ひろぽんのブログ

もうあと少しで人生半世紀。このままずるずるとサラリーマンで終えることを良しと思っていないけれど、なかなか重い腰をあげられないひろぽんのブログ。
Facebookページはこちらです。https://www.facebook.com/hiroyasu.tsuchiya.5


テーマ:
先週土曜日、FB広告を見てピンときたカイロプラクティック院に行ってきました。
目黒駅で降りたことは無いと思っていたけれど、20年ほど前の目黒雅叙園での結婚式、披露宴で御呼ばれした時以来でした。その時は西口から出たためか、東口の光景が初めてだったからそう感じたのだと思います。

さて、目指す治療院は駅からチンタラ歩いて10分もかからないところにあります。目黒通りは横断歩道が何故か少なく、交通量もそこそこ多いので、まずは駅を出て右に進み、横断歩道を渡るべきでした。渡らずに目黒通りを直進したため、遠回りとなってしまった。

まあ、それは良いとして、それでも予約時間より30分も早く到着してしまい、時間つぶしに近くのコンビニで立ち読みして時間をつぶした。雑誌だけではなく、書籍類がそこそこ充実していて、もう少しで買ってしまうところだった。

治療前に問診票にいろいろ書き込むのだが、自分なりに用意してきた症状一覧も加えて記入してみた。治療に入るとそれをじっと読みながら今度は先生との問診。これは大事なところだ。
まず立ち姿勢を見るのだが、骨格、姿勢、筋肉の付き方等まったく申し分ないとのこと。均整のとれた発達をしていて、トレーニングがうまく行われているとお褒めの言葉をいただきました。
それでも、実際に施術に入りますと、骨格ではなく、個別の筋肉や筋肉の骨への付着部に凝りや硬縮があり、それらを涙が出るほどほぐしてくださいました。

小胸筋の烏口突起への付着部、腰方形筋の骨盤への付着部の痛さは筆舌に尽くしがたいもの。その後モビリゼーションという手法で腰椎周辺の動きをスムーズにしていただきました。実際に骨にかける治療は次回以降というお話でしたが、2か所が思いのほか解れたため、モビリゼーションまでしていただいたのだと思います。

帰宅して検索してみたところ、この2つの筋肉はそこそこポピュラーな筋肉で、なぜいままで気が付かなかったのかが不思議なぐらいです。この治療院には2週間に1回通いますが、今まさに克服すべき硬化した部位については鍼治療で対応して行こうと思います。

2つの筋肉についてセルフでほぐせないかと検索してみましたが、ほぐれ過ぎが恐いので、やめにしておきます(笑)

腰方形筋の図:自分の場合骨盤付着部が硬化している




小胸筋の図:停止(烏口突起)部分が硬化している


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日、ボディビルダーの山本義徳氏のメール指導を受けた。
https://www.reallife.co.jp/products/detail.php?product_id=49

質問事項を送ってすぐさま返信があって驚いたが、質問内容は以下の通り。

交通事故による後十字靭帯損傷の場合の脚のトレーニング
チンニングやディップスの効果的な取り組み方
ベンチプレスの最適本数セット

回答内容はここには書けないが、目から鱗とはこのことだと回答を見て感じた。
早速、必要な器具をネット購入。
再びトレーニングへの熱意がよみがえってきた。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
英語ができない日本人、というフレーズはいつ頃から言われ始めたのだろう?
高度経済成長期、自分はまだ幼稚園児、小学生児童であったが、そんなことはついぞ聞いたことが無かった。英語ができないどころではなく、逆に妙で下手な英語を堂々と発していたのではないかと記憶している。Oh no !などが代表的で、「クイントリックス」を何度も発音しなおしさせられるのだが、自信をもって日本語的な英語で押し通したテレビCMが思い出される。

バブル経済華やかなりし80年代、自分は大学生活を謳歌していたが、外資系を目指す同級生が意識高い感じだったが、多くの学生は英語に関してはそれほど意識していなかったと思う。

やはり英語についてあれこれ言われ始めたのはバブル経済崩壊後ではないかと思う。つまり、国外へ打って出ないと、少子化や高齢化社会を迎え、などのうたい文句で、猫も杓子も海外に目を向けないとろくなことにならんという前提で、それならやはり英語が必須というわけだ。

それでも当時、多くの日本人は「日本人は英語ができない」などとはあまり気にかけていなかったように記憶している。おそらくそんな現状にビジネスチャンスを見出したのが多くの英語教材の会社だろう。英語?まあなんとかなるでしょうの層にターゲットを絞って「英語ができないと・・・」と危機感を煽って教材を買わせる戦略に出た。と同時に時代は「自然に」「知らず知らずの内に」が好きな日本人の傾向をがっちりつかんだあるCD教材がバカ売れ。ゴルフのスター選手のCMも相まって今でも相当売れているのではないか?

韓国はウオン危機の後、マジに危機感を感じて、国策として海外に資本投下して英語スピーカー人口を増やすべき努力した。それが功を奏したのか、韓国の名だたる企業がややもると日本の同業種を凌駕する勢いである。もちろん英語だけが要因ではないが、英語が話せる、聞ける、解るということはビジネス上で非常に不可欠だということがわかる。

さて、日本。これだけ英語に取り組めば、流暢とは言い難いが、なんとかコミュニケーションが取れるぐらいにはなるはずだが、「それでも会話が続かない日本人」を謳い文句に「聞き流すだけでは英語は出来ない」などの、もう笑ってしまうぐらいわかりやすい戦略に乗せられ、買い捲る教材コレクター達。いい加減に目を覚ませよと、いかにも殊勝な内容のウェブサイトでさえ、結局はインフォームドコンセントが出来ていない英語学習者の心の隙間に付け込み、教材を買わせる始末。

大学も授業を英語だけにするだとか、TOEICやTOEFLを入試に利用するだとかの付け焼き刃的な対応しかせず、英語スピーカーがどれだけ増えたのか疑わしいものだ。かえって、英語に対して引き気味になっている人を増やしているのではないかとさえ思えるのだ。

日本人は読み書きはできるが、のうたい文句も怪しいもので、むしろこちらの方を今一度取り組んでみる価値があると思うのだが、どうだろうか?良い文章を読むと話す言葉も洗練されてくるのではないかと思うのだが、経験上そう感じている。書くことも同じで、相手に簡潔に事態を伝える工夫は会話においても活きてくるはず。

英会話英会話の大合唱に煩わされないで、英語学習者は今一度、読み書きに立ち返って学習しなおしてみたらどうだろうか?もちろん会話を意識して。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。