一青妙の台湾blog*Pixnet

NEW2014年8/29発売 わたしの台南「ほんとうの台湾」に出会う旅(新潮社)

2015年6月発売 中文版 我的臺南:一青妙的府城紀行 (聯經出版)
好評発売中!!

NEW2013年度中国時報開巻好書奨受賞 
「私的箱子」(聯經出版)台湾版出版

■書籍■
*2014年8月発売 わたしの台南-「ほんとうの台湾」に出会う旅-(新潮社)
新潮45 10月号 「わたしの台南」についてのインタビュー記事が掲載されています

*2014年3月20日 「日本媽媽的臺菜物語」(聯經出版)台湾版出版

*2014年1月20日 発売新篇 台湾映画 (晃洋書房)

*2013年6/27(木) 発売 「ママ、ごはんまだ?」(講談社)
~書評•掲載誌~
●9/19 週刊文春にて酒井順子さんによる書評
●9/8 読売新聞にて星野博美さんによる書評
●9/9 西日本新聞読書案内への掲載
●9/6 川上郁雄先生(早稲田大学大学院•日本語教育研究科教授)による書評(ルビュ言語文化教育 第459号)
●東京人(9月号)
●日本経済新聞(7/24)
●2013年9月4日(水)「ひるまえほっと」
朝11:05~ NHK総合(関東地域のみ)
ブックレビューコーナーにて、女優の中江有里さんによる紹介

*「私の箱子」 講談社 2012年1月13日発売
講談社BOOK CLUB 特設ページ
2013/3/28 「私的箱子」(聯經出版)台湾版出版
~書評•掲載誌~
○熊本日日新聞 1/29 読んドコ!10代
○読売新聞 1/31 著者来店 本よみうり堂
○毎日新聞 2/19 今週の本棚 小西聖子さんによる書評掲載
○信濃毎日新聞 2/26 新刊紹介
○ゲーテ 4月号 清水ミチコさんによる書評
○王様のブランチ(TBS) 3/10 インタビュー取材
○~からだにいいこと~5月号 3/16日
○東京新聞「家族のこと話そう」3/18
○クロワッサン 3/24(土)発売 826号
○ GINGER 5月号 4/23日発売 温水ゆかりさんによる書評
○毎日が発見 5月号 おすすめの本
○女性セブン 4/26GW合併号 著者インタビュー
○ジャーナル「移動する子どもたち」第3号5月号 川上郁雄さんによる書評
○台湾 自由時報新聞 新井一二三さんによる記事

■エッセイ■
○2015年クロワッサン 3月&4月『美しき日本の手技』
○2014年1月10日 文藝春秋 
ウエスト•ショートエッセイへの寄稿
文藝春秋•風の詩「歯医者の虫歯」
○2013年10/25発売 飛ぶ教室 
エッセイ•わたしの一冊「おばけのバーバパパ」掲載
遙飛ぶ教室/光村図書 
○GCサークル季刊誌 2013年/2014年 エッセイ連載

■雑誌■
●2014年5/31発売 STORY7月号(光文社)「私の服にはSTORYがある」
5ページにわたり、台湾での台南訪問や歯科医、女優としての私の日々の活動を紹介して頂きました!

■新聞■
●2013/12/27 讀賣新聞 論点「口腔ケアで偏食なくせ•高齢者の栄養失調」
●2013/3/3  この三冊~台湾を知る~この三冊~台湾を知る~

■インターネット■

台北ナビ「一青妙のここほれ台湾」不定期更新

■講演■
●2015年7月28日 福岡県歯科保険医協会
●2015年6月7日 倉敷歯科医師会
●2015年4月28日 渋谷 元気シニア倶楽部GTI祭り
「3.11で世界最大級の義捐、親日国台湾のゆったり滞在」
●2015年2月15日 石川県中能登町「わたしと台湾そして石川」
●2015年1月12日 台湾日本人会夫人部会講演「台南、そして私の台湾アイデンティティ」
●2014年12月13日 日台関係研究会 講演「わたしの台南-いちばん台湾らしい場所」
●2014年12月1日 台湾玉蘭荘 講演
●2014年11月30日 富山県講演 盛り上がる台湾観光 魅力あふれる都市ー台南ーの楽しみ方
●201411月18日 東京歯科保険医協会
●2014年9月13日『わ た し の 台 南』~いちばん台湾らしい場所~
場所;日本プレスセンター10階ホール
特別来賓;台南市長•頼清徳 主催; 台湾協会 後援;アジア問題懇話会
●読売カルチャーセンター「私の台南」(公開講座@荻窪)
2014年8/31(日)14:00~15:30 9/6(土)13:00~14:30
●読売カルチャーセンター「私の台湾アイデンティティー」
2014年3/29(土)13:00~14:30(公開講座@荻窪)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-08-29 08:45:54

台湾映画〜破風(To The Fore)

テーマ:台湾映画
今年の夏の台湾映画はヒット作が多いような気がします。
まず、7月に公開され、ロングランヒットしたのが、台湾のヤクザ社会を描いた「角頭GATAO」から始まり、同性愛を描いた「酔•生夢死」や私の大好きな張孝全(ジョセフ・チャン)が出演する「青田街一號」に「迷城」。そして巨匠•侯孝賢監督の8年ぶりの新作「聶影娘 」(黒衣の刺客•The Assassin)に、同じく巨匠•呉 宇森(ジョン•ウー)監督の「太平輪」(THE CROSSING)後編が続き、さらに青春映画「我的少女時代」が現在口コミで大ヒット中です。

見応えのあるものばかりが続くなか、まず自転車ロードレースを描いた「破風」(To The Fore)をご紹介したいと思います。
自転車ロードレースでは、チームのエースを優勝に導くために、ほかの選手たちはアシストとして働きます。アシストはペースメーカーとして走ったり、よいルートを先導したりするほか、とくに先頭に位置することにより、「風除け」の役割を果たします。この風除け選手のことを中国語で「破風手」と呼ぶそうです。
映画は、台湾の人気俳優•彭于晏(エディ・ポン)と中国の人気俳優•竇驍(ショーン・ドウ)が破風手、韓国の大人気ユニット・スーパージュニアのシウォンがエースとなり、一つのチームでロードレースに挑むことから始まります。
その後、各々別々のチームに別れ、それぞれの人生を歩むことになっていくのですが、自転車ロードレースにかける選手たちの意気込みと友情を描きながら、夢を追いかけることの難しさ、夢を諦めないことの大切さを感じる内容となっていて、見終わってとても爽やかな気持ちになれました。
監督は昨年大ヒットした「激戦 」を撮った香港のダンテ・ラム。
次から次へと繰り広げられるレース展開はものすごいスピードで、見ているわたしはいつの間にか手や肩に力が入り、息ができないくらいの緊張状態となっていました。
一方、台湾の高雄、花蓮、墾丁や北海岸といった台湾の多くの名所をバックに自転車が走る様子からは、台湾がいかに自然豊かで美しい風景を持つ国だということがわかり、うっとりしてしまいました。

ロケ地は台湾だけでなく、香港、韓国、イタリア、上海に加え、内モンゴルのトングリ砂漠でも行ったそうです。映画のために役者陣は過酷な肉体改造を行い、慣れない自転車を乗りこなすためにハードな練習を積み、ケガも経験し、半年にわたる撮影で、なんと10万キロ以上自転車で走行したという記事を読み、その成果が映画にしっかりと映し出されていたので、とても感動しました。

深く、美しい海に浮かぶ緑豊かな台湾全土を見渡すことのできる映画なので、日本でも是非公開して欲しいです。


一青妙さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇

Amebaで芸能人・有名人ブログを書きませんか?

アメーバブログでは、芸能人・有名人ブログとしての登録をご希望される
著名人の方/事務所様を随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み