ひろぽんのブログ

もうあと少しで人生半世紀。このままずるずるとサラリーマンで終えることを良しと思っていないけれど、なかなか重い腰をあげられないひろぽんのブログ。
Facebookページはこちらです。https://www.facebook.com/hiroyasu.tsuchiya.5


テーマ:
英語ができない日本人、というフレーズはいつ頃から言われ始めたのだろう?
高度経済成長期、自分はまだ幼稚園児、小学生児童であったが、そんなことはついぞ聞いたことが無かった。英語ができないどころではなく、逆に妙で下手な英語を堂々と発していたのではないかと記憶している。Oh no !などが代表的で、「クイントリックス」を何度も発音しなおしさせられるのだが、自信をもって日本語的な英語で押し通したテレビCMが思い出される。

バブル経済華やかなりし80年代、自分は大学生活を謳歌していたが、外資系を目指す同級生が意識高い感じだったが、多くの学生は英語に関してはそれほど意識していなかったと思う。

やはり英語についてあれこれ言われ始めたのはバブル経済崩壊後ではないかと思う。つまり、国外へ打って出ないと、少子化や高齢化社会を迎え、などのうたい文句で、猫も杓子も海外に目を向けないとろくなことにならんという前提で、それならやはり英語が必須というわけだ。

それでも当時、多くの日本人は「日本人は英語ができない」などとはあまり気にかけていなかったように記憶している。おそらくそんな現状にビジネスチャンスを見出したのが多くの英語教材の会社だろう。英語?まあなんとかなるでしょうの層にターゲットを絞って「英語ができないと・・・」と危機感を煽って教材を買わせる戦略に出た。と同時に時代は「自然に」「知らず知らずの内に」が好きな日本人の傾向をがっちりつかんだあるCD教材がバカ売れ。ゴルフのスター選手のCMも相まって今でも相当売れているのではないか?

韓国はウオン危機の後、マジに危機感を感じて、国策として海外に資本投下して英語スピーカー人口を増やすべき努力した。それが功を奏したのか、韓国の名だたる企業がややもると日本の同業種を凌駕する勢いである。もちろん英語だけが要因ではないが、英語が話せる、聞ける、解るということはビジネス上で非常に不可欠だということがわかる。

さて、日本。これだけ英語に取り組めば、流暢とは言い難いが、なんとかコミュニケーションが取れるぐらいにはなるはずだが、「それでも会話が続かない日本人」を謳い文句に「聞き流すだけでは英語は出来ない」などの、もう笑ってしまうぐらいわかりやすい戦略に乗せられ、買い捲る教材コレクター達。いい加減に目を覚ませよと、いかにも殊勝な内容のウェブサイトでさえ、結局はインフォームドコンセントが出来ていない英語学習者の心の隙間に付け込み、教材を買わせる始末。

大学も授業を英語だけにするだとか、TOEICやTOEFLを入試に利用するだとかの付け焼き刃的な対応しかせず、英語スピーカーがどれだけ増えたのか疑わしいものだ。かえって、英語に対して引き気味になっている人を増やしているのではないかとさえ思えるのだ。

日本人は読み書きはできるが、のうたい文句も怪しいもので、むしろこちらの方を今一度取り組んでみる価値があると思うのだが、どうだろうか?良い文章を読むと話す言葉も洗練されてくるのではないかと思うのだが、経験上そう感じている。書くことも同じで、相手に簡潔に事態を伝える工夫は会話においても活きてくるはず。

英会話英会話の大合唱に煩わされないで、英語学習者は今一度、読み書きに立ち返って学習しなおしてみたらどうだろうか?もちろん会話を意識して。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
また夏が来る。
例年通りセブへ行く予定だが、
今年は2年ぶりのバンコクに行ってからにしてみようと思う。
前回は大学の後輩の小田君の案内で、
老舗のタイ料理の店で料理を堪能できた。
また、FBフレンドの女の子に王宮含めて市内観光に付き合ってもらった。
途中スコールにも遭ったが、雨が上がると太陽が照りつけて濡れたシャツを乾かしてくれた。

ここ数年アジアに集中しているせいか、昔よく行ったヨーロッパに気持ちが傾いている。
ただ、欧州の現状を考えると、いつテロの余波を受けるとも予測できない。
臆病な自分は、そんな渦中に入っていけないのだ。
これまで相当多く海外滞在をしてきたが、全くのノーアクシデントは自分の臆病さに依るものだと思っている。危ない地域に入って「なんともなかったよ」と「危ない行為自慢」をしているアホな連中の気が知れない。

また、滞在型の旅行が続いていることもあって、バックパック背負ってある程度長い距離を旅してみたい気持ちもある。インドネシアのどこかに降りて陸路、海路でマレーシアに上陸し、そこから鉄道で北上するルートだ。また、その逆も良いだろう。

まだ、航空券の手配はしていないが、案外今言っていることと全く違う行先のチケットを買ってしまうかもしれない(笑)







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
SARABAH東京にて開催された55周年記念ライブは超満員の盛況。
当初寒いかなと思われた会場でしたが、次第に熱気でムンムン。私も上着を脱いで半袖姿で鑑賞。
ライブは歌だけではなく、軽妙なしゃべりの司会者の話術も手伝って、トークショーさながらでもありました。
取り急ぎ曲目だけアップします。

第一幕
・砂に消えた涙
・ヴァケイション
・子供ぢゃないの
・すてきな16歳
・想い出の冬休み
・ムーンライト・セレナーデ
・イパネマの少年

第二幕
・レオのテーマ
・渚のうわさ
・人形の家
・私が死んだら
・ロダンの肖像
・薔薇の革命
・悲しい恋をしてきたの

アンコール
・ホワイトクリスマス
・ひいふうみいよう(合田さんビアノ伴奏)


次回は2月18日です。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。