一青妙の台湾blog*Pixnet

NEW新潮45 10月号 「わたしの台南」についてのインタビュー記事が掲載されています

NEW8/29発売 わたしの台南「ほんとうの台湾」に出会う旅(新潮社)
好評発売中!!

NEW2013年度中国時報開巻好書奨受賞 
「私的箱子」(聯經出版)台湾版出版

■書籍■

*2014年3月20日 「日本媽媽的臺菜物語」(聯經出版)台湾版出版

*2014年1月20日 発売新篇 台湾映画 (晃洋書房)

*2013年6/27(木) 発売 「ママ、ごはんまだ?」(講談社)
~書評•掲載誌~
●9/19 週刊文春にて酒井順子さんによる書評
●9/8 読売新聞にて星野博美さんによる書評
●9/9 西日本新聞読書案内への掲載
●9/6 川上郁雄先生(早稲田大学大学院•日本語教育研究科教授)による書評(ルビュ言語文化教育 第459号)
●東京人(9月号)
●日本経済新聞(7/24)
●2013年9月4日(水)「ひるまえほっと」
朝11:05~ NHK総合(関東地域のみ)
ブックレビューコーナーにて、女優の中江有里さんによる紹介

*エッセイ「私の箱子」 講談社 2012年1月13日発売
講談社BOOK CLUB 特設ページ
2013/3/28 「私的箱子」(聯經出版)台湾版出版
~書評•掲載誌~
○熊本日日新聞 1/29 読んドコ!10代
○読売新聞 1/31 著者来店 本よみうり堂
○毎日新聞 2/19 今週の本棚 小西聖子さんによる書評掲載
○信濃毎日新聞 2/26 新刊紹介
○ゲーテ 4月号 清水ミチコさんによる書評
○王様のブランチ(TBS) 3/10 インタビュー取材
○~からだにいいこと~5月号 3/16日
○東京新聞「家族のこと話そう」3/18
○クロワッサン 3/24(土)発売 826号
○ GINGER 5月号 4/23日発売 温水ゆかりさんによる書評
○毎日が発見 5月号 おすすめの本
○女性セブン 4/26GW合併号 著者インタビュー
○ジャーナル「移動する子どもたち」第3号5月号 川上郁雄さんによる書評
○台湾 自由時報新聞 新井一二三さんによる記事

■エッセイ■
○PHPのびのび子育て(5/10発売)とくべつ読み物
「好きなようにやってみなさい~母がくれたお守り言葉」への寄稿
PHPのびのび子育て(5/10発売)
○2014年1月10日 発売 文藝春秋 
ウエスト•ショートエッセイへの寄稿
文藝春秋•風の詩「歯医者の虫歯」
○2013年10/25発売 飛ぶ教室 
エッセイ•わたしの一冊「おばけのバーバパパ」掲載
遙飛ぶ教室/光村図書 
○GCサークル季刊誌 2013年/2014年 エッセイ連載
○土木施工2012年10月号 インタビュー記事
「歯科と土木」
○PHP 9月号 
特集~自分も相手も笑顔になれる人づきあいの「ひと手間」
PHP
○JAL 機内誌•スカイワード 2012年5、6、7月号 「旅と映画」エッセイ掲載 

■雑誌■
●2014年5/31発売 STORY7月号(光文社)「私の服にはSTORYがある」
5ページにわたり、台湾での台南訪問や歯科医、女優としての私の日々の活動を紹介して頂きました!
●2013年8/31発売 STORY (光文社) ホムパ達人「私の簡単•名作レシピ」に台湾料理を作りました!!

■新聞■
●2013/12/27 讀賣新聞 論点「口腔ケアで偏食なくせ•高齢者の栄養失調」
●2013/3/3  この三冊~台湾を知る~この三冊~台湾を知る~
●2012/12/25(火)インタビュー記事

「ユーミンが流れると公式を思い出す」 一青妙(歯科医・俳優)

~毎日新聞のニュースサイト「毎日jp」内、「受験」のコーナー~

■インターネット■

台北ナビ「一青妙のここほれ台湾」不定期更新

■講演■
●『わ た し の 台 南』~いちばん台湾らしい場所~
2014年9月13日 13:00~15:00 場所;日本プレスセンター10階ホール
特別来賓;台南市長•頼清徳 主催; 台湾協会 後援;アジア問題懇話会

●読売カルチャーセンター「私の台湾アイデンティティー」
2014年3/29(土)13:00~14:30(公開講座@荻窪)
●読売カルチャーセンター「私の台南」(公開講座@荻窪)
2014年8/31(日)14:00~15:30 9/6(土)13:00~14:30

■TV■
○2013年9月2日 23:00~23:30 
おおたわ史絵先生率いるドクターズチームの一員として出演します!
クイズ・ソモサン⇔セッパ! - フジテレビ http://www.fujitv.co.jp/b_hp/somosan-seppa/
○2013年6/21(金)フジテレビ ペケポン19:00~ 
新川柳コーナー出演
ペケポン
○2013年2/8(金)フジテレビ ペケポン19:00~ 
川柳コーナー出演
ペケポン

■映画■
●長編アニメ「パッテンライ~南の島の水ものがたり~」 
虫プロ製作 監督/石黒昇

http://www.mushi-pro.co.jp/patten1.html



■ラジオ■
○「もっと知りたい台湾!~台湾文化の窓~後編」スペシャル総集編
●放送日時:10月10日(月祝)の9:00~9:15
ゲスト:劉黎児さん(フリージャーナリスト、エッセイスト、作家)
●放送配信:ラジオNIKKEI第一放送 RADIKOインターネット
◆オンデマンド放送〔放送日以降いつでも聴取可能〕
台湾新聞blog


ラジオNIKKEI『もっと知りたい台湾!~台湾文化の窓~』

6月18日(土)8:00~8:15

7月3日(日)18:00~18:15

9月23日(金祝)18:00~14:15


パーソナリティー•一青妙が台湾で様々な文化人を取材し、面白い場所を紹介する番組。
インターネットにてオンデマンド視聴できます

■舞台■
●南青山マンダラ PRESENTS READING LIVE <岸田国士を読む>

~「留守」「カライ博士の臨終」~演出/青柳敦子(テアトル•エコー)
2014年2月7日(金)8日(土)
高川裕也/一青妙/落合弘治(テアトル•エコー)/
小野田由起子(瀬嶋事務所)/武田洋/華みき/
粟野志門(テアトル•エコー)/演奏:佐野篤

●アヴァンセプロデュース公演
『SHINOBU’s Brain in the Soup Re:make 』
【PAIN(ペイン)】
2013年8月13日(火)~8月18日(日)
劇場:下北沢「劇」小劇場
脚本・演出:坂上 忍
出演
吉井怜、一青妙、田中里衣、吹田早哉佳、城咲仁、LIM、
武本健嗣、板垣雄亮(殿様ランチ)、樋口茉奈(子役)、
内山将樹(子役)、W/多田愛菜(子役)、W/野澤大地(子役)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-09-18 09:03:35

台湾映画〜祝宴!シェフ(原題 : 總舖師)

テーマ:台湾映画
昨年あたりから日本公開の台湾映画が増えていると感じていましたが、
今年に入りさらにその勢いが止まらない!
この調子でもっともっとたくさんの台湾映画が公開されることを期待しています。

9月は蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の最新作にして引退作である「郊遊ピクニック」が 東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで公開され現在も日本全国で随時公開予定。
10月は東京国際映画祭。
そして11月は台湾映画界のヒットメーカーであるチェン・ユーシュン(陳玉勳)監督の「祝宴!シェフ」(原題 : 總舖師)が公開されます。16年ぶりの監督作品は2013年8月に台湾で上映され、10億円以上の興行成績をたたき出し、同年公開された全ての作品のうち最も売れた映画6位という素晴らしい結果となりました。
台湾映画の喜劇ジャンルはもともと作品層が厚く、定評があるように思えるのですが、やはり鬼才チェン・ユーシュン監督の作品はずば抜けて面白い!

映画の内容については→以前のブログに書いたので今回は簡単にしたいと思います。

台湾には独特の飲食文化「辦桌」(台湾語で「バンドー」と読みます)があります。
主催者がいらしたお客さまみんなをもてなす「大宴会」といった感じのもので、伝統的には青空の下で行われます。
その宴席料理をまかなうシェフが總舖師(台湾語で「ゾンポーサイ」と読みます)と呼ばれる人物。日本で言う「総料理人」にあたる總舖師により、台湾の伝統料理が作り出され、招かれた客人たちの胃袋を満足させます。
映画は「辦桌」と「總舖師」を描く笑いと涙の物語。




そんな監督にインタビューをすることができました。
みるからに明るくて優しそうなチェン・ユーシュン監督。
まず何故「辦桌」と「總舖師」をテーマにしたのか伺いました。
すると監督は幼いころ、育った台北ではいつも「辦桌」が街のいたるところで開かれ、集まる人と食べ物を通して楽しい思い出が一杯あったことを懐かしそうに教えてくれました。
いまの台北では大きな空き地が少なくなり、「辦桌」もほとんど見ることができなくなったことを残念に思い、台湾の素晴らしい伝統文化をきちんとした形で残しておきたいということがこの映画を作るきっかけだったとか。
日本の漫画が大好きで、そこから多くの影響を受けていることも教えてくれた監督。
料理の漫画の中に出てきた、料理コンテストにインスパイアされたとか。映画でも「總舖師」による料理コンテストのシーンがクライマックスに出てきます。
そんな監督に、今度はどんな作品を考えているかと伺ったところ、意外な答えが。
喜劇のイメージが強い監督だけれども、実は日本の北野武監督の作品が大好きで、ちょっとハードなヤクザ映画に興味があることを教えて下さいました。
将来全く違うテイストの監督作品が見られるかもしれませんね!

監督からのメッセージ
「この映画が公開されて、台湾の多くのレストランで既に消えかけていた台湾の伝統料理が復活しました。映画を見て是非台湾にいらして下さい。そして台湾料理店で映画の中に出てくる美味しい料理を食べて下さい!」



ちなみにロケ地は全て台南です。
台南は台湾一歴史のある街なので、歴史ある台南の各地で撮影した美しい景色も見所の一つとなっています。

先月出版した「わたしの台南」の中には偶然にも映画のテーマになっている「辦桌」について書きました。円卓に集まる人の写真をご覧下さい!






圧巻だと思いませんか。
食で繋がる人と人の交流。監督の幼いころの楽しい思い出がいっぱい詰まった「祝宴!シェフ」。
素晴らしい台湾の飲食文化を是非映画館でご覧下さい!






*****************************************************
次回は12月公開の「天空からの招待状」チーポーリン監督のインタビュー内容を掲載予定です!

NEW新潮45 10月号 「わたしの台南」についてのインタビュー記事が掲載されています

*これからの予定*
#9月27日(土)講演会
杉並区「まるごと台湾フェア」(産業商工会館)
【開催日】9月27日(土) 午前11時~午後4時
【開催場所】 産業商工会館  阿佐谷南3丁目2番19号 
 TEL 03-3393-1501

*講演とパフォーマンス(午後1時~午後3時)
■講演「私の台湾アイデンティティー」
【講師】一青 妙(エッセイスト、女優、歯科医)
そのほかパフォーマンスもあり。
【定員】150名(申込順)
【参加費】500円(お土産付)
【申込み】
こちらの杉並区交流協会のホームページからお申込みください
*台湾の物産販売や観光紹介(午前11時~午後4時)
(1)キッチンカーでの台湾料理、タピオカティー・かき氷の販売
(2)物産販売 台湾の特産品販売(パイナップルケーキ、台湾茶など)
(3)観光案内 台湾観光協会、チャイナエアラインなどの観光案内
(4)親善野球交流大会 台湾の中学生との野球交流を写真・パネル等で紹介
(5)台湾映画(「天空からの招待状」、「KANO」ほか)の紹介
(6)台湾茶の紹介(講座形式)
【参加費】入場無料(当日直接会場へお越しください。)


#10月9日(木)19時30~
旅の本屋のまどにてトークイベント
旅の本屋のまど申し込み

のまどさんは素敵な空間の本屋さんです。みなさんとの距離もぐっと近くなるので、台湾の古都・台南の魅力についてスライドを眺めながらいろいろとお話できたらと思います。
当日はたくさんの質問もお待ちしております!

#11月18日(火)健康保険組合連合会東京連合会主催
『歯の健康知識セミナー』講演 14時~16時
お申し込みはこちらをクリックして下さい
一青妙さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み