法務省所管の社団法人「民事法情報センター」が、理事長を務める元最高裁判事の香川保一氏(88)に、無担保無利子で1500万円を貸し付けていた問題で、センターが近く解散する方針を固めたことがわかった。

 解散には、社員(会員)の4分の3以上の賛同が必要で、近く総会を開いて正式決定する。

 センターによると、26日に開いた理事会で決めた。センターが抱える約4億円の内部留保は民法の規定で、国庫に寄付される見通し。センターの岩佐勝博常務理事は、解散の理由について「公益法人として社会的に迷惑をかけたため」としている。

 この問題を巡っては、千葉法相が「公益法人として不相当」として、同省が調査を進めていた。

日大の内部情報がネット流出 職員の住所録など1万3千人以上(産経新聞)
「すべての役職を解く」―製薬協が田辺三菱を処分(医療介護CBニュース)
ヤマザキマザック 美術館オープン、絵画など展示 名古屋(毎日新聞)
滝桜 夜空に樹齢1000年 福島・三春(毎日新聞)
交際相手による児童虐待死 明かせぬ母親たちの心理(産経新聞)
AD