『一期一会』

あるがままでありたい。




テーマ:

こんにちは

実は先日スーパームーンを見ていた時に、たっくさんのUFOを見ました。勿論すぐに写真を撮ったんですけれども曇っていたし携帯からだったので上手く撮れなかったのですけれど
あの日の昼間は電波も届かない山奥(笑)で宇宙の変化を愉しんできたのですが、太陽からのエネルギーが半端じゃなくて不思議な体感をしてきました。

私たちは自然の一部であり宇宙の一部。そして光であると。

つくづく感じております。

理屈じゃないのです。自然と同化しないと感じられません。

下の写真は去年秋の八甲田山の麓から。
右真ん中にブルーの宇宙体と下の草には光が乱舞しております。

皆様も是非

見上げてごらん空を。




AD
いいね!(48)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日のスーパームーンご覧なりましたか?
ピーク時のスーパームーンは日中でしたのでは見れませんでしたが私は昨夜ちょっと遠出をしてお月見を
帰宅が夜中になってしまいましたが朝とっても気持ちよく目が覚めました。
月って神秘的ですよね~見てると引き込まれるしパワーがでます。
綺麗に撮れなかったけれど夕べのお月様です。

中医学の陰陽学によると万物全ての事物を陰と陽に分けることができる と言います。
 陰は闇で、陽は光。
例えば女性は陰、男性は陽、太陽は陽、月は陰。
陰は下降し、陽は上昇します。 
陰は構造で、陽は機能。
 陰は体、血液と体液で陽は気のエネルギー。
 陰は右側、陽は左側。 陰は北、陽は南。 陰は 縮まり、陽は広がる。


陰である女性にとって陰である「月」は特に女性に与える影響が大きいそうです。
今日もお月さまに会えると良いですね

サクセスムーン・・・『月光浴』してみてはどうでしょう http://matome.naver.jp/odai/2139886784855357401

▼月光浴

満月の前後は、月の優しい光には素晴らしい目の見えない「パワー」がたっぷりと入っています。 この時期に月光浴をすることによりいろいろな効果が期待できます

Photo by John Foxx / Stockbyte

月光浴とは、満月の日を含め、前後2・3日、月の光を普通に浴びればいい

ミネラルウォーターやハーブティーなどの水分をたっぷりと取ってください。身体の中から余分なものを洗い流す感じ。そして、いざ!月が見える場所へ

▼美容にもいい

特に女性の皆様には月光浴がお勧めです。 何故かっていうと、貴女の美容に役立つからです。アユルベーダでは、薬草オイルでマッサージしたあと、月の光を浴びながら寝ると最高の美容なると言われています

Photo by Visage / Stockbyte

月が肌にそのオイルのを浸透させるのを助け、更には細胞を活性化して、老化を防ぎ、若返りの効果も期待が出来るといわれている

古代の昔から、月光浴は最高の美人薬だったそうですよあのクレヲパトラは、湯浴みのあと全身に薬草と香油を塗り月の下でリラックスしたと言います

月は女性を象徴するように特に女性に与える影響が大きい。例えば、月経もまさにそれで月の満ち欠けのリズムとほぼ同じ周期

月光を浴びると脳内の成長ホルモンセルトニンが分泌され、前向きで明るい気持ちになれ、髪や肌も潤いをもたらすということが科学的にも証明されています

月の光を浴びると細胞のひとつひとつが活性化し再生を促し、老化を防ぐ効果があると言われているんですよ~

▼心の浄化にも

月の波動は、心や体の要らないものをふるい落としてくれる「浄化パワー」があると言われています

Photo by John Foxx / Stockbyte

特に満月の日の月光浴は、浄化作用がとても強いので心身の浄化にはうってつけです

最近イライラするなあ、というようなときには月光浴をしてみるといいかもしれません。そして、何より、女性に嬉しいのは、月光は肌に良いのです

出典

AD
いいね!(23)  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
うちのレッドクローバーさん
レッドクローバーを調べていくうちに世界で一番売れている万病に効くブレンドハーブティに含まれていた事を知りました。とても有名なハーブティなのでご存知の方も多いかもしれませんが私の覚書としてここに残しておきたいと思います。
一部転載させて頂きます。

万病に効くハーブティー 
http://yaplog.jp/rosy_feeling/archive/521


ガンの告知を受け、余命一年と宣告されたジェイソン氏が、
病と闘いながら作り出した3種のハーブをブレンドしたお茶です。

ジェイソン氏は毎日このお茶を3ガロン(3.8L)飲み続けました。
すると腫瘍はどんどん小さくなり、3週間後にはすっかり消えて、
その1ヵ月後には会社に復帰した
という驚きのお茶です。

事の始まりは、ジェイソン氏が46歳の時、医者からガンの告知を受けて、
余命一年と宣告され、ガン治療を受け始めたことからでした。

治療では多くのを飲まされ、髪の毛が抜け落ち、
皮膚がただれるほど放射線をあびせられ
副作用で吐き気に悶絶するほどの抗がん剤を使われました。

しかし、
これほど壮絶を極めた治療をしてもガンは決して治らないと言われ、
「だったら何でこんな苦しい思いをして治療しなきゃいけないのか?
 こんなに苦しい治療を受けても自分は死んでしまうのに、
 治療をする意味はあるのか?」
と疑問が生まれました。

そうしてジェイソン氏は病院に行かなくなり、治療も受けず、
ガンの痛みと闘いながら試行錯誤して八方手を尽くし、
最終的に彼が見つけたのがガンに効果がありそうな3種のハーブでした。

ジェイソン氏が手に入れた3種のブレンドティーは、
蓄積された毒素を排出する作用を持ち、細胞の再生を促します。
また、免疫力が正常に機能するようになるので、
自己治癒力が向上することが分かりました。
この効果はほとんどの種類の病に対して平等にあります。

ジェイソン氏が驚きの回復をとげ、
このブレンドティーのことがあっという間に広がりました。
するとこの話が地元の新聞に取り上げられ、
病に苦しむ多くの人々に求められて、
現在、『ジェイソン・ウィンターズ・ティー』として約30年前から
世界72ヶ国・6500万人の人々が愛飲
するようになったのです。

このお茶によって病気から回復した人々から、
ジェイソン氏に宛てた感謝の手紙は200万通を超えています。
その中には、英国王室のチャールズ皇太子からの感謝の手紙もありました。
また、その業績を讃えられ、
スペイン、オランダ、アメリカからも勲章を授与されています。(転載終り)

三種のハーブとは。



インディアンセージとレッドクローバーは分かりますが
ハーバリンというハーブははじめて聞くハーブでいろいろ調べたのですが漢方薬で使われる生薬で黄耆(タイツリオウギ)とトウネズミモチ女貞子(トウネズミモチ)の2種類のことのようです。


ハーバリンとはアダプトゲンの一種です 
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=387868&id=2718819


A Multitude of Methods (様々な方法)ということで、アダプトゲンは世界中で全身の健康を増進する目的で用いられるようになりました。では、果たしてそれはどのように作用するのでしょうか。 

『101 Medicinal Herbs(ハーブ薬101選)』(Interweave出版)の著者であるハーバリストのSteven Foster氏によれば、これらの植物は科学的な研究が山ほどされているわりには、あまり理解されていません。けれども、研究者達はこれらのハーブに関する学説をあり余るほど発表しているのです。 

1. アダプトゲンは、酵素がグルコースをエネルギーに変える能力を増強する。     
2. アダプトゲンは、蛋白質と核酸の合成を促進する。 
3. アダプトゲンは、抗酸化力をもっているようで、体内にトキシン(毒素)を大量に作り出す遊離基(フリーラジカル)が体中をかけめぐるのを阻止する。 
  アダプトゲンは、蛋白質が代謝熱や代謝ショックにさらされた際の副作用を調整・抑制する。   
5.アダプトゲンは、身体がストレス適応していくのに大切 ホルモン分泌や化学物質分泌に対していい影響を与える。 
6. アダプトゲンは、ストレスを感じた時、心の平穏を回復するのに活躍する物質を身体が生成する際の調整を助ける。 

凄~~い
うなってしまいました笑。

アダプトゲン https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%97%E3%83%88%E3%82%B2%E3%83%B3
アダプトゲンとは、トラウマ、不安、肉体的疲労などのストレスへの抵抗能力を高める働きのある天然のハーブである。どのアダプトゲンも抗酸化物質を含んでいるが、抗酸化物質がすべてアダプトゲンであるというわけでもなく、抗酸化作用がアダプトゲンの第一の作用であるとも言い難い。[1]
アダプトゲンに関する認識は数千年前の古代インドや古代中国までさかのぼるが、本格的な科学的研究が始まったのは1940年代後半になってからである。1947年、Nikolai Lazarev 博士はアダプトゲンを、「体に悪影響を与える物理的、化学的、または生物学的なストレッサーを、非特異性の抵抗力を高めることによって撃退するもの」と定義した。[1]
1968年、Israel I. Brekhman哲学博士とI. V. Dardymov博士は正式に次のような実用的な定義を発表した:
服用者に無害であること
非特異的な反応を示すこと-つまり、物理的、化学的、生物学的な様々なストレス因子に対して抵抗力を高めること
生理機能を正常化すること;標準値からどの方向にずれても正常値に戻すこと
つまり、アダプトゲンとは通常の用量では無害で、特定の対象のみではないストレスへの防衛反応を作りだし、そして身体を正常化する作用を持っている。アダプトゲンは、視床下部-下垂体-副腎系(hypothalamo-pituitary-adrenal axis)を正常化する。定義によると、アダプトゲンは天然の、恒常性、代謝調節機構の新しいパーツとなってくれる。
アダプトゲンは、内分泌性ホルモンや免疫システムのバランスを保ち、私たちの体のホメオスタシスを最適に維持してくれるという点で他の物質と比べてユニークであると主張されている。[1]アダプトゲンの正常化機能は、機能が亢進した器官の働きを抑えることも、機能の低下した器官の働きを強めることもできる。しかし、長期間のストレス下に対抗するためのアロスタシス-つまり、ホメオスタシスのように血圧などを固定された一定値に維持するのではなく、環境に適応できるような値に保つ機能-にも有効に働く。[2]


目次

  [非表示


いいね!(25)  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
唐突ですが二年目の夢の途中、畑の様子から。

じゃがいもの収穫は終わりました。


ウドとかぼちゃ。

さつまいも。これだけは青森は寒いので黒マルチしました。

大豆。てんとう虫に食べられてもたくましいよ

下仁田ネギ。霜が降りてからが甘いんですって鍋用です。
来年は九条ねぎも食べたいな

ホーりバジル。種まきから三ヶ月ぐらいです。まだまだ大きくなりますよ
後ろはレッドクローバーで緑肥とスギナ抑えが目的です食べられるし
手前は桑の木、今年二本植えました。写真には無いけれどグミも二本

赤紫蘇。梅干には間に合わなかったんですが乾燥させて一年通して飲みたいと沢山、種をまきました。とっても元気元気。となりはレッドクローバーです。

梅干は一昨年、塩分13パーセントでつけたんですが
(減塩思考ではありません
それでも、しょっぱくて(適塩で足りてるんだと思います)
オニギリや黒焼きにしか使ってなかったので去年から8パーセントにしてハチミツ入りのりんご酢を入れて作っています。これだと10キロが三ヶ月で完売。
このハチミツ入りりんご酢はとっても便利で、なますもこれだけでOK~。津軽のすりおろし林檎を半年以上樽で熟成、青森県産蜂蜜使用。

どうぞ召し上がれ



関係ないですけどソースはこれがお気に入り


あらためまして~またまたのお久しぶりです♪
ブログ拝見ばかりになっていますが皆様暑い夏乗り切ってらっしゃいますか?
こちら青森はめっきり涼しくて昨日から朝晩、生姜紅茶を飲んでいます。
暑いと思ったのはほんの一週間だけでした笑。でも又少しは暑くなるのだろうとは思いますが青森の真夏は祭りと共に終わったらしいです。
暑さが厳しいと体調が崩れる一つの理由に塩分不足があると思っています。
ここ青森は特に減塩洗脳強くて、こんな話をするとてな事にされてしまう事が多いのですけれど。。。以前「塩の真実」を転載させて頂きましたが、塩が悪いのではなく精製された塩が害であり塩が無ければ人間は生きていけません。減塩してなおかつ塩分が汗で流れてしまったら元気が無くなるのは当然ですね


~適塩のすすめ~
塩分を控えめにすると活力も失われてしまう http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=260902

健康のために減塩減塩という動きもありますが、京都・綾部市の自然の中で自給自足に近い生活を送りながら、セミナー活動などを行っている若杉友子さん(参考:257963)は、『塩分を控えめにすると活力も失われてしまう』といいます。

「体温を上げる料理教室/若杉友子著」p28-29より引用します。

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★
(引用開始☆)

『塩分を控えめにすると活力も失われてしまう』

今の栄養学では、減塩をすごくすすめているでしょ。でも、この減塩が貧血、冷え性、低体温、便秘症の人を増加させているの。塩分を控えたら絶体絶命ですよ。
人間は高塩動物だから、昔の人は一日に三十グラムくらいの塩気を摂っていました。
それで、精神的にも体力的にもバリバリ元気だったわけでしょ。・みんなが塩分を十分に摂っていたから、世の中が元気だったわけですね。
肉とか砂糖は貴重品だったし、ほとんど摂っていなかったけれど、塩気のものをよく食べていたから活力があったんです。
梅干や沢庵(たくあん)を毎日食べていたし、煮物も“煮しめ”と言って、しょっぱかった。だから、何日ももったんです。今はお正月にお煮しめを作るけれど、ああいう煮しめを日常でも食べていたわけですね。

陰陽で言えば、塩気を持っている陽性の魚にも陽性の塩を振って、それを陽性の火で焼いて、そのうえから陽性の醤油をかけて食べていました。塩気をどんどん足して食べていたんですね。陽陽陽だから、みんな明るく元気だったんですよ。

わかるでしょう?減塩というのは、貧血や冷え性になることを促進しているようなものですよ。そんな人が増えると、社会から活気が失われてしまうんです。

味噌でも醤油でも、今は減塩ばやりだけど、それではむしろ体は虚弱になって、弱体化さえていくだけですよ。
味噌や醤油、自然塩、梅干などには、体温を上げ、新陳代謝を活発にして、血をきれいにする働きがあります。また、これらには造血作用があって、心臓に血液を送る静脈の流れを活発にするから、人間に活力を与えるわけですね。
だから、減塩なんてする必要はない。自分がおいしいという適塩にして食べることなんですよ。

(引用終了☆)
.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★

味噌や醤油、自然塩、梅干などには、体温を上げ、新陳代謝を活発にして、血をきれいにする働きがあるんですね☆
健康という観念にとらわれずに、自分の体が欲するものを摂ることが必要なのだと思います。


参考;高血圧に減塩はウソ!減塩より「適塩」。大事なのは「天然塩」だった! http://matome.naver.jp/odai/2136607548871095101

江戸時代の赤穂藩は塩田開発を奨励し整備を行い、塩を赤穂の特産品とした。以後、塩は赤穂の特産として藩財政を支え

いいね!(20)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。