ご好評をいただき、本当に嬉しいです。


日本人の知らない日本がある

税込み1,512円ですビックリマーク

日本人は逆境をどう生きたか
税込み1,512円ですビックリマーク


クローバー株式会社ことほぎ ホームページ
http://kotohogi2672.com/


クローバー白駒妃登美 公式フェイスブックページ



「アサカツ!!」で放送された音声が、
1話525円でダウンロードいただけます!


第一話 「日本人の夢の叶え方」 

http://www.radionikkei.jp/sounload/item608.html

第二話 「絆」
http://www.radionikkei.jp/sounload/item609.html



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018-01-19 14:34:09

【金沢講演】野球道で伝承する青少年育成魂 2018年2月3日 ぜひお越しくださいね♪

テーマ:歴史

甲子園をテレビで見守り続け、早や半世紀(笑) 

 

私が勝手に選ぶ史上最高の試合は、昭和54年の星稜高校vs箕島高校の延長18回。

 

もちろん勝者の箕島も素晴らしいのですが、私はやはり日本人、判官びいきで星稜高校をその後もずっと応援し続けています。

 

今や伝説となった松井秀樹選手の5打席連続敬遠、ケガ人続出の中、山本省吾投手を擁し準優勝に輝いた時には、その見事な戦いぶりとともに閉会式での美しい入場行進に、大会関係者をして「君たちを準優勝校とは呼びたくない」と言わしめました。

 

星稜高校って、不思議と負けるたびに歴史を塗り替えていくんですね。

 

名将・山下智茂監督の傍らには、いつも本田実先生の姿がありました。

 

延長18回の時はアルプススタンドで、松井選手の時には放送席で、そして平成7年の準優勝の時にはベンチで、星稜野球部の歴史的瞬間を見守り続けてきた、本田先生。

 

山本省吾クンの慶応大学への推薦書類では、膨大な担任の記述欄にひるむどころか、「ここまで生徒のことを知って選んでくれる慶応は、素晴らしい」と言いきる、教育者の鑑(かがみ)でもいらっしゃいます。

 

そんな本田先生と、金沢でコラボ講演をさせていただきます。

 

しかも、読書のすすめの清水店長が書籍の販売に駆けつけ、ミニ講演もしてくださるという、何とも贅沢な一日♪ 

 

野球が好きな方も、興味ない方も、ぜひお越しくださいね。

 

愛が溢れる金沢の歴史に触れながら、野球道について語り尽くしたいと思います。

 

詳細・申し込みフォームは、下記サイトをご参照ください。

 

ライオンズクラブの主催ですが、一般の方々のご参加、大歓迎です! 

 

高校生以下は無料なので、ご家族でお越しいただけたら嬉しいです(*^^*) 

 

既に300名様の高校球児の参加も決まっているそうです♪ 

 

金沢にうかがうのを楽しみにしていますね♪


https://goo.gl/forms/o6yOx7L57a87dzrd2

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2018-01-09 17:28:05

【残席3名様♪】先人の「志」と、バリの兄貴に愛にいく! 「志」和ごころ塾@バリ特別合宿2018 

テーマ:歴史

先人の「志」と、バリの兄貴に愛に行く!

バリ特別合宿を、2018年も開催させていただきます!

インドネシア独立のために、命をかけた先人たちのお墓参りと、

バリ在住のきさくな日本人大富豪の兄貴に愛に行き、

その生き様に学ぶ合宿です!

今回は、参加者様を10名様に限定させていただきます。

詳細は以下の通りです!


◆日程 2018年3月26~31日 (4泊6日)

◆主な旅程

≪3月26日≫
・成田 11時 発  ⇒ 17時20分 バリ島 デンパサール空港 着
・関空 11時 発  ⇒ 17時40分 バリ島 デンパサール空港 着
 (ウブド泊)

≪3月27日≫
 ・マルガラナ英雄墓地 慰霊
 ・食事会
(ウブド泊)

≪3月28日≫
 ・白駒妃登美塾長の講話(兄貴のご紹介)
 ・バリの兄貴のご講話
(ヌガラ泊)  

≪3月29日≫
 ・観光
 ・バリの兄貴のご講話
(ヌガラ泊)

≪3月30日≫
 ・自由時間
 ・タナロット寺院、タナロットの夕日
  
≪3月31日≫
・デンパサール 00時45分 発 ⇒ 8時40分 成田 着
・デンパサール 00時50分 発 ⇒ 8時30分 関空 着

◆募集定員 10名様(残席3名様)

◆お問い合わせ先
 株式会社ことほぎ  092-407-2099 飯田

◆お申し込み
 以下の申し込みフォームから詳細をご確認いただき、お申し込みください。
 お申し込みが届きましたら、担当からご連絡させていただきます。

(詳細・お申し込みフォーム)   https://goo.gl/forms/E2zGqxMXZE1RwrWJ2


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-01-04 11:22:44

あけましておめでとうございます♪

テーマ:歴史

みなさま、あけましておめでとうございます!

 

本年も、よろしくお願い申し上げます♪

 

今年は、アメーバ・ブログの更新頻度も上げていきたいと思っております(*^_^*)

 

こちらのブログに遊びに来ていただけたら嬉しいです♪

 

仕事始めの今日、ミーティングに備えて、9時過ぎに出社。私はふだんから出張が多い上に、自宅で原稿を書くことも多いので、時間に縛られず、出社できる時にするというスタイルでやらせてもらっていますが、やはり一年のスタートを気持ちよく迎えるって、大切ですね。

 

ふと、航空会社に勤務していた頃の自分を思い出しました。集合時間の1時間40分前に出社し、フライト先の情報や、自分が乗務する便のお客様情報を確認したり、機内サービスから免税品の販売まで、すべての確認を行って、さらにお茶を飲みながらひと息ついて、気持ちを高めてから、ミーティングにのぞんでいました。

 

備えあれば、憂い無し! いま考えると、勤務時間外にやるべきことが、山のようにあったなぁ。でも、プロとして最高の仕事をするには、それが当たり前と思っていました。

 

時代が変わって、“働き方改革”が叫ばれる今。働き方を考えることも大切ですが、その前に、働くことの意味や本質をもっともっと深めていくことが、自分の人生を豊かにしてくれると思うのですが…。

 

労働の対価以外に、働くことで得られる有形無形のものがたくさんある! 

 

それらをちゃんと受け取れる自分でありたいな、と思います(*^^*)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-04 18:35:16

「幸せの神様に愛される生き方」 お陰さまで、発売初日にアマゾン一般部門で1位に・・・

テーマ:歴史

『幸せの神様に愛される生き方』発売日の今日、Amazonの順位が、見る見る上昇! 発売初日の午前中に、一般部門で1位になっていました!

読書のすすめさんで購入していただけるように呼びかけていたのに、あれれ? なんで? という感じでしたが、その秘密がわかりました♪

「ロシア政治経済ジャーナル」というメルマガで、『2015年まぐまぐ総合大賞』を受賞なさった、モスクワ在住の北野幸伯(きたのよしゆき)氏が、読者数5万人以上を誇る、ご自身のメルマガで、わたしの新刊の感想を発信してくださっていたのです♪  有り難いなぁ♪ お求めいただいた皆さまにも、感謝の気持ちでいっぱいです♪ 明日からの講演に、報恩の心をさらに強めてのぞみます。

なんと北野さんは、もうすぐ、同じ編集者さんからご著書を出版されるんですって♪ 編集者さんにご紹介いただき、直接ご本人にお礼を申し上げました。メルマガの内容をみなさんにご紹介してもいいよ、とおっしゃってくださったので、こちらでご紹介しますね♪ わたしも、北野さんのメルマガで世界のこと、学ぼうと思います♪ こうやって、またひとつご縁ができて、扉が開いていくんだなぁと、感謝でいっぱいです(*^^*)

みなさんも、歯切れがよくて、視点が広がる北野さんのメールマガジン、ぜひご一読ください♪

★わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説していると評判の北野さんのメルマガはこちら  ↓ ↓ ↓
http://archives.mag2.com/0000012950/

 

★11月2日のメルマガから、私のことをご紹介いただいた部分をご紹介させていただきます♪

 

【RPE】★人生に奇跡を起こす、日本人の成功(成幸)法則

RPEJournal===========================

 ロシア政治経済ジャーナル No.1641
            2017/11/2
=====================================

日本人の成功(成幸)法則に目覚めた女性に、トンデモナイ奇跡が起こりました。

================================

★人生に奇跡を起こす、日本人の成功(成幸)法則

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。

今回も、世界情勢とは関係ない話です。

しかし、とても大切な話。

RPEのスーパーエリート読者の皆さんは、

夢を持ち、目標を設定し、計画を立て。

わき目もふらずにまい進している方が多いのではないでしょうか?

これ、ホントに効果あるんですね。

なんといっても、「目標を紙に書いている人」と「目標をもたない人」

では、収入が10倍違うというのです。しかし・・・。

▼不幸な大富豪

皆さん、どんな夢、どんな目標を持っていますか?

おそらく、「日本を自立国家にする!」とか、「世界から戦争と飢餓と貧困をなくす」とか高尚な夢を抱いておられることでしょう。

しかし、一般的に、夢とか目標で圧倒的に多いのは、「お金」にまつわることですね。

確かにお金がたくさんあれば、何でも買えて、好きなところにいけます。

子供たちに、いい教育を受けさせることもできる。

ところが、「金の量と幸せ度は比例する」と考えたら、大間違いかもしれません。

イギリスの出版王フェリックス・デニスは、その著書「How to get RICH」の中で、驚くべき告白をしています。

<いまは、大金持である。さて、私は幸せなのだろうか。 いいや、幸せじゃない。>

<金持ちは幸せじゃない。本当の金持ちで幸せな人など、いまだお目にかかったことがない。金持ちにはずいぶん会っているのだが。>

<金持ちになると世界は小さく、過酷で暗い場所になってしまうのだ。>

なんで、こうなっちゃったのでしょう?

フェリックス・デニスは、いわゆる「西洋の成功哲学」を極めたような人で、ほんまもんの大富豪です。

しかし、それでも幸せにはなれなかった。

これは、彼が「イギリス人」だから、なのでしょうか?

いや、そんなことはないみたいなのです。

たとえば、皆さん、神田昌典先生をご存知でしょう?

先生の「成功者の告白」に面白い記述があります。

<大きな夢をもち、前向きに頑張れば必ず成功する。このような成功法則を私は信じてきた。そして、それは必ずしも間違いではなかった。その結果、私は豊かになった。でもハッピーエンドでは終わらなかった。>

何が起こったのでしょうか?

・子供たち(女の子と男の子)が、死にそうになる。

・家に帰ったら、奥さんがいない。ポストには離婚届が。

・社員3人が病気で倒れ、業務不能に。

・同志のコンサルタントが自殺。

などなど。

皆さん、こんな例を思いだしませんか?

・成功の頂点で大事故に会う。病気になる。死ぬ。

・本人は、誰もが「成功者だ!」と褒め称える人。でも、家族は事故や病気に。

・成功者と呼ばれ、本を出したら、数年後に倒産。

・カリスマ経営者の家庭は崩壊。愛人がたくさんいる。

・投機で巨額の利益をあげるも、早死に。

これらは、例外なのでしょうか?

いやいや、例外にしては、頻繁に起こりすぎですね。

私は、明確な目標を設定して、その実現にまい進する「西洋の成功哲学」の「副作用」だと思うのです。

▼西洋の成功哲学にまい進した歴女の衝撃

皆さん、白駒妃登美をご存知でしょうか?

「博多の歴女」と呼ばれる、美しく、気品のある女性です。

彼女は、子供の頃から毎日、西郷隆盛、吉田松陰、福沢諭吉と対話していたそうです。

(霊媒ではありません。心の中で対話していたという意味です。)

成長した白駒さんは、「西洋の成功哲学」にはまっていきました。

そして、神田先生もおっしゃっているように、それは効果があったのです。

<私は、アメリカ型の成功哲学でバリバリ生きていた頃、夢や目標は全部叶ったのです。こう見えて、意外に頑張り屋さんなので(笑)。夢や目標は叶いましたが、すごく大変でした。まるで下りのエスカレーターを頑張って駆け上っているような感じです。>

(幸せの神様に愛される生き方 白駒妃登美)

で、夢や目標をかなえて、白駒さんは幸せになれたのでしょうか?

<一つ目標が叶うと、「フーフー」と息切れしているのに、

「そこで満足したら人間の成長はストップする」と思うので、

「次は何? 次は何?」というふうに自分に鞭むち打って、

新しい目標を設定していたのです。

ですから、その頃は常に達成感や充実感に包まれていましたが、安心感や幸福感からは、ほど遠い毎日を送っていました。>

(同上)

達成感や充実感はあっても、安心感、幸福感はなかったと。

ところで、白駒さんに「成功の副作用」はあったのでしょうか?

これは、彼女が書いているのではなく、私がそう解釈している
のですが、

「大きな副作用」があったようなのです。

<体調がおかしいなと気づき病院に行ったら、なんと風邪さえひいたことのない私が、いきなりがんになっていたのです。>

(同上)

この時は、治ったものの、二年後に再発します。

まだ小学生の子供を二人抱える白駒さんは、「負けないぞ!」と決意します。

しかし、ガンは容赦なく、彼女の身体を蝕んでいったのです。

<この時、娘は小学校五年生、息子はまだ小学校に入学して間もない頃でした。

ですから、

「こんな幼い子を残してまだ死ぬわけにはいかない」

と思い、がんに対して戦闘モードでいました。

「絶対に打ち克ってやる」って。

ところが、戦闘モードでいる間は、私の場合、がん細胞がどんどん増えていったのです。>

(同上)

▼白駒さんに起こった奇跡

このまま幼い子供達を残して死んでしまってもおかしくなかった白駒さん。

ところが、彼女に大きな奇跡が起こります。

<結果から言うと、その半年の間に、奇跡が起きたのです。

抗がん剤治療を受けるために、私は入院手続きを済ませると、ほどなく検査が始まりました。

抗がん剤治療を受けるにあたって、治療直前の現状を詳しく見るためです。

治療前にこういう状態だったがんが、治療後にこれだけ小さくなりました、とわかるよう、目安にするのです。

すると、その検査を受けたところ、なんと、画像で見るかぎりは、がんがすべて消えていたのです。

跡あと形かたもなく。

それが、私が経験した一つ目の奇跡です。>(同上)

がんが消えた!!!!!!!

ごく稀にですが、あるんですね、こういうことが。

▼なぜ、ガンは消えたのか?

私たちも、「なんでガン、消えたの?」と思います。

白駒さんは、ご本人ですから、もっと考えることでしょう。

<それにしても、なぜがんは消えたのでしょうか。

その理由を、自分なりに考えてみました。

私は医者ではないので、医学的な根拠は何もわからないのですが、自分の中では何なんとなく、こういうことではないかと感じていることがあります。>

(同上)

おそらく、白駒さんは、ガンになる前と後で、何かが変わったのでしょう。

ガンになる前、彼女はこんな人生観で生きていました。

<若い頃は、日本が嫌いでした。

欧米に憧がれていて、生き方でも、例えば『マーフィーの法則』やナポレオン・ヒル、カーネギーといった、アメリカ型の成功哲学にどっぷりつかっていて、常に目標を持ち、それを追いかけてきました。>

<言ってみれば、「未来の目標を達成するための手段として、今を生きる」という感じで、私はずっと、そういう生き方をしてきました。>(同上)

その結果かどうかはわかりませんが、ガンになってしまった。

では、ガンになって白駒さんは、何に気づいたのでしょうか?

<けれども、本を出版するために日本の歴史、日本人の生き方を改めて振り返ってみた時、アメリカ型の成功哲学を実践して幸せになった日本人はいないのではないか、ということに気づいたのです。>(同上)

これは、ホントにそうか調べてみないとわかりませんが。

フィリックス・デニスも、同じようなことを証言していますね。

では、ガンになった後、白駒さんは、どう変わったのでしょうか?

<日本人には、成功法則ではなく、「幸せに成る」と書く、

「成幸」法則がたぶんあるのです。>(同上)

「成幸法則」???????????????

「なんじゃそりゃ?!」ですね。

白駒さんは、

「西洋の成功哲学的」生き方をやめて、日本本来の

「成幸法則」的生き方をするようになった。

それで、「ガンが消えたのでは?」と考えておられるのですね。

ところで、「日本の成幸法則」とは何でしょうか?

長くなりすぎますので、メルマガでは書ききれません。

興味のある方は、是非白駒さんの新刊、

●幸せの神様に愛される生き方 白駒妃登美

(詳細は→ http://amzn.to/2z3ULqd )をご一読ください。

私は既に読ませていただきましたが、メチャクチャ面白かったです。

 

★こんなふうに、ご紹介くださいました♪ 北野さん、本当にありがとうございます! 

2017-11-02 09:51:45

新刊『幸せの神様に愛される生き方』 本日、発売開始です♪

テーマ:歴史

『幸せの神様に愛される生き方』が、いよいよ本日、発売となります! すでに読書のすすめさんで200冊の先行販売があっという間に売り切れたので、まだ一般発売されていなかったということを忘れていました(笑) ちなみに読書のすすめさんでの取り扱いも明日、再開されますので、ぜひ店頭をのぞいてみてくださいね(*^^*)
博多の歴女と呼ばれる私が、7冊目にしてはじめて歴史の話がほとんど出てこない本を出版させていただきました。一番伝えたいメッセージは、ズバリこちら ↓ ↓ ↓
アメリカ型の成功哲学を追求し、強い心を持ってチャレンジしている間は、夢は叶いますが、逆に言えば、夢しか叶わないのです。「夢が叶えばいいじゃないか」と多くの人はおっしゃるでしょう。でも、自分の描いた夢が最高の人生であるということは、つまり、「夢」という言葉は美しく魅力的ですが、自分の限界を自分でつくっていることになるのではないでしょうか。人間の可能性は、そんなもんじゃない、私たちが描く夢よりも、私たちの潜在能力は、可能性は、もっと大きいと思うのです。
今まで歴史のエピソードを通じて伝えてきた“日本人の成幸法則”を、歴史のエピソードをほとんど交えずにズバリ表現しました。下記育鵬社さまのサイトで新刊に寄せる思いを語っているので、ご覧いただけたら嬉しいです♪

 

http://www.ikuhosha.co.jp/public/introduction07826.html

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-26 13:09:08

初めての国難。そのとき日本人はいかにして乗り越えたのか

テーマ:歴史

先日は、百人一首の一番歌の裏側にある、歴史秘話をお伝えしました。

 

一番歌を詠まれた天智天皇のお母様・斉明天皇は、新羅によって滅ぼされた百済の人々を大変気の毒に思われ、やむにやまれぬ思いから、朝鮮半島に出兵します。そのために前線基地が設けられた九州の朝倉(現在の福岡県朝倉市)で斉明天皇は崩御されるのですが、海を渡った日本軍も、不運に見舞われます。日本・百済連合軍は、朝鮮半島で唐・新羅連合軍に大敗を喫したのです。天智2(西暦663)年のことでした。

 

この戦いを『白村江(「はくすきのえ」、または「はくそんこう」)の戦い』といいます。斉明天皇は崩御され、戦いにも敗れた日本は、大ピンチ!

 

唐の日本侵攻に備え、九州北部に大野城(おおのじょう)というお城が築かれ、(みず)()と呼ばれる堤防が造られました。現在も福岡県内には、大野城や水城という地名が残っています。さらに国境を守る兵士たちが、東国から九州に続々と送られてきました。彼らを「防人(さきもり)」と呼びます。

 

防人の詠んだ歌が、日本最古の和歌集『万葉集』に数多く収録されていますが、この時期に古事記や日本書紀という歴史書や、万葉集という和歌集が編纂されたのは、ピンチに立たされた日本人が、これまでの国の歴史をまとめあげ、和歌に込められた日本の心を後世に伝えることで、自分たちの国を守ろうとしたのでしょう。

 

 『万葉集』を編纂したのは、武門の誉れ・大伴家を率いる大伴家持でした。彼自身が、大君を守るという強い信念と、大伴家が没落していく中で襲われた孤独感や憂い、そして大切な人々への溢れる思いなど、歌人として我が心を切々と詠みあげましたが、防人たちも、心は一緒でした。

 家族と別れるつらさ、ふるさとに残してくる子への尽きぬ愛情、そして国を守るという気概。これらは表裏一体をなし、国難に立ち向かう男たちを支えていたのです。

 

武門の誉れ・大伴家の総帥だからこそ、家持は彼らの思いが痛いほど理解できた。だから防人という名も無き民に対し、作者の名前をその作品とともに一人残らず万葉集に記すことで、彼らへの敬意を表したのでしょう。

 

国難を救った先人たちの中に、大伴部(おおともべの) (はか)()がいました。白村江の戦いで捕虜(ほりょ)となった博麻は、唐に送られ、驚くべき噂を耳にします。唐が日本に攻め入る準備をしている、と。このことを何としても本国に伝えなければいけないと思った彼は、自分の身を奴隷として売り、そのお金でほかの日本人を帰国させるのです。

幸い、唐は日本を攻めずに、国家存亡の危機は回避され、彼は約30年後に帰国を果たしました。彼の苦労を思うと涙が止まりませんが、こういう先人たちの祖国を思う心があったからこそ、今、私たちはこんなにも豊かな暮らしをしていられる。そのことを胸に刻み、次の世代に継承していきたいですね。

2017-10-18 17:20:37

境野勝悟先生 禅合宿@びわ湖 いよいよ開催です♪ あと数名様、参加できますよ~♪

テーマ:歴史

おはようございます♪ いやはや、怒涛の1ヶ月、なんとか乗り切りました! 講演の予定は、早ければ1年以上前に、遅くても2~3ヶ月前に決まります。毎年10~11月は、有難いことに、一年のうちでも最も多くご依頼をいただきます。ただでさえ予定がぎっしりの中に、新刊の刊行予定が重なり、もう連日寝不足で、吐き気がするほどでした。その怒涛の日々とも、お別れ。昨日、校了しました!
次なる私のビッグイベントは、今月末の境野先生の禅合宿♪ 境野先生と出会っておよそ8年、境野先生の教えを受ける中で、私は真の日本人になれた気がします。先生と出会っていなかったら、私は自分の性分に合わないアメリカ型の成功哲学に今でも邁進し、苦しい日々を送っていたかもしれません。
境野先生は、神奈川の名門・栄光学園の国語の先生をなさっていたので、源氏物語、徒然草など古典文学の解説はお手のものですが、それに加え、曹洞宗・臨済宗をともに極めた、禅の大家でもいらっしゃいます。源氏物語講座では、境野流の男学・女学が冴えわたり、禅の講座では、何物にもとらわれない、自由な心を表現してくださいます。日本人が幸せに生きていく上で、そのどちらも欠かせないと思うのですが、一度、境野先生に訊いてみたことがあるんです。「先生ご自身は、どちらの話をしている時が、より楽しいのですか?」と。
境野先生の答えは「両方だね。自分で言うのもなんだけど、そのどちらも、私にしかできない解釈だという自負があるからね」。唯一無二の講座を、こうして一生に何度も聞かせていただき、私は本当に幸せです(*^^*) でも、先生、生意気言っていいですか? 私は先生とたぶんとても近い価値基準を持っていて、先生のお話しになる内容は、私も発信できると思うんです(笑) でも、決して真似できないものがあります。それは、先生のかもし出す空気感です。会う者のすべてを魅了し、一瞬にして境野ワールドに引き込んでしまう、その空気感だけは、どうしても真似できないんです。
大好きな人たちと、あの空気感に包まれる幸せを分かち合いたくて、合宿を企画しました。10月28~29日、中江藤樹先生の生誕地・滋賀県で、「陽明学と禅のこころ」というテーマで開催します。日帰り参加も可能で、日帰り、宿泊ともに、あと5名さままで受け付けできます。今週末の桑名と岡山での塾で、おそらく定員に達してしまうと思うので、参加ご希望の方は、ぜひお早めにお申し込みくださいね! 
(詳細・お申し込み) https://goo.gl/forms/hRmJNJfFGedlgw1x2

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-18 17:11:52

新刊「幸せの神様に愛される生き方」出版記念イベントが決まりました♪

テーマ:歴史

新刊「幸せの神様に愛される生き方」の出版記念イベントの詳細が決まりました! 広島、京都、東京、福岡の各地で、皆様とともにお祝いできるのを楽しみにしておりますね。すべてのイベントで、ご参加の皆様に新刊をプレゼントさせていただきます。それぞれのURLより詳細・申し込みフォームに移動していただけますので、お申し込み宜しくお願い致します(*^^*)

 

★広島 2017年12月3日(日)14時 @広島市東区民文化センター

http://wp.me/p7YdZi-DW

 

★京都 2017年12月6日(水)19時 @京都駅前キャンパスプラザ

http://wp.me/p7YdZi-DY

 

★東京 2017年12月10日(日) 

 1回目 13時、 2回目 17時  @読書のすすめ

http://wp.me/p7YdZi-E1

 

★福岡 2017年12月16日(土)15時30分 @カフェパンデロー(福砂屋ビル2階)

 その後、18時より忘年会 

http://wp.me/p7YdZi-E3

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-18 17:04:56

百人一首の一番歌 ゆかりの地 「朝倉」

テーマ:歴史

秋の田の かりほの庵(いお)の 苫(とま)をあらみ わが衣手(ころもで)は 露にぬれつつ
 
これは、百人一首の一番歌。この歌を詠んだのは、大化の改新で知られる中大兄皇子、後の天智天皇です。

 

「かりほのいお」とは、農作業のための粗末な仮小屋のこと。「屋根を葺いた苫の目が粗くて隙間があるから、夜露が私の袖に落ちて、着物を濡らしているなぁ」という意味ですが、天智天皇が、そんな粗末な小屋で寝起きするわけはないので、「この夜露は農民たちを冷たく濡らしていることだろう…」と、民の暮らしを思う、優しい心を詠んだ歌と言われています。

 

ただ、これは私の想像ですが、もしかしたら、民に愛を注ぎながらも、天智天皇は深い悲しみの中にあり、涙で袖を濡らしていたのではないかなと思うんです。

今から1350年ほど前、天智天皇のお母様でいらっしゃる斉明天皇が皇位に就かれていましたが、その斉明天皇が、九州の朝倉(現在の福岡県朝倉市)で崩御なさいました。

 

なぜ飛鳥の都から遠く離れたこの地で斉明天皇が亡くなったのかというと、それは当時の朝鮮半島の事情が大きく影響しています。


朝鮮半島にあった百済(くだら)という国が、同じ朝鮮半島の新羅(しらぎ)に滅ぼされ、日本に助けを求めてきました。日本は百済と深い友好関係を結んでいましたから、ときの斉明天皇は、百済の人々を気の毒に思われ、百済の復興を願い、朝鮮半島に出兵することを決意します。そのための前線基地が置かれたのが、朝倉だったのです。

 

68歳と、当時としては高齢だった上に、心労や長旅の疲れが重なったのでしょう、朝倉に着いてたった2ヶ月で、斉明天皇は亡くなりました。

 

中大兄皇子は深く嘆き悲しまれ、喪に服されますが、その場所が、御陵山(ごりょうさん)の木の丸(きのまるでん)だったと言われています。御陵山の中腹には、恵蘇八幡宮という神社があり、地元・朝倉の人々から大変大切にされてきましたが、恵蘇八幡宮には斉明天皇と天智天皇が祀られ、その敷地には木の丸殿跡が残っています。

 

実は、百人一首の一番歌は、ここ朝倉で詠まれたと言われています。もしそうだとしたら、天智天皇の袖をぬらした露とは、涙のことだったのかもしれませんね。

私はこの歌がもともと好きでしたが、昨年、母を亡くしてからはさらに好きという気持ちが募っていって、シャープでクールな印象の天智天皇が、急に友だちになってくれたような気がしています(笑)

 

天智天皇の深い悲しみと、母宮へのかぎりない愛情が詰まった朝倉の地。この地は、歴史上、幾度となく水害に見舞われています。山に囲まれ、水運に恵まれ、九州の各地に繋がる朝倉は、要害の地でありながら、万が一戦いに敗れたとしても、陣をはらって落ち延びるのが容易でしたから、斉明天皇が前線基地に選んだのでしょうが、その地形は、ひとたび大雨に襲われると、大洪水に繋がる危険性をはらんでいたのです。

 

朝倉は百人一首一番歌ゆかりの地として、毎年、百人一首の大会を開催してきましたが、今年は、7月に起こった水害の影響で、その大会も中止となりました。

 

朝倉の復興を心から祈り、来年以降の大会の開催に期待したいと思います。

 

さて、斉明天皇による朝鮮半島への出兵。その結果がどうなったのか、そしてその戦いは日本人に何をもたらしたのか。次回のブログでお伝えしたいと思います♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-21 12:40:43

「高杉晋作、その知られざるエピソード」

テーマ:歴史

幕末の志士、高杉晋作が長州藩の歩む道を「倒幕」へと決定づけた、功山寺の挙兵。このクーデターの成功が大きな原動力となり、日本の歴史は明治維新へと突き進んでいきます。

 

決起の直前、高杉晋作は幕府に恭順姿勢を見せる長州藩の上層部に命を狙われ、関門海峡を越えて、九州に亡命しました。福岡の有名な女流歌人・野村 望東尼(ぼうとうに/もとに)を慕って、彼女の住まいである平尾山荘を訪ねるのです。

 

平尾山荘は、現在の福岡市中央区平尾という高級住宅街にあり、現在もその面影を残し、一般に開放されています。山荘の隣には資料館もあり、望東尼の人生をたどることもできます。

 

望東尼と晋作は、この時が初対面だったと言われています。

彼女は、一時期、京の都で和歌を学んでいましたが、そこで我が身も省みずに、日本の将来を憂えて国事に奔走する若き志士たちの姿を見て、感動するんですよ。それ以降、九州にやって来る志士たちの世話をして、志士たちの間では、お母さんのように慕われていました。その噂を聞きつけた晋作が、いわばアポなしで平尾山荘を訪ねたんですね。

 

そんな晋作を、望東尼は、何も事情を聞かずに、だまって置いてあげたそうです。晋作は長州藩に追われていたので、「谷 梅之助」という偽名を使いましたが、望東尼は、「いくら梅の花が雪の中に埋もれていても、香りまでは隠すことができない」という意味の和歌を詠むんですね。何百人もの志士たちを見てきた望東尼は、一目で、晋作がただ者ではないと見抜いたんでしょうね。

 

そして彼女が見込んだ晋作は、その後、歴史を動かしていくのです。

 

しばらく、晋作は望東尼の山荘で過ごします。10日ほどたったある日、望東尼は自らが縫い上げた着物を晋作に着せ、「あなたはこんな所でボヤボヤしている男じゃないでしょ! さっさと持ち場に戻りなさい」って、晋作のお尻を叩いたんですね。そうやって望東尼に送り出された晋作は、長州に戻って兵を挙げ、クーデターに成功します。

 

それが、功山寺の挙兵です。

 

禁門の変で、長州藩士とともに京の都を追われた公卿が、長府の功山寺に滞在していたので、晋作は彼らの元へ赴き、「これより長州男児の肝っ玉をご覧に入れ申す」と宣言し、月光さえ渡る雪道を進軍したと伝えられています(個人的に、私はこのシーンを、日本史名場面のトップ5に入れています、笑)。

 

このクーデターの成功から幕末維新史が一気に動いて行くのです。そしてついにあの強大な徳川幕府が倒れるわけですが、歴史のターニングポイントとなった「功山寺の挙兵」が、平尾山荘から始まったということ、意外に福岡の皆さんもご存知ないんですね。

その経緯を知って、誇りに思っていただけたら嬉しいなぁ♪

 

晋作と望東尼の関係は、その後も続いていきます。

 

実は、功山寺の挙兵に際して、晋作はあることを心に誓うんです。それは、「金輪際(こんりんざい)、“困った”という言葉を吐かない」というものでした。その決意があったからこそ、クーデターが成功し、歴史が大きく動いたのだと思いますが、でも、厳密に言うと、晋作はそれ以後、1回だけ「困った」と言ってしまいます。

 

晋作には萩の城下でナンバー1の美人といわれた奥さんがいて、晋作が病に倒れたことを知った奥さんが、一人息子を連れて、下関の晋作のもとを尋ねるんですよ。ところが、晋作の枕元には、恋人のおうのさんが常にいて、看病を続けていたんですね。

 

奥さんと恋人が鉢合わせしてしまい、晋作は困ってしまいます。10万の幕府軍を相手に、勝利をおさめるほど強かった晋作が、二人の女性の間でおろおろするなんて、晋作もかわいいと思いませんか(笑)

 

この時、晋作のピンチを救ったのが、望東尼なんです。二人の女性の間に入り、懸命に説得して、晋作との仲を取り持ったそうです。さらに、晋作は27歳という若さで亡くなりますが、彼の最期を看取ったのも望東尼です。

 

晋作の有名な辞世の句。

 

「おもしろき こともなき世を おもしろく 棲みなすものは 心なりけり」

 

この歌に関しては、さまざまな説がありますが、一般的には、上の句を晋作自身が、そして下の句を望東尼が詠んだと言われています。

 

 

晋作が27歳で亡くなった時、望東尼は60歳ですから、年齢的には、親子のような関係ですが、私はそれ以上に、国の行く末を憂える同志として、心の深い部分で繋がっていたのではないかと想像しています。

 

 

福岡から車で約1時間、功山寺には何度も訪れていますが、桜、新緑、紅葉…、どの季節も素晴らしいです。私は行ったことがありませんが、おそらく雪の季節も素敵なんでしょうね♪

 

そして、なんと功山寺を訪れると、晋作がが「これより聴取男児の肝っ玉をご覧に入れ申す」と宣言したお部屋にも、入れていただくことができます。晋作の魂が自分に乗り移ったような、不思議で素敵な感覚が味わえますよ!

 

これから旅をしたり歴史を学ぶには最適なシーズンを迎えますね。レンタカーを借りて平尾山荘から功山寺へ~♪ 晋作の気持ちに思いを馳せながらのドライブ、おすすめです! また関門海峡にのぞむ赤間神宮は、晋作を支えた下関の豪商・白石正一郎が晩年に宮司を務めています。

 

ああ~、また皆様をご案内したくなってきました(笑)

今年は新緑の季節にみんなで功山寺を訪れましたが、来年もまたみんなで訪れることができるように、いろいろ企画してまいりますね。

 

みなさま、ごきげんよう~(*^^*)

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。