休日は「好転反応」

テーマ:

日之本元極の休日は 火曜日と 水曜日です

何かと用事があったり

電話やメールなどの対応があったり

するのですが


昨日の夜から 今日にかけては

とても静かな 休日になりました


それは 「天」の意図だったようです。


昨夜から

エネルギーが 強烈に入り始めて

がんがんと 頭痛がしました。

吐き気がするほどの 頭痛です


どうしようもなく 昨夜から今日の夕方まで

飲まず食わずで ず~~っと 寝ておりました。


夕方に 目が覚めてからは

お腹がすいて 食欲もりもり

お腹がグルグルと 音を立てて とっても元気でした。


下痢をしたり、頭痛がしたり、

いろいろな症状はありますが、

好転反応は やはり ありがたいです。


それで、

エネルギーがたくさん入って

私には どんな変化があったかというと


夕方、遅くにスーパーに買い物に出かけました。


その時に、いつもよりも もっともっと 匂いに敏感になっていました。

今でさえ、過敏すぎる程に 匂いがするのに

さらに品物や人のにおいが 気になりました


さらに なんとなく モノの情報が

より詳細に悟れるように なっています。

具体的に うまく表現できませんが

無駄な 品物を買わずに 帰ってこれました。


これは、「天」の情報を

もっと正確に受け取れるようにと

私に 力をプレゼントして くださったのですね。


天命を果たすために より精進してがんばります。

AD

食欲があります

テーマ:

大ババタヌキが 体調を崩しています

右の耳のあたりが腫れて 真っ赤です。


耳だれがたくさん出ますから

邪気を排泄するための 炎症なんだと思います。

これも好転反応のようです。


耳の痛みは 結構あるようですし

寝ている時間も 多いし、頭も痛いようです。


そんな風で 身体は 不調ではありますが

それでも 食欲は落ちず、

「おいしい」を連発しながら 食べているそうです


どんな時でも 食事がおいしいと安心します。

食欲があって よかったです


日頃の 修練のたまもの ですね。




image




AD

日之本元極功法には、養徳標準(努力目標・指針)があります。

その項目の12番目に、 「12 贅沢・怠惰せず」 があります。

本日は、職業の話です。


職業によって、人を差別することは

よいことではありませんが、

以前に、職業を「養徳標準」に照らし合わせて

問われるケースがありましたので、ご紹介します。


30代前半の若い女性でした。

「気功」に興味があり、講座を熱心に受講されました

修練も毎日欠かさず、2時間以上は 頑張っておられたようです。

近くの神社にも 必ずお参りして信仰心のある方でした。


錬功会にも できるだけ努力して参加されました。

貫頂も定期的に受けておられます

集中力も意欲もあり、間違ったも動作などなく

まじめに 熱心に 一所懸命に 修練をしておられたのです


しかし、


なぜか? エネルギーがいつも不足していたのです。

「どうしてだろう?」 と 不思議に思っていた時に

天の声が聞こえました。


「職業を聞いてごらんなさい」 と聞こえます。

それで、お仕事をうかがったところ、

宴会などの コンパニオンをしておられたのです。


そこで、

かめ爺先生が一言アドバイス

「その仕事を続けていたら、エネルギーはたまりませんよ。

もっと、自分を生かせる仕事を探してはどうですか?」


その時、ご本人が答えて おっしゃいました。


「私は、好きでこの仕事をしているのではありません。

私は、幸い国家資格の免許もあるので、転職しようと思ってはいるのです。

けれど この時代


短時間で、これほどの収入がある仕事は

ほかには なかなか見つからないので、仕方なくしているのです。」 と


この収入がなくなったら

今の生活が成り立たないし、気功の講座も受講できません。 とも


職業に垣根はありませんが、楽なだけの仕事をしていては

いけないという教えなのかもしれません。


しかし、具体的に


彼女の職業の 何が どう いけなかったのか?

本当のことは わかりませんでした。


「天」は心の中を 観ておられるので

すべて、分かっていらっしゃるのでしょう。

しかし、我々人には 謎のままです。


私の推測では、楽をしてお金を得てはいけない

という導きなのかなぁ~ と 推し量ってみるだけのことです。


image

AD

日之本元極の功法は、自分で努力して修練をして

自分でエネルギーを取り入れたり、気の通り道を

開発したりすることで 体も心も元気になる功法です


ですから、


「体のことは、すべてお医者さんにお任せします」 とか

「自分で病気を治すよりも 治してほしいのです」 とか

「私は、病気なんですから 自分で努力するなんてできません」


などなど 受け身で、依存的な気持ちで 生きている方々には

受け入れられない 功法かもしれません。


そのうえ、


「修練だけではいけません。

世の中のために、修練をするのですよ」 という

レベルの高い 「要求(努力目標:養徳標準)」があります。


この「要求」は、階を上がれば上がるほど

高くなり より極まっていきます。

階む、階ひとの段階では、それほど厳密に

求められることはありません。


ある時、階ふたを受講する予定の受講生に

かめ爺先生から お話がありました。


この方は、


修練はきちんと長時間できるし、

ご自分のご家族に、貫頂をしてあげるために

頑張っておられる方でした。


かめ爺先生はおっしゃいました

「パチンコ」を止めなさい。


これ以上、賭け事を続けていては、

あなたの能力の向上は 望めません。

養徳標準に「偸盗や博打をせず」とあります。


この受講生は かめ爺先生の

忠告に従って、パチンコを止めることを決意したそうです。


ところが、これで打ち納め と決意したその日に

かつて 経験したことのない 大儲けのダイフィーバー

固い決意が大きく揺さぶられたそうです


天の試練に耐えて パチンコは二度としないと決意して

階ふたに進み 事なきを得たとのことです。


「徳」と「功」は、修練の基本

「養徳標準」を大事にしたいものです



image

日之本元極の功法には、

「元極養徳標準」という努力目標があります。


当たり前といえば 当たり前のような

約束事でもありますし、努力目標、道しるべ、指針

となる大切な項目です


たとえば、この一番最初には

「人類に幸福をもたらすことを自らの責任とする。」

という高い倫理観を求めた項目があります。


そのほかには

親不孝をせず」

「高慢なふるまいをせず」

「表裏一致」

などなど 身近に感じる項目もあります。


元極功法は、偉大な功法です。

本当に 高い功力があります。


修練をして与えられる エネルギーのレベルは

とてつもなく高くて 尊いものです。


ですから、


これらの養徳標準に反する行いがあれば

とたんに、修練や施術などで あたえられたエネルギーが

失われることになります。


階む や 階ひと のレベルでは

それほど厳密に、厳守することを求められないのですが


階みの段階の 指導者たちのレベルでは、

「(前略)~~日之本元極の指導者にあるまじき心象が顕れれば

その刹那、効力は途端に失われることになります。」

と 教科書に明記されています。


私は、すでに 指導者なので

この養徳標準の示す道を踏み外すことなく

歩かなければ なりません。


このような 生き方は少々窮屈では ありますが

当たり前の生き方をして

よいと思うことを努力すれば よいだけのことだと

思うようにしています。

つづく



image


豪華な食事

テーマ:

かめ爺先生のブログに 中国の西寧を訪ねた時の

写真の数々が 掲載されています。

本日の記事は

ニンジン と きゅうり と ねぎ 料理の写真です。


中国では 野菜の種類が豊富で

外食をしても 野菜のメニューがたくさんあって

何種類もの 野菜を堪能することができます。


日本で 野菜の外食をするには 骨が折れますが

中国では、安価でおいしくて 種類も豊富です


私は、野菜料理がおいしくて 喜びのあまり

ついつい 頼みすぎたり 食べすぎたりしてしまいますが

同行される方々には とっても 迷惑な話のようです。


現地を案内してくださる方に

「食事をご一緒にいかがですか?」 と 誘っても


通訳の方が、おっしゃるのは

「そのお誘いは 誰も喜びませんよ。」 という言葉です。

やはり、肉や魚などの 品々が高価で珍重されるのだそうです。


野菜ばかり食べているときには

体が軽く動く感じが しますが

肉や魚を食べると とたんに 体が重くなるのを感じます。


肉や魚をやめて

野菜ばかりにして 量も減らした食事が

私のとって 一番 「豪華な食事です」


最近は、


高山産の新鮮な野菜が 産直市場で

安価で 種類も豊富に 売られています。

ほぼ、毎日通って すこしずつ買い物をしています。


自然に育った野菜を

ほんの少し

味わっていただく


「贅沢で豪華な食事」を いただいています

自然の恵みに 感謝ビックリマーク







晴れ姿

テーマ:

大ババタヌキは、

ただいま 故郷の大阪に帰っています。


高山のほうが 人が少ないので

のんびり暮らせるようですが、


それでも 長年くらす街ですから、

やはり 懐かしいようです。


先日、


買い物に出かけた時に

大ババタヌキの お出かけ用の 勝負服をみつけました。

バーゲンセールで めちゃめちゃ 安かったので買いました。


手押し車でを押しながら、ぼちぼち歩く姿は 案外目立つようです。

お出かけ時には、少し 気を遣うことにしました。


アイホンの、フェイスTime で話しながら

選んだものです。



image


image




夏至静功会に、参加しました。


静功は、とてもうまく集中できる時と

雑念が湧いてきて、雑念を吐き出すことに

精一杯の時があったりしますが


今朝は、

静かに深く 集中できた2時間でした。

正確には、最後の10分間ぐらいは

おなかの調子が悪くて、早めに収功をして

トイレに駆け込みました。


同じく 中間あたりで トイレに駆け込んだ

修練者のNさんと 「お腹が痛かったねぇ~」と

話しておりましたら

Nさんが 興味深いことを教えてくださいました。


**************


「三元開泰 先天三元周身法」のCDが再生されて

静功会が開始されると


身体がゾワゾワして、エネルギーの作用を強く感じました。

おまけに おなかも痛くなって

本当に 有形の肉体に作用するんだなぁ~

と 思いながら修練をしておりました


後半の一時間は

CDが「万象更新心包三五焦」に

交換されて再生されました。


すると 今まで

体に感じていた エネルギーの感覚が

シュッツと おさまる感じがして とても穏やかになりました。

お腹の中に 気が満ちて充満して 心地よい感じです。


「先天三元周身法」は 有形の肉体に作用し

「万象更新心包三五焦」は 無形の肉体に作用する

という意味が 今日の静功会を通じてわかったように思います。


二つの録音教材の違いを 文章や言葉で説明を受けても

なかなか 実感が無かったのですが

こうして、体の感覚で体験してみると


有形の肉体と 無形の肉体の 存在と関係が

さらに 理解できたように感じました。








image

医療と気功療法 2

テーマ:

家を買うとか 家を建てるとか

車を買うとか

高い品物を買うときに


さまざまなモノと 比較検討したり

情報を得ていろいろ調べたり

買おうと思ってもすぐには 買わずに

保留することも多いと思います。


ところが

医療を受ける時には

お医者さんへの信頼は絶大です。

セカンドオピニオンの制度もありますが


それでも


自分で病気のことを調べたり

受けている検査のデーターを調べるとか


自分が飲んでいる薬の情報を

調べる方も 調べてみようとする方も

残念ながら 本当に少ないと思います。


薬の情報は、最近では、簡単にインターネットで

検索できますし、副作用についても 詳しく書かれています。


病気を治すためとはいえ

薬には 驚くような 副作用もあります。


血栓の予防などに 血液をサラサラにすると

汎用されている「ワァーファリン」という薬は

殺鼠剤の原料としても 使われているようです。



病気のことは お医者さんにお任せする

すべて 信頼して受け入れる


薬も 検査も お任せして

「自分の命をゆだねる」方針の方々が

とても 多いことを 知りました。


多くの 修練者のご病気と

付き合っているうちに学んだことです。


医療現場は とても忙しいので

血液検査の詳しい結果の説明は、

ひのもと で説明をする

という場面も 時々あります。


日之本元極の気功講座は


自分の体は自分で管理する

自分の健康は 自分で努力して維持する


ことを 基本としています



image






医療と気功療法 1

テーマ:

「医療と気功の療法と どちらを選べば良いのですか?」 という

質問をいただきます。


それは 「どちらでも」 というのが、日之本元極の立場です。


たとえば、


病院で検査を定期的に受けて 経過観察をしながら

日之本元極の修練をしておられる 方もおられます。


検査と薬と受診とを 定期的に受けて

さらに 修練もなさっている方もおられます。


まったく 医療を受けずに

修練だけをしている方もおられます。


発達障害のお子さんでは、相談活動と療育を受けながら

親子で 修練をなさっている方もおられます。


どの方法が一番良いのかは わかりません。


それぞれの方々の選択ですし、

信じる気持ちに応じて エネルギーが送られる仕組みです


心底信じて無心で修練をすれば、功力があがります。

不安を感じながら 信じているふりをしているだけでは

功力が届きにくいです。


修練時間の問題だけではありません。

かといって きちんと 修練時間を確保する努力も大事です


集中できるかどうか

という能力の 問題だけでもありません。


心の中の

命をゆだねて 信じる気持ち

ご本人でさえ 気が付かないような

本心を観て おられるのです。


修練をしている あなたの 本心を見ておられるのは

天地のエネルギーを 采配なさっている 宇宙の存在です。


つづく





image