一青妙の台湾blog*Pixnet

NEW2014年8/29発売 わたしの台南「ほんとうの台湾」に出会う旅(新潮社)

2015年6月発売 中文版 我的臺南:一青妙的府城紀行 (聯經出版)
好評発売中!!

NEW2013年度中国時報開巻好書奨受賞 
「私的箱子」(聯經出版)台湾版出版

■書籍■
*2014年8月発売 わたしの台南-「ほんとうの台湾」に出会う旅-(新潮社)
新潮45 10月号 「わたしの台南」についてのインタビュー記事が掲載されています

*2014年3月20日 「日本媽媽的臺菜物語」(聯經出版)台湾版出版

*2014年1月20日 発売新篇 台湾映画 (晃洋書房)

*2013年6/27(木) 発売 「ママ、ごはんまだ?」(講談社)
~書評•掲載誌~
●9/19 週刊文春にて酒井順子さんによる書評
●9/8 読売新聞にて星野博美さんによる書評
●9/9 西日本新聞読書案内への掲載
●9/6 川上郁雄先生(早稲田大学大学院•日本語教育研究科教授)による書評(ルビュ言語文化教育 第459号)
●東京人(9月号)
●日本経済新聞(7/24)
●2013年9月4日(水)「ひるまえほっと」
朝11:05~ NHK総合(関東地域のみ)
ブックレビューコーナーにて、女優の中江有里さんによる紹介

*「私の箱子」 講談社 2012年1月13日発売
講談社BOOK CLUB 特設ページ
2013/3/28 「私的箱子」(聯經出版)台湾版出版
~書評•掲載誌~
○熊本日日新聞 1/29 読んドコ!10代
○読売新聞 1/31 著者来店 本よみうり堂
○毎日新聞 2/19 今週の本棚 小西聖子さんによる書評掲載
○信濃毎日新聞 2/26 新刊紹介
○ゲーテ 4月号 清水ミチコさんによる書評
○王様のブランチ(TBS) 3/10 インタビュー取材
○~からだにいいこと~5月号 3/16日
○東京新聞「家族のこと話そう」3/18
○クロワッサン 3/24(土)発売 826号
○ GINGER 5月号 4/23日発売 温水ゆかりさんによる書評
○毎日が発見 5月号 おすすめの本
○女性セブン 4/26GW合併号 著者インタビュー
○ジャーナル「移動する子どもたち」第3号5月号 川上郁雄さんによる書評
○台湾 自由時報新聞 新井一二三さんによる記事

■エッセイ■
○2015年クロワッサン 3月&4月『美しき日本の手技』
○2014年1月10日 文藝春秋 
ウエスト•ショートエッセイへの寄稿
文藝春秋•風の詩「歯医者の虫歯」
○2013年10/25発売 飛ぶ教室 
エッセイ•わたしの一冊「おばけのバーバパパ」掲載
遙飛ぶ教室/光村図書 
○GCサークル季刊誌 2013年/2014年 エッセイ連載

■雑誌■
●2014年5/31発売 STORY7月号(光文社)「私の服にはSTORYがある」
5ページにわたり、台湾での台南訪問や歯科医、女優としての私の日々の活動を紹介して頂きました!

■新聞■
●2013/12/27 讀賣新聞 論点「口腔ケアで偏食なくせ•高齢者の栄養失調」
●2013/3/3  この三冊~台湾を知る~この三冊~台湾を知る~

■インターネット■

台北ナビ「一青妙のここほれ台湾」不定期更新

■講演■
●2015年7月28日 福岡県歯科保険医協会
●2015年6月7日 倉敷歯科医師会
●2015年4月28日 渋谷 元気シニア倶楽部GTI祭り
「3.11で世界最大級の義捐、親日国台湾のゆったり滞在」
●2015年2月15日 石川県中能登町「わたしと台湾そして石川」
●2015年1月12日 台湾日本人会夫人部会講演「台南、そして私の台湾アイデンティティ」
●2014年12月13日 日台関係研究会 講演「わたしの台南-いちばん台湾らしい場所」
●2014年12月1日 台湾玉蘭荘 講演
●2014年11月30日 富山県講演 盛り上がる台湾観光 魅力あふれる都市ー台南ーの楽しみ方
●201411月18日 東京歯科保険医協会
●2014年9月13日『わ た し の 台 南』~いちばん台湾らしい場所~
場所;日本プレスセンター10階ホール
特別来賓;台南市長•頼清徳 主催; 台湾協会 後援;アジア問題懇話会
●読売カルチャーセンター「私の台南」(公開講座@荻窪)
2014年8/31(日)14:00~15:30 9/6(土)13:00~14:30
●読売カルチャーセンター「私の台湾アイデンティティー」
2014年3/29(土)13:00~14:30(公開講座@荻窪)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-02-10 12:54:07

台南の被災現場で考えたこと〜台湾南部地震

テーマ:台湾
「台南で大地震が起きた」「ビルが倒壊し、何百人もの人が生き埋めとなっている」
 台湾全体が、8日からの春節(旧正月)を迎えようと浮き足立っていた2月6日の未明、南部高雄の美濃を震源地としたマグニチュード6.4の地震が起きました。翌朝、その影響で、台南が大変なことになっていることを知ったわたしは、すぐに日本から台南の友人たちに連絡を取り、安否を確認したました。
「寝ていたからわからなかった」「全然大丈夫」「揺れが大きく、ものが落ちてきて怖かった」
 返事はそれぞれだったけれども、幸い、けがをしたり、家が倒れたりする大きな被害に遭った人は誰もいなかったので、ほっと一息つきました。
 ところが、台南の永康にある12階建ての維冠金龍ビルが倒壊し、数百人が瓦礫の中に閉じ込められていることが報じられるようになり、台南市中心の古跡も被害を受けているといったニュースも流れるようになり、いてもたってもいられない気持ちになりました。
 近年、わたしは台南と東京をなんども行き来してきました。わたしが子供時代を過ごした台湾の雰囲気をいまも残している台南が好きになり、「わたしの台南」という本も書き、昨年、親善大使にも台南市にから任命していただきました。いまや台南はわたしにとって第二の故郷と言える場所です。
 懸命の救出作業が続くなか、わたしに出来ることはあるのか。現場に行っても人命救助の邪魔になるだけではないのか。日本全国で募金の動きが活発に出始めても、ただあれこれと思い悩むことしかできず、ニュースを眺めているだけで地震発生からどんどん時間が過ぎていきました。
 今回のビルが倒壊した台南の永康地区は、わたしがかねてからとてもお世話になっている台南市議員である郭國文さんの選挙区です。頼市長の横で救助活動の指揮を取っている郭議員の姿をニュースでみる度に、やはり災害の情況を自分の目でしっかり確かめ、理解した上で、なにができるかを考える必要があると決心し、台南に行くことを決心しました。
 8日夜に台北に入り、翌日の9日朝、台北から台南に向かう台湾新幹線に乗りました。台湾新幹線は地震の影響で一時止まってしまい、8日に運転再開したばかりということに加え、お正月2日目の「回娘家(お嫁さんの家に戻る日)」にあたるので、南下する人が特に多く、午前の列車はほぼ満席という情況でした。
 台南で降車したところ、改札口はお正月に戻ってきた我が子や家族を迎えにきた人々でごったがえしていました。いつもの春節の雰囲気かとも思いましたが、駅のトイレに行くと、断水のため、使えるところが限られており、長い行列ができていました。
 タクシーに乗り、倒壊した維冠金龍ビルがある永康地区を目指しました。タクシーの運転手さんは「あのビルと他の1、2カ所だけで他は全く問題ないよ」と言いながら、さらに「正月休みなのに観光客の数が少ない気がする」と話していました。



 維冠金龍ビルは、永康地区で最も広く、にぎやかなメインストリートの永大路に横たわるように倒れていました。現場の約1キロ先から道路は封鎖され、歩いて近づくうちに、周囲の木造の2階建ての建物や、コンクリートでできた5、6階建ての建物など、何一つ倒壊していないなか、突如一箇所だけ、巨大な建造物がなぎ倒され、鉄筋などの構造物がむき出しとなっていて、異様な風景に見えました。



 道路両側に並ぶ飲食店や商店は道路封鎖のためほとんどが休業している状態となっていて、数百メートル先では、重機が忙しく動き回っている情況で、メディアで流れていた影像と現実がしばらくうまく繋がらず、映画のセットのなかにいるような印象を受け、しばし思考が停止してしまいました。
 郭議員の事務所は倒壊したビルから500mくらいの距離にあり、連日取材にきているマスコミの休憩所として、あるいは、いろいろな困りごとを抱えた周辺住民の立寄場所として開放されていて、私が立ち寄ったときも多くの人たちが出入りをしていました。




 わたしが到着したのは午前10時ごろで、災害発生後、頼市長は毎日朝10時と午後4時に、関係者への説明会を行っているということで、郭議員も説明会に出席していたので、しばらくひとりで現場を見て回りました。そのビルの様子は、皆さんが映像などで見ている通りのひどい状況です。
 救出のための「黄金の72時間」を過ぎてしまった現場は、人力救助に加え、大型重機を使用しての救助活動を始めたばかりでした。倒壊したビルの周囲の民家は、停電と断水のほか、なにも被害を受けていません。倒壊ビルの向かいになる5階建ての住居の屋上は、カメラマンの取材用に開放されていました。私も登ってみて見下しましたが、まさに巨大なビルが一棟だけが倒壊しているという異様な光景が眼下に広がっていました。あのなかに、いまも100人に近い人々が閉じ込められていることが信じられません。彼らの命が一人でも多く救われるように祈る以外に、いまの私には何もできません。
 郭議員は連日、頼清徳市長と一緒に最前線に立ち、被災者の家族と向き合い、専門家たちと救援活動の方法を検討し、日本からやってきた専門家たちに現状を説明してきました。そんな郭議員が「日本の皆さんに是非伝えてもらいたい」ということで、最新の情況を語って下さいました。

 「日本のみなさんが、今回の台湾南部の地震に大きな関心を寄せてくださることに、心より感謝いたします。日本人の皆さんは災害発生後、いのいちばんで物資を送ってくれて、政府の調査団も派遣して下さったことも我々を感激させました。街頭募金や個人での募金をして下さっていることも台南の私たちはよく知っており、本当に有り難いと思っています。
 同時にぜひ知っていただきたいのは、今回の地震は、1万3千人以上の死傷がでた921地震(1999年9月21日に、台中で起きた大地震)や、日本で起きた311東日本大震災などと比べて、全く違う規模であるということです。最も被害が出てしまった台南市でも、その被害は点であって、面ではありません。
 現場の最前線にいる私たちが感じていることで、いま足りないものは瓦礫のなかに閉じ込められている人たちを救出するための時間だけです。あとは、人員も物資は幸い有り余るほど集まってきています。震災の復興のための資金も、台湾や日本の人々からすでに十分にいただいています。これ以上、募金をいただいたら、将来、台湾でもっと大きな地震がおきてひどい被害が出たときに『もう台南の地震でたくさん募金した』と言われてしまうのではないかと心配になるほどです。日本の皆さんのお気持ちは台湾社会にしっかり伝わっており、みんな涙が出るほど嬉しい思いでいっぱいです。そして、もしもさらに台南市を助けて下さるという気持ちを持っていただけるなら、今後も皆さんに、以前と何もかわらずに台南に何度でも観光や仕事に来ていただきたいと思っています。それが台南への励ましになります。日本の方々をおもてなしできる魅力ある台南のままです」

 郭議員の話をうかがっていて、台南への支援活動は一つの曲がり角を迎えているかもしれないと感じました。その後、私は市内の観光スポットに被害で出ていないか回ってきました。小さな亀裂が入り、一部崩れてしまった古い建物もありましたが、主に観光客があつまるような孔子廟や林百貨のランドマークは特に被害も出ておらず、普段と変わりない台南の姿を見ることができました。ですが、お店の人に聞いてみると通常は春節の休みの期間は倍以上の人でごった返しているのに、普段の休日ぐらいの人出しかないと、話していました。知りあいの民宿をやっている人に聞いたところ、地震発生後の台南旅行をキャンセルするお客さんが続々と出ているようです。


 台南の人たちがいちばん恐れていたのは、デング熱の流行で激減した台南への観光客がようやく復活しつつあるところに、また、この地震によって再び、台南旅行が回避されてしまうことでした。日本もこれから春休みの時期に入り、台南旅行を検討されている人も多いと思いますが、ぜひ、台南を訪れてみてください。私も3月にまた訪れるつもりです。ビル倒壊現場での救出活動をしっかり見守りながら、台南に何ができるかこれからも考え続けるつもりです。
 台南は変わっていません。台湾も変わっていません。台湾加油!台南加油!
一青妙さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み