1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年10月05日(水)

有終の美

テーマ:2016タイガース

まず、セリーグを制した広島カープとパリーグを制した日本ハムファイターズの首脳陣や選手ならびに関係者の皆様には心から「おめでとうございます」と。

そして、143試合を終えたタイガースの監督・コーチ、そして選手ならびに関係者の皆様には、「お疲れ様」と申し上げたい。

タイガースは シーズンの最後に 7連勝を果たし 4位になった。9月に入ってからの12試合で 3勝9敗となり、「最下位」の3文字が頭をよぎったが その後 7連勝を果たし、結果的には4位となりホッとしている。

そして、高山の新人王も決定的だろう。「終わり良ければすべて良し」という言葉があるが最後の7試合を7連勝した事は 来年に繋がってくれると信じている。

ただ、4位になった事で困った事が 一つある。それは今年のドラフト会議における指名順位の問題だ。

プロ野球ファンの多くは ドラフトはクジ引きだと思っている人も多いハズ。もちろん、1巡目の選手は 重複すればクジ引きになる。しかし、2巡目からはウェーバー制なのだ。


ウェーバー制とは、下位のチームから順番に選手を指名する事で、つまり、2巡目以降は、最下位のチームから獲得したい選手を指名していくのだ。

では、パリーグとセリーグでどちらの最下位チームが先に指名できるかとなるが、これは決まっており、昨年からその年の交流戦で多く勝利したリーグが先に選手を指名するルールになっている。

ここ数年、毎年のことになってしまったが、今年も交流戦はパリーグが多く勝利したのでパリーグの最下位であるオリックスから2位以降の選手を指名する事になる。その次がセリーグの最下位であるドラゴンズが指名する訳だ。

要は 1番から12番目の選手の指名が重複すればクジ引きだが 2巡目の指名である13番目の選手は まっ先にオリックスが獲得する事になる。14番目の選手は セリーグの最下位、ドラゴンズが指名するのだ。

3巡目の選手については反対にセリーグの優勝チームであるカープから指名する事になり、この方式に従ってタイガースは18番目の選手を指名し カープは24番目の選手と25番目の選手を指名する事になる。

仮に タイガースが最下位ならば全体で14番目の選手を指名できたのだが、実際には4位なので、18番目の選手を指名することになるということだ。

因みに昨年、タイガースが2位で指名した捕手の坂本は 実はジャイアンツが指名を予定していたらしい。しかし、指名順位が上位のタイガースが坂本を指名してしまった為に 小林に変わる捕手を獲得できず、ドラフト戦略の変更を余儀なくされた、という。

これは あくまで ネット裏で洩れ聞こえてきた噂なので、真偽は 定かではない。しかし、この話が本当なら 坂本が小林に変わり ジャイアンツの正捕手になっていた可能性もある、ということだ。とかくドラフトでは クジ引きばかりに注目がいってしまうが このように見えない所でもドラマが起こっている。

話を戻すと タイガースは 最後に まくって4位になった事で2巡目はスワローズや西武より後に指名する事になり 意中の選手をこの2チームに持っていかれる可能性がある。

Bクラスなら 4位も5位も一緒、という考えなら 何も無理して 4位にならなくても良いではないか、という考えは当然ある。現に Bクラスが決定したあるチームは ドラフトや来年を見据え、若手に切り替えて勝負を度外視していた。

一方でタイガースは 最後まで ベストメンバーを組み、投手もメッセンジャーや藤浪、岩貞といった主戦投手をつぎ込み、4位になった。仮に 最終戦を落としていれば 勝率でスワローズが4位となり ドラフトの指名順位がスワローズや西武より先になっていたのだ。

 
私は 当然、ドラフトの指名順位を鑑みる事も大事だと思うが今のタイガースにとっては 4位になる事の方が 大切だと思う。最後に7連勝した事が チームにも、そして若トラ達にも、良い影響を与えたと思っているからだ。

「自信を持つ」という事は 成功体験を積む事である。どんなに小さい事でも良いから成功体験を積む事が 「意欲」「根気」「向上心」に繋がる。反対に成功体験が無いと自信を失ってしまうのだ。

今シーズン、タイガースの選手の多くは 自信を失いかけていた。しかし最後に 勝てた事で 勝つ喜びを得て、来年は頑張ろう、という前向きな気持ちにさせたと思っている。

順風満帆な野球人生はない。監督の金本知憲を含めて こんなに辛いシーズンを経験したのは初めて、という人もいるだろう。この「有終の美」が 来年のタイガースに大きな力となると信じている。若トラ達の成長がチームの成長となる。来年のタイガースに大いに期待している。

さて、私のブログ読者の皆様、本年もご愛読頂き、ありがとうございました。また、たくさんのコメントも頂き、どれだけ力になったか 、心から感謝いたします。

いち解説者として 私ができるファンサービスは 私なりの野球観を書き綴る事だと思い、下手な文章ですが、一生懸命だけは忘れず、書いたつもりです。

そして、誤字脱字や「てにをは」の使い方をスタッフが丁寧に校閲してくれました。スタッフにも 心から感謝してます。

小中学校の頃、ろくに読者感想文も書けなかった私がこうしてブログを書いていることを当時の国語の先生が知ったらさぞや驚くと思います。

また来年、お会いしましょう。こんなブログで良かったら来年も読んで下さい。

読者の皆様の益々のご活躍とご健勝を心より願っています。


広澤克実
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2016年10月04日(火)

お知らせ

テーマ:ブログ

いつも当ブログご愛読いただきありがとうございます。
通常の更新が遅れておりましてご迷惑をおかけしております。

申し訳ありません。

次回の更新は明日の昼ごろまでにアップする予定です。

ご理解、ご了承のほど、宜しくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2016年09月26日(月)

Bクラスとは言っても

テーマ:2016タイガース
先週、タイガースは4連勝したのに対してドラゴンズは4連敗しドラゴンズの最下位が決まった。

レベルの低い話ではあるが タイガースは最下位を免れてホッとしている。Bクラスは決定しているものの 最下位よりは5位に、5位よりは4位になって欲しいと思っている。

そのドラゴンズだが 4年連続Bクラスというのは球団史上初の出来事らしい。しかも、最下位は19年ぶりという。

私の率直な印象としては「そんなに強かったのか」である。

私がプロ野球に入団したのが1985年である。この年の優勝チームがタイガースだ。タイガースが優勝をした日、神宮球場は黄色一色に染まり、ファンがグランドに降りてこないように警備員を増員してヤクルト球団は厳戒態勢をとっていた。

優勝が決まり、タイガースファンが歓喜する中、スワローズの選手は こっそりと クラブハウスへ引き上げた。その中に 私もいたのだが ここで 事件が起こった。

神宮が黄色一色に染まったとはいえ スワローズファンも少しだが 本拠地での胴上げ阻止を願い 一生懸命 応援してくれていたのだ。

にもかかわらず、情けない結果となり 怒りを抑えきれなかったスワローズファンがクラブハウスへ押し寄せて来たのだ。

「お前ら それでもプロか!」「土橋、出てこい!」と、その罵声は 凄まじかった。

我々は 早く クラブハウスから出て 帰途につきたかったのだが、立ち往生となり、押し寄せたファンが去るのを待っていた。

しかし、いっこうに収まらない。ついに我慢の限界を超えたあるベテラン選手が自家用車で クラブハウスから出て行ったのだ。待ってましたとばかり、ファンは群がりそのベテラン選手の車をボコボコにしてしまったのだ。

十数名の警備員と数名の警察官が止めに入り、やっと 騒動が収まったのだが 「大変な所に来てしまったんだな」とルーキーだった私は 先行きの見えないチームと私自身に失望感というか、絶望感というか、なんとも言えない気持ちになってしまった。

その時の5位のチームがドラゴンズだった。翌年もスワローズは最下位になり、5位も やっぱり ドラゴンズだった。当時、Bクラスは スワローズとドラゴンズ、そして 大洋ホエールズだった。

その時の印象があまりにも鮮烈だったので、ドラゴンズに対し「そんなに強かったのか」になったのだと思う。

ところが 1987年に星野仙一氏が監督になってからドラゴンズは ガラッと様がわりするのだ。この年、いきなり2位になり翌88年には リーグ優勝を成し遂げた。

スワローズと大洋ホエールズは 相変わらず Bクラスの常連で そこに ドラゴンズに変わり タイガースがBクラスの仲間入りをするのだ。

ところが、そんなBクラスの常連だったスワローズとタイガースが1992年にリーグ優勝を争うことになる。そしてこの時の最下位のチームがドラゴンズだった。この時のことも明白に覚えていたこともあり、19年ぶりの最下位と聞いて 驚いている。

最近、あるドラゴンズのOBは どこに行っても「ドラゴンズ、大丈夫ですか?」と聞かれると言う。

落合GMと谷繁前監督との不仲説やFAの権利を取得した選手に対しオーナーが「代わりの選手は いくらでもいる」と発言したことなどに 心配、危惧しているのだと思う。

オーナーの発言の真偽は分からないが 本当に この様な発言をオーナーがしたのならば、チームの崩壊と言われてもうなずける。

本来、ドラフトで指名をするという事は その選手の人生を左右する事にもなるわけで 球団には それなりの責任もあるはず。そんな中、FAを取得するという事は チームに貢献した証でもある。そんな貢献者に対して「代わりの選手は いくらでもいる」では、これを聞いた他の選手も含めてモチベーションが上がる訳がない。

繰り返しになるが、真偽のほどは定かではない。しかしこんな話が漏れ伝わってくること自体、寂しい限りである。

ドラゴンズでFA権を取得した平田や大島には 短気を起こさず 冷静な判断をして欲しいと思う。


さて、タイガースだが ここに来て 藤浪やメッセンジャーのピッチングが素晴らしい。もちろん、優勝を成し遂げ 間延びしているカープと戦意をなくしているドラゴンズに対してなのだが、それにしても 本当に 素晴らしいピッチングだった。

ストレートの威力や変化球のキレが抜群だった。この二人、あと1試合ずつは 投げると思う。レベルの低い話ではあるが 少しでも上の順位でもある4位を目指し、「終わり良ければすべて良し」ではないが有終の美を飾って欲しい。

ここまで来たら、とにかくチームが4位になり 高山が新人王を獲る事を願っている。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み