これはメキシコ戦か?

テーマ:

東アジア選手権2005韓国2005/07/31

日本0-1北朝鮮


なんなんだろう、この気の抜けたような、ミスの多い試合運びは?

北朝鮮は最初から飛ばしまくってがんがんプレスをかけてきていたというのに、日本は今ひとつ気合の入らない立ち上がり。まぁ北朝鮮の体力は90分持たないだろうと思っていたのだけど、、、日本のミスから得た先取点が彼らに力を与えたのか、足がつってる選手が何人もいたものの、最後はゴール前に張り付きながら90分持っちゃいました。


終盤ののオフサイドは完全にオンサイドだったし、他にもいいシーンはあったものの、ツキがなかった。

でも、ツキよりもなによりも、この試合は勝とうという気迫がほとんど感じられない試合だった。こんな試合をしているようでは、代表のレギュラーの座も、ワールドカップ出場も得られないよ。>普段サブの方々

しかし、↑こんな事は毎度機会のあるごとに言われている気がする。何とかしてよ。


今日の試合は、なんか印象的にコンフェデレーションズカップの第1戦のメキシコ戦を思い出させる。

コンフェデのパターンであれば、2戦目の中国戦には快勝だな。(^_^)

(でも、最後は韓国に引き分けて敗退ってのはナシね(^_^;))

AD

2005/07/27 味の素スタジアム

レアル・マドリー3-1ジュビロ磐田


Verdy

広島で土曜に試合、日曜に移動して、月曜にレアルと試合。以下略。

レアル・マドリー

中国で土曜に試合、日曜に日本に移動して、月曜にVerdyと試合。中1日はさんで水曜にジュビロと試合。

ジュビロ磐田

名古屋で土曜に試合、中3日はさんで味スタに移動して水曜に試合。


あんまり意味のない比較かもしれませんが、こうして見ると、ジュビロが一番日程的に恵まれてますね。

レアル・マドリーにとってジュビロ戦は、1日休養した後ですが、日本の蒸し暑い夏、台風が来ていた事もあり、あまりリフレッシュはできなかったように見えます。

レアルジュビロ戦でも、「これぞワールドクラス」と思えるプレーは散発で、チャンスに枠を外すシュートの多さはJリーグの試合で良く見る光景、、、リーガ・エスパニョーラの雄には見えませんでした。試合は、かろうじて意地を見せたレアルが勝ちましたが、レアルはこの後、また中1日でタイで試合。これでは、05-06シーズンもあまり期待はできないか?(私ゃ贔屓なので、レアルの不調は歓迎ですが(^_^;)ゞ)


ちなみに、なんでジュビロがアウェイ扱いだったんでしょうか?(^_^;)



2005/07/28 等々力競技場

川崎フロンターレ1-1ボルトンワンダラーズ


こちらの試合は、たまたまチケットを入手できたので、直接競技場に見に行きました。

が、ボルトン・ファンの方には申し訳ないですが、さびしい試合内容でした。フロンターレの方が見事なパスまわしを見せ、決定機を作り出していました。(決定的なシーンを作りながらも、枠に行かない、GKの正面にシュート、などお馴染みの光景が多かったですが。)

かといって、ボルトンのサイド攻撃からのクロスに目を見張るものがあったかと言うと、それ程でもなく、、、大柄な選手が前線にいる割には空中戦でもそれ程決定機を作り出していませんでした。

2日前にはJ1で最下位に低迷するヴィッセル神戸に1-1で引き分けており、この日もJ1で14位のフロンターレ相手に押され気味の試合で引き分けるなど、、、昨シーズン・プレミアリーグ4位(だっけ?)6位のレベルに疑問を抱かせる内容でした。観客も4500人程しか入らなかったし、来年はアジアツアーやらないでもいいよ(^_^;)ゞ>ボルトン


しかし、この日のフロンターレサポの応援がやけに散発というか、おとなしかったのは何故だったんだろう?

AD

Life CARD CUP レアルマドリード ワールドツアー2005 イン ジャパン

Verdy3-0レアル・マドリー


土曜日はまだまだ夜明けが遠いと思っていたのだけど、今日はいきなりギラギラ太陽輝く、真夏の炎天下になっちゃいました。(^_^;)ゞ ひょっとして、夜じゃなくって日食で太陽が見えなくなっていただけなのかも?(長い日食だったな(^_^;))


ともあれ、きょうのVerdyは天皇杯の頃の姿が戻ってきていたように感じました。

それに今日のレアルは悪すぎたと思います。いいシーンになってもシュートがことごとく枠を外れる、外れる。あれを枠の中に飛ばすのがワールドクラスだと思うのですが、、、そういった意味で今日のレアルはリーガ・エスパニョーラの銀河系軍団ではなくって、Jリーグチームを相手にしているぐらいの迫力しか感じませんでした。


それと実況の藤井アナウンサー、サッカー中継のアナとしてレベル低すぎ。笛がなったらどんなシーンでもオフサイドだって決めつけてるし、「Verdyが2点リードされてます」とか平気でのたまうし(訂正なし)、レアル寄りの中継するし。

あなたは日本テレビフットボールクラブ親会社のアナウンサーなんですけど?FCの中継するMXテレビのアナウンサーぐらいの姿勢見せろよ!(って結局、レアル寄りなのが気に入らないんだけど(^_^;))


でも、のスルーパスから大悟が決めた1点目、山卓のスルーパスからシトンが決めた2点目、そして大悟のコーナーキックから山卓がヘッドで決めた3点目、どれも素晴らしいゴールでした。

新監督も決まったことだし、この調子でしっかり復活してもらいましょう。(^_^)


最後に、こんな状況でも信じて味スタに足を運んだサポの皆様、応援お疲れ様でした。

思いは報われましたね。(^_^)b

AD

まだ夜明けは遠いのか・・・?

テーマ:

J1リーグ第18節 2005/07/23

 サンフレッチェ3-0ヴェルディ


今日も前半だけで3失点。

後半は無失点だったが、これは守備が立ち直ってきたと考えて良いのだろうか?

まぁ、簡単に復活できるような状態ではないと思っていたので、、、監督が代わってすぐの試合で華々しい成果を期待してはいけないだろう。

でもなぁ、やっぱ3失点はいただけないなぁ。。。


自分的には、今日は2-1での敗戦なら、まぁ良しとしたと思うけど、、、無得点・3失点はまだ復活には遠いってことだよなぁ。。。


ええ~ぃ!しおれていても仕方がない。この中断期間で鍛えなおして、再開後はいつものように奇跡の巻き返しだ!!(^o^)

さようなら>オジー

テーマ:

解任発表の後、オジー自ら記者会見を希望して開いたとの事。

そしてVerdyを愛していると、またサポーターへありがとうと言ってくれた。


このような残念な事になってしまったが、クラブ選手オジー自身も、お互いをリスペクトしている。サポーターの多くもオジーの解任を惜しみ、天皇杯優勝をもたらしてくれた功績に感謝している。

現在の状態は決して歓迎できるものではないが、、、それでもそれぞれが憎しみを持って別れるのではなく、お互いに別れを惜しんでいるのを知ることが出来、なんか残念な中にも嬉しさを感じる。


オジーはまた日本に戻って来たいと言っていたが、その時はできれば敵将としてではなく、また共に戦うものとして会いたいものだ。


これまで本当にありがとう>オジー

今までありがとう>オジー

テーマ:

ついに今日、オジーが解任された。

磐田戦に勝っていれば、まだ先につながった気がするが、、、0-6の大敗を喫したとあってはこれも仕方ないと思う。7月だけで23失点。この数字は下手すりゃリーグ戦一年分の失点である。これは重く受け止めなければならない。


思えば、オジーの今回のサッカーは攻撃に偏っていたように思う。1点取られても2点取るというスタイル自体は嫌いではない・・・っていうか、大好きだったりする。現に私ゃ数年前ボンバー中澤が試合終盤にスクランブルで前線に張るのを喜んで(?)いた口である。(^_^;)ゞ

ただ、今のチームはバランスを欠いてしまっているという事なのではないか。

この状態からの脱出は誰が旗を振っても簡単な事ではないと思う。が、それでも奇跡の復活を願わずにはいられない。こんな時だからこそ、一人でも多くのサポに諦めず応援して欲しいし、選手達の奮起に期待したい。\(^_^)/


最後に、天皇杯優勝をありがとう>オジー

通算100勝を共に祝うことができなかったのが、大変残念だ。

録画失敗(^_^;)ゞ

テーマ:

昨日のヴィッセル戦、深夜の日テレの中継を録画・・・したつもりだったんですが、、、この日はプロ野球のナイター中継のため、放送枠が30分繰り下げになって。。。

お陰で後半の失点シーンは1つも見ないで済みました。(^_^;)


味スタで生で試合を見ていたときは、前半、Verdyが凄く優位に試合を進めているように感じていたのですが、ビデオで見るとヴィッセルも結構頑張っていて、局面で見るとそんなに差はなかったように見えます。

結局、立ち上がりはここのところの流れで危機感を持ってVerdyの選手が目いっぱい集中してプレスし、カバーしていたのが、後半はヴィッセルの気迫の方が少しだけ上回ったということなのかもしれません。


最初の失点シーンは平瀬のダイアゴナル・ランに付ききれなかったのは李康珍で、3失点目はご本人の言によると山卓ホージェルのマークを離してしまったためとの事。

やはり、相手を見くびったところがあったのではないかと思われます。


次は、アウェイで磐田戦。相手を見くびる事はまずありえないと思うし、危機感は再びつのっていると思うし、磐田はパスを繋ぐチームでガンバレッズのようなカウンターはそんなにないと思うし、、、絶対に勝ってオジーに通産100勝目をプレゼントしてくれるものと信じましょう。(^_^)

なぜなんだぁ・・・!(T_T)

テーマ:

J1リーグ第16節 2005/07/13

ヴェルディ3-3ヴィッセル


立ち上がりはFC戦からの流れを活かしてボールを支配し、前半の段階でシトンが2ゴール。

その後、平瀬にヘッドを許すものの、シトンのヘッドでのパスを平本が見事に決めて3-1で前半を終了した時には、今日は絶対勝ちだと思ったんだけど。。。

後半にアツアツのミドル、ホージェルのヘッドで追いつかれ、結局3-3のドローで試合終了。


なんか、立ち上がりがあまりにも良かったので、2点取ったところで気が緩んじゃったんですかね?

2-0から平本GKと1対1になったシーンを決めていれば、神戸もくじけたような気がするんだけど、まだウチのチームは勝ちきるだけの力はないのだろうか。。。

3失点のうち、アツのミドルは見事なもので、まぁ防ぐのはかなり難しいとしても、平瀬ホージェルの得点はほぼ同じ形で、Verdyの左サイドからあげたクロスに、Verdy右サイドから走りこんだ平瀬/ホージェルがヘッドで決めたもの。これって、誰が見るの?


とりあえず、今夜の日テレの放送を録画して、あとでチェックだ。

ともあれ、得点力も戻ってきつつあるから、あとはバランスをしっかり取ってくれれば良いと思う。

また自信をなくしたりせず、次の磐田戦、頑張って欲しい!!(^_^)