「シャーリーと銃口」


今回OPとEDが変わりました。


OPはメロディは悪くはないけど


何言ってるかさっぱり分からんので本当に解読不能です。


COLORSでいいじゃん…。


EDはSunset Swishのモザイクカケラ。


こっちは良い感じです。


くせになりそう。




さて本編ですがシャーリーの父を殺してしまったことについて


ルルは責任を感じています。


それを責めるC.C.がまた…ね。


「どれだけ偉そうな事を言っても、所詮は口先だけの頭でっかちな童貞坊やか」


って。


なかなか過激なこと言うな~。


でもピザ○ットのポイントでもらったと思われるぬいぐるみ持ってるやつに


言われたくない気も…。


まぁC.C.が言ってることが尤もだと思います。


ルルはぬるいです。


修羅の道を行くって宣言したんだからもっとがんばれ。




まだ精神が不安定な状態のルルのもとにディートハルトから情報が入る。


それはコーネリア軍が日本解放戦線のメンバーの捕獲と残党の殲滅を


計画しているというものだった。


その作戦に乗じてコーネリア軍を討とうとゼロは考える。


しかし作戦に乗り気じゃないカレン。


シャーリーの父が亡くなった山崩れを起こした張本人ですからね。


でも、ルルの決意を聞いて


「共に進みます、私はあなたと共に」


と改めてゼロに忠誠を誓うカレン。


もう、可愛いなぁカレンは。




そして戦闘が開始される。


コーネリア軍に攻められまくりの日本解放戦線。


黒の騎士団のメンバーは慌てるが、ゼロは動かない。


日本解放戦線の船が流体サクラダイトを乗せて逃げ出そうとした時、


ついにゼロが動く。


なんと日本解放戦線の船爆破( ̄□ ̄;)!!


軍を巻き込んでの自決ということにしやがりました。


そしてそのままコーネリア軍の本陣に乗り込むゼロ達。


ルルに黒さが戻ってきました。


つかこの状況を見てはしゃぐディートハルトが面白すぎww


その渋い声で「ふふ…ははは!」とか言わないでwww




奇襲が成功しコーネリアを追い詰めることができたルル。


コーネリアに向けて引き金を引こうとするも


そこに現れたのがなんとシャーリー。


ヴィレッタに唆されて戦場にまで付いてきてしまったようです。


一瞬手が止まったところにお邪魔者スザク登場。


冒頭でゼロを感情に任せて批判してみたりなんなんだお前は。


一気に形勢が逆転し、ゼロの乗るブライは遠くに吹っ飛ばされてしまいました。


マジでスザクは空気を読め。




気絶状態のゼロの元にシャーリーが近寄る。


父の敵を討とうと銃口をゼロに向けたその時


ゼロの素顔がぁぁぁああ!




次回「ギアス対ギアス」


素顔ばれちゃったけどどうなるんでしょ?


ていうかシャーリーの父が成田さんで吹いたw


オレンジかよ。

AD