11月9日(金)、
第44回社会保険労務士試験の合格発表日。
昨年は11月11日(金)が合格発表日でした。
合格して1年がたちました。
あっという間です。


本年8月開業の
社会保険労務士 馬場清事務所
情熱の社労士、馬場(ばんば)清です。



一旦このブログ
「自由を愛す、情熱の社労士」は完結したのですが、
受験生にエールを贈りたく、ブログを書いています。

試験が終わってからこの瞬間まで
本当に長いですよね。
お疲れ様でした。


第44回社会保険労務士試験の合格基準



笑う門には福来る



松下幸之助さんの言葉を贈ります。
「道をひらく」から






自分には自分に与えられた道がある。
天与の尊い道がある。
どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。
自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。
広い時もある。
せまい時もある。
のぼりもあればくだりもある。
坦々とした時もあれば、かきわけかきわけ汗するときもある。

この道がはたしてよいのか悪いのか、
思案にあまるときもあろう。
なぐさめを求めたくなる時もあろう。
しかし、所詮はこの道しかないのではないか。

あきらめろと言うのではない。
いま立っているこの道、
いま歩んでいるこの道、
ともかくもこの道を休まず歩むことである。
自分だけしか歩めない大事な道ではないか。
自分だけに与えられているかけがえのない道ではないか。

他人の道に心をうばわれ、
思案にくれて立ちすくんでいても、
道はすこしもひらけない。
道をひらくためには、
まず歩まねばならぬ。
心を定め、懸命に歩まねばならぬ。

それがたとえ遠い道のりのように思えても
休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。
深い喜びも生まれてくる。


応援お願いいたします。
下記、1クリックを!
感謝です


にほんブログ村

にほんブログ村




AD