先憂後楽

テーマ:

鍵山秀三郎氏の心に響く言葉より…

 

 

最近、私がとくに憂慮していることは、「個(私)」だけが肥大化し、「衆(公)」がないがしろにされている社会の風潮です。

 

一例として、電車内でのマナーがあります。

 

一見して健康体の人が、われ先に座席を奪い合う光景。

 

 

また、混雑しているにもかかわらず、人込みをかけ分けて先行く人の姿。

 

いずれも見るに堪えません。

 

少なくとも、かつての日本人はそんな「個」を限りなく小さくして、人への迷惑を気遣ってきました。

 

反対に、周囲へ配慮して「衆」を大きく育てるような生き方を普通にしていました。

 

 

ところが昨今、そんな「日本人の美徳」が影を潜め、「個」だけが肥大化しています。

 

もともと小さかった「個」が大きくなると、「個」と「個」がぶつかり合って衝突の原因になります。

 

昨今の風潮は、まさにこの状態が現象として顕在化しているのではないかと思います。

 

 

その原因はひとえに、楽しみを先取りする価値観が横行しているからです。

 

その点、かつての日本人は、楽しみを先へ先へと先送りする生きる知恵を身につけていたように思います。

 

 

本来、楽しみと苦しみを同時に味わうことはできません。

 

楽しみを先取りすることは、苦しみを先送りすることにほかなりません。

 

その分、「衆」をないがしろにする風潮が蔓延してきた。

 

この憂慮が、私一人の杞憂(きゆう)に終わればいのですが…。

 

 

困難にも感謝する』PHP

 

 

 

「先憂後楽(せんゆうこうらく)」という、中国の「岳陽楼記」の中にある言葉がある。

 

人々より先に天下国家のことを心配し、人々が楽しんだ後で自分が楽しむ、という政治を行うものに対する心構えを説いたものだ。

 

また、先に苦労をしておけば、後々、楽しむことができる意味でもある。

 

東京と岡山にある庭園「後楽園」の語源。

 

 

人々を先に楽しませ、自分の楽しみは後回しにするということができなければ、人の上に立つことはできない。

 

そこには、「無私」という私心がないことが必要だ。

 

俺が俺が、という「我(エゴ)」が出てしまうような「利己心の強い人」は無私の心にはなれない。

 

 

私心を去ることができれば、公を大事にすることができる。

 

私心を去り、先憂後楽の気持ちで生きてゆきたい。

 

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

永続することが大事

テーマ:

伊那食品工業会長の塚越寛氏の心に響く言葉より…

 

 

経営の目的は「社員の幸福と、社員の幸福を通じての社会貢献」です。

 

企業は、永続的に安定成長することによって、より多くの人びとを幸せにすることができると考えてやってきました。

 

ゆるやかな末広がりの成長を続けて、永続する企業であること。

 

これが私の理想像です。

 

 

末広がりを「八の字経営」とも呼びます。

 

前を向いて両手を広げて立つ、大らかな感じ。

 

閉塞感がなく、夢や希望に満ちている状態です。

 

常に末広がりであることは、ゆるやかに、かぎりなく成長をつづけていくという意味です。

 

 

末広がりの成長をイメージしながら経営判断を積み重ねていけば、生産設備の無理な投資や、それによる供給の過剰を抑えられます。

 

資源の有効利用や二酸化炭素の排出削減など、生産活動を環境問題に矛盾なく適合させることができます。

 

 

末広がりを志向するならば、若いときのスタートは、むしろ低いほうがいいでしょう。

 

必ずしも景気のいい会社に勤める必要はなく、若いときの努力が無駄にならない会社や業界かどうかを、判断したほうがいいかもしれません。

 

恵まれない状態からスタートすれば、将来は末広がりになっていくはずです。

 

人一倍に苦労をして考え、人の話に耳を傾けて学ぶ謙虚さが身につくからです。

 

 

新訂 いい会社をつくりましょう』文屋

 

 

 

 

 

 

 

 

会社を永続させようと思うなら、取るべき経営の方向は自(おの)ずと決まってくる。

 

たとえば、事業を一気に急速拡大する戦略をとるなら、リスクが多すぎて、100年、200年と続く会社にするには難しい。

 

逆に、コツコツと内部充実をはかり、会社を財務的にも、組織的にも筋肉質にしていくこと。

 

それは、不況や天変地異があってもびくともしない会社。

 

 

松下幸之助翁のいう「ダム式経営」だ。

 

ダム式経営とは、ダムがいつも満々と水をたくわえているように、不測の事態に備えて、資金も人材も蓄えておかなければならない、というもの。

 

そうすれば余裕を持った経営ができる、と。

 

 

そして同時に、企業を永続するためには、働いている人一人ひとりが幸せになり、そのことによって、まわりも幸せになっていくこと。

 

まさに、アメリカのサウスウエスト航空の企業ポリシーがそれだ。

 

それが、「お客様第二主義、従業員第一主義」。

 

そのことによって、サウスウエスト航空は、40年もの間、黒字経営を継続している。

 

 

従業員を幸せにすれば、顧客も、地域社会も、取引先も自然と幸せになっていく。

 

だが、その逆は難しい。

 

 

それは、王道と覇道(はどう)の違いでもある。

 

『王道とは、努力多くして、「利」少ない道。 覇道とは、努力少なくして、「利」多い道』

 

 

長く続く「いい会社」をめざしたい。

 

 

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

笑うから楽しくなる

テーマ:

中村天風師の心に響く言葉より…

 

 

《悲しいことや辛いことがあったら、いつにもまして、笑ってごらん。悲しいこと、辛いことのほうから逃げていくから》

 

 

いいですか、常に積極的な心をもって応じ、歓喜の念をもって接するようにすれば、こころはいたぶられないんです。

 

といっても、なかなかできない人も多いでしょうから、いちばん簡単な方法を、いまからお教えします。

 

 

いいですか、なにか悲しいこと、辛いこと、そのほか消極的な出来事があったら、努めて「笑う」ようにしてごらん。

 

どうだい、これならあなた方でもできるだろう?

 

多く言うまでもなく、笑えば心もちは、何となくのびのびと朗(ほが)らかになります。

 

すなわち鬱(うつ)な気が開けるんです。

 

あなた方も、笑えばこう、なんとなく楽しくなってきやしません?

 

 

ためしに、おかしくもなんともないときに、「アハハ」って笑ってみてごらん。

 

なんだかおかしくなってくるから。

 

 

悲しいときや辛いときにも、おかしな話に引きこまれると、なんだか笑っているうちに悲しいのや辛いのを忘れはしなくても、やわらいだっていう経験おありでしょう。

 

笑うにつれ腹がたってくるとか、悲しくなってくるとか、辛くなってくるってことは、絶対にないんです。

 

この簡単な事実を、案外にも多くの人は見のがしていやしませんか。

 

この笑いの効用を応用すれば、すこぶるいい結果を人生に招くことができるんですよ。

 

このことに気づいている人が少ないようですなあ。

 

 

考えてみればすぐおわかりになられることなのですが、そもそもこの笑いというものは、生きとし生けるすべての生物の中で、われわれ人間だけに与えられている特殊の作用なんですぜ。

 

ほかの生物の世界には、人間のように笑うという表情をもって、心の喜びをさかんに表現する特別の作用はだんぜんありません。

 

こうした事実を厳粛に考えますと、笑いというのは人間のみ与えられた特権だってことがわかるでしょう。

 

 

昔から言うでしょう、「笑う角には福きたる」ってね。

 

さあ今日から、努めて笑うことにしましょうや。

 

とくに悲しいことやつらいことがあったら、いつにもまして悲しいこと、辛いことのほうが逃げていくから…。

 

 

君に成功を贈る』日本経営合理化協会

 

 

 

 

「楽しいから笑うのではない。 笑うから楽しいのだ」

 

ウィリアム・ジェームズ (アメリカの心理学者・哲学者)の有名な言葉だ。

 

 

『脳は、先に口にした言葉に対して、不条理・不合理を認めず、合理的な事実に当てはめて解釈しようとする働きがあります。

 

先に「ありがとう」と言ってしまうと、その瞬間から、脳は「ありがとう」を探しはじめるようにできているそうです』

 

小林正観さんの言葉だ。

 

 

これは、「笑い」も同じ。

 

笑えば、笑う材料を脳は探し始める。

 

すると、もっと笑いたくなるような状況がやってくる。

 

 

多く笑えば、人生はもっと楽しくなる。

 

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

「よくなる」前提で生きる

テーマ:

斎藤一人さんの心に響く言葉より…

 

 

誰がなんと言おうと、明らかに世の中はよくなっています。

 

松下幸之助さんの話ではありませんが、宇宙はちゃんと生成発展している。

 

たとえば今より少し前、江戸時代のことをちょっと考えてみましょう。

 

江戸時代は将軍様の家にだって、扇風機なんかありませんでした。

 

冷蔵庫もなかった。

 

その時代から少しずつよくなってきて、今はどの家にも冷蔵庫があります。

 

扇風機どころかクーラーだってあります。

 

いつの間にか、私たちは将軍様よりいい暮らしが送れるようになっているんです。

 

江戸時代に生まれなくてよかったですね。

 

 

この世の中にはどんなにいいことを並べられても、不安に思ってしまう不安症の人がいるんですね。

 

つまり、「世の中はどんどんダメになっていく」と考えるタイプの人間です。

 

そういう人はつねに不安に思うから、足がすくんで動けなくなってしまう。

 

動けないと行動ができないから、運が回ってこない。

 

そして不安に思うから不安な生活がきちゃうんです。

 

 

行動しないということ自体が、自分の未来を閉ざしてしまう。

 

だからもし、自分が不安症の人間だと思ったら、

 

「自分が考えている悪いことは、本当は50分の1くらいしか起きないんだ」

 

と思うようにしたらいいんです。

 

 

要するに「50倍にふくらませて感じているのだ」と自分に言い聞かせる。

 

そのことを意識するようになると、過剰反応している自分がだんだんバカらしくなってきて、そのうち不安に感じるのをやめるようになります。

 

本当は人生に困ったことは起きないんです。

 

だって自分の人生は自分の責任で決めているんだから、自分でも処理できないような困ったことなんて起こるはずがない。

 

 

世の中は生成発展するようにできているんです。

 

その流れに素直に乗っていればいい。

 

今の世の中は江戸時代には戻りません。

 

生成発展しているんですから。

 

100年前はもっとひどかった。

 

200年前はそれよりもっとひどかった。

 

時代は戻りません。

 

世の中はよくなるようにできているんです。

 

 

「よくなる」と思い込んでいれば、別の何の問題も起きません。

 

「よくなる」と思っているから、よくなるように生きるし、よくなる道も見えてきます。

 

でも「よくならない」と思っている人は、「よくならなかったらどうしよう」と思うので、足がすくんで行動できません。

 

 

行動できないから、変われない。

 

変われないから、運勢が悪くなる。

 

「よくなる」前提で生きるのか、「よくならない」前提で動くのか。

 

決定的な違いですね。

 

 

もちろんこれからだって、地震はくるし、台風も襲います。

 

だけど、昔は地震がきても放っておかれた。

 

今は仮設住宅をつくってくれます。

 

年金が安いと言ったって、昔は年金なんてなかった。

 

ほら、やっぱりよくなっているでしょう?

 

 

「このまま行くと、ダメになっちゃう」じゃなくて、「もっとよくなる」なんです。

 

それを信じるか信じないかだけ。

 

 

変な人が書いた 人生の哲学』PHP研究所

 

 

 

 

 

未来には希望がある、と思えば、どんな希望があるのか、明るい未来があるか、を探す。

 

しかし、未来には希望はない、絶望だらけだ、と思うなら絶望することを、いくつもいくつも探し出してくる。

 

 

人は、自分が信じるものに焦点をあて、そこにスポットライトを照らす。

 

そして、それだけしか見えなくなる。

 

だから、テレビやネットで、悲惨な事件や腹のたつ出来事ばかり見ている人には、似たような情報がどんどん入ってくる。

 

反対に、明るい話題や、未来の可能性に興味がある人は、夢のある情報がどんどん入ってくる。

 

 

「よくなる」前提で、人生を前向きに生きていきたい。

 

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

熱意を持つ

テーマ:

田中真澄氏の心に響く言葉より…

 

 

「成功というものには、いろいろな要素があるが、そのなかでとくに大事なもの、それは熱意だと思う」

 

とデール・カーネギーはいっている。

 

ご存じのように、デール・カーネギーは世界のベストセラー『人を動かす』の著者であり、いまも続いているデール・カーネギー講座の創設者である。

 

1955年、67歳で亡くなるまで、カーネギーは、全米一の社会教育家として、その名は広く知られていた。

 

彼が亡くなったとき、「ニューヨークタイムズ」は、1ページを割いて追悼の記事を掲げている。

 

それだけ、彼の残した足跡は大きかったといえる。

 

 

カーネギーの文献や講座の本質は“熱意”だといわれている。

 

その彼が存命中、よく講演をともにした人がフランク・ベドガーである。

 

ベドガーは、生命保険業界の人たちの愛読書『私はどうして販売外交に成功したか』の著者である。

 

このベドガーは、1888年にフィラデルフィアに生まれた。

 

貧乏な家庭に育ち、ほとんど小学校さえも満足に卒業しないで、苦労した人である。

 

うだつのあがらない保険セールスマンだった彼が、デール・カーネギーの演説講習会にたまたま出席したのが転機になった。

 

カーネギーによって熱意の精神を植え込まれた彼は、それ以来、人が変わったように熱意の人になった。

 

そして、ついに全米一の保険セールスマンになっていったのである。

 

 

彼はいっている。

 

「世の中で熱意以上に大切な要素はないと思う。

 

そしてこれが重要視されるのは、おそらくこういう素質をもつ者が少ないからであろう。

 

どうすれば熱意がもてるのか。

 

それは唯一つ、『熱意の人になるには、熱意をこめた活動をせよ』というのがそれである」

 

 

アメリカには、ポップ・フィロソフィーという哲学のジャンルが確立されている。

 

大衆に役立つ哲学という意味であり、生活実践哲学といっていい。

 

カーネギー講座などは、その代表的なものである。

 

 

日本でも、学校教育の現場で、もっとポップ・フィロソフィーがとりあげられてもいいのではないだろうか。

 

私は、高校生とその父兄を前に、幸福になるための実践哲学を講演することがある。

 

どうしたら熱意をもてるのか、どうしたら明るい行動がとれるのか、どんな人生観をもったらいいのか、といった内容を幸福と結びつけて話す。

 

学校側は終了後、全員に感想文を書かせる。

 

私もそのいくつかを見せてもらったことがある。

 

みんなは、私の動作・表情・姿勢から、何かを学びとってくれるようである。

 

ある女生徒は、こう書いていた。

 

「講師が、汗びっしょりで一所懸命に話しているのに驚いた。

 

あんなに年をとった人でもがんばっているのだから、私も、もっと真剣に勉強しなければいけないと思った」

 

仕事も教育も、原点は熱意をもってやることだと、この生徒の一文で確信を得た。

 

 

[改訂新版]心が迷ったとき読む本』PHP研究所

 

 

 

 

 

昨今は、無我夢中で熱くなってやる人を、カッコ悪いと思うような風潮がある。

 

そして、クールで表情には出さず、がむしゃらさを見せないような人がカッコいいと思ってしまう。

 

 

松下幸之助翁は、「熱意」について多くの言葉を残している。

 

「なまじ知識があると、しゃにむに突進する気迫が、のうなります。

 

しかし“断じてやる”と決めて、やってみれば、案外できるものです。

 

鉄をも溶かす熱意があれば、何とか知恵がわくもんです」

 

 

頭で考える理屈の人からは、熱意は伝わってこない。

 

吉田松陰はそれを「狂愚まことに愛すべし、才良まことにおそるべし」と言った。

 

狂愚とは、常軌を逸して愚かなことの意だが、熱情に突き動かされて行動したり、情で動いたリ、感極まって動くような人のこと。

 

才良とは、行動もしないで、ただ理屈や理論を振りかざす、頭でっかちの人のこと。

 

狂愚の人からは熱意がほとばしり出ている。

 

 

熱意の人でありたい。

 

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/