• 03 Jul
    • エックハルト・トール氏の体験:多くの人が自己と同一視する虚構:エゴ:それを超えた真我

      画像の出典: Wikimedia [CC BY] エックハルト・トール氏の体験より:多くの人が自己と同一視する虚構ーエゴ(自我)と、それを超えた真我 ---------------------------------------------------------------,.         竹下雅敏氏からの情報です。  この動画で語られていることは、エゴ(自我)の本質に関する最も重要なものです。動画で指摘されている通り、エゴ(自我)は虚構であり、想念に過ぎません。  では、エゴに気づいている「私は誰か?」。  その「気づいている私」は、想念ではなく、“ただ見ている”存在なのです。この「疑う余地のない存在」を、宗教では真我(プルシャ)と呼びます。多くの人は、私(エゴ)を肉体、感情、思考と同一視します。しかし、真我はこれらを超えたところにある“気づき”です。  動画では、その真我の光がエゴを粉砕する様子が語られています。以前の記事のコメントで、“我々の内なる悪を「気づき」によって解放しない限り、世界に平和をもたらす術がない”としたのは、こういう意味です。 (竹下雅敏) ———————————————————————— 「自殺をする前に~エゴの死がやってきた!」エックハルト・トール 配信元) YouTube 17/6/11   下のほうへ動画あります。 @ @ @時々 自分が自分に 答えを求めることあるかな!    尋ねてみるような独り言あるかな!    気づく私と  ただ 見ている存在か?    冷静な自分と 苛立ってる自分とか?    そこで もう一人の自分が顔を出し    冷静な自分に答えを聞いてみるとき!    案外 冷静に対処できるときあるかも!      ================== さふぁいあでした。    こんな意味合いに取っているんですが、違いますか?   ===================                                                                                 

      3
      1
      テーマ:
  • 12 Jun
    • フルフォード英語版:今や惑星を救うため数百兆ドル相当のゴールドが利用できる:17/6・5:

      画像の出典: pixabay[CC0] 1 & 2 17/6/5 フルフォード情報英語版:今や惑星を救うために数百兆ドル相当のゴールドが利用できる     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー         フルフォード氏自身が現在、ブーゲンビル島に滞在し、地球のために利用できる巨額資金について話し合っているそうです。楽しい土産話があるでしょうか。今週のトピックは、中東6カ国のカタール断交でした。カタールは、これまでサウジと組んで、シリアに作ろうとしていた天然ガス輸出のパイプラインを、一転、ロシアと提携して輸出するパイプライン契約を結びました。梯子を外され、資金源も逼迫するサウジ他、湾岸諸国によるカタール封鎖でしたが、現在「サウジアラビアも、慌ててロシアに取り入り」、ロシアの北極での資源開発プロジェクトに投資することになったようです。なお、カタール断交の真相は、湾岸協力会議の解体だっというビックリ!(6/9 時事ブログ4本目) (まのじ) 注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。 ―――――――――――――――――――――――― 今や惑星を救うために数百兆ドル相当のゴールドが利用できる 転載元) Weekly geo-political news and analysis 17/6/5 投稿者:フルフォード    ブーゲンビル島 Author: JeremyWeate  フルフォード氏自身がブーゲンビル島の会談に参加する 著者を含む白龍会の代表団は、今週の土曜日、ソロモン諸島にあるブーゲンビル島に向かい、国王デイヴィッド・ピーイ2世(King David Peii II)と会談し、約170兆ドル相当のゴールドと銅を埋蔵するパングナ鉱山の操業再開について話し合う予定だ。さらに、デイヴィッド王とその島の住人たちの管轄下にある鉱山は、他にも6箇所あるので、数兆ドルの価値の金属が、地球の人々や生き物に恩恵をもたらすために利用可能になるということになる。 OECDが2016年に、開発に費やした総額は1,426億ドルだったので、6箇所うちのわずか1箇所の収益を使用するだけで、貧困者の支援と環境を守るために現在費やされている資金の、少なくとも10倍以上の資金が利用できることになる。 ロスチャイルドによって開発されたパングナ鉱山は、リオ・ティント社が管理している。しかし、鉱山所有者から受けた悲惨な処遇と、鉱山によって引き起こされた汚染に怒った地元の人たちが、長い抵抗運動の末に掌握した。また、デイヴィッド王の代理人たちは、ロスチャイルドの鉱山所有者が、鉱山の収益を搾りとるために島全体を破壊することをもくろんでいたと主張する。彼らの過去の実績に基づけば、ロスチャイルドが鉱山から得られるお金を、惑星を救うために使うつもりなどなかったことは間違いない。 白龍会の複数の者が、リオ・ティント社の代理人たちとのコンタクトを試みたが、応じる者はなかった。ロスチャイルドとの合意が成立しなければ、場合によって白龍会は、環境に優しい方法でゴールドやその他の金属を惑星のために利用できるように、デイヴィッド王を助けるのに必要なだけの世界中の軍隊を使用する。 アイデアのひとつは、鉱業が島にもたらす全体的な影響が、以前存在していたより多くの生き物のスペースを作り出すことになるように、鉱山の跡地を埋め立てて、生き物たちのための新しい土地を作るというものだ。白龍会は、6月10日から14日に島を訪れた後で、状況をさらに報告する予定だ。   喉から手が出るほどゴールドが欲しいハザール:インドネシアのM1    pixabay[CC0] いずれにしても、ハザールマフィアは、ここ数ヶ月の間に、惑星のコントロールグリッドが目に見える形でどんどん崩壊して行くにつれ、惨敗を喫し続けている。 最も重要なことは、世界のほとんどにはまだ隠されているが、ハザリアンはゴールドを使い果たしているので、世界の多くは彼らの紙幣を受け入れなくなっている。それは、消滅しつつあるマインドコントロールの仕組みなしでは、何の裏づけもないからだ。 アジアのインドネシア、日本、フィリピンや他の地域で、ハザリアンがゴールドを手に入れようとする試みはすべて妨害されていると、複数の筋が口をそろえる。 先週、シティバンクの代表者と米国のジョセフ・ドノバン駐インドネシア大使は、ジョコ・ウィドド大統領に対し、12,500トンのゴールドと引き換えに、インドネシアの対外債務をすべて帳消しにすると約束したが、彼らは手ぶらでそこを後にしたと、インドネシアの白龍会筋は言う。 『マレーシア西部にあるジョホール州のスルタン(君主)は、ジャカルタのゴールドを奪おうとする企てに関与している。』と、白龍会筋は付け加えた。 そのゴールドは彼の王族にだけ支払われるもので、自分には、過去70年ほど保管されていたインドネシアからとり戻す権利があると主張している。 このジョホール州スルタンの主張によれば、これは、インドネシアがアジアのロイヤルファミリーのゴールドを保護預かりして、M1としてスカルノが委任された担保付金口座の一部である可能性があることを意味する。 訳者追記 1700年頃に世界の王室が戦争をなくすための長期計画を立てた。1750年に世界で最も影響力がある128王族が長期結婚計画を立て、アジア、中国、中近東とヨーロッパの王族同士がそれぞれの長女と長男を結婚させるようにした。それを繰り返して世代を重ねた結果、1900年には、すべての王族の親戚関係を持つ男が生まれ、彼は「M1」と呼ばれた。ベンジャミン・フルフォード氏は、M1はインドネシアのスカルノ元大統領だとしている。M1はすべての王族と親戚関係を持つので、宝を中立に管理できると思われた。 1920年と1921年に、全ての王族の富をM1の管理下に置くために1ヵ所に集められ始めた。そして1928年にM1の父が128王族を集めて人類の未来を良くする計画を立てた。その目的は「最大限、多くの人のために最善を尽くす」ことだった。その計画を実現するために国連を作ることが計画された。 M1は自分の資金の管理を国連に渡すつもりだった。国連を作ることによって植民地政策が解体されるはずだった。その国連とともに王族が支配する「中央銀行の中央銀行」となるようにBIS(国際決済銀行)が機能を発揮した。 出典:日本を守るのに右も左もない  スカルノは、米国のジョン・F・ケネディ大統領と同じく、このゴールドを惑星のために活かそうとする彼らの努力を止めるために、ハザールによって殺された。(読者はこの歴史を知っていると仮定する)今、ゴールドの預金者が報復しているのだ。 インドネシアの白龍会筋はさらに、『マレーシア首相、ナジブ・ラザクは、ハザールマフィアのメンバーなので、何らかの形でこのことに関わっていると、私は強く感じている。』と付け足した。   (続きはここから)  影響力を失ったハザール:米トランプ大統領のパリ協定離脱 ハザールたちは、ゴールドを奪うために、いまだにロンドン、フィリピン、インドネシア、そして世界中でテロ攻撃をしかけているが、組織的に孤立させられて行っている。 6月4日に終了したハザールマフィアのトップ奉仕者たちのビルダーバーグ会議は、地球をめぐる戦いで敗れた者たちの会議となった。ハザールの首領デビッド・ロックフェラーが死亡して以来最初の会議で、ロックフェラーの取り立て屋、ヘンリー・キッシンジャーは、地球の新しい秘密の支配者になるための努力を続けた。しかし、ゴールドもロックフェラーの後ろ盾もなければ、キッシンジャーも古いエアバッグに過ぎない。 ロックフェラーの死後、ロスチャイルドが惑星を完全にコントロールしようとする試みは、米国大統領のドナルドがパリ協定を離脱したことで大きな打撃を受けた。 『トランプは、炭素取引を止め、ロスチャイルドの地球温暖化の嘘を暴露するためにパリ協定を離脱した。』と、ペンタゴン筋は説明した。 また、トランプ政権の中で、『家の中を掃除しようとするトランプが、パリ(協定)を離脱することで、元ゴールドマンの最高執行責任者ゲイリー・コーン率いるシオニスト・グローバリスト・ゴールドマン派閥とジャレッド・クシュナーを脇に追いやった。』と、彼らは続ける。 ハザールマフィアのブッシュ派閥は、次々と犯罪が暴露されているため、“完全なパニック状態”にあるとも、情報源は言う。ペンタゴン筋によれば、先週、ブッシュの殺し屋たちは、『CIAの麻薬密売と汚職について密告されるのを防ぐ』ために、元パナマ大統領の元マヌエル・ノリエガ大統領を殺害したという。 情報筋によると、デヴィッド・ペトレイアスや元NSA長官マイケル・ヘイデンなどのネオコン・ブッシュの工作員を逮捕する動きと、米国家安全保障問題担当大統領補佐官H.R.マクマスターを解任して逮捕する動きもあるという。機密情報を不正に受け取ったり、漏洩したりした容疑があると、彼らは言う。 ロックフェラー、ブッシュ、クリントンの米ハザールマフィア一派の取り巻き連中のトップたちは、刑務所に入れられないように苦闘し続けているが、ワシントンDCの権力闘争には明らかに敗北している。   コントロールを奪還したいハザール:中国 ベトナム情報筋によれば、現在、中国では巨大な権力闘争が進行中である。この闘いは、中国の権力構造で事実上ナンバー2であり、今や中国のロスチャイルド筆頭代理人である王岐山(Wang Qishan)が関係している、と情報源は言う。 最近、ジェイコブ・ロスチャイルドやダライラマと一緒に撮影され、フロリダにあるトランプのマー・ア・ラゴリゾートに滞在していると思われる謎の男、郭文貴が、 https://www.forbes.com/sites/nathanvardi/2017/04/25/chinese-fugitive-guo-wengui-lost-500-million-in-ubs-margin-call/amp/ 先週、『(王は、)スカルアンドボーンズとフリーメーソンとのつながりが強い。』と主張していた動画が消えた(インターネットからすばやく除去された)と、情報源は言う。 この秋の第19回中国共産党大会で王が首相になり、公式にナンバー2になれば、『“中国国家主席の”習近平は死ぬだろう。』と情報源は言う。王の権力は、彼がここのところ不可思議に入手して周りにばらまいている莫大な金額から生じている、と彼らは言う。 中国に関する最上級の情報機関にアクセスできるこれらの情報筋は、習近平は『非常に危険な立場にある』と言う。『彼が共産党による支配を続けようとすれば、彼の任期が終わる前に、他の利益団体が彼を排除しようとするだろう。』と言い、 『そうでなければ、90年代のソビエトのように、彼は共産主義を終わらせることができる。』と述べた。 同じ情報筋によると、中国の別の上級亡命者である令計劃(Ling Jihua)は、ロスチャイルドがコントロールする王に対する抵抗の為に、米国に『潜水艦や核コードなどのより詳しい情報を』与えているという。 https://www.theguardian.com/world/2016/feb/12/state-secrets-or-golf-secrets-murky-case-of-ling-wancheng-tests-china-us-ties たとえこれらの情報源が間違っていても、次の政局を握ろうとして、今から真夏までの間に中国情勢が乱れ続けるのは間違いない。秋には正式に発表される予定だ。   カタール断絶の背景:ロシアになびくサウジアラビア  カタールの地図 & pixabay[CC0] また、ヨーロッパにも変化が訪れている。トップハザールマフィアの独首相アンゲラ・メルケルも、ロスチャイルドの奴隷で仏大統領エマニュエル・マクロンも、もはや彼らをロシアから守らないと言ったトランプ政権の言葉の意味を自覚している。その結果、フランスとドイツは両国とも、最初こそ青色吐息だったが、突然ロシアに取り入り始めた。 また、エジプト、サウジアラビア、クウェート、バーレーン、アラブ首長国連邦が、突然カタールとの関係を断ったことで、中東でも分裂が起きている。 カタールは、アルジャジーラニュースネットワークと、米国の大規模な航空基地の本拠地だ。カタールの首長、タミーム・ビン・ハマド・アール=サーニーは、イスラエルだけでなく、イラン、ハマス、ヒズボラについても肯定的な発言をすることで、公式な中東のハザール路線から逸脱した。サウジアラビア人は、とんでもない目くそ鼻くその話(自分のことを棚に上げて他人を批判すること)で、ダーシェンの責めをカタールに負わせて非難している。 
http://www.arabnews.com/node/1104556/saudi-arabia  実際には、この争いは、カタールはガスを輸出するパイプライン契約をロシアやシリア人と締結したが、サウジアラビアはしていないという事実に関係していることは確実だ。 その結果、今やサウジアラビアも、慌ててロシアに取り入っている。今までのところ、ロシア人は、遠い北極地方で彼らのお金を使うように勧めたようだ。 http://tass.com/economy/949691 竹下氏のコメント  6月5日以降、突如、サウジアラビア主導で一部のアラブ諸国が、カタールとの外交関係を断絶しました。  (中略)…トランプ大統領は、ペルシャ湾岸諸国を1つにまとめるために、“イランを共通の敵扱い”にしました。この方針に逆らうカタールには、“調教”が必要だということから、このサウジ主導の“カタールへの兵糧攻め”が始まったわけです。(中略)…   彼らは、カタールが素直に屈服しない時には、クーデターによって政権を転覆するつもりだったようです。最後の手段は、イランに対して他の近隣のアラブ諸国とは異なる対応を取るカタールを、テロ支援という名目で叩き潰す計画だったと思われます。(中略)…イスラエルロビーに取り込まれたトランプ大統領と、サウジアラビアの思惑は、イランを共通の敵とする“アラブNATO”の創設です。この構想の邪魔になるカタールは、サウジアラビアによって調教され属国化される必要があるというわけです。  この陰謀に主に関わっているのは、アメリカ、イスラエル、サウジアラビア、UAE(アラブ首長国連邦)だと思います。(中略)…   実のところ、何も知らないトランプ大統領は、道化役を演じさせられているようです。記事の中で“トランプは、サウジアラビア-イスラエルのわなにはまった”と書かれていますが、実は、罠にはまったのはイスラエル、サウジアラビア、UAEの方です。ヘンリー・キッシンジャー氏は、カタールをペルシャ湾岸諸国のテコの支点として使うことで、ペルシャ湾岸協力会議を解体するつもりのようです。最終的なターゲットはイスラエルです。 (竹下雅敏) 出典:カタールとの外交関係が断絶された背景…キッシンジャーの罠にはまったイスラエル、サウジアラビア、UAE(2017/06/09) 翻訳:緑花 ※見出し・画像は編集者によるものです。  お願い フルフォード氏本人から快く許可をいただき、英語版レポートをシャンティ・フーラで翻訳して転載させていただいております。ただ、フルフォード氏の活動を支えるためにも有料の日本語版メルマガを購読して応援してもらえると有難いです。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。  

      8
      テーマ:
  • 22 Feb
    • 2月17日フルフォード英語版:国内権力に追われる米・中:麻薬を合法化し敵の資金を断つ可能性

      画像の出典: 習近平氏(Author:zhenghu-feng) & トランプ大統領(Author:GageSkidmore) 17/2/13フルフォード情報英語版:国内の権力争いに追われる米国と中国、世界は待たされる   ---------------------------------- 転写元:シャンティフーラの時事ブログ   お待たせしました。今週のフルフォード氏のレポートです。  トランプ大統領は、ブッシュ・ナチ派に対する宣戦布告となる大統領令を発したようです。その一環として麻薬を合法化し規制化する可能性もあるようです。そうすることで、敵の資金源を断つことができ、税収にもなります。スイスでは、"麻薬中毒者の犯罪が80%減少"し、依存症も克服されたという事例もあるようです。  またトランプ政権は、米軍基地を経由するCIAドラッグの出荷停止も検討し始めており、"横田基地は、ずっと前から北朝鮮のアンフェタミンの中心的な流通拠点だった"とあります。私もある方からとても興味深い話を聞いたことがあります。議員の中には暴力団から送り込まれている者がおり、そうした議員が、港がある選挙区をおさえ、材木に麻薬を潜ませて輸入しているというのです。もちろん、そうした議員は不正選挙にも関わっており、不正選挙と麻薬利権はつながっているという訳です。  中国は5年に1度の政権交代の準備を進めているようですが、"中国の長老たちは、…習近平がさらに5年間任期を継続し、李克強はナンバー2の座を維持するということで合意している"とあります。  米中共に、国内の権力争いに囚われて、なかなか先に進めない状況のようですが、最後の一文には、"舞台裏では、中国人とアメリカ人は協力し合って、ハザールマフィアのナチ派と戦っている"とあります。今後もそうした動きに注目し、変化を加速させていきたいものです。 (編集長) 注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。 ———————————————————————— 国内の権力争いに追われる米国と中国、世界は待たされる 転載元) Weekly geo-political news and analysis 17/2/13 投稿者:フルフォード  最近、米国と中国で、それぞれ激しい権力闘争が起こっており、この為に、地球全体の大きな新たな戦略については、両国の混乱が落ち着くまで待たなければならないだろうと、中国と米国の情報筋は言う。 米国内の闘争は、多少簡単に説明すると、トランプの背後にいるディープステート(国家を陰で操る)派閥とブッシュ・クリントンを操っていたディープステート組織残存者との闘争ということになる。中国では、3つの主要派閥が、複雑な権力争いの一部として殴り合いをしているような状態だが、3月末頃には新しい中央政府の顔触れが出揃うだろう。 両国の権力抗争が落ち着いたら、連邦準備制度理事会、国連、IMF、EUなどの本格的な改革が期待できるようになる。   トランプ大統領のブッシュとメキシコ麻薬カルテルに対する宣戦布告  ジェフ・セッションズが正式に司法長官に任命された今、さらに激化した米国の権力闘争から話を始めよう。トランプは、任命されるとすぐに、連邦政府のエネルギーと資源を、麻薬カルテルなどの国境を越えた犯罪組織解体の為に注ぎ込む旨の大統領令を出した。ペンタゴン当局者が表現した通り、『トランプは、ブッシュとメキシコ麻薬カルテルに対する宣戦布告をしたのだ。』 さらに、軍や米国機関にいる反麻薬カウボーイたちが、ようやく力だけでは不法薬物の使用は止まらないことを理解し始め、その為、トランプは麻薬を合法化し規制化する可能性があると、ペンタゴン当局者は述べている。これは、年間約2兆ドルの違法薬物事業を、税金を支払う主流ビジネスへと変えることができ、また、薬物関連死の減少にもつながるだろう。適切に実施されれば、巨大製薬産業も、役割をきちんと果たす限りは、このビジネスに参入することができる。医師が処方する薬剤の約30%は既にアヘンベースなので、それは簡単なことだ。製薬会社が、他の主要な麻薬をベースに医薬品を作り始めることができるならば、医師は、患者に提供できる全く新しいおいしいメニューを加えることができる。 これが行われると、服役中か仮釈放中の950万人のアメリカ人の半分を解放して、米国の私立刑務所の奴隷産業を衰退させることになるだろう。 犯罪率を根本的に低下させることにもなるだろう。スイス人に聞いてみるといい。スイスでは、医者が麻薬中毒者にヘロインを投与し始めてすぐに、麻薬中毒者の犯罪が80%減少した。ほとんどの中毒者は、最終的には依存症を克服することもできたのだ。 http://www.citizensopposingprohibition.org/resources/swiss-heroin-assisted-treatment-1994-2009-summary/ 世界中のヘロインの90%は、アフガニスタンで作られているので、アヘン作物の合法化と規制化は、最もアフガニスタンに平和をもたらすだろう。 トランプ政権は、米軍の基地を経由するCIAドラッグの出荷を停止することについても検討し始めている。日本の暴力団幹部によると、日本、たとえば、横田基地は、ずっと前から北朝鮮のアンフェタミンの中心的な流通拠点だったようだ。その取引を停止するか、或いは、合法化することは、日本の政治制度を完全に浄化するのに役立つだろう。トルコのインジルリクやドイツのラムシュタインなど、他の大規模な米国空軍基地を経由するヘロイン貿易にも同じことが言える。   (続きはここから)  ハザールマフィアの攻撃 しかし、これだけ大金と権力をかけていても、ブッシュ派を戦わずに引きずり落とすことはできないことがはっきりしてきただろう。 ISIS ・モサド・ブッシュのCIA ・ ナチ派(ハザールマフィアのナチ派)の結合体は戦う気満々で、ジョン・マケイン上院議員のような有名なISIS連合犯罪者がいまだに逮捕されていないことも、権力闘争がほとんど終わっていないことを表している。カザリアンマフィアは、核テロ、破壊工作、スカラー兵器などでペンタゴンホワイトハットを脅かしている。北カリフォルニアのオロビルダムで起きている災害は、トランプ政権へメッセージを送ることを目的としたナチ派の妨害行為だ。 また、大規模なサイバー戦争も進行中だ。例えば、ドナルド・トランプのツィッターのページは、私のコンピュータでは、トランプに対する猛烈な攻撃メッセージで埋められたページに置き換えられていた。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/830904083519242241 連邦裁判官もまた、反トランプの人たちで占められている。ペンタゴンの情報筋が言わざるを得なかった言葉はこうだ。『リベラル派の活動家である裁判官が法を無視し、ISISの侵入を阻むためのトランプのイスラム教徒追放を阻止して権力を乗っ取った。その連邦裁判官は、最高裁判所まで到達する前にパージされることになるかもしれない。』.これを、やり通すのは簡単なことではない。 しかし、最も熾烈な権力争いは、連邦準備理事会(FRB)の支配権になるだろう。その前線で、先週、FRBの2人の最高幹部、ダニエル・タルーロ理事、スコット・アルバレス筆頭弁護士の辞任が発表された。その空席をトランプが埋めることで、トランプ政権はFRBの支配に影響力をもつことができるようになる。そのような偉業を遂げて暗殺されなかった大統領は、アンドリュー・ジャクソンが最後だが、トランプは米軍の後方支援を受けているので、やり通せるかもしれない。 世界的に取引されている米ドルは、今や中国を中心としたシステムに移行しているので、米国では2,3か月以内に、国際ドルとは別のドルを、財務省が発行する可能性が高まっている。このことは、この記事の冒頭に記載したように、国際金融・政治構造の総改革を意味する。だが、これには米国と中国の権力抗争が完了するまで待たなければならない。   悪党のパージと対日政策の変化 トランプが有力な代議員の話や良い助言を喜んで聞き入れていることを示すように、レックス・ティラーソン国務長官は良い動きをしている。一つ例に出すと、トランプは、「一つの中国政策」支持に戻り、中国を扇動することをやめるように説得された。(訳注:一つの中国とは、中国大陸、マカオ、香港、台湾は不可分の中華民族の一つの国家であるという中国の主張)テイラーソンは、『ネオコン、イスラエル、イスラム教徒の機関と化してしまった国務省を一掃するのに忙殺されている』とも述べている。その結果、リチャード・アーミテージ、ヴィクトリア・ヌランド、エリオット・エイブラムスのような凶悪な悪党たちは、世界各地で大混乱を起こす力を失った。 日本政府は、ロスチャイルドの代理人マイケル・グリーンバーグとブッシュ代理人のリチャード・アーミテージのような伝統的なボスたちの権力喪失により、大混乱に陥った。それで、先週、彼らはご機嫌取りの為に、安倍晋三首相と大代表団をトランプ政権の元に送った。安倍が、トランプに気に入られる為に、日本の国民年金基金を略奪したことは、日本の多くの人々を仰天させ、ろうばいさせた。これで、安倍はワシントンDCとニューヨークを結ぶ高速鉄道の建設に融資することを約束できたのだ。 しかし、トランプ政権下の日米関係は、全体的には、専門官僚や専門家に任されることがわかって、日本の支配層は胸を撫で下ろした。最大の変化は、日本がロシアと緊密な関係を保つのを阻止するという米国の政策を中断したという言葉だ。また、日本人は、今後、米国に服従しない首相の殺害など、日本への米国の内政干渉が少なくなるとも聞かされた。それは、変わりつつある世界情勢の中で、米国が中国と上手く交渉していく為に、日本を味方につけておきたいからだ。   中国国内の権力闘争 ということで、話を中国の権力闘争へ続けよう。 中国政府は5年に1度の政権交代の準備を進めているが、共産党常務委員の7人のうち5人が引退する予定だ。この権力闘争は、誰がそれに置き換わり、誰が習近平国家主席後任の栄冠を戴くのかにかかっている。 中国政府関係者によると、このプロセスは複雑で時間がかかるもので、退職した高齢の元高官たちとも多くの協議が必要だという。この抗争には、3つの主要派閥が関わっている。 1つは、北の派閥(訳者注:北京派?)と呼ばれる習近平の背後にある派閥。もう1つは、胡錦涛元国家主席がトップの中国共産主義青年団の派閥である。このグループは中国南部、広東と香港周辺で最も強い。そして、台湾に深く根を張った、江沢民が率いる上海閥も存在する。 先の権力闘争では、胡錦濤を退かせるため、上海閥は習近平の派閥側についた。その結果、胡錦濤の後継者候補だった李克強は次席に終わった。 しかし、一旦権力座の就くと習近平は、大規模な反腐敗キャンペーンを理由に、胡錦濤と江沢民の派閥の勢力を奪った。そのため、もしあなたが賭けをするなら、今度は胡錦濤と江沢民の各派閥が、習近平に対抗するためにチームを組むことに懸けるかもしれない。 しかし、今のところ、中国の長老たちは、政府の継続性と安定性を重視し、習近平がさらに5年間任期を継続し、李克強はナンバー2の座を維持するということで合意している。それにもかかわらず、誰が指名後継者になり、誰が空いた座席に座るかはまだ賭けである。いずれにしても、この移行が終わるまで、中国は主に国内に目を向け続けることになるだろう。 というわけで、世界規模の新たな大きな動きは、今月中ではなく、おそらく3月に見えてくることになるだろう。 最後に、舞台裏では、中国人とアメリカ人は協力し合って、ハザールマフィアのナチ派と戦っていると聞いている。 翻訳:緑花 ※見出しは編集者によるものです。  お願い フルフォード氏本人から快く許可をいただき、英語版レポートをシャンティ・フーラで翻訳して転載させていただいております。ただ、フルフォード氏の活動を支えるためにも有料の日本語版メルマガを購読して応援してもらえると有難いです。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。  

      5
      テーマ:
  • 18 Feb
    • 国家非常事態宣言対策委員会:B.フルフォード氏:金正男の暗殺された理由:白龍会メッセージ

      画像の出典: YouTube:JRPtelevision 国家非常事態対策委員会 :朝鮮半島統一と朝鮮戦争の可能性 / 中国の北朝鮮への内政干渉への警告 金正男 暗殺 殺された理由 / 白龍会からのメッセージ   -----------------------------------      転写元:シャンティフーラ時事ブログ   1本目の動画では、"アメリカが北朝鮮を中国に乗っ取られることを恐れているために、それを防ぐために(朝鮮半島を)統一させたい"とあり、そうなった場合、中国は北朝鮮の領土の50キロぐらい内側に新しい国境を作ることを考えているようです。  2本目の動画では、金正男氏が殺された理由は、親中政権を誕生させようとした"中国に対して、北朝鮮の内政干渉はやめて下さいというメッセージだ"とあります。  3本目の動画は英語ですが、コメント欄に翻訳してくれている方がいました。関西、関東平野には、500メガトンの爆弾が埋められており、本部をアジアに移そうとしているロスチャイルドが関東平野を破壊し、〔生き残りを?〕北朝鮮に移動させる計画でいるとあります。  非常に緊張した状態にありますが、フルフォード氏は「うまくいけば世界破滅じゃなくて、世界平和が近いので、安心してください」と述べています。 (編集長) 注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。 ———————————————————————— 朝鮮半島統一と朝鮮戦争の可能性【ネット TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2017/02/10 配信元) YouTube 17/2/11 2:40〜3:40  フルフォード氏:僕は前から、北朝鮮は隠れアメリカの植民地で、韓国は表でアメリカの植民地ですから、アメリカが北朝鮮を中国に乗っ取られることを恐れているために、それを防ぐために統一させたいと思うんですよ。そうなった場合、多分中国は北朝鮮国境を50キロぐらい入っちゃうんですよ。それを取っちゃって、新しい国境を作るつもりでいるから、その辺はちょっとこれから見るべき肝心なスポットになりますけれども、ただ僕はやっぱり、朝鮮半島と日本はこれから結束する方がお互いのためだと思います。そうじゃないと、周りのロシアとか中国とかには対抗できない。それぞれが分断されたままだと。 6:15〜6:58  フルフォード氏:日本は運良く島ですから、強い海軍さえあればずっと独立を守れるんですけど、確かに独自で守れる体制を作らなければならない。アメリカに依存するだけでは考えが甘いと思いますからね。安倍が総理大臣になった途端に、竹島を軍事力で制覇しようとしてて、止められたんですよ。それはやめた方がいいと。とにかくどこかと喧嘩したくてしょうがなかった人なんですけれども、今ライバルは朝鮮半島ではない。あれは同盟国として見た方が健全な考え方なんですよ。 文字起こし:はちコ    ———————————————————————— 中国の北朝鮮への内政干渉への警告 金正男 暗殺 殺された理由【ネット TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2017/02/17 配信元) YouTube 17/2/17 0:43〜2:24   フルフォード氏:基本的に安倍晋三とドナルド・トランプが北朝鮮での政変劇を議論した際に、北朝鮮が特殊核ミサイルを飛ばしたんですよ。そのミサイルは高さ55キロまで行って、そして地下まで降りたんですけれども、それは何を意味するかと言うと、世界のどこでも、どんな場所でも、今は核ミサイルを打ち込むことができるというイルミナティからの情報ですよ。間違いないですよ。彼らは何が目的かと言うと、掃討してくださいと。同じこの北朝鮮の裏側からのメッセージとして、先日、マレーシアで殺された金正男というのは、なぜ殺されたかと言うと、中国に対して、北朝鮮の内政干渉はやめて下さいというメッセージだと。僕は伝言板で、伝えているだけですよ。もし彼ら中国陸軍が北朝鮮に入るんだったら、彼らは北京を爆破しますという、僕はあくまでも伝言を伝えていると。非常に今は緊張の高い事情ですけれども、ただし、良心的な世界政府誕生に関して大筋合意ができているから、こういう緊張が高いけれども、うまくいけば世界破滅じゃなくて世界平和が近いので、安心してくださいということです。 4:09〜4:33  司会:一般的なテレビでは、韓国の方に来ている人たち、脱北した人たちみんなで、新しい政権であの人をトップにして作ろうとして、潰されたということを言ってますけど。 フルフォード氏:中国は彼を使って、親中政権を誕生させようとしたために殺されたのは事実。 文字起こし:はちコ    ———————————————————————— Benjamin Fulford News White Dragon Society 配信元) YouTube 17/2/17   Mockingbird Hill  今日は2017年2月17日、ベンジャミン・フルフォードが白龍会を代表してここにはっきり言う。911、311事件の真犯人を糾弾するときが来た。だがこの件について、トランプ大統領はなにもするつもりがないことがはっきりした。この期に及んで関係犯たちの逮捕もないのを見れば、彼がこれに対応するつもりがないということだし、クリミアやイスラエルについていうことも、オバマと同じになって来たのは実に奇妙だが、それは誰かに脅迫された結果と考えればうなずける。こうなれば、ことは私たちが自ら立ち向かわねばならないということだ。 (中略)  なお私に何かあったなら、関西、関東平野は地上から消滅するだろう。その双方にはすでに500メガトンの爆弾が埋められている。この爆弾は私のものではないが、いまその起爆を止めることができるのは私だけだ。 最後に非常に大切なことを述べる。白龍会は日本政府に1兆円の支払いを3月19日までに支払うよう要求する。これは関東平野に爆弾が埋められている事実を国民から隠しているからだ。ロックフェラーロスチャイルドが本部をアジアに移そうとしていることについては以前に述べた。彼らは関東平野を爆発破壊し、〔生き残りを?〕北朝鮮に移動させる計画でいる。これも彼らの人口削減政策のひとつだからだ。証拠は全部ある。このことを日本政府は国民にまったく知らせていない。 (以下略)   

      4
      テーマ:
  • 14 Jan
    • トランプ氏の大統領就任と危機の回避:新金融システムをめぐる権力闘争

      画像の出典: GageSkidmore & pixabay[CC0]フルフォードレポート英語版(1/9) トランプ氏の大統領就任と危機の回避 新金融システムをめぐる権力闘争 ーーーーーーーーーーーーーーー 竹下雅敏氏からの情報です。 フルフォード氏も冒頭で、トランプ氏の1月20日の大統領就任に向けて、“強力な最後の抜け目ない取引が行われている”とし、“我々の惑星と種は危機に瀕している”と言っています。以前紹介したウィキリークスの情報で、“エリートらは来年1月12日から14日にかけて第三次世界大戦を勃発させる予定です”とありました。先の記事のコメントで説明したように、またもギリギリのところで危機を回避出来ました。 今回のレポートは非常に興味深く、コーリー・グッド氏の言う秘密の宇宙プログラム(SSP)に関するものが出てきています。 トランプ氏の大統領就任後、犯罪者の排除がうまくいけば、残る問題は新金融システムの操縦桿を誰が握るのかという争いになります。新金融システムが金塊で裏付けられるのか、それとも金塊とGDPの両方で裏付けられるのか、そしてどのようなグループがその金塊は俺のものだと主張しているのか、その辺のことが全く表に出てこないので、外から見ている分には、ほんの一握りの関係者が未来の権力を巡って骨肉の争いをしているように見えます。 おそらく最終的には、地球上の富を人々が分かち合えるように、金塊の権利を主張しない人たち以外は誰も生き残れないのだろうと思っています。地球上の富は元々人類全員のものなのであって、特定の一族のものでは無いからです。(竹下雅敏)注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。――――――――――――――――――――――――   フルフォードレポート英語版(1/9)転載元)嗚呼、悲しいではないか! 17/1/10最後のハザールマフィアの地下基地と拠点が陥落するのに伴い、地球をめぐる戦いは終わりに近づいていると、白龍会情報源は報告している。しかし、まだドナルド・トランプの1月20日の大統領就任が近づくにつれて、東と西の間で強力な最後の抜け目ない取引が行われていると、その交渉に関与している情報源は言う。我々の惑星と種は危機に瀕している。終了すべき大きな戦いは、この惑星の本当の力の源であるお金を作り配布するプロセスを当に支配する人に関することである。(中略) 中国は世界GDPの17,9%を支配しており、金塊も十分持っており、世界最大の債権国である。中国主導のアジアインフラ投資銀行のメンバーは、100カ国を超えており、世界GDPの80%を占めているが、米国と奴隷国家日本は、最終的に反AIIB保有額として20%以下を占めるのみである。このことは、中国とその西側同盟国が世界金融システムの支配を獲得しようとすれば、彼らは成功することを意味している。しかし、米軍産複合体はその多くが秘密の宇宙高度技術計画に関連している多くのカードを持っている。米科学アカデミーによると米秘密政府は国家安全保障上の理由で秘密にされている6000件の特許の背後にある技術の多くを含むこれらのカードを切る準備をしていると、国防総省当局者は言う。(中略) 白龍会の代理人は諜報機関の情報源から、表の米国大統領を超える高レベルの許可によって、銀河系間戦争に敗北した後、非常に危険な実体がここの保護層を取り払ったので、この惑星は隔離されていると伝えられた。これらの実体は今は降伏しており、この過程でこの惑星上の人質の人々を解放していると、これらの情報源は言っている。これらの人々が言うことが真実であれば、近い将来、慈悲深い銀河勢力が南極大陸でワームホールを開き、地上の人類が宇宙全体と接触することを可能にしてくれる。今月、ロシアのウラジミールプーチンがそこを訪れる最新のお偉方になる予定である。https://themoscowtimes.com/articles/putin-to-visit-antarctica-21017(中略) この惑星上で高度の難解な戦いが行われていることは間違いがない。(中略) 彼らの益々汚く必死の心理戦争戦術は、これらの人々がいかにパニックに陥っているかの兆候である。何の証拠もなしにロシアが米国の選挙を乗っ取ったと主張することでトランプ大統領就任を混乱させる先週の哀れな企てを見てみましょう。トランプの大統領就任を混乱させるこの絶望的パスは、事前投票の再集計のように完全に失敗したので、トランプ暗殺を含む何か別なことを彼らは行うかもしれない。(中略) トランプの大統領就任まで、いくつかの作業を進めている。大赦を拒否した徒党が終わったようにより深い地下軍事基地は破壊されたことは、国防総省情報源がその行為の状態を述べた通りである。ニュヨークの核兵器は解除され、バンクーバーの地下鉄は破壊されたと、その情報源は言う。1月15日のパリ会議もまた、ハザールマフィアの最後の拒否者であるイスラエルに二国間決議を課すために召集され、そこの政権に本当に平和を作ることを強制する制裁を使用することになると、その情報源は言う。(中略) 全体に、犯罪者の排除が終われば、西側軍産複合体は人類への奉仕に技術力、軍事力を提供するだろうと、国防総省とその機関情報源は言う。(以下略)   

      1
      テーマ:
  • 06 Jan
    • 号外・ハザール暴徒の逮捕が1月1日から始まる:小和田恒氏の拘束と皇室乗っ取り計画

      画像の出典: ロシア政府HP & 宮内庁HPフルフォードレポート英語版(1/2):15,000人以上のハザール暴徒の逮捕が1月1日から開始 〜小和田恒氏の拘束と皇室乗っ取り計画〜          +++すごい情報ばかりです   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー         転写元:シャンティフーラ時事ブログ  竹下雅敏氏からの情報です。 “米国では15,000人以上のハザール暴徒の逮捕が1月1日から既に始まった”ということです。多くの徒党の地下基地が、破壊されているようです。ある情報では、南極でも秘密の戦争が行われており、多くのUFOが南極から逃げ出したということでした。フルフォードレポートによると、“徒党はニュージーランド、コンゴ、ブラジルやパラグアイに逃げ込もう”としているとあります。見えない処で、すごいことが起こっているようです。 皇太子妃雅子様の父親である小和田恒氏がスイスで拘束されているという情報は、やはり本当だったようです。記事によると、小和田氏はロックフェラーの日本での最高幹部とあります。デーヴィッド・ロックフェラーはすでに失脚しており、いわゆるジャパン・ハンドラーズも、失脚と同時にロスチャイルド側に寝返っていました。現在は、その寝返っていたジャパン・ハンドラーズも日本から排除されたという状況ではないかと思います。 だとすると、“小和田の娘の雅子が皇室に侵入した”理由は、女系天皇を認めさせ、皇室を乗っ取ることだったと考えられます。ロックフェラー家は、今やロスチャイルド家の軍門に下っているはずなので、結局、ロスチャイルド家の狙いは日本の皇室を乗っ取ることだと思います。そう考えれば、裏天皇の堀川辰吉郎や前田ゴロウに、ロスチャイルド家の血が入っていると思われる事が納得出来ます。 八咫烏は古代イスラエルの末裔のはずで、彼らが明治維新以降、日本の王家を乗っ取ってしまったわけですが、その彼らがハザールの偽ユダヤに乗っ取られようとしていたという事でしょうか。ただ、彼らもその事に気づいたようで、ロスチャイルド家を追い出したようです。これから、日本も大きく変化して行くと思います。(竹下雅敏)注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。――――――――――――――――――――――――フルフォードレポート英語版(1/2)    フルフォードレポート英語版(1/2)転載元)嗚呼、悲しいではないか! 17/1/3(前略) 我々は英国(Brexit)と米国(ドナルド・トランプ軍事政権)においてハザール支配政権の終了を導いたアングロサクソン世界における反乱を見た。2017年酉年の今年は、(中略)…ハザール暴徒支配の最終掃討が行われて、大量逮捕、犯罪裁判と政権交代の年になるだろうと、国防総省、グノーシス・イルミナティ、アジア秘密結社と白龍会の情報源は皆認めている。米国では15,000人以上のハザール暴徒の逮捕が1月1日からすでに始まったと国防総省情報源は言う。911、イラク不法侵略、日本の福島津波核テロ攻撃や人類に対する他の犯罪の加害者は逮捕されており、全ての主要マスコミにおいてこのことが公表されるだろうと、白龍会情報源は言う。キャンプ・デービット地下のクローン基地をはじめ、ネバダ、デンバー、ニュージーランドの徒党地下基地は破壊された、そしてオーストラリア、サンディエゴ、ハワイとアーカンソーの多くの基地が攻撃対象となっていると、国防総省情報源は報道している。「徒党はニュージーランド、コンゴ、ブラジルやパラグアイに逃げ込もうとするので、彼らを止める行動が増えるかもしれないと、その情報源は保証している。(中略) 我々は日本皇室と安倍晋三首相の内閣の情報源から、雅子皇太子妃の父親でもある国際司法裁判所判事小和田恒が日清戦争補償拠出債権を現金化しようとして先週スイスのBISで拘束された。小和田は元日本総理の福田康夫と小泉純一郎が日本外務省特別資金を株式市場に投資した際の損失を補おうとしたと、その情報源は言う。「彼は皇太子妃の父親ではあるが、天皇ではないので、彼は逮捕された」と皇室家族に近い日本の右翼は述べている。小和田はロックフェラーの日本の最高幹部の一人なので、彼の逮捕は日本の既存勢力に衝撃を与えた。(中略) 日本の天皇の発表された退位は4月に行われる予定であったが、小和田の逮捕で明らかなようにハザール代理人が日本銀行の乗っ取りを完結するには間に合わない。明治天皇の母親がハプスブルグ家の皇女であったと言う暴露は広く皇室家族に衝撃を送ったと、右翼は述べている。男系に日本皇室を引き継ぐ女系を使う計画は小和田の娘の雅子が皇室に侵入したことが背後にあることが明らかとなったと、日本皇室家族メンバーは言う。それが女性を天皇位に認める大きなメディア運動があった理由であると、彼らは付け加えた。いずれにしても、ハザール人はASEAN、日本と朝鮮半島をヒラリ-を当選させる中国の援助と引き換えに与えると約束していたとアジア秘密社会情報源は確認している。それが天皇が退位する理由であったが、今はこれらの計画は止められている。(中略) 日本の広告代理店において独占に近い電通の石井正社長は日本のメディア支配のシステムは変わったという明確な兆候として、先週辞任を発表した。(中略) 日本政府が、戦争犯罪人であるイスラエルの首相ベンヤミン・ネタニヤフが2011年3月11日に日本の首相菅直人に電話して、日本政府が外貨保有をハザールマフィアに譲渡しない限り、東京市民の大量虐殺を脅したことに関する所有するテープを今、公開する勇気があるかどうかを見ている。「安倍はネタニヤフを非常に恐れているので、彼と直面するくらいなら辞任したいと思っている」と、日本の右翼情報源は言っている。たとえ安倍が臆病者でも、ネタニヤフの残された日は少ない。安倍が311に関する行動を拒否すれば、退任させられるだろうと、日本の右翼情報源は言う。(中略) ネタニヤフはドイツアンゲラメルケルと共に、今権力についている二人の最高のハザールマフィア代理人であり、最も優先度の高い標的であると、グノーシス・イルミナティと国防総省情報源は認める。全体に見て、我々が今見ていることは、人類の勝利と自由はすでに保障されているので、掃討作戦であると白龍会情報源は言う。うまく行けば年の前半に掃討が終了して、我々はより前向きで建設的な仕事を始めることができる。2017年が全てうまく行けば、世界平和と貧困を終わらせ環境破壊を止め、新黄金時代が始まることを意味している。  

      8
      テーマ:
  • 30 Dec
    • 小和田 恒スイス軟禁の実態:ソフトバンク孫正義の10兆円ファンドの設立:日本独立のチャンスは今

      画像の出典: YouTube:JRPtelevision国家非常事態対策委員会:小和田恒 スイス軟禁の実態 / ソフトバンク孫正義の10兆円ファンドの設立 / 日本独立のチャンス…他  xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx転写元:シャンティフーラ時事ブログ   16/12/22の竹下氏の記事で小和田恒氏の軟禁情報が伝えられましたが、フルフォード氏もこの動画でこの事件について"今起きている金融戦争で逮捕された情報として認めている"と述べられています。情報源は、天皇系に近い右翼筋と現安倍内閣の補佐官とのことです。天皇家の金に手をつけようとした動機ですが、小泉元総理と福田康夫元総理が、外務省の資金で株投資し、その失敗の穴埋めをしようとしていたようです。 今日本に日銀の国有化のチャンスを与えられているようです。フルフォード氏によると"中国政府とアメリカが水面下で…アジア側が既存の国際通貨体制を乗っ取る代わりに、欧米の軍隊に給料の振込をし続けて、仕事の内容を悪質なものから良心的なものに変えてもらうという基本合意ができている"とあります。その期限はトランプ氏が就任する来年1月20日までのようです。このチャンスを逃せば、"日本は独立国家じゃなくて、中国の植民地になる"可能性もあるようです。(編集長)注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。————————————————————————小和田恒 スイス軟禁の実態 国家非常事態対策委員会 2016/12/29配信元)YouTube 16/12/291:00〜  雅子妃のお父さん小和田恒がスイスで軟禁 小和田 恆[CC-BY-3.0]フルフォード氏:今日は2016年12月29日ですけれども、日本の天皇系に近い右翼筋と現安倍内閣の補佐官、両方から同じ情報の確認が取れているんですけれども、彼らによると、雅子妃のお父さん、あと、国際裁判所の判事でもある小和田恒がスイスで軟禁されているというニュースが入りました。彼は、日清戦争の賠償金債権を換金しようとして、軟禁されたんですよ。そういう債権を換金できるのは、天皇陛下本人以外はできないので、彼がいくら皇太子の嫁のお父さんでも、換金する立場にいない。さらに、その情報源によると、小泉元総理と福田財務大臣?(※福田康夫元総理)が、外務省の資金に手を出して、株投資して失敗してその穴埋めとしてその債権を換金しようとしたけれども、これは初めて日本人の大物が、この今起きている金融戦争で逮捕された情報として僕は認めているんですよ。彼はディヴィッド・ロックフェラーの、たぶん日本でのトップエージェントの1人だったんですよ。間違いない。ディヴィッド・ロックフェラーの300人委員会のメンバーですけれども、ディヴィッド・ロックフェラー本人が死んだという情報を得てから、現段階ではロックフェラー財団から否定も肯定もコメントはありませんけれども、明らかに大きな変化が起きているんですよ。2:57 ソフトバンク孫正義の10兆円ファンドの設立:大元はサウジ→エクソンモービル→ロックフェラーもう1つこれと関係しているのは、ソフトバンクの孫正義が1000億ドルのファンドがあると言っていました。そのお金の大元はサウジアラビアだと言うんですよ。サウジアラビアの裏をかくと、エクソンモービル。それの裏をかくとロックフェラー。孫さんは自分のお金はないから、全部借金ですけれども、誰かが彼の顔をしてマネーロンダリングしようとしたけれども、あのお金も動きませんので。 日本独立のチャンス今の内閣の大元がいないんですよ。権力を実質的に失っているので、1月20日、トランプ政権が始まる前に日本が日銀を国有化して、日本円を発行する権利を日本国民に奪い返すチャンスが今手に入っている。20日までに動かなければこのチャンスは2度と来ないと思いますけれども、今動けば取れます。わからないんだったら、僕が具体的に現実的な方法を教えます。前から、現内閣でもいいから日本が真の独立国家になる方法を具体的に現実的に説明します。その第一歩は日本銀行国有化。その後、国民にすべての隠された事実を明かす特番をすべてのテレビ局でやる必要があるんですよ。国民が事実を知った上で、透明公正な選挙で選ばれた日本政府がお金を作って山分けする権利を手に入れることができます。今動けばチャンスが手に入ります。アメリカは今、内戦に近い状況なので、手が回らない。今、国際権力の空白があるので動けます。このチャンスを掴まえないと、2度と訪れません。結果は日本は独立国家じゃなくて、後に、中国の植民地になるので今がチャンスですよ。ということを言いたかった。 (続きはここから)05:20  トランプ政権で米軍の給料がストップ!?後もう1つ、トランプ政権について言いますけれども、ドナルド・トランプは、世界の指導者ではありません。彼が大型減税と内需拡大を約束しているんですけれども、すでに世界債権市場は暴落しています。なぜかと言うと、そのお金が既存のドル体制ではない。トランプが大量借り入れをする、人類歴史上最大の借金国アメリカが、これ以上国際社会から借りようとしても、金利をうんと上げないと貸してもらえない。金利が上がると当然新興国の市場などで大混乱。(中略) 結局、トランプが米連銀を乗っ取って米ドルの発行権をアメリカ共和国に取り戻したとしても、それはアメリカ国内では通用するけれども、海外では通用しない。そうすると、世界800か所に展開しているアメリカ軍の給料の振込みが止まります。だから今、国際ドル体制、円体制、ユーロ体制、人民元体制を大幅に変える必要があります。中国政府とアメリカで水面下で話し合いをしているんですけれども、アジア側が既存の国際通貨体制を乗っ取る代わりに、欧米の軍隊に給料の振込をし続けて、仕事の内容を悪質なものから良心的なものに変えてもらうという基本合意ができているので、今から1月20日の間に、緩やかな世界政府と世界平和を実現するチャンスがあります。動かなければ、そのチャンスはもう2度と来ません。ぜひこれを皆さんに理解してもらいたい。07:50 文字起こし:はちコ

      5
      テーマ:
  • 29 Dec
    • ツポレフ154型機の墜落はイスラエルによるテロ / ナザニエル・ロスチャイルドの潜伏 / 南極の

      画像の出典: pixabay[CC0] & AlexanderUsanovフルフォードレポート英語版(12/27):ツポレフ154型機の墜落はイスラエルによるテロ / ナザニエル・ロスチャイルドの潜伏 / 南極の巨人が目覚める…他   ---------------------------------------------------------------------転写元:シャンティフーラ時事ブログ  竹下雅敏氏からの情報です。 ハザールマフィアの最後の拠点である、デンバー空港の地下基地の掃討が進行しているとあります。 フルフォードレポートでは、ロシア航空機のツポレフ154型機の墜落は、イスラエルによるテロであるとしています。おそらく、この情報は正しいものと思われます。トルコのロシア大使の殺害とこのロシア航空機の墜落事件は、ISISとモサドとの、本当の対テロ戦争を開始する法的根拠を与えたとあります。レポートではネタニヤフを戦争犯罪人としていますが、確かに、本物のネタニヤフは戦争犯罪人でした。しかし、おそらく本人は既に死亡しており、現在のネタニヤフは替え玉で、今回のロシア航空機テロには関与していないと思います。このテロは、モサドとCIAによるものと考えた方が自然だと思います。 ロスチャイルド家の内部では戦いが続いているようです。フルフォード氏は、ナザニエル・ロスチャイルドから“自分は殺されておらず、隠れているだけだ”という情報を得たようです。ロスチャイルド家の当主をめぐる争いが起こっているようで、暗殺の可能性から、彼は身を隠しているということのようです。 私はナザニエル・ロスチャイルドが既に死亡したと考えていたのですが、これは間違いだったようです。ある時、ふと彼が肉体の波動が感知出来ないような環境に身を置いているのではないかと思い、より深い意識のレベルで調べたところ、確かに肉体の波動が残っていました。おそらく通常の肉体の波動を遮断するような特殊な地下の空間に隠れているのではないかと思います。ただ、その後を見ていると、どうやら彼は本当に死亡したのではないかと思います。これまで感じられたより深いレベルでの肉体の波動すら消えてしまったからです。 文末に驚くべきことが書かれています。南極で大きな容器の中で冷凍状態にあった4メートル近くの巨人が、現在目覚めているというのです。かつて地球上に居た、遺伝子操作される前の本来の人間かも知れません。(竹下雅敏)注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。――――――――――――――――――――――――フルフォードレポート英語版(12/27)転載元)嗚呼、悲しいではないか! 16/12/27(前略) 米国大統領に選出されたドナルド・トランプは、戦争犯罪人であるベンニャミン・ネタニヤフを含むハザールマフィアの最終崩壊を妨害しようとすると、彼の首の鎖を引かれることになると、国防総省とその機関は言う。その崩壊は今、掃討段階に入っていると国防総省情報源は言う。徒党の最後の拠点であるデンバー空港の広大な地下基地は米国、ロシア、その他の軍隊の派遣を受けて、多くの襲撃を行い掃討が進行していると、その情報源は言う。他の作戦では、10万人の子供セックス奴隷がロスアンジェルスのゲッティセンターの地下基地から解放されたと、彼らは付け加えた。先週、チリ南部は大まかに言えばバジロチェとパタゴニアのナチ領地を揺らすために地震兵器で攻撃されたと、彼らは言う。イスラエルのハザール本拠地は今、ヨルダン川西岸の不法居留地建設を非難する国連決議が可決されたようにかってない攻撃を受けている。(中略) ロシアのトルコ大使の殺害とイスラエルによる黒海上でのロシア航空機の撃墜はロシアにイスラエルに対する国連制裁を追及し、世界中のISIS/モサド資産を求めることによってテロに対する本当の世界戦争を開始する道徳的かつ法的根拠を与えたと、国防総省情報源は言う。(中略) CIAに残っているハザール代理人はトランプによるブッシュ派の大規模掃討に備えていると、CIA情報源は言う。改革されたCIAは無人偵察機による攻撃と麻薬運搬を止め、公開された情報源の情報同様、人類情報活動に集中していると、その情報源は言う。孤独なイスラエルは今、空陸海封鎖への直面と、国家として国際法の遵守を強要する他の行動が予想されていると、国防総省と機関情報源は認める。(中略) ハザール人は重大な金融危機を作り出すことによる反抗を計画していると、ロスチャイル家を含む複数の情報源は認めている。(中略) 新年に急激に加速する金融危機は、世界中の金利を激しいレベルまで増加を引き起こす大きな圧力によって、すでに始まっている。これはハザール暴徒家族による債券市場における巨額売却によって行われている。計画された結果は負債を持つ新興国経済を麻痺させ、米国のような負債奴隷にさらにカード、車、家そのほかのローンの支払いを増やさせて罰することにある。計画は企てられた経済困難をトランプの所為にすることであると、ロスチャイル家情報源は言う。(中略) 我々は国防総省が言うように殺されておらず、隠れているだけだと言っているナザニエル・ロスチャイルドからの言葉を得ている。(中略) 「彼の家族のメンバーは次の家族の長としての地位を失いかけている。彼らは彼を排除はしないのは、彼にやってくる指導者への昇格を止めさせたい家族によってのみ使われる特別に準備された文書に彼のサインが必要であるからである。その情報源は、「家族内の戦いは続いている」と言っている。彼らは世界金融システムの支配権を失っているが、上海金交換所を通じて、舵を握っている中国のクラブに依然として残っており、彼らは主要なプレーヤーである。(中略) デイビット・ロックフェラーは死んでいると言う情報は正しい。(中略) 300人委員会の長であるエリザベス2世女王もまた、自宅逮捕下にあると、国防総省情報源は言う。(中略) しかし、王室に近い情報源は、女王はグノーシスイルミナティが彼女を狙っていると言う報告を受けたので、安全保障上の予防策として公への登場を避けているだけだと言っている。グノーシスイルミナティによって標的にされている他の良く登場する血統家族の公人はアドルフ・ヒットラーの娘でありロスチャイルド家のメンバーであるドイツのアンゲラ・メルケルである。イルミナティはドイツ軍と特殊部隊のメンバーが来年中に彼女を権力の座から廃除すると言っている。最近の偽ドイツトラックテロ攻撃とそれに続くメディアのメルケル非難を掲げる運動はその運動の最初のラウンドであると、彼らは言う。2017年はまた秘密の宇宙計画とETの人々が長い間待っている公開の時になるかもしれない。(中略) 「徒党は南極で発見した物に完全に驚いている-それはバズに心臓発作を引き起こさせた。内部に非常に大きな容器がある。ジョン・ケリーが選挙の日にそこに居た理由です。同時に冷凍された動物と人間。12-14フィートの人間がポットの中に留まっており、今目覚めている。(以下略)  xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx  `@@@ 南極の冷凍されていた巨人が「生き返る」 ‘@@@2017年は宇宙計画とETの公開始まる ‘@@@ヒットラーの娘であるドイツのメルケルは、権力の座から引きずり降ろされる ‘@@@300人委員会の長であるエリザベス女王は逮捕される ‘@@@デイビット ロックフェラーは死んでいる ‘@@@ナザ二エルロスチャイルドは生きている・     (竹下氏はすでに死んでいるという) ‘@@@急激に加速する金融危機は、「世界中の金利を激しいレベルまで増加を引き                        起こす大きな圧力によってすでに始まっている」  ‘@@@ハザール暴徒家族のよる債券市場における巨額売却によって      行われている  ‘@@@10万人のSEX奴隷されていた子供たちがロサンゼルスのゲッターセンターの         地下基地から解放された  ‘@@@チリ南部地震は「ナチの領地を揺らすために起こされた」  ‘@@@ 

      2
      テーマ:
  • 15 Dec
    • スキャンダルの真相:韓国大統領は「悪魔崇拝の儀式」に参加していた:韓国国民の激怒の理由

      画像の出典: Author: Korea.net & pixabay[CC0]フルフォードレポート英語版(12/12) 〜朴大統領弾劾の真相 韓国人が激怒した理由とは〜  @@@韓国の朴大統領は「悪魔崇拝の儀式に参加」していた。      そのことが国民に暴露された。       悪魔に魂を打った女    と   いうことだ。----------------------------------------------------------------------転写元:シャンティフーラの時事ブログ)) 竹下雅敏氏からの情報です。 今回のフルフォードレポートもすごい内容です。まず、“大規模な排除が現在進行中で、アジアと西側で多くの人々が消えている”とあります。そうだろうと予測していたのですが、裏付けが取れた感じです。また、前回のレポートで、習近平氏がイブリン・ロスチャイルドの命令で動いているという情報があり、この情報はおそらく間違っているとコメントしたのですが、今回のレポートでは、この件に関して訂正が入りました。 驚いたのは韓国の朴大統領の弾劾の件で、韓国人は、朴大統領が悪魔崇拝の儀式に参加して、彼女が悪魔に魂を売ったことに対して激怒しているという部分です。韓国の国民の怒りがあまりにも激しいので尋常ではないと思っていましたが、ようやくその真相が摑めた気がしました。大手メディアでは、この手の情報は全く上がってきません。 こうした悪魔崇拝と関連したピザゲイトスキャンダルの関係者は、来年から始まると予想される戦争犯罪裁判で裁かれることになるようです。 米軍と中国軍は世界通貨再設定の交渉をしており、それをロスチャイルド一族が妨害しているとあります。このことに関して、彼らと戦ってきたCIA情報源が、“我々は本気であり…完全な降伏か完全な消滅のどちらかを選択せよ”という強いメッセージを送っています。今や、ロスチャイルド一族が権力に残る選択肢は全く有り得ないので、一族は滅亡か完全な降伏かのどちらかしかありません。多くの者は、ロスチャイルド家の本拠地にミサイルを打ち込むことも厭わないはずです。神々は、彼らが殲滅されることを、カルマとして当然の事とみなすでしょう。(竹下雅敏)注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。――――――――――――――――――――――――   フルフォードレポート英語版(12/12)転載元)嗚呼、悲しいではないか! 16/12/13(前略) ハザールマフィアはドナルド・トランプが米国大統領に正式に指名されることを阻止しようとして、今から12月19日の間に最後のたくらみとして奇妙な偽旗テロ作戦を計画していると、CIA情報源は言う。しかし、ロシア、中国と米国の軍隊が全て協力し合っているので、これらの努力は死に行く獣の最後のあがきに過ぎない。ハザール企業メディアの偽の世界を再び主張するために真実のウェブサイトを削除する目的で非常に激しいサイバー戦争キャンペーンも進行中であると、その情報源は言う。これが、現在の真実革命とドナルド・トランプの選挙がロシアによって行われているとレベル付けしようとする目下の企みの背後にあるものである。(中略) 本当の偽ニュース機関はニューヨークタイムス、ワシントンポスト、CNN、BBCなどのような宣伝機関である。これらは911、イラン、サダムフセイン、ISIS、ロシア等について依然として偽りの報道をしている報道機関である。これらの横たわる企業宣伝報道機関はまもなく経営の変化を経験し、真実を報道するか閉鎖されるかのどちらかにされる。アジアの秘密結社とワシントンの機関情報源は大規模な廃除が現在進行中で、アジアと西側で多くの人々が消えているとと報告している。これが見える兆候はハザールマフィア支配政府の陥落のドミノです。しかし、アジア秘密結社の情報源はが中国主席習金平がイブリン・ロスチャイルドへつながっていると主張するNSAが提供した情報は偽であると言っている。彼らは、アジア人は一連の重大会議を持ち続けており、とりわけ、習は世界平和を支持しているので彼は権力に残るだろうと判断している。しかし、他の世界指導者達は辞任を続けるだろうと、その情報源は言う。ごく最近の陥落のドミノは、先週弾劾された韓国大統領朴槿恵である。韓国人は、朴が悪魔の儀式に参加して、悪魔の精神が彼女の体と魂を完全に支配することを許したというウィキリークス他の暴露を聞いて怒っている。http://victuruslibertas.com/2016/12/south-korean-president-forced-to-step-down-when-people-find-out-she-is-involved-in-satanic-cult/悪魔とのつながりを否定するハザールマフィアによる激しいキャンペーンがあるが、さらに多くの内部通報者はそれが正に真実であると言っている。マリーナ・アブラモヴィッチが運営するエリートパーティにおける儀式の写真は本当に行われた人肉饗宴に映像であると、血縁家族情報源は言う。https://sli.mg/a/mdv0hGこのエベントに参加した有名人のリストはこちらから見られる。http://www.ascensionwithearth.com…(中略) これらのエリートの恐怖に関する多くの情報が2017年1月に始まる予定の戦争犯罪裁判で噴出すだろうと、多くの情報源は同意する。CIA情報源は、米国株式会社の最高経営責任者のオバマは2010年、国際刑事裁判所に静かに加わった。10年前、ジョージ・W・ブッシュはブッシュ/クリントン犯罪家族に大統領免責を与えた。それは12月31日に終了する。2017年1月1日、彼らは逮捕され、国際犯罪裁判所の前に引き出される。これが彼らが今、家に拘束されている理由である。このことは情報源に非常に近くに保たれている。(中略) 一方、金融戦争は激化している。これは先週のブルームバーグターミナルの停電に見られると、その情報源は言う。ヘッヂファンドもたとえチップを出す人が家族や友人から何の利益を得なくても内部取引は犯罪であると8対0で判決を行った先週、打撃を受けたとその情報源は言う。この判決は法執行機関の人々にとってウォール街を浄化するのが非常に容易になった。また、ウェル・ファーゴ銀行は数百人に徒党銀行家が追放され、やがてHSBCでも引き継がれる可能性があると、その情報源は言う。これに関連して民間スイス銀行エドモンド・ロスチャシルドはその国のハザール傀儡が逮捕された後、中国から追放された。中国軍は、彼らが完全に信用できる西側銀行はHSBCとスタンダード&チャーター銀行であると言っている。米軍と中国軍は世界通貨再設定を助ける取引を交渉していると、交渉に近い情報源は言う。取引には米ドルのアジア金塊への取引も含まれており、それはロスチャイルド一族によって阻止されていると、その情報源は言う。その理由で、アジアの秘密結社と米機関はロスチャイルド一族の指導部に関して正確な協調を与えている。白龍会はミサイルと空爆は貴重な芸術作品の破壊を防ぐために避けるべきだと言っている。しかし、血統家族と戦ってきたCIA情報源は厳しい方針を採る。「彼らは中東の歴史的に貴重な財宝を爆撃し破壊する時に心配いするだろうか?いや、彼らの目標は財宝を得たり救済することではなく、完全な絶対的支配を得ることであるから。徒党は9/11で戦略各兵を使用しなかったと言うのか?我々が愛する惑星の支配を取り戻したいのであれば、対抗する力の誇示だけが彼らの注目をあるめるだろう。だから、我々は本気であり、もうたくさんであり、完全な降伏か完全な消滅のどちらかを選択せよと強いメッセージを送る。グノーシスイルミナティは完全な消滅に傾いているので、遅くなる前により穏やかな白龍会への血統家族の降伏を勧めます。(以下略)   xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx  https://sli.mg/a/mdv0hG   (悪魔崇拝者たちの生贄場面:動画あり)このエベントに参加した有名人のリストはこちらから見られる。http://www.ascensionwithearth.com…  xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx                                            悪魔崇拝者たちの パーティは動画を見ると          ライオンが獲物を食らう時のように          という表現がふさわしいのかどうかわかりませんが              台の上に乗せた女性の乳房 や Pポイントや          恥部や内臓をナイフでえぐり、  お皿に乗せ           パーティ会場の馬鹿どもに   振る舞う            ほとんど  そこら辺のパーティの雰囲気である            最後には頭部だけを  袋に入れ  廃棄するのだろう           頭部以外は  すべて 人間の胃の中へ            このような おぞましい  パーティへ 韓国の大統領が         参加していることが判明したわけで          国民は激怒するのは無理もない  

      3
      テーマ:
  • 14 Dec
    • トランプ大統領誕生後:世界の動き:南極の秘密会議で:世界政府の樹立:第3勢力の出現

      画像の出典: 転載元国家非常事態対策委員会 2016/12/12:トランプ大統領誕生後の世界の動き / 南極の秘密会議で何が話し合われているのか / 世界政府の樹立について / 既成政党を打ち負かす第三勢力の出現  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ((転写元:シャンティフーラ時事ブログ))  フルフォード氏出演の最新動画を文字起こししました。重要と思われるところを要約すると以下のようになります。2:11〜5:00 トランプ氏の勝利は、米連銀を私物化した家族群に対する革命であり、グノーシス派イルミナティとCIA(良識派)の両筋から、「トランプ政権誕生後にかなりの逮捕劇が起こる」と言われている。また、ウクライナの東西分断、中近東でのイスラム共和国の誕生が予想される。日本と韓国と北朝鮮を1つの国にする動きもある。5:00〜5:40/12:35〜15:35 ロシア正教会のキリル教皇やケリー国務長官が南極に行き、連日秘密会議が行われている。封印されていた科学技術やUFOテクノロジーが公開される可能性がある。実際に南極基地に行った人物からの情報だと、ケリー国務長官は、大統領選挙当日に「これからグノーシス派イルミナティが政権を取る、トランプを認めろ」と言われたとのこと。7:30〜9:06 国際的枠組みを根本的に変えるため世界政府が樹立される可能性がある。ファシスト的な世界政府ではなく、平和維持のための必要最低限度の世界政府になる。(編集長)注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。———————————————————————   トランプ大統領誕生後の世界の動き【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2016/12/12配信元)YouTube 16/12/122:11〜 トランプ大統領誕生後の世界の動きフルフォード:まず、世界というのは過去と繋がっているんですよ。今までの延長線が基本なんですよね。要は、中国とアメリカの通商、日本とアメリカの軍事同盟とか、そういう基礎的なところはそんなに変えられないので、そんなに大きく変わらないけれども、それでも、やっぱり国家安全保障補佐官のマイケル・フリン将軍が言うように、アメリカにとってジョージ・ワシントンが初大統領になった以来の大事な選挙だったと。これはアメリカで革命が起きたのは確かなんですよ。どういう革命かと言うと、米連銀を私物化した家族群に対する革命なんですよ。だからロスチャイルドとか、ロックフェラーとか、ブッシュ、クリントン。まあ、私はグノーシス派イルミナティの人間からの連絡によると、かなりの逮捕劇が起こると。トランプになってから。CIAの人間も同じことを言っているんですよ。そうなるかならないかというのが当面のポイントなんですけれども。ただ、軍事政権だからと言って、アメリカが戦争をやりたいかというと、そうでもない。やっぱり世界平和に向けて動いていきます。ただ、やっぱりソ連が崩壊した時みたいに、新しい国が誕生して、大きく地図が塗り変わったと同じようなことがこれからまだ起こると。前回も言ったと思うんですけれども、ウクライナが多分分断される。オランダ系の民族がポーランドの一部になって、ロシア系はロシアの一部になると。それから、中近東では、おそらくイスラム共和国が誕生するという動きになります。東アジアで僕が聞いているのは、どうしても日本と韓国と北朝鮮を1つの国にしたい勢力が動いています。これは旧王族関係とか、ああいうグループがそういうことを狙っている。なるかどうかはわかりませんけど、そういう動きをしている人たちがいるのは確かなんですよ。でも、戦争が起きない。大きなそんな悪いことが起きないと。5:00南極の秘密会議で何が話し合われているのか①あと、はてなマークがつくのは、最近いろんな人たちが南極へ行っているんですよね。ロシア正教会のキリル教皇が行ったんですよね。それから、総選挙の日にケリー国務長官が行って、そこでなぜか南極で連日秘密会議が続いているけど、それは何なのかと。なんかすごい発表があるとは聞いていますけども、何かこう隠されたすごいハイテクが発表されるとか、そういう系列らしい。まあ、気になりますね。MC:その南極の話は、総裁はどうでいらっしゃいますか?どう思われますか?総裁:世界支配構造、これを誰が支配しようとしているかという流れが変わるというね。その節目だと。これはやっぱりトランプ誕生が引き金になって、始まっている。トランプの大統領選挙中にいろんなことを言って、顰蹙を買っていたけれども、ヒラリーに対して、お前がISを作ったじゃないかと。お前とオバマがISを作ったんだと、こう何回も言っているわけで。それと11月8日はアメリカの独立記念日だとこう言っているわけだ。こういう風に言っているわけだ、彼は。だからその2つの言葉が、何を意味するかと。ISを作ったこの、所謂、戦争のマッチポンプをやっているのは、お前らの背後にある軍産複合体だと。俗に言ったらネオコンだと。ネオコンの上はマケインだとか、キッシンジャーだとか、その後ろにはニューコート帝国だと。ニューコート帝国の支配下がトランプによってどう崩れていくかということを、今ベンジャミンが南極と言った。だから南極会議によって、世界の支配構造の中心がどっかに移るということじゃないかとわしは思う。MC:なるほどですね。7:30 世界政府の樹立についてフルフォード:で、やっぱり1月か12月中に、何か大きな従来のロスチャイルドとか、ああいう権力層と、これから上がろうとしているアジアとか、それで独立を再び手に入れたアメリカとかの間で、何かその戦後70年間続いたその国際枠組みを根本的に変える。それで今回、世界大戦なしに平和的に変える協定が結ばれる可能性が高い。場合によって、世界政府が誕生する。ただこれは、所謂、ニューワールドオーダーみたいなファシスト的な恐怖の世界政府じゃなくて、平和的でみんな仲良く同じ村に住んでる、同じ空気を吸っている、同じ水を飲んでいるからみんなで仲良くする。国際犯罪はもう許しちゃいけない。今現実問題として、まだ国を侵略して人を殺して資源を奪う、法外の勢力がいるんですよ。その人たちを法の裁きの対象にするべきだと。要は、もうこれからは国を侵略してその国民を殺してその資源を奪うことはできなくなる世界を作るために、そういう意味で最低限の世界政府が必要。それが起きると思います。 (続きはここから)9:06 既成政党を打ち負かす第三勢力の出現総裁:世界の1つの政治の、戦後続いた民主政治、資本主義社会、これの支配した政党が、今、国民から距離が出てきたわけだ。これがトランプの誕生でもあるわけですよ。だから共和党だってトランプを押してないわけですから。共和党はトランプに対しては支持しなかった。だからもちろん民主党も支持しないんです。しかし第三勢力的なトランプが、一応名前は共和党だけれども、既成政党に打ち勝ったわけですよね。今回、イタリアの国民投票、憲法改正もやはり既成政党が負けておるわけですよ。英国ではファラージによるイギリス独立党が勝って、国民投票では独立が決まった。いや、離脱が決まった。オーストラリアの選挙もギリギリだったと。オランダの自由党も、これからだと。ドイツの新しい政党も、既成政党と対等になりつつあると。フランスにおいても、ルペンの政党と、所謂、共和党と社会党に、大体今、対等になってきているわけだ。ひょっとしたら勝つかもしれないと。だからすべての国々が、既成政治から離れているんですよ。日本以外は。日本だけがバカでもいい、チョンでもいい、インチキでも安倍が電通と自民党によって、所謂、広報予算で金を配っているから、安倍宣伝が行き届いて、未だに安倍は良いように思われている。しかしいずれ日本も、既成政治を潰そうという新しい第三の勢力が出てくれば、必ず既成政治は見放される。そういう流れ、潮流があるとわしは思う。フルフォード:安倍政権は、こうイメージがいいんだけれども、内容を見ると経済がずっとダメになっているし、アベノミクスも失敗しましたし、現実問題として、郵便貯金とか農林貯金とか年金の金を全部外国マフィアに渡している人間なんですよ。完全たる売国奴なので、僕はこれでよく顰蹙を買ったけど、のち、逮捕されると言っていますけども、それは犯罪者がそのうち法に罰せられる。早かろうが遅かろうが、絶対来るからね。MC:いつもながら、ベンジャミンさんは、大変ながら。フルフォード:自分で言うのもなんだけれど、みんなより2、3年早すぎるんだよ。だからあれっと言うけど、いつの間にかなってくる。MC:その代表的は私ですよ。2年遅れてベンジャミンさんについて行っているんです。今も。だから、やっと最近追いつきました。よくわかるようになりましたよ。フルフォード:僕も相場師になれないわけ。最初のちょっと手前が一番儲かるからね。総裁:3年後に逮捕されるということ。フルフォード:そういうことになるんでしょうね。12:35 南極の秘密会議で何が話し合われているのか②MC:でもほんとに、世の中の流れがそのようになっているし、そのようになってきたし。まあ、驚きの事ばかりです。これは雑談になりますけど、今回南極で、そこは何という場所なんでしょうかね。フルフォード:なんかいろいろありますけど、僕が調べたら、間違いなく今、クイーン・モード・ランドというノルウェーの南極基地になっている所が、第二次世界大戦の時に、荒唐無稽な話だけど、全部しらみ潰しに事実確認をとったんですけれども、大体、1942年、ドイツが第二次世界大戦に負けることがわかったんですよ。南極の中に、温水の湖が幾つか見つかったんですよ。トンネルで、潜水艦で入れるわけ。そこに千人の一番頭がいい科学者と二千四百人の美女を送り込んで、自分たちのそういうハイテク技術を温存して、開発を続けて後、アメリカの軍産複合体と連携プレーをするようになって、アメリカの軍産複合体の秘密ハイテク部門ができているわけ。そのグループが何かやろうとしているんですよ。表で確認を取れることとして、アメリカの科学者協会によると、封印されている六千ほどのパテントなんですけれどもね。そういうSFみたいな技術があると。円盤もその1つ。重力を無くすものとか、いろいろあるらしいですけど、それが公開されるか、されないかというのが1つの大きなポイント。あと、僕は実際に南極基地に行った人間で、ケリーとミーティングに参加した人間からの情報だと、11月の選挙の日にスカルアンドボーンズのケリー国務長官が言われたのは、これからグノーシス派イルミナティが政権を取る、トランプを認めろと言われた。そうすると、長年アメリカを支配してきた人たちがアメリカを奪われ、アメリカが独立を奪ったということですよ。そういう情報を、直接そこに参加した人間から聞きました。その人は、アジア王族の人の血が入っているとしか言えないけれども、確かな情報を持っている人物です。15:34文字起こし:はちコ   

      4
      テーマ:
  • 08 Dec
    • 本物のプーチン大統領は生きている:習近平を超える政治的天才はいない:フルフォード氏の話

      画像の出典: GlobalPanorama & Hye900711フルフォードレポート英語版(12/5) 〜本物のプーチン大統領は生きている / 習近平氏を超える政治的天才は存在しない〜 転写元:シャンティフーラ   竹下雅敏氏からの情報です。 今回のフルフォードレポートには、私の考えとは異なるところがいくつかあります。その他の部分は、現状を知る上で大変参考になります。 異なる部分ですが、私は本物のプーチン大統領は生きていると思います。彼の肉体の波動が感じられるからです。記事では、現在我々が見ている替え玉のプーチン大統領と中国の習近平氏は、共にロスチャイルドのために働いているとあります。現在のロシアは、替え玉のプーチン大統領ではなく、ラヴロフ外相を中心に動いていると考えています。もちろん本物のプーチン大統領からの指令を受け取っているはずです。 習近平氏ですが、これまで何回か触れていますが、習近平国家主席と李克強首相の2人は、実は“ホツマの神”なのです。自分が神であることを、この2人は自覚していません。いずれ彼らはそれを自覚する日が来るかもしれませんが、今のところはそうした認識をまったく持っていません。特に習近平氏ですが、現在地球上に居る存在としては、彼を超える政治的天才は存在しません。時代の転換点に、このような2柱の神が中国に現れ、国を率いているというのは、大変興味深いことだと思います。はっきり言えば、習近平氏の政治的天才は、本物のプーチン大統領やロスチャイルドらをはるかに上回るものなので、記事に書かれているように、ロスチャイルドのために働いているというような事は考えられません。 文末には、ジョン・ケリーは何が起きようとしているかを知っているとあります。記事では“それが艦隊の差し迫った到着に関連している”とあり、さらに海軍艦隊ではないとしています。となると、これは宇宙艦隊を示唆しているのでしょうか。ケリーは南極大陸で何を知らされたのでしょう。(竹下雅敏)注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。――――――――――――――――――――――――フルフォードレポート英語版(12/5)転載元)嗚呼、悲しいではないか! 16/12/6(前略) ハザールマフィアのドミノは順番に崩れ続けている。イタリアのマッテオ・レンジ、フランス大統領のフランシス・オランド、欧州議会委員長マーチン・シュルツ、ニュージーランド首相ジョン・ケイの辞任或いは辞任発表と、ハザール人麻薬取引ギャングのニコラス・サルコジの敗北は最後の崩落ドミノです。いわゆるロシアのウラジミール・プーチン(本当のプーチンはだいぶ前に死亡した)、中国の権力者習金平、日本の奴隷首相安倍晋三とヒットラーの娘アンゲラ・メルケルのような残っているロスチャイルド代理人幹部を取り除くために展開されている大キャンペーンがあると、中国、ロシア、米国、日本他の複数の情報源は言う。イタリアのレンジの凋落によるショックは、それがユーロ離脱を約束する五つ星運動政府を選出する道を開く事になるので、今のところ最大のものになるだろう。(中略) 米軍内のホワイトハットとその機関は、血統家族によって行われている全く本当の小児性愛と人間の生贄を暴く大きな圧力によって戦っている。血統家族の一つの内部告白者は人食いのイベントのおそろしい写真を送ってきた。(中略) 元欧州のハザール性奴隷達もまた、欧州王室のメンバーによる14歳と16歳の少年少女の狩りをしている信頼できる証拠を送ってきた。(中略) 「このいわゆるピザゲートと呼ばれる世界的地下小児性愛の環が暴露される時期である。それはエンターテーメント業界では50年代後半から60年代初頭以来秘密裏に行われてきたことである。それ以前もおそらく同様であったと思われるが・・・・1955年に完成したウォルトディズニが建てたディズニーランドは親しい友を連れて来てて楽しい時間をすごすところを提供することであった。フランクシナトラ、ボブホープ、イラン国王さえその子供のファンタジー遊び場を訪れ、公園の散歩以上のものを楽しんだ。ウォルトディズニーは仲間内ではよく知られた小児性愛者であった。あなたはディズニーランド、ディズニーワールド、ディズニーランド・パリと東京で、毎年何人の子供が行くへ不明になっているか知っていますか?これは世界的な子供人身売買カルテルの一部です。それから、あの有名なマウスケッターによって1995年に始まったミッキーマウスクラブTVがある。それはそれ自身全く別な話です。」これらの人食い小児性愛の悪党達の逮捕は米国内で加速しており、スカル・アンド・ボーンズの国務長官ジョン・ケリーが先週ローマ法王に会い、彼のグループは却下されるよう慈悲を求めたと、国防総省情報源は言う。(中略) P2ロッジのメンバーであるレオ・サガミを含む複数の情報源は、これらの血統家族は強力な精神を呼び出すために定期的にそのような儀式を実行していると言う。(中略) 重要なことは、世界金融システムの支配、つまりは人類が将来に何をするかを決めるプロセスの支配が残っている。血統家族は依然として多くの金融システムを支配しているので、彼らは完全に敗北するか、あるいは血統内部の善意の派閥(これらは存在する)と和解に達する必要があるだろう。(中略) まだ解決されていない問題の一つは中東からの年間2兆ドルの石油ガス収入の支配をどうするかと言うことである。ここに到って、シリアとロシアの同盟軍がサウジアラビアとカタール同盟軍に勝利している。問題は、サウジとカタールの石油が悪魔ブッシュ、クリントンとロックフェラーに繋がっている一方、シリアのパイプライン戦で勝利を収めたロシアの石油巨大ガスプロムは同じように悪魔ジェイコブ・ロスチャイルドに支配されている。http://www.fpp.co.uk/online/03/11/Oligarchs071103.htmlそれはロシアのFSBとNSA情報源が共に、本当のプーチンは殺され、彼の役割を演じるそっくりさんの二代目はロスチャイルドの傀儡であると言っている。 他の問題は、アジアの秘密結社、CIAとNSAの情報源は、中国の習金平もまたロスチャイルドの為に働いていることを認めている。ロスチャイルドは西側で始まったルールに対する拒否反応を知っていたので、彼らの金塊と過去数年を掛けて欧米のほとんど産業を中国へ移してきた。ドラゴンファミリと中国軍情報機関は、ハザールマフィアを受け入れる国はアンフェタミンを服用するような物であることを知っている。初めは多くのエネルギーと十分の高さがあったが、後にはあなたの体は荒廃し、寿命は短くなる。それが、中国軍、ロシア軍と米軍がハザール人に対して同盟を始めた理由である。(中略) アジアの金塊と硬貨を含む取引は米軍と中国軍によって交渉中であると、交渉に関与している情報源は言っている。血統家族もまた同様にある種の取引を交渉していると、血統家族の情報源は言う。最後に、アジアのCIA情報源は、ニュージーランド首相の突然の辞任は南極大陸でお起こっていることに直接繋がっていると言っている。ジョンケリーは何が起きようとしているかを知っており、それが起こったとき、彼の国の政府の主導者にはなりたくないと思っている。情報源はそれ以上の詳細を述べることには消極的であり、しかし、それが艦隊の差し迫った到着に関連していることを示唆した。彼は海軍艦隊には言及していない。

      3
      1
      1
      テーマ:
  • 01 Dec
    • 地球製のUFOで彼らは宇宙へ逃げようとしたが撃墜された:新金融システムの始動:福島沖でも撃墜

      画像の出典: YouTubeより引用フルフォードレポート英語版(11/29):地球から逃げ出そうとした徒党の宇宙船の撃墜 / 新財務省ドル札と新金融システムの始動 / 天皇の金塊と支配権争い…他  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー転写元:シャンティフーラ     竹下雅敏氏からの情報です。 冒頭から、凄いことが書いてありますね。地球から逃げ出そうとした徒党の宇宙船が、21日にフロリダの上空で撃墜されたと言っています。さらに、22日に福島沖でも宇宙船が撃墜されたと言っています。ウィキリークスからも、UFO関連の情報がリークされたようです。もはや地球製の宇宙船が飛んでおり、そうした技術が宇宙人によって提供されたというのは、間違いないと思います。 “12月1日に重要な金融声明が発表されるだろう”とのことです。記事では、米政府が北米で使うための新財務省ドルの画像があります。これらの情報は、新金融システムが“おそらく12月あるいは11月に始まるだろう”、という発言の信憑性が高いことを示します。 “続きはこちらから”以降では、どうも皇居の地下に金塊のが隠されていることを示唆しており、現在、その金塊のために争いが起こっていると言っています。時事ブログでは、“天皇の金塊”を含む金塊の歴史を、これまで9回にわたって掲載していますが、それを熟読しても、こうした裏金融の門外漢である私には、その本質がわかりません。日本が略奪した金塊が、インドネシア、フィリピンに埋蔵されたことはほぼ間違いないと思うのですが、その量がいくらなのか、そしてその所有者は誰なのか。それらの金塊は戦後の裏金融の中で運用に乗せられたのか否か。もしも運用に乗せられたとするならば、それが秘密の宇宙プログラム(SSP)に投じられたのか。そしてこの記事にある、皇居の地下にあるかも知れない金塊との関係は何か、というような事が、さっぱりわからないのです。 問題は、わかっている人が居たとして、そういった人たちが真相を何も話さないので、一般人には理解不能なのです。こうした事も含め、いずれ全ての事が明らかになる日を待ちたいと思います。(竹下雅敏)注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。――――――――――――――――――――――――   フルフォードレポート英語版(11/29)転載元)嗚呼、悲しいではないか! 16/11/30(前略) 米軍はジョージア州南部、テネシー州、ケンタッキー州とノースカロライナ州の44件の野火が地下から徒党を燻りだしたので、本当の廃除が今進行中であることが明らかになったと、米軍情報源は言っている。国防総省情報源はまた、地球から逃げ出す徒党宇宙船が11月21日、フロリダ上空で撃墜されたと言っている。さらに、他の徒党宇宙船が地震兵器で日本を攻撃した後の11月22日に福島沖で撃墜されたと、アジアの白龍会情報源は言う。その飛行体が墜落するビデオがこのリンクで見ることができる。https://www.youtube.com/watch?v=rnFWTEbJY7k(中略) 国防総省情報源はもまた、トランプは就任に当たってDCにおいてヒラリー凶悪犯と立ち向かうために2百万人の退役軍人、暴走族や銃所有者からなる民兵を持っていると言っている。最近、教育長官に任命されたべスティ・デヴオスは彼女の金でブラックウォーターを設立した兄のエリック・プリンスによって運営される彼女自身の軍隊を持っているので、トランプ内閣のもう一人の将軍になるだろうと、その情報源は付け加えた。このことは、傭兵はもはやハザール暴徒の下請けにならないことを意味している。そうであれば、実際にはハザール人にとって試合終了である。また4つの独立した情報筋である、二つの国防総省、一つのCIAと一つの支配血統家族は、おそらく12月1日にある重要な金融声明が発表されるだろうと言っている。金市場に大きな影響を与えるある発表は、イスラム法を設定しているイスラム評議会が12月1日の時点で、今まで宝石として金を所有することのみが許されていた12億人のイスラム教徒のための法律を変えようとしている。彼らは投資として金を買うことを認められるだろうと、アジアのCIA情報源は言う。二つの国防総省情報源から出てきた本当の大物は、米政府が北米で使うための新財務省ドルを発表しようとしている。この紙幣の画像はこのリンクで見ることができる。 http://nationalgreatregistry.generalpostoffice.international/index.php?title=Office_of_the_Treasury_for_The_United_States_of_America#The_legal_tender_of_the_Government_of_The_United_States_of_America情報源は自らの事実確認を行っており、彼らはこれらが行われる確率は90%であると言っている。アジアのCIA情報源はさらに進んで、新紙幣は現在米国内で流通している米ドルに置き換わり、新紙幣に交換するとアメリカ人は50%の債務削減を得る。米国外の米ドルは現在の価値を維持することになると、その情報源は言う。13血統家族の情報源はそれぞれ個別に、国際金融システムに関してある種の決定がなされて、そのことが、おそらく12月あるいは1月に始まるだろうと発言している。 (続きはここから)     アジアの情報源はまた、連邦準備理事会議長のジャネット・イエレンやウィルフレド・サウリンによって企てられた百万トンの金塊詐欺は鎮圧されたと言っている。サウリンはタイ王室から追い出された。まもなく亡くなられる新王は彼と何も関係したくはないことを、王室家族の情報源は確認している。皇室情報源はまた、もし最大の金塊詐欺がどこにあるか見たいならば、東京の皇居の下を見よと言っている。何故、徒党が第二次世界大戦以来日本を厳重に監守していると思いますか?これは今東京で強力な勢力同士が進めている内戦の全てと関連しており、CIA情報源は主要なプレーヤーはその金の支配のために激しく戦っていると付け加えて述べている。一方で、サウリンと彼のチームが金塊詐欺のために戦利品を手に入れようとしている可能性が高い。他方は、白龍会とグノーシスイルミナティがこの惑星の人々の利益と世界リセットを支援するためにそれを守ろうとしている。これが天皇が退位しようとしている理由の一つです。これは当に高齢者が扱うには激しすぎる。まもなく日本でも動きが出て、安倍晋三奴隷政権は取って代わられるだろうと、日本の白龍会は言う。(中略) 英国の新聞が今、911の真実物語を公開している事実は国はすでにハザール支配から開放されていることを明確に示している。http://www.express.co.uk/news/world/736223/9-11-tower-Building-7-collapse-fire-conspiracy米国のハザールマフィア支配のメディア大企業もまた、圧力を掛けられて真実を報道するように命じられている。トランプは嘘をまくし立てているメディアネットワークの米連邦通信員会の免許を取り消すことを検討していると、その情報源は言う。また、国有化や大規模メディアの解体についても議論が進められていると、彼らは付け加えた。彼等自身を救うために、票の再集計によってドナルド・トランプの選挙を確認しよとするハザール人による企みは物事を変えることはない。米国緑の党のメンバーは再集計のためにロスチャイルドから金を受け取ったが、彼らの本当の意図は彼らのような小さい政党にとってより大きな権利のための戦いに資金を使うことであったと認めている。いずれにしても、実際の投票数はヒラリークリントンが報道されているよりさらに大きな負けであることを示すことになる。(中略) クリントン、ブッシュと彼らの家族は戦争犯罪の裁判に直面させられたときに暴露される汚物の拡散を避けるために近い将来、「死」ぬだろう。しかし、人々はその真実を聞くことは価値がある。  

      2
      テーマ:
  • 24 Nov
    • 今やハンガリー英国 ブルガリア モルドバはハザール支配解放され、韓国 オーストリアが続く

      ennsilyamoto転写元:新ほんとうがいちばん  フルフォードレポート11/21,2016:ハンガリー、英国、ブルガリア、モルドバはハザール支配~開放され、オーストリア、イタリー、韓国が続く2016/11/2203:00・画像転載元:嗚呼、悲しいではないか!さんよりフルフォードレポート英語版(11/21)ハンガリー、英国、ブルガリア、モルドバはハザール支配~開放され、オーストリア、イタリー、韓国が続くハザール暴力団支配からの惑星地球の開放は今、雪だるま式に膨れている。英国自身がBrexit国民投票で解放し、アメリカがドナルド・トランプを大統領に選ぶことで彼等自身を解放した。トランプの選挙に続いて、ブルガリアとモルドバで反ハザール政権の変化が続いた。次は12月4日のオーストリアの大統領選挙とイタリーの国民投票はそれらの国々を解放することが期待されている。これに続いて、5月にフランスの大統領にマリーン・ルペンが選出され、2017年のどこかでドイツ首相アンゲラ・メルケルの辞任の可能性が高い。同様に韓国では、ハザール傀儡大統領朴槿恵は全くの腐敗を晒し、権力から排除されている。日本でも、右翼勢力がこの国の解放の道筋の準備として、パソナグループの南部靖之、ソフトバンクの孫正義他に対抗して動き出している。ゲームの後半はEU、国連とIMFや世界銀行のような関連組織もまた、より代議的、実力主義的、民主的で有能な機関に取って代わられる前に崩壊することが予想される。この成果の大部分は、ワシントンDCにおけるほぼ終わったが、まだ完結していない権力闘争に掛かっている。ドナルド・トランプによって選ばれた最初の上級職員は全員米軍の退役軍人であり、彼の政府は米軍と強力につながりを持つだろうことは明らかだ。これは最終的には銃を持つ人が行動を起こすことを意味している。海軍退役軍人スティーブ・バノンは戦略主任であり、退役軍人マイク・ポンペオ、ジェフ・セッションとマイケル・フリンは各々、CIA長官、司法長官と国家安全保障局長を務める。今のところ、ネオコンもハザール人も選ばれてはいない。国防総省情報源は、ルドルフ・ジュリアーニ、ジョン・ボルトン、デイビット・ぺトラウス、ミッド・ロムにーなどのネオコンの名前が挙がったが、トランプは「あなた達は首だ」と言える。新国家安全保障顧問の将軍マイケル・フリンは情況を以下のように述べている。「我々は革命を経験したばかりである・・・・・これはおそらく、ジョージ・ワシントンが王にはならないと決めたときに彼にもたらされて以来、わが国歴史上で最大の選挙である。これがいかに重要であるかと言うことである。http://www.reuters.com/article/us-usa-trump-flynn-idUSKBN13D0AD明らかな兆候として、これは実際、革命であり、CIA情報源は、やり手の犯罪者ソロスは11月20日にこの著者によって報告したように廃除されたと我々に教えた。国防総省情報源は、舞台から排除されるべき人のリストには上院議員ジョンISISマッケインとマッケインを所有しているエドガー・ブロンフマンが含まれると言っている。他の国防総省情報源は、先週、地下基地の徒党メンバーを追い出し逮捕するために特殊な兵器を破壊する目的で、特別の海軍「最後の審判」機がカルフォルニアからデンバーに飛行するために派遣された。地下基地について言えば、南極の白龍会情報源は、「南極の我々のチームの一人が、デイビット・ロックフェラーとその息子リチャードを、欧州の他のエリート数名と共に基地で見たと言っている。そこで今、秘密最高会議が開催されている。聞くところによると、彼らは1月20日に向けて準備をしている。他の情報源は、彼らは南極基地でロスチャイルドファミリも見たと言っている。(以下のリンクのロシアのドキュメンタリーは秘密南極基地についてこの著者が発見できた最も徹底的に研究された背景情報として推奨されている)https://www.youtube.com/watch?v=MwUpPwyyvLwこれらのエリートはその基地で避難所か、あるいは惑星を去るチケットを見つけたいと思っているが、全ての証拠はこの惑星は何らかの形で隔離されていることを示しているので、彼らにはどちらも見つけることはできそうもない。いずれにしても、ロスチャイルドとP2フリーメーソンのアグネリ家が所有しているエコノミストの2017年オカルト表紙から、血統家族は混乱状態にあると判断する。以下のリンクから見られる表紙は「惑星トランプ」と呼ばれ、タロットカードの特徴がある。https://cdn.shopify.com/s/files/1/0591/1981/products/TW2017_Cover_UK_REV_NO-BC_trimmed_1024×1024.jpg?v=1479401028 (not foundになる)https://ukshop.economist.com/products/the-world-in-2017?_ga=1.163472444.1228670650.1479661058# (代用)ここにこの著者の最初の刺し傷があるが、それが何を意味するのか?(絵には発見できないが)最初のカードは、「塔」と呼ばれ、カトリック教会が共産主義と伝統的なキリスト教派に分裂することを意味している。二番目のカードの「審判」は権力のシンボルを保持しているトランプを示しており、彼が職を引き受けると彼らはニュールンベルグ型裁判を予想していることを示している可能性が高い。三番目のカードは、「世界」と呼ばれ、グノーシスイルミナティ、ファミリが所有する中央銀行と一神教のシンボルは月の神と思われる統一した形を示している。彼らの上にはマリア(女神イシス)、聖書と太陽神と思われるものが見える。世界はこれらのシンボルに下で統一されると彼らは思っている。「隠れ家」を呼ばれる四番目のカードは、北米がTPP、TTIPとEUに対して民衆運動を導くことを意味しており、彼らは彼らの「グローバル主義」の課題に対して逆らってゆくことを示している。五番目は「死」と呼ばれ、災害、津波、魚の集団死、核兵器と作物崩壊を示しており、彼らが追い詰められたら、これらの災難を誘発するという血統家族の脅しを意味しているのだろう。六番目は、「魔術師」と呼ばれ、彼らは3D印刷機と仮想現実が今年の最もハイテクな傾向であると予想している。七番目は、「幸福の車輪」と呼ばれ、選挙の結果を待つ笑顔のルペンと起こっているアンゲラ・メルケルを示している。この著者は三番目の人が特定できません。(小生注記;オランダ政治家ヘルト・ウィルダースと言う説もある)最後の一つの「星」は今年財政的裏付けを有する人気文化人を示しているようである。この人気文化人の知識が欠如しているこの著者が特定できる唯一はレディ・ガガだけと思われる。とりわけ彼らの予言が示すものは、彼らがもはやこの惑星の運命を支配していないので、タロットカードに頼る理由である。ロスチャイルドとアンゲリーには将来の出来事に関して仲間はずれになっているようなので、新政権が言っている中でどの情報源が出てくるか少し考えて見ましょう。一つ目は、大統領オバマが1月20日に恩赦を発する能力がなくなるや、多くの欧米の有名政治家と個人によって行われた小児性愛、人間の犠牲について米機関からの暴露の洪水になるだろう。ブッシュ/クリントン家、ミットロムニー、カールローブ他はこれらの暴露に含まれると予想されていると、国防総省情報源は言う。ロスチャイルドとその同盟国はまた、2006年のアジアの津波、日本の津波と2011年の核災害、ハイチの津波等を、実際に引き起こしたことに関して聴取が予想される。言い換えれば、世界は彼らの無差別大量殺人者であることが世界に分かることになる。来月になれば、世界的ハザールマフィアを終わらせるために中国を含む米EUロシアとバチカンキリスト教派に一団が序章としてISISを殺すことになるトランプ/プーチンタグチームが明らかになるだろう。と、その情報源は言う。中国側としては、すでに中国の特徴を持つキリスト教の一形態の方向を目指していると、中国秘密結社の情報源は言う。彼らはキリスト教をユダヤ教徒区と別することの多くのメリットは創始者墨子(紀元前450-291)に由来していると指摘している。彼は普遍的愛を促進し、有徳のみが入れる天国と言う考えに至った。彼はまた、人が一片のパンを与えれば、一日彼らを生かせることができるが、釣具を与え釣りを教えれば、一生食べることができるという考えにも至った。重要なことはアジアの秘密結社はすでに愛を造り西側とは戦争をしないと言う概念を認められている。彼らはまさに強姦も略奪も殺人もしたくはない。普遍的愛の世界への障害は、今や金融システムの支配、つまり人類の将来何をするかを決めるプロセスへの戦いが未解決なことである。前線での最新ニュースは、オランダ王室の代わりに今週インドネシアを訪問するオランダ代表団は2002年にインドネシア沖で発見された第二次世界大戦で沈没した3艦の戦艦が消えたことを心配している。http://www.indonesia-investments.com/culture/culture-columns/ahead-of-trade-mission-to-indonesia-dutch-war-graves-vanish-in-java-sea/item7364「それらの船の中にあった金塊に関する全てである。オランダは彼らがジャバとスラウエッシから盗まれた古代王室の財宝を持ち出そうとしていたので、日本はそれに手を出さなかったと、インドネシアの白龍会は説明する。欧州血統家族は世界金融システムの支配を維持するためにこれらの金塊を頼りにしているようであるが、彼らは一からやり直しです。もしこの金塊が実際はないとか、あるいはすでに盗まれた使われてしまったとかであれば、我々はこれを速やかに見つけ出さなければならない。我々はこれらの百万トンの伝説的隠し金塊を永遠に待つことはできない。もし金塊が存在しないのであれば、新しい現実にもと好いて金融システムをそれないで作ることができる。お金は不動産、商品、産業施設、労働力等によって裏打ちすることができる。 

      8
      テーマ:
    • ロスチャイルド財閥、ロックフェラー財閥、中核メンバーから排除:トランプ氏の排除革命

      画像の出典: pixabay.comフルフォードレポート英語版(11/21):大統領選でのトランプ氏の勝利は革命 〜竹下氏のコメントを裏付ける情報〜 転写元:シャンティフーラ 時事ブログ 竹下雅敏氏からの情報です。 今回のフルフォードレポートはすごいですね。文中、マイケル・フリン氏が言っているように、大統領選でのトランプ氏の勝利は革命であり、“わが国歴史上で最大の選挙である”という事なのです。 また、“ロスチャイルドとP2フリーメーソンのアグネリ家が…混乱状態にある”と書かれており、彼らは“将来の出来事に関して仲間外れになっている”とあります。 板垣英憲氏の情報によれば、ロスチャイルド財閥、ロックフェラー財閥などは、中核メンバーから排除されているとのことです。フルフォード氏の情報と一致することから、これらの情報は正しいのではないかと思います。 時事ブログでは、すでに11月2日の記事のコメントで、ロスチャイルド一族に対して“彼らの破滅は確定しました”と記述しました。こうした私のコメントが、これほど早く確認できる様になるとは思いませんでした。これまでなら、私が発言した内容について、ある程度確認が取れるのに、少なくとも3ヶ月から半年はかかっていたからです。物事が動くスピードが非常に速くなったと感じます。(竹下雅敏)注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。――――――――――――――――――――――――フルフォードレポート英語版(11/21)転載元)嗚呼、悲しいではないか! 16/11/22ハザール暴力団支配からの惑星地球の開放は今、雪だるま式に膨れている。英国自身がBrexit国民投票で解放し、アメリカがドナルド・トランプを大統領に選ぶことで彼等自身を解放した。トランプの選挙に続いて、ブルガリアとモルドバで反ハザール政権の変化が続いた。次は12月4日のオーストリアの大統領選挙とイタリーの国民投票はそれらの国々を解放することが期待されている。これに続いて、5月にフランスの大統領にマリーン・ルペンが選出され、2017年のどこかでドイツ首相アンゲラ・メルケルの辞任の可能性が高い。同様に韓国では、ハザール傀儡大統領朴槿恵は全くの腐敗を晒し、権力から排除されている。日本でも、右翼勢力がこの国の解放の道筋の準備として、パソナグループの南部靖之、ソフトバンクの孫正義他に対抗して動き出している。ゲームの後半はEU、国連とIMFや世界銀行のような関連組織もまた、より代議的、実力主義的、民主的で有能な機関に取って代わられる前に崩壊することが予想される。(中略) ドナルド・トランプによって選ばれた最初の上級職員は全員米軍の退役軍人であり、彼の政府は米軍と強力につながりを持つだろうことは明らかだ。これは最終的には銃を持つ人が行動を起こすことを意味している。海軍退役軍人スティーブ・バノンは戦略主任であり、退役軍人マイク・ポンペオ、ジェフ・セッションとマイケル・フリンは各々、CIA長官、司法長官と国家安全保障局長を務める。今のところ、ネオコンもハザール人も選ばれてはいない。国防総省情報源は、ルドルフ・ジュリアーニ、ジョン・ボルトン、デイビット・ぺトラウス、ミッド・ロムにーなどのネオコンの名前が挙がったが、トランプは「あなた達は首だ」と言える。新国家安全保障顧問の将軍マイケル・フリンは情況を以下のように述べている。「我々は革命を経験したばかりである・・・・・これはおそらく、ジョージ・ワシントンが王にはならないと決めたときに彼にもたらされて以来、わが国歴史上で最大の選挙である。これがいかに重要であるかと言うことである。http://www.reuters.com/article/us-usa-trump-flynn-idUSKBN13D0AD明らかな兆候として、これは実際、革命であり、CIA情報源は、やり手の犯罪者ソロスは11月20日にこの著者によって報告したように廃除されたと我々に教えた。国防総省情報源は、舞台から排除されるべき人のリストには上院議員ジョンISISマッケインとマッケインを所有しているエドガー・ブロンフマンが含まれると言っている。他の国防総省情報源は、先週、地下基地の徒党メンバーを追い出し逮捕するために特殊な兵器を破壊する目的で、特別の海軍「最後の審判」機がカルフォルニアからデンバーに飛行するために派遣された。地下基地について言えば、南極の白龍会情報源は、「南極の我々のチームの一人が、デイビット・ロックフェラーとその息子リチャードを、欧州の他のエリート数名と共に基地で見たと言っている。そこで今、秘密最高会議が開催されている。聞くところによると、彼らは1月20日に向けて準備をしている。他の情報源は、彼らは南極基地でロスチャイルドファミリも見たと言っている。(以下のリンクのロシアのドキュメンタリーは秘密南極基地についてこの著者が発見できた最も徹底的に研究された背景情報として推奨されている)https://www.youtube.com/watch?v=MwUpPwyyvLwこれらのエリートはその基地で避難所か、あるいは惑星を去るチケットを見つけたいと思っているが、全ての証拠はこの惑星は何らかの形で隔離されていることを示しているので、彼らにはどちらも見つけることはできそうもない。いずれにしても、ロスチャイルドとP2フリーメーソンのアグネリ家が所有しているエコノミストの2017年オカルト表紙から、血統家族は混乱状態にあると判断する。 (続きはここから)(中略) ロスチャイルドとアンゲリーには将来の出来事に関して仲間はずれになっているようなので、新政権が言っている中でどの情報源が出てくるか少し考えて見ましょう。一つ目は、大統領オバマが1月20日に恩赦を発する能力がなくなるや、多くの欧米の有名政治家と個人によって行われた小児性愛、人間の犠牲について米機関からの暴露の洪水になるだろう。ブッシュ/クリントン家、ミットロムニー、カールローブ他はこれらの暴露に含まれると予想されていると、国防総省情報源は言う。ロスチャイルドとその同盟国はまた、2006年のアジアの津波、日本の津波と2011年の核災害、ハイチの津波等を、実際に引き起こしたことに関して聴取が予想される。言い換えれば、世界は彼らが無差別大量殺人者であることが世界に分かることになる。来月になれば、世界的ハザールマフィアを終わらせるために中国を含む米EUロシアとバチカンキリスト教派に一団が序章としてISISを殺すことになるトランプ/プーチンタグチームが明らかになるだろう。と、その情報源は言う。(中略) 普遍的愛の世界への障害は、今や金融システムの支配、つまり人類の将来何をするかを決めるプロセスへの戦いが未解決なことである。前線での最新ニュースは、オランダ王室の代わりに今週インドネシアを訪問するオランダ代表団は2002年にインドネシア沖で発見された第二次世界大戦で沈没した3艦の戦艦が消えたことを心配している。http://www.indonesia-investments.com/culture/culture-columns/ahead-of-trade-mission-to-indonesia-dutch-war-graves-vanish-in-java-sea/item7364「それらの船の中にあった金塊に関する全てである。オランダは彼らがジャバとスラウエッシから盗まれた古代王室の財宝を持ち出そうとしていたので、日本はそれに手を出さなかったと、インドネシアの白龍会は説明する。欧州血統家族は世界金融システムの支配を維持するためにこれらの金塊を頼りにしているようであるが、彼らは一からやり直しです。(中略) もし金塊が存在しないのであれば、(中略)…お金は不動産、商品、産業施設、労働力等によって裏打ちすることができる。新しい透明で、能力主義で誠実に運営される金融システムが立ち上がれば、多くのすばらしいことが始まる。(中略) 我々は戦いを止め、そして地球を救うことを始めなければならない。

      1
      テーマ:
  • 10 Nov
    • 秘密結社は誰が大統領選に勝利しようが敗北する:フルフォードレポート

      画像の出典: pixabay.com & Author: DonkeyHoteyフルフォードレポート英語版:秘密結社は誰が大統領選に勝利しようが、敗北する  転写元:シャンティフーラ  竹下雅敏氏からの情報です。 このレポートは11月7日版なので、大統領選でクリントンの背後にいる連中が、何を考えていたのかを示唆する記述があります。記事によると、ジョン・ケリー国務長官が、11月8日の選挙の日に南極へ飛ぶことが、米国務省の公式webサイトで確認出来るとしています。南極へ行く理由は、“内戦を計画する血統黒幕の会議に出席するため”とのことです。 要するに、選挙の当日まで、不正選挙でヒラリーを勝たせるか否かが決まっていないという事なのです。黒幕たちは内戦を計画していることから、無理やりにでもヒラリーに勝たせるつもりだったと考えられ、それを決定する会議を、安全な南極で行うつもりだったという事ではないでしょうか。 しかし、内戦のリスクが大きすぎて、不正によって選挙を盗むと、彼らが潜む南極の基地すら破壊されかねない恐怖を感じたのではないかと想像します。 記事では、日本の安倍晋三奴隷政権は白旗を振っているとあり、トランプ氏の勝利によって、これは決定的になったと思います。トランプ氏が暗殺されない限り、第三次世界大戦が絶対に起こらないという事は、これで多くの人が理解出来るようになったのではないでしょうか。(竹下雅敏)注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。――――――――――――――――――――――――フルフォードレポート英語版(11/7)転載元)嗚呼、悲しいではないか! 16/11/8秘密結社は誰が大統領選に勝利しようが、敗北する世界権力構造の頂点における激しい闘争は、いわゆる米大統領選に誰が勝利しようが、11月8日には終わらないだろうと、米機関情報源は言う。(中略) 最高レベルにおいては、西側を数世紀にわたり支配していた13血統家族と、数千年ではないが彼らの古い対戦相手である血統支配に反対しているグノーシス・イルミナティの間に戦いがある。(中略) 血統力の主要な源は金を造り配布する過程の支配であり、例えば世界の中央銀行のほとんどを所有していることなどである。彼らは、彼らの支配を確実にするために権力のトップの人々に対して、買収、脅迫や暗殺をするためにこの金を使用してきた。(中略) ドナルドトランプの背後に居る人々は、支配血統には入らない各世代の非凡な者を募集してグノーシス・イルミナティを含んでいると、イルミナティの情報源は言う。(中略) 米国の白龍会からの直接報告もまた、街角レベルでドナルドトランプの圧倒的支持を明らかにしている。(中略) 血統家族は今、絶対的恐怖の状態にあり、彼らの命を懸けた文字通りに戦い、南極基地に逃げて何か恐ろしいことを引き起こそうとしている。(中略) ところで今、米国務省公式ウェブサイトで、ジョン「スカルアンドボーンズ」ケリーが11月8日の選挙の日に南極へ飛ぶことが確認できる。http://www.state.gov/r/pa/prs/dpb/2016/11/264091.htm記者会見で企業メディア娼婦達はケリーは気候変動の勉強のためにそこへ行くと言われたが、CIAの情報源はケリーが南極へ行く理由は内戦を計画する血統黒幕の会議に出席するためである。(中略) 国防総省情報源は(中略)…裁判を逃れようとする宇宙船飛行徒党メンバーが撃ち落されたり、地震によってイタリアの地下基地が破壊されたりしてヒラリークリントンに対するクーデターに動きが出てきたと言っている。(中略) 血統家族はトラブルの出口を買おうともしている。(中略) 事実、先週ロスチャイルドの代理人がホワイトドラゴン財団に接触してきて、彼等が提案している能力主義スタッフによる将来計画機関の立ち上げに必要な金額の提供を申し出た。しかし、もしホワイトドラゴン財団(白龍会の一部)がこの資金を受け入れると、それはロスチャイルドとその血統家族が何もない所から金を作り出すことと、この地球とその住民の彼らの支配に対する神のような権力を保持することを認めることになる。白龍会は新金融システムは実体(従って創造者)に基づき詐欺に基づかないことが必要であると思っている。さらに、お金の製造と配布は公共サービスに透明に行われ私有独占にならないようにすべきと考えている。(中略) 一方日本では、与党自由民主党と安倍晋三奴隷政権は白旗を振っていると、皇室情報源は言う。日本のロスチャイルド代理人の長であるマイケル・グリーンバーグは今、日本の横田基地に拘留中であると、その情報源は言っている。韓国では、徒党手先の大統領朴槿恵(パクキネ)政府は宗教カルトによって実際上実行された暴露によって動揺している。この情報は朴の支持率を5%低下させ、数十万人の抗議者を街に送り彼女の辞任を要求した。http://mashable.com/2016/11/06/south-korea-protest-park-geun-hye/#xTNZFPmQouqt一方NSA情報源は、フィリピン大統領ロドリゴ・ドゥトルテはアヤラとタン犯罪組織のために働く麻薬取引人であり、彼の所謂麻薬戦争は競合を殺害するための言い訳であるので、彼のギャングはフィリピンにおける麻薬貿易を独占できる。(以下略)

      14
      テーマ:
  • 02 Nov
    • 31日:フルフォード最新版:一部載せます:ガン(毒を)日用品に混入させている事実

      最新版ではまたまたびっくり情報が含まれています。プーチンの本物はすでに死んでいる。北方領土は返還しない。などなどあるんですがサファイアの一番気になることを先に伝えます。  10月31日のフルフォード最新版が出たようです。 その中に医療関係とガンのことが出ていました。 まぎれもない真実は「ガン」という毒を日用品に使い 皆さんを病気にさせているグループがいるということ。  どのように毒を日用品に入れるかはここではありません。  そして病院関係者及び(医療関係者)たぶん大きなグループは「口封じ」というかガンを治せる方法は「言ってはならない」というような事実があるようですね。言えば「職を失うとか殺される」とか?!あるのでしょう。 一部転写しました。 フルフォード氏が語っている内容を読んでください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー写元:呼鳴 悲しいではないか!さん 日本王室、米軍と中国軍、多くの他者の間では、人類と全ての生き物にとってこの地球を楽園に変える計画の提案ができる能力主義スタッフによる将来計画期間の創設の指示を表明している。一方、毒を引き起こす癌によって攻撃された私のウエブマスターは最新の自然治癒法を使って治癒している。これは私の近くの誰かに対する個人的攻撃なので、反撃があるだろう。これは、慶応大学病院、日本医師会と米国医師会のトップは逮捕され、彼らのロックフェラー親分に背かされることになる。間違いなく、癌はロックフェラーとその仲間のハザール人が様々な日用品の中に発癌物質を入れ始めるまで存在しなかった。数千に及ぶエジプ以トのミイラの研究は、癌は存在しなかったことを確認している。ロックフェラーが医学界を引き継ぐ前の1世紀前の米国では、20人にたった一人が癌に掛かったが、今は二人に一人である。さらに、医療マフィアは癌に対するに偽の戦いの一貫として毎年、毒と放射線によって数百万人を殺している。このことは実際に、これを読んだ誰もがハザール暴徒によって殺された近親者がいることを意味している。正直な医者は彼らの患者に、彼等らの医師免許と仕事の失う罰を受けるとして、自然に癌を治すことと患者はどこの処置を受けられることを話すことは許されていないと話している。それが米軍とその機関が医療関係者の手入れをして、毒と放射線詐欺による殺人を止めさせ、首謀者を逮捕しなければならない理由である。  

      9
      1
      テーマ:
  • 26 Oct
    • 国家非常事態:人類の歴史上の大転換点が2週間後に集約される可能性大:ベンジャミン・f

      画像の出典: pixabay.com国家非常事態対策委員会:アメリカ大統領選挙の行方 〜人類の歴史上の大転換期がこの2週間に集約される可能性あり〜転写元:シャンティフーラ  竹下雅敏氏からの情報です。 フルフォードレポートの内容と、大きな違いはないようです。 2分53秒から4分37秒の所では、 CIAのアジア系の人物によると、ヒラリー・クリントンは選挙をキャンセルし、バイデン副大統領が臨時の大統領となり、後にティム・カインというイエズス会の代理人が大統領になる予定だとのこと。ところがCIAのヨーロッパ幹部は異なることを言っており、トランプが勝って大量逮捕が始まるとのこと。 8分8秒から9分では、今、世界中の約800カ国に展開しているアメリカ軍が、トランプ大統領になった時に、その活動資金をどうするかが問題で、現状のアメリカ軍は、その世界展開の資金を中国が出しているとのこと。 10分57秒から12分8秒では、ユネスコがエルサレムの嘆きの壁が実は古いローマの砦の跡だということを示した。これはシオニストが追い払われている状況だとしています。 12分10秒から12分45秒では、アメリカ軍の情報源が、真実委員会が開かれ、戦犯の裁判が行われると言っているとのこと。仮にヒラリー・クリントンが不正選挙で選挙を奪えば、アメリカで内戦になるのは間違いないようです。 現状は、人類の歴史上の大転換期であり、それがこの2週間に集約される可能性が高くなって来ています。フルフォード氏はそのことを強調しており、私も同様に感じています。(竹下雅敏)――――――――――――――――――――――――アメリカ大統領選挙の行方【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2016/10/20配信元)YouTube 16/10/21 アメリカ大統領選挙の行方【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2016/10/20配信元)YouTube 16/10/21   

      2
      テーマ:
  • 12 Oct
    • ナチブッシュ陣営:もうすぐ法廷へいくか!:9・11事件を裁く!:北朝鮮のトップが、、

      記事の転写元:鳴呼 悲しいではないか  (フルフォードレポート英語版:10月10日)  すごい情報が入っていました。 竹下氏のブログに載るのですが、待ちきれません。 重大ニュースをいち早くこちらから! どうぞ!  ==================== 米選挙はキャンセルされ、戦争犯罪法廷は開かれると、国防総省とCIA情報源は言う11月8日開始予定の米大統領選挙はキャンセルされるだろう、そして代わりに戦争犯罪法廷が開かれるだろうと、  ここに、CIAからの生の情報がある。私はDCの接触者に何故?と聞いた。彼の答えは;「一人の候補では選挙にならない」私は、どちらが削除されるのかと聞いた。彼の応答は;「私はあなたに話すことは許可されていない、ただ、オバマがまもなく声明を発表するだろう」国防総省は彼らとしては、「911法がサウジアラビアが911の背後にイスラエル、バンダール・ビン・スルタンとブッシュ徒党をあぶり出し、真実委員会と戦争犯罪法廷につながるだろう」と言っている。     いずれにしろ、クリントン財団の大規模犯罪を暴く百万通以上の記録放出はハザールマフィアを打倒するために戦っている軍産複合体の中の強力なグループがある   (ブッシュ/クリントン/ロックフェラー/ロスチャイルド等)は軍隊とその機関のホワイトハットと戦闘状態にある。   エイズ死に近いビルクリントンは最近、この著者とニールキーナンに死の驚異を発した。兆候はニール・キーナンはすでに殺されたということです     また、北朝鮮の関連ではある種の反撃があるかもしれない。日本の右翼団体の情報源は、日本における北挑戦の幹部代理人が、普通の日本人女性と思われるCIA女性代理人によって致命的に毒殺されたと言っている。他の情報源である日本の右翼団体の情報源は、北朝鮮の最高権力者金正雲もまた殺されたと言っている     、「金正雲は替え玉に置き換えられており、彼は我々の支配下にある。予定通りに行われ、除去しなければならなかった」     一方、他の情報源はこの著者に、フィリピン大統領ロドリゴ・ドゥテルテはブッシュの代理人である証拠を提供した。後にマイケル・ファンデミールと名を変えたマイケル・メアリングは彼の死の前に、当時ダバオ市長であったデトゥルテは彼の両足を吹き飛ばした爆弾を埋設して、彼はジョージ・ブッシュ・シニアの命令でそれを行ったことをビデオに残している。      、ブッシュ/ロックフェラー派によって計画された不正選挙で権力の座に就いた日本の首相安倍晋三に関しても真実である。安倍はブッシュ/ナチ派の代理人であり、彼の背後の日本のファシストグループが壊滅しているので、まもなく辞任させられると、天皇に近い日本の右翼情報源は言う。同じ情報源は、日本銀行の黒田春彦もまた、彼の本当の仕事は日本の貯蓄を略奪することであったと知られているので、最近のその影響力を大きく失っている。     第三次世界大戦を始めることで彼らの没落を回避するハザール人の企みは、日に日に絶望かつ無駄になっている。彼らの最新の策略は、インドとパキスタンの間で互いの軍事力でお互いを撃ち合うたくらみとして両サイドから銃撃することで戦争を始めさせようと挑発した。かれらはまた、ロシアを脅し、先週ロシアに40千万人を含む大規模核戦争訓練をさせた。http://en.mchs.ru/mass_media/news/item/32915549/     この秋の攻勢が続けば、うまく行けば人類はまもなく解放されるかもしれない。今週の最後には読者へのボーナスとして、我々は実際の生きている代理人によって最近我々が聞いた、決してハリウッド映画では見られない貴重な実世界のスパイトリックについて紹介する。このベテラン代理人によると、ほとんどの実世界スパイ活動は、酒を飲み互いの情報を交換する多くの特殊機関の代表による会合で構成される。      しかし、実際に生のジェームスボンド方の活動もあるし、卑劣なトリックも同様にあると、彼は認めている。例えば、彼は、ソビエトの女性代理人は彼らの財布の中にタンポンを装った一弾銃を持っていた。彼等が浴室に入っている間に、彼らのターゲットが代理人の財布の中を銃を探した時、彼らは明らかな兵器を見つけないので、油断する。その後女性代理人は彼女のターゲットの目の上にタンポンを置いて、そして彼の脳を吹き飛ばす。彼が述べた他のソビエトの機器は、代理人が知りの穴に入れるセラミック工具のキットである。それは金属探知機を通過できるので、彼らは、たとえ裸にされてもそれを牢獄に持ち込むことができる。その後、誰も見ていないときに、それを引き出し、排除する。それには脱獄を可能にする刑務所のバーを切断できるのこぎりが含まれている。それはまた、液体の入った容器もあり、彼等が自分の後ろに注げば、追跡犬の鼻を害して、彼らの探索を不可能にすることが出来る。ハリウッドにはない、現実のスパイについての他のこととしては、彼らは一般には、宗教団体にしばしば繋がる難しい神秘主義に関わる非常に精神的な人々であるという事実である。私達が会った人々は全てが、我々は預言時代に生きていることを認めている。古代の悪魔のカルトは最終的には敗北する。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   赤字部分は「衝撃」でしたね。                 フルフォード英語版:鳴呼 悲しいではないか!さんのブログから              一部 転写しました。 ===========----------------------------            

      13
      テーマ:
  • 06 Oct
    • 新金融システム始動:計画されていたドイツ銀行の破錠:ベンジャミン英語版

      画像の出典: Author: AgnosticPreachersKid [CC-BY-SA-3.0] & pixabay.comフルフォードレポート英語版(10/3):新金融システム始動と計画されていたドイツ銀行の破綻   竹下雅敏氏からの情報です。 レポートによると、“国防総省は…不正で消滅したFRBに置き換わる新金融システムについての詳細を発表した”とあります。やはりFRBはドルが刷れなくなったようです。また、“元が金担保兌換国際通貨になった10月の新会計年度は…ドイツ銀行の崩壊と一致している…これが10月1日に始まった中国元がIMFのSDR通貨バスケットに公式に算入された背後にあるものである”とあります。 やはり、10月1日に新金融システムは動きだし、それに伴ってドイツ銀行の破綻が計画されていたのです。10月1日のドイツ銀行破綻の予定と、フィリップ・ティルトン氏の情報はおそらく正しいとコメントしたのですが、やはりそうだったようです。 もし、新システムが稼働を始めたとするならば、“米軍とその機関は…金の工面の心配がなくなり、ハザールマフィアに対する行動が非常に自由になる”とのことです。これは、地球上から悪を一掃する状況が整ったことを示します。今後、いわゆる最終決戦に向けて世界で紛争が激化すると思いますが、フルフォードレポートを見ると、これが必然であり、しかも喜ばしいことだということがわかります。(竹下雅敏)注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。――――――――――――――――――――――――   フルフォードレポート英語版(10/3)転載元)嗚呼、悲しいではないか! 16/10/4(前略) 米政府職員によって漏洩された記録文書は連邦準備理事会の所有者達が惑星の人々から巨額を盗むために作り出した方法を詳細に明らかにした。その記録文書はヨハネス・リアディと言う名のインドネシア人が、500億ドルの債券発行の担保として、元々は元インドネシア大統領のスカルノが所有していた700トンの金塊を使った方法を示している。(中略) 魔法のように作られた23兆ドルはFRBの所有者によって、作られたリーマンショック崩壊によってその価値が崩壊した世界中の安い資産を買うために使われたと、その情報源は言う。(中略) この巨大な詐欺が世界中の企業と資産へのハザールマフィアの所有権の比率を増加させた。(中略) この記録の公開が示すように、不正な金融システムに基づいたハザールマフィアとFRBに対する行動は加速される。これはおそらく、先週FRBニュヨーク本部の前に文書シュレッダートラックが止まっているのが見えた理由であろう。 http://www.zerohedge.com/news/2016-09-29/just-spotted-front-new-york-fed-again(中略) ニューヨーク連邦準備銀行が犯罪現場であり証拠が破壊されていることは、間違いが無い。一方、国防総省は、おそらく今月早くに、その不正で消滅したFRBに置き換わる新金融システムについての詳細を発表した。新システムにおける議決権は中国の20.09%の取得によって以下の通りに割り当てられる。アメリカ合衆共和国17.89%、EU11.61%、ロシア7.53%、インド4.1%、日本3.79%。これらは炭素権より新金融システムについてよりふさわしいCOP21合意によって発行された炭素権と同じ比率である。(中略) 元が金担保兌換国際通貨になった10月の新会計年度はユダヤ新年、中国の国家の日、ドイツ銀行の崩壊と一致していると、国防総省情報源は言う。これが10月1日に始まった中国元がIMFのSDR通過バスケットに公式に算入された背後にあるものであると、他の情報源も確認している。新システムが立ち上がり稼動すれば、米軍とその機関は、彼らの給料やガソリン等の為の支払いの金の工面の心配がなくなり、ハザールマフィアに対する行動が非常に自由になるだろう。同時にハザール人はもはや彼らのISIS、ボコ・ハラムや他の傭兵軍の給料を支払う余裕がなくなるだろう。(中略) ハザールマフィアに対する合法的攻撃もまた始まっている。国防総省情報源は、911時に国防総省で殺された海軍司令官の未亡人によるサウジアラビアに対する最初の訴訟の背後に国防総省がおり、911のイスラエルの関与に関する漏洩が起こったので、集団訴訟はユダヤマフィアを破産させ制裁させることを目的としているだろうと、言っている。ネオコンのアシュトン・カーターとCIAボスのサウディフィル・ジョン・ブレナンは911法の無駄なオバマの拒否の背後におり、彼は下院と上院に無視されて平手打ちにされたメス犬であったと、情報源は付け加えた。(中略) クリントン財団とヒラリーとビルクリントンの犯罪行動の暴露の継続的雪崩現象がある。エイズ治療薬他を水で薄めて販売する彼らの財団のことは忘れても、彼らはハイチと日本に対する核爆弾による津波攻撃に関与した大量殺人者であることは本当の話である。FRBの背後にいる人々は悪魔崇拝者である証拠がどんどん出てきている。(中略) アンジェリーナ・ジョリーは流出したビデオでイルミナティの生贄を認めている。www.youtube.com(中略) ヒラリークリントンは魔女活動に参加していたと元クリントン側近によって暴露されている。流出したヒラリーの電子メールは彼女はモロク、別名サターンに犠牲を捧げていた。(中略) これらの人々が彼らの金の魔術を奪われると、彼らは力の残りの部分を失って、組織的に追い詰められて、無力化される。それがFRBが引き摺り下ろされた理由です。機関ホワイトハットによって送られた以下の文書は、白龍会とその同盟者が訴訟中である具体的な証拠である。10月の銃の轟音が鳴り響きだした。11月にはさらに増えるであろう。攻撃は最終的に終わり、人類が解放されるまで続くことになる。我々全てがこれに従事すれば、クリスマスまでには勝利が可能である。http://benjaminfulford.net/wp-content/uploads/2016/10/McCall-Offer-to-Saurin-Indo-Gold-SKMBT.pdfhttp://benjaminfulford.net/wp-content/uploads/2016/10/The-SWIFT-Transfers-of-the-Indonesia-Au-2009.pdf(以下略) 

      2
      1
      テーマ:
  • 22 Sep
    • ヒラリーは死んだ:クリントン財団は詐欺師を終わらせる:新しい通貨システムのシステム黄金のユリ

      画像の出典: Author:AndrzejBarabasz [CC-BY-SA-4.0] & ドゥテルテ大統領 [パブリック・ドメイン]フルフォードレポート英語版(9/20):ヒラリーは死に、クリントン財団はDC詐欺師を終わらせるので、ビルは逃亡中 〜新しい通貨システムの裏付けに使われる「黄金の百合」〜    画像の出典: Author:AndrzejBarabasz [CC-BY-SA-4.0] & ドゥテルテ大統領 [パブリック・ドメイン]フルフォードレポート英語版(9/20):ヒラリーは死に、クリントン財団はDC詐欺師を終わらせるので、ビルは逃亡中 〜新しい通貨システムの裏付けに使われる「黄金の百合」〜 転写元:シャンティフーラ  竹下雅敏氏からの情報です。 フルフォードレポートで、“秘密の宇宙プログラム”という言葉が初めて出てきたように思います。米軍の6.5兆ドルの使途不明金はこうした事柄に使われたのではないかとのこと。 フィリピンのドゥテルテ大統領は米特殊部隊に出て行けと命令しましたが、その訳はミンダナオ島に大量の金塊が本当にあるからのようです。いわゆる「黄金の百合」です。この金塊は、新しい通貨システムの裏付けに使われるとあります。(竹下雅敏)注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。――――――――――――――――――――――――    フルフォードレポート英語版(9/20)転載元)嗚呼、悲しいではないか! 16/9/20ヒラリーは死に、クリントン財団はDC詐欺師を終わらせるので、ビルは逃亡中9月11日彼らの大統領候補ヒラリークリントンの死の後、ハザールマフィアは極度のパニックに陥っている。以下はインターネットからは消された彼女の死を伝えるABCTVの発表の映像です。 (映像中の文字:モンテフィオール医療病院で治療中に死んだと報道されたヒラリークリントン)ヒラリーが死んで、捜査網はビルクリントンとクリントン財団に迫って行くと、国防総省と政府機関の情報源は言う。それが暴露されると、完全に不正なワシントンDC既存勢力が崩壊すると、その情報源は言う。(中略) 完全にパニック状態のハザール人は今、いつもと同じ業務ままである印象を作り出すために、コンピュータグラフィックスが生成させたヒラリークリントンを使っている。(中略) ドナルドランプ大統領もまた、米国株式会社の最大の債権者である中国が彼に反対しているのでより多くの問題に遭遇している。いずれにしても、世界の他の部分は明確に、既に米国企業政府をを救済することを決定している。昨年、外国の中央銀行は343億ドルの米政府債を投売りして、売却が進んでいる。2015年単年度で6.5兆ドルの軍事予算の行方不明を認めた政府に投資することを拒否することは驚くに値しない。政府機関情報源は、6.5兆ドルはクリントン財団を通して資金洗浄され、「米国南極計画:未確認特殊アクセス制限計画・・・(大深度地下倉庫、秘密の宇宙プログラム)・・特に南極とパタゴニア・・・」2015年の公式国防総省予算は651億ドルである一方、同じ国防総省が6.5兆ドル(公式予算の10倍)が行くへ不明であると言っている報告書を発効していることは理解できる。http://www.dodig.mil/pubs/documents/DODIG-2016-113.pdfこれは、UFOの人々がついに、彼等が長年話してきた秘密の宇宙計画について本当の開示をしようとしていることを意味しているのかもしれない。確かに、白龍会が設定しているアジアの秘密結社と軍産複合体の間の会合に出席予定の個人の一人は、この世界とは違う軍隊との接触を主張している。アジアの秘密結社もまた、この世界とは違う世界との接触を主張している。(中略)  (続きはここから)惑星の表面に戻ると、今の権力システムの体系的崩壊の兆候が増えてきている。極最近、我々は米国が益々維持できなくなってアジアへ基軸を移してきたのを見た。最近の挫折はフィリピンに集中している。そこでは大統領ロドリゴ・ドゥテルテは米海軍との合同パトロールを止めて、米特殊部隊へミンダナオ島から出るよう命令した。ここに、アジアのCIA情報源からこの問題に関するいくつかの生の情報がある:「あなたが知っている報道ストーリは、ドゥテルテがミンダナオ島撤退を呼びかけたであるが、おそらくテログループのアブ・サヤフによって殺されることから彼らを守るためであろう。それは我々が知るところでは、ボーイズによって賄われている闇の作戦テロリスト組織である・・・特殊作戦部隊がそこにいる理由は巨大な金の隠し場所を見張るためである。徒党は彼らの目的の為に直ちにそれを取り除くことに熱心である。トゥトルテはこれを知っており、すでに中国とロシアがその場所へアクセスすることを許可する仮契約をしている。これは行動の一部だけではなく米暗殺部隊から空の保護との引き換えである。日本のユリ作戦以前からの日付のある金が大量にそこにはある。スールー皇帝とのつながり・・ボルネオ金塊・・・これは危険なゲームであり、企みはドゥテルテを永久に現場から廃除することになるだろう。彼は既にこれに気付いており、私は、金は中国、ロシア、イランとインドが始めの参加者になるであろう新しい金担保の通貨に使われるであろうと聞かされた。他の国々は新システムが開始すれば同様に参加することになるであろう・・それを可能にするためには少なくとも100万トンが必要となるだろう・・・金塊はここアジアの数箇所で入手可能である・・・新システムを保証する金塊の割合は彼らの備蓄にさらに参加が増えれば変更可能である。(中略) サウジアラビアは今、国の南部の最大の軍事基地を失う最大の深刻な困難にある。その国の絶望の証として、彼らは小国バーレーンに軍事援助を求めている。http://en.farsnews.com/newstext.aspx?nn=13950627000904知識豊富な非王室のサウジ人もまた公に出てきて、政権は崩壊するといっている。http://en.farsnews.com/newstext.aspx?nn=13950627001263(中略) イスラエルは200基の核兵器を持っていることを公に暴露されており、もうすぐ911の件で糾弾されるだろうと、国防総省情報源は言う。一方エジプトでは、政府所有の新聞社が911は西側によって中東侵略を侵略するために行われ、ISISは西側の創造物であると言っている。http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/egyptian-911-inside-job-state-media-war-on-terror-isis-made-up-al-ahram-noha-al-sharnoubi-columnist-a7308926.html(中略) どうか6分の時間を頂いて、ハイチ上院議員の前大統領がクリントン/ブッシュ/ロックフェラー犯罪者が行っている方法を詳細に述べているのをご覧下さい。少なくとも、最後の1分を見て下さい、そこでは彼が米麻薬資金がハイチを通じてい来て、コーンフレークの箱につめられて送り出され、ワシントンDCのロビーストを買収するために使われると述べている。https://www.youtube.com/watch?v=phKO2T2pMjM秋の革命は間違いなく現在進行中である。    

      15
      テーマ:

プロフィール

新 サファイアのブログ

性別:
女性
自己紹介:
ブログ開始から、10年以上が経ちました。 真実の追求も終盤ですよ。 今となっては「ロシアと中国が...

続きを見る >

読者になる

AD

テーマ

一覧を見る

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。