一青妙の台湾blog*Pixnet

NEW2014年8/29発売 わたしの台南「ほんとうの台湾」に出会う旅(新潮社)

2015年6月発売 中文版 我的臺南:一青妙的府城紀行 (聯經出版)
好評発売中!!

NEW2013年度中国時報開巻好書奨受賞 
「私的箱子」(聯經出版)台湾版出版

■書籍■
*2014年8月発売 わたしの台南-「ほんとうの台湾」に出会う旅-(新潮社)
新潮45 10月号 「わたしの台南」についてのインタビュー記事が掲載されています

*2014年3月20日 「日本媽媽的臺菜物語」(聯經出版)台湾版出版

*2014年1月20日 発売新篇 台湾映画 (晃洋書房)

*2013年6/27(木) 発売 「ママ、ごはんまだ?」(講談社)
~書評•掲載誌~
●9/19 週刊文春にて酒井順子さんによる書評
●9/8 読売新聞にて星野博美さんによる書評
●9/9 西日本新聞読書案内への掲載
●9/6 川上郁雄先生(早稲田大学大学院•日本語教育研究科教授)による書評(ルビュ言語文化教育 第459号)
●東京人(9月号)
●日本経済新聞(7/24)
●2013年9月4日(水)「ひるまえほっと」
朝11:05~ NHK総合(関東地域のみ)
ブックレビューコーナーにて、女優の中江有里さんによる紹介

*「私の箱子」 講談社 2012年1月13日発売
講談社BOOK CLUB 特設ページ
2013/3/28 「私的箱子」(聯經出版)台湾版出版
~書評•掲載誌~
○熊本日日新聞 1/29 読んドコ!10代
○読売新聞 1/31 著者来店 本よみうり堂
○毎日新聞 2/19 今週の本棚 小西聖子さんによる書評掲載
○信濃毎日新聞 2/26 新刊紹介
○ゲーテ 4月号 清水ミチコさんによる書評
○王様のブランチ(TBS) 3/10 インタビュー取材
○~からだにいいこと~5月号 3/16日
○東京新聞「家族のこと話そう」3/18
○クロワッサン 3/24(土)発売 826号
○ GINGER 5月号 4/23日発売 温水ゆかりさんによる書評
○毎日が発見 5月号 おすすめの本
○女性セブン 4/26GW合併号 著者インタビュー
○ジャーナル「移動する子どもたち」第3号5月号 川上郁雄さんによる書評
○台湾 自由時報新聞 新井一二三さんによる記事

■エッセイ■
○2015年クロワッサン 3月&4月『美しき日本の手技』
○2014年1月10日 文藝春秋 
ウエスト•ショートエッセイへの寄稿
文藝春秋•風の詩「歯医者の虫歯」
○2013年10/25発売 飛ぶ教室 
エッセイ•わたしの一冊「おばけのバーバパパ」掲載
遙飛ぶ教室/光村図書 
○GCサークル季刊誌 2013年/2014年 エッセイ連載

■雑誌■
●2014年5/31発売 STORY7月号(光文社)「私の服にはSTORYがある」
5ページにわたり、台湾での台南訪問や歯科医、女優としての私の日々の活動を紹介して頂きました!

■新聞■
●2013/12/27 讀賣新聞 論点「口腔ケアで偏食なくせ•高齢者の栄養失調」
●2013/3/3  この三冊~台湾を知る~この三冊~台湾を知る~

■インターネット■

台北ナビ「一青妙のここほれ台湾」不定期更新

■講演■
●2015年7月28日 福岡県歯科保険医協会
●2015年6月7日 倉敷歯科医師会
●2015年4月28日 渋谷 元気シニア倶楽部GTI祭り
「3.11で世界最大級の義捐、親日国台湾のゆったり滞在」
●2015年2月15日 石川県中能登町「わたしと台湾そして石川」
●2015年1月12日 台湾日本人会夫人部会講演「台南、そして私の台湾アイデンティティ」
●2014年12月13日 日台関係研究会 講演「わたしの台南-いちばん台湾らしい場所」
●2014年12月1日 台湾玉蘭荘 講演
●2014年11月30日 富山県講演 盛り上がる台湾観光 魅力あふれる都市ー台南ーの楽しみ方
●201411月18日 東京歯科保険医協会
●2014年9月13日『わ た し の 台 南』~いちばん台湾らしい場所~
場所;日本プレスセンター10階ホール
特別来賓;台南市長•頼清徳 主催; 台湾協会 後援;アジア問題懇話会
●読売カルチャーセンター「私の台南」(公開講座@荻窪)
2014年8/31(日)14:00~15:30 9/6(土)13:00~14:30
●読売カルチャーセンター「私の台湾アイデンティティー」
2014年3/29(土)13:00~14:30(公開講座@荻窪)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-07-26 11:20:37

金スマと私の箱子と……家族

テーマ:書く事


7月24日の金スマスペシャルにて、妹の一青窈をゲストに、私の家族のことを紹介して頂きました。

放送のなかの再現部分は、両親が亡くなる経緯について、私の家で見つかった「箱」をめぐる物語を描いたものです。
 
「箱」とは、家を建て替えるために整理していた部屋から偶然見つけた小さい赤い箱のこと。その中に詰まっていたのは両親の手紙や家族の写真、母の日記など。
忘れていたこと、完全に記憶に残っていなかったこと、いろんなことをそれらのものから思い出したのです。
そしてこれをきっかけに、これまで両親についてあまりにも知らないことが多いことに気がつき、両親の歩いて来た道をたどってみようと思ったのです。
約2年ほどかけて自分自身のルーツ探しを行うために台湾と日本を往復し、日本と台湾の間でアイデンティティー野問題に苦しんだ父のこと、母が私たち家族を愛し、毎日心を込めて作ってくれた料理のことなどを思い出し、「私の箱子」「ママ、ごはんまだ?」という二つの著作につながりました。今回の番組も、「私の箱子」をもとに構想、内容を考えていただいたと、金スマのプロデューサーの方に言っていただきました。


あれから3年。自分が文字にしたものが映像化される機会に恵まれ、とても嬉しかったのと同時に、見ていて不思議な気持ちになりました。
それはうまく表現できませんが、
「自分の家族の話でありながら、そうではないような感じ」
と言うのが正解かどうかわかりませんが、そんな感じです。

再現VTRを見ながら、「悲しい」という気持ちになった自分がいることに、わたし自身驚きました。
改めて考えてると、両親が大変だったとき、自分もその渦の中にいて、悲しんだり、喜んだりという感情を素直に出すことをしてきませんでした。
しかし時間が経ち、客観視できる成長した自分がいまいることに気がついた瞬間、放送を見ながら、自然な気持ちで画面の中にいる両親に素直に感謝し、涙を流すことが出来たのです。


今回の放送を通し、多くの方に、両親のことを知ってもらうことができ、とても感謝しております。
私は書くことで、これからも父の祖国である台湾と、母の祖国である日本と繋がって行きたいと思っています。
どうぞこれからも宜しくお願い致します。



****************************

7月28日(火)に新潮社のラカグという場所で講演を行います。
ラカグは昭和40年代に建てられた新潮社の本の倉庫を改造したオシャレなスペース。
私の大好きな建築家•隈研吾さんのデザインで、中にはセレクトショプや喫茶もあるそうです。
実はまだ一度も行ったことがないので、私自身訪れることをとても楽しみにしています。

今回の内容は、台南はもちろんですが、東海岸の台湾などにも触れ、台湾全体の魅力をお話ししたいと思っております。
夏休みに台湾に行かれる方、これから台湾に行ってみようと思っていらっしゃる方、お時間ありましたら是非遊びにいらして下さい!


詳細→一青妙「新スタイルの台湾旅『環島(カントウ)』のススメ~ぐるっと島一周で味わい尽くす台湾の美・食・遊~

****************************

21世紀の台湾と日本(20)
7月20に放送されたラジオNIKKEI のオンデマンドファイルがUPされていますので、是非お聞き下さい!
一青妙さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み