ったら、東京へ戻ってきてからが長いこと。
やはり300kmは甘くないですな。
おまけにポジションを変えた弊害か、お尻が耐えられないぐらい痛くなってくるし……。

そんなこんなで、灼熱ブルべほどの辛さはなかったものの、それなりにへろへろになりながら、ゴール。
所要時間は16時間27分でした。

そこからうちに帰るのが、もうひたすら辛かった(´Д` )
総走行距離は365kmあまり。
当然、自己最高記録更新であります。

とりあえず、サドルバッグもキューシートも、導入して大正解でした。
ただキューシートのクリアファイルはちょっと大きくて、ダンシングすると足に当たるのが邪魔でしたが。

次回はいよいよ一番厳しいと言われる400kmですが、今年じゅうの近所での開催は、もうないようです。

なのでとりあえず、来月の渡良瀬300に出ようかなぁ……。
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
ここんとこホントに、自転車に乗っていてロクな目にあった試しがない。

雨には降られるわ、暑さにやられて両足は攣るわ……。極め付けは先日、13年愛用していた結婚指輪を、峠で落として失くすわ……orz

そんなわけで暑いのも手伝って、最近はとんとロードはご無沙汰で、引きこもってゲームばっかりやってたわけですが、先日とうとう来ちゃいました。GNPPから、ライドのお誘いが。

このクソ暑いのに、このところ狂ったようにロードに乗っているGNPPは、和田でも行きましょうやぐふふふ、なんてことをいう。
こりゃもう、おいらの持っている和田峠での記録を、塗り替える気満々だなぁ、と思いつつ。せっかくだから、GNPPのいった事のない峠や激坂を案内して差し上げよう、と、ルートを引いて見ました。

川原宿の交差点で待ち合わせ。暑さ慣れしてないせいか、ここまで走って来ただけでも、心拍が上がってヤバい感じ。
日蔭でのんびり休んでるうちに、GNPPも到着。ゆるゆると陣馬高原下バス停を目指す。
photo:01


スタートしてからすぐに、ガンガンペースをあげるGNPP。
最初のうちこそ背中も見えてたんですが、第一の激坂ポイントで、見えなくなりました。はい、終了。
photo:02


タイムは……17:05。わたしのタイムといえば、21:04。というわけで、最短記録も塗り替えられて完敗です\(^o^)/

今後どうにか巻き返しを計りたいところですが、暑いうちはムリでしょう。
そんなわけで涼しくなったら本気出す。多分。

しばし休んでラピュタ坂へ。
一度挑戦して無様に転んでから、あたしゃここは登れる気はしません。少なくともノーマルクランクじゃ無理!
それでもふらつきながらも登っていくGNPPに触発されて、何とか前回こけた地点より上には行けました。あとは押し歩き……。
GNPPは完走。和田峠本気アタックして、ここも完走できるとはやはり尋常じゃない(^_^;)
photo:03


それにしても、こんな坂を最初に自転車で登ろうとした人は誰なんでしょうかね?
っていうか、下りもつんのめりそうで怖かった~よヽ(;▽;)ノ

そこから藤野との分岐点まで下って、鶴峠へ。
ここで前を走っていたローディさんをパス……した途端、また出ましたよ、足攣りが。
それまで快調に走っていたのに、なぜカッコ良く他の人をパスした瞬間出るかな、足攣り。

とりあえず停まって、ストレッチ。幸い、前の時ほど深刻じゃなく、5分ぐらいで走れるようになりました。
それにしても、前回の反省を踏まえて、水も塩分も充分に摂りながら走っていたつもりだったのに、一度やったらくせになっちゃうんですかね?

しかしそのあとは山頂まであまりペースも上げられず、先行するGNPPにずいぶんじれったい思いをさせてしまいました。てめえでルートを引いといて、何だこの体たらくorz

とりあえず腹も減ったので、小菅村の何だかアットホームなお店で手打ちうどんを食す。(゚д゚)ウマー
photo:04


ここでアメッシュを確認すると、今いる地点の四方を、真っ赤な雨雲が取り囲んでいるのに気づきました。
やだもう。どーしてこう最近、雨ばっかりに縁があるのやら……。

それでも何とか、風張峠を登って、林道を下りきるまでは持ってくれました。
しかし集落を抜けて払沢の滝方面へ向かう途中で、どっばーーーっとバケツをひっくり返したような大雨&カミナリが……( ;´Д`)
photo:05


近くの民家の物入れをお借りして、何とか雨宿り。
普通この手のは通り雨ですぐに止むかと思ったら、しつこい雨雲が居座っていてなかなか晴れない。そうこうするうちに日が落ちて来て、辺りも暗くなってくる。

仕方なく、小降りになったのを見計らってえいやっ、と出発。
武蔵五日市の駅に近づくほどに雨は止んで来たのですが、セブンイレブンのところで雨雲に追いつかれ、もう一度どばーーーっ&カミナリヽ(;▽;)ノ

もうあかん。もう認めてしまおう。俺は雨男だ。俺が自転車に乗ると、雨が降るのだ。あーあ。

そんなわけで、GNPPには何か終始申し訳ないライドになっちまいました。許してね。

そしてまた、この下がりきったモチベーションをどうしてくれよう……。来週には乗鞍もあるというのに、まっっったくやる気が起きません。
ツイッターでのフォロワーさん達が、嬉々として走り回っているのをしり目に、何か陰々滅々とした夏ですよ今年は……。


AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
そして灼熱ブルべの翌日。また灼熱の霞ヶ浦へ、サイクリングにいってまいりました。我ながら、なんて物好きなんだ……orz

この日は、チーム月光の新メンバー歓迎ライド。
ジャージも第3ロットになり、メンバーも40人近い大所帯になってまいりました。
何かね、僕が入りたいチームはどこも大所帯になりますな。やはり、ジャージのかっこよさで選んでるからかな。や、みんな欲しくなるよね、この月光ジャージは。
あとは、鬼軍曹マサキングさんの人徳によるものでしょうな。いや、これだけの大人数を束ねてのイベントなんて、とても真似できないっす。

調布の駅前に朝7時集合で、bugaluさんをピックアップして一路霞ヶ浦へ。
いや、当たり前の話ですが、現地まではクルマで……。
ブルべ的には自走でいけない距離ではないんですけど、そこまで修行したくない(´Д` )

霞ヶ浦文化体育館で、月光のみんなと合流。
今日は不参加と聞いていたGNPPさんも、お見送りにきてくれました。
ってか、片道60km以上自走で走ってきてお見送りって……元気ねぇ(´Д` )

今日は大人数なので、1~4班に班分けされています。
わたしゃ1班。しかも何故だか班長さんに。しかもしかもメンツがぎーもさん、99さん、ようさん、タカノルさんとガチで速い人ばっかりなんですけど……。これホントにくじ引きで決めたのかしら(^_^;)

しかしその中に紅一点、けいこりんさんが入ってまして。今回はペースアップを抑えるために、各班に一人は女性を配したとのこと。さすがマサキンさん。神配慮。
しかしスピードは、20km/h前後に抑えろとのお達しが……。ケツが痛くなるな(´Д` )

そんなこんなで出発~。した途端、反対方向に走り出すはまちょ班長。
いやだって、コースわかりづらいんですもの、ですもの。

聞けば霞ヶ浦の周囲には、ぐるっとサイクリングロードがあるものの、先の震災で未だ通れなくなっている箇所が多く、適宜車道に出たりしなきゃいけないとか。
おかげさまでガーミンにルートを入れてても、曲がり角を見落とすこと数回。
……っていうか、ナビONにしてるのに、なぜ今日は曲がり角を教えてくれませんか?昨日のブルべじゃバッチリだったのになぁ……。
photo:01


途中適当に休憩を挟んで、お昼ごはんはしをみ食堂へ。流石にこの人数だと貸し切りです。
photo:02


このお店はメガ盛りなカツカレーが名物ということで、カツカレーのテーブルはまーー、見事な黄色一色。まるでカレーの海のごた。
photo:03


しかし私はカレーは遠慮して、から揚げ定食に。これも拳大のから揚げがゴロゴロしているテラ飯でした。

……完食後、カツカレーをちょっともらったことはここだけの話。美味しゅうございました。

この時点で何人か熱中症でDNFされる方が。
しかしこんな時にも、負傷をおしてサポートカーで来て下さったかなめさんが大活躍でした。ありがとうございんした。
今度は自転車でご一緒しましょう(^-^)/

昼食後も、我が沈黙の一班はわっせわっせと湖畔を走り、ふれあいパークでまた休憩。
photo:04


記念写真のセッティングをする、マサキンさんとアライさん。その掛け合いは、夫婦漫才のようでした。

そしてスタート地点である文化体育館に全員戻ってきたのは、だいたい16時30分ぐらい。
時間はちょっとオーバーしたけども、軽い落車が一件あっただけで、大きな事故はなく、無事終了しました。

最高速 33.7km/h
平均速 22.9km/h
距離 93.57km
時間 4:05:06

これからも、1シーズンに一回はこういう走行会をやりたいね、ってことで。
皆さんお疲れ様でした(´∀`*)
また遊んでください。




AD
 |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。