一青妙の台湾blog*Pixnet

NEW2014年8/29発売 わたしの台南「ほんとうの台湾」に出会う旅(新潮社)

2015年6月発売 中文版 我的臺南:一青妙的府城紀行 (聯經出版)
好評発売中!!

NEW2013年度中国時報開巻好書奨受賞 
「私的箱子」(聯經出版)台湾版出版

■書籍■
*2014年8月発売 わたしの台南-「ほんとうの台湾」に出会う旅-(新潮社)
新潮45 10月号 「わたしの台南」についてのインタビュー記事が掲載されています

*2014年3月20日 「日本媽媽的臺菜物語」(聯經出版)台湾版出版

*2014年1月20日 発売新篇 台湾映画 (晃洋書房)

*2013年6/27(木) 発売 「ママ、ごはんまだ?」(講談社)
~書評•掲載誌~
●9/19 週刊文春にて酒井順子さんによる書評
●9/8 読売新聞にて星野博美さんによる書評
●9/9 西日本新聞読書案内への掲載
●9/6 川上郁雄先生(早稲田大学大学院•日本語教育研究科教授)による書評(ルビュ言語文化教育 第459号)
●東京人(9月号)
●日本経済新聞(7/24)
●2013年9月4日(水)「ひるまえほっと」
朝11:05~ NHK総合(関東地域のみ)
ブックレビューコーナーにて、女優の中江有里さんによる紹介

*「私の箱子」 講談社 2012年1月13日発売
講談社BOOK CLUB 特設ページ
2013/3/28 「私的箱子」(聯經出版)台湾版出版
~書評•掲載誌~
○熊本日日新聞 1/29 読んドコ!10代
○読売新聞 1/31 著者来店 本よみうり堂
○毎日新聞 2/19 今週の本棚 小西聖子さんによる書評掲載
○信濃毎日新聞 2/26 新刊紹介
○ゲーテ 4月号 清水ミチコさんによる書評
○王様のブランチ(TBS) 3/10 インタビュー取材
○~からだにいいこと~5月号 3/16日
○東京新聞「家族のこと話そう」3/18
○クロワッサン 3/24(土)発売 826号
○ GINGER 5月号 4/23日発売 温水ゆかりさんによる書評
○毎日が発見 5月号 おすすめの本
○女性セブン 4/26GW合併号 著者インタビュー
○ジャーナル「移動する子どもたち」第3号5月号 川上郁雄さんによる書評
○台湾 自由時報新聞 新井一二三さんによる記事

■エッセイ■
○2015年クロワッサン 3月&4月『美しき日本の手技』
○2014年1月10日 文藝春秋 
ウエスト•ショートエッセイへの寄稿
文藝春秋•風の詩「歯医者の虫歯」
○2013年10/25発売 飛ぶ教室 
エッセイ•わたしの一冊「おばけのバーバパパ」掲載
遙飛ぶ教室/光村図書 
○GCサークル季刊誌 2013年/2014年 エッセイ連載

■雑誌■
●2014年5/31発売 STORY7月号(光文社)「私の服にはSTORYがある」
5ページにわたり、台湾での台南訪問や歯科医、女優としての私の日々の活動を紹介して頂きました!

■新聞■
●2013/12/27 讀賣新聞 論点「口腔ケアで偏食なくせ•高齢者の栄養失調」
●2013/3/3  この三冊~台湾を知る~この三冊~台湾を知る~

■インターネット■

台北ナビ「一青妙のここほれ台湾」不定期更新

■講演■
●2015年7月28日 福岡県歯科保険医協会
●2015年6月7日 倉敷歯科医師会
●2015年4月28日 渋谷 元気シニア倶楽部GTI祭り
「3.11で世界最大級の義捐、親日国台湾のゆったり滞在」
●2015年2月15日 石川県中能登町「わたしと台湾そして石川」
●2015年1月12日 台湾日本人会夫人部会講演「台南、そして私の台湾アイデンティティ」
●2014年12月13日 日台関係研究会 講演「わたしの台南-いちばん台湾らしい場所」
●2014年12月1日 台湾玉蘭荘 講演
●2014年11月30日 富山県講演 盛り上がる台湾観光 魅力あふれる都市ー台南ーの楽しみ方
●201411月18日 東京歯科保険医協会
●2014年9月13日『わ た し の 台 南』~いちばん台湾らしい場所~
場所;日本プレスセンター10階ホール
特別来賓;台南市長•頼清徳 主催; 台湾協会 後援;アジア問題懇話会
●読売カルチャーセンター「私の台南」(公開講座@荻窪)
2014年8/31(日)14:00~15:30 9/6(土)13:00~14:30
●読売カルチャーセンター「私の台湾アイデンティティー」
2014年3/29(土)13:00~14:30(公開講座@荻窪)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-16 07:57:08

台湾映画〜百日告別(Zinnia Flower•百日草)

テーマ:台湾映画
見たかったのに見過ごしてしまった映画の一本が「百日告別(Zinnia Flower)」だ。
DVDが出たということで、やっと見ることができた。
昨年の10月に台湾で上映され、台北映画祭2015クロージング作となったが、正直そこまでヒットしなかった記憶がある。
だけれども、役者たちの抑えた演技と映画の内容がぴったりと重なり合い、すんなりと林書宇監督の描こうとする世界に入り込むことができ、考えさせられる上質な大人の映画となっていた。


映画の英題となっている「Zinnia Flower」とは百日草のこと。原題の「百日」にかけてつけたのだと思われる。
玉突き事故によって婚約者を失くした心敏(林嘉欣)と、妊娠中の妻を失くした張育偉(石頭)が主人公。
彼との結婚式の案内状の発送準備の最中だった心敏。新居への引っ越しも済ませ、二人でレストランを開く夢を持っていた……。亡くなった彼の葬儀を取り仕切るのは、自分ではなく、彼の家族。疎外感と最愛の人を失くした現実にうまく折り合いをつけるべく、結婚後のハネムーン旅行に行く予定にしていた沖縄へ、一人で出かける。
一方、自宅でピアノ教師をしていた妻とお腹の中の子供を失い、家族の心配も素直に受け入れられず、自暴自棄になる張育偉。授業料を返すため、ピアノを習いにきていた教え子たちの家を訪ね歩くうちに、徐々に自分を取り戻していく。
同じ事故でそれぞれパートナーを失った心敏と張育偉。二人は初七日から四十九日まで、七日ごとの節目に、お寺で行われる読経を通し、お互いの存在に気づく。
百か日を迎え、二人は前を向いて歩んで行くことになるのか……。


つい1分前まで、普通に横にいた最愛の人が手の届かないところに行ってしまった場合、どのように現実を受け止めるのか、というのがこの映画のテーマ。
実はこの映画、監督の林書宇さんが12年連れ添った最愛の妻を病気で失くした実体験に基づいて書き上げた脚本だ。だからなのか、時の変化とともに、残された人たちの心の変化を実に丁寧に描いているので、見ている側もすんなりとその世界に入り込むことができる。

今年に入り、わたしの台湾の親戚の伯母が亡くなった。
台湾での葬儀に参加したが、ちょうどこの映画の内容と重なり、より一層深く考えさせられた。
仏教では、人が亡くなると四十九日間、死者の魂が成仏せずにさまよっていると言われていることから、初七日から四十九日目の忌明けまで、七日ごとに合計七回法要を行うが、台湾でも同じだ。
台湾では「做七」と言い、頭七(初七日)、二七、三七…尾七(四十九日)の順にお寺に行き、お経を読む。
ただし、最近は葬儀の簡略化や少子化の影響により、頭七だけで済ませる場合や、頭七と尾七だけで終わらせることがほとんどとか。
伯母も頭七と尾七のみだったが、火葬の日にちを決めるのに、一苦労した。
というのも、台湾人は何をするにも、日本人より’日を選ぶ’。
火葬に適した日にちを選ぶため、亡くなった本人の誕生日はもちろんだが、親族一同の出生年月日まで考慮し、算出するのだ。火葬に適した日程の葬祭場が埋まっていれば、さらに別日を設定するので、数ヶ月後に火葬が行われることも少なくない。火葬当日は、ひざまずいたり、頭を床につけたりと親族は忙しい。この辺りは日本と大分違った慣習だ。
映画のなかで葬儀の詳細については描いていないが、心敏と張育偉を励ます周囲の人々の姿がリアルだ。

とにかく心敏を演じた林嘉欣と、張育偉を演じた石頭の控えめな演技が抜群に良い。
林嘉欣は本作で2015年の金馬奨の主演女優賞を受賞した。
ちなみに林嘉欣の母親は日本と台湾人のハーフのため、林嘉欣自身はクオーターということになる。
こういうバックグラウンドを配慮してハネームーン旅行の行き先は沖縄に設定されたのだろうか。
個人的には映画に出て来た八重山の富島にあるそば処「竹の子」や「なごみの塔」を訪れてみたいと思った。

”花開花謝終有時”
ショパンの練習曲25-1「エオリアン・ハープ」をバックに、心地よい時間が流れて行く。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
一青妙さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み